平田実音は肝不全で死亡していた?拒食症や他の病気の可能性も?

未分類

NHK教育テレビで放送されている料理教育番組のさきがけといえば「ひとりでできるもん!」ですね。

「ひとりでできるもん!」といえば、主役の舞ちゃんの可愛らしさがとても印象的でしたね。

舞ちゃん役を担当していたのは平田美音(ひらたみお)さんという方で、なんと平田美音さんは2016年に33歳という若さで亡くなっていたというのです。

早すぎる死を迎えた平田美音さんの死亡した原因や子役時代の経歴を調査しました。

【初代舞ちゃん】平田実音の死因は肝不全?拒食症が原因?

死亡時、芸能界をすでに引退していた平田美音さん。

しかし、舞ちゃんの姿は多くの人々の記憶に残っており、平田美音さんの突然の訃報は多くの舞ちゃんファンに強烈なショックを与えたと考えられます。

ファンの悲しみの声や死因をまとめました。

かつての所属事務所社長がFacebookで訃報

平田美音さんがかつて所属していた芸能事務所「ゲンプランニング」の加藤元社長が、平田美音さん死亡の事実をFacebookで明らかにしました。

加藤元社長はFacebookで、平田美音さんに哀悼の意を捧げています

すでに芸能界は引退していたので
芸能欄やスポーツ紙で扱われることも無いが私の夢を叶えてくれた、子供たちの
アイドルの冥福を祈りたい。

引用:Facebook

加藤元社長のFacebook投稿から約1か月後、スポニチ等大手メディアでも平田美音さんの訃報が報じられました。

”ひとりでできるもん”初代舞ちゃん死去にショックの声多数

平田美音さんの突然の訃報に、多くの舞ちゃんファンが驚きと悲しみに暮れました。

数多くの悲しみのコメントから一部を紹介します。

「ひとりでできるもん!」の視聴を親子で楽しんでいた方々のコメントです。

「ひとりでできるもん!」と舞ちゃんの影響力の大きさが伝わってきますね。

子供の頃に「ひとりでできるもん!」を視聴していた方々のコメントです。

「舞ちゃんと一緒に大人になったのに、悲しい」と、病気により若くして亡くなった平田美音さんの死を残念に思うコメントが多く見受けられました。

平田実音は肝不全で亡くなった?

平田実音さんの死因は肝不全です。

最初に平田実音さんの死亡を知らせた加藤元社長のFacebookで明らかにされています。

平田実音さんは2012年頃から肝臓の調子が悪く、入退院を繰り返していたそうです。

そんな中、当時一人暮らしをしていた平田実音さんと連絡がつかなくなり、心配して部屋を訪れた母親が倒れていた平田実音さんを発見し、病院に搬送されました。

しかし、搬送先の病院で2016年8月5日午前9時27分に死亡が確認されました。

約4年間という長い間、肝臓の病気を患っていた平田実音さん。

詳しい情報は明らかにされていませんが、死亡時の肝臓の状態は相当悪かったのではないでしょうか。

肝不全とは?

肝不全とは、肝臓の生理機能が病的に低下して、肝臓本来の働きができなくなる状態を指します。

肝炎や肝硬変といった病気を経て、肝不全に至るケースがほとんどです。

肝臓を患う原因として考えられるのは以下の通りです。

  • お酒
  • 肝炎ウイルス
  • 解熱・鎮痛薬(アセトアミノフェン)

また、食欲不振や疲れやすさ、だるさ等の見逃しやすいサインが肝機能障害の初期症状として挙げられています。

肝不全で亡くなった有名人は?

肝不全を患い、多くの有名人が亡くなっています。

名前(芸名) 享年 職業
本田宗一郎 86 実業家、本田技研工業創業者
藤子・F・不二雄 64 漫画家
ジャイアント馬場 62 プロレスラー
荒井注 73 俳優、コメディアン、元 ザ・ドリフターズ
菅原文太 82 俳優

肝臓は「沈黙の臓器」と言われており、異常に気付いた際には症状が進行している場合も多いようです。

食欲不振やだるさが長引くようなら、「大丈夫だろう」と思い込まず、病院を受診するようにしましょう。

肝臓がんとの噂も?

故人や遺族の意向により、本当の死因が肝臓がんであることを伏せておきたい際に「肝不全」が死因として公表される場合もあるそうです。

平田実音さんは肝不全で死亡したとの事ですが、長い間肝臓を患っていた平田実音さんに対して肝不全ではなく肝臓がんで亡くなってしまったのではないか、と推察する動きもあるようです。

平田実音は拒食症だった?

引用:MATOMEDIA

2000年~2003年にかけてNHK教育テレビ「みんなの広場だ!わんパーク」に出演していた頃の平田実音さんです。

二の腕がとても細いので心配になりますが、その後の画像では普通体系になっています。

引用:グランザフトの無限堂野次馬本舗

「みんなの広場だ!わんパーク」出演時の激やせが話題となり、平田実音さんには拒食症の疑いもありましたが、一時的な過度のダイエットだったのではないか?という見方が主流の様です。

【ひとりでできるもん】平田実音は初代舞ちゃん?結婚はしていた?

平田実音さんのプロフィールや出演履歴を調査したので紹介します。

子役として活躍した平田実音さんが、その後結婚したのかどうかについても触れています。

平田実音プロフィール

  • 本名:平田実音(ひらたみお)
  • 別名義:水沢舞、舞ちゃん、ミーオ
  • 生年月日:1983年6月1日
  • 没年月日:2016年8月5日(満33歳)
  • 出生地:東京都港区
  • 血液型:A型
  • 身長:159cm
  • 最終学歴:青山学院大学文学部教育学科
  • 活動期間:1985年頃 ~ 2000年代前半

NHK教育テレビで活躍していた平田実音さんは、青山学院大学文学部教育学科を卒業しています。

大学入学をきっかけに芸能界からフェードアウトした平田実音さんですが、その後も教育分野で活躍したい志があったのではないでしょうか。

ひとりでできるもんだけじゃない?平田実音が出演した番組は?

平田実音さんの出演歴をまとめました。

  • 1985年、2歳の時にモデルとして芸能界にデビュー
  • 1991年~1994年、1998年~2000年「ひとりでできるもん!」で舞ちゃん役を担当し人気を集める
  • 1993年公開の映画「ゴジラvsメカゴジラ」に出演
  • 1993年末の「NHK紅白歌合戦」にゲスト出演
  • NHK教育テレビの人気シリーズ「ニャンちゅうといっしょ」に出演
  • 2000年~2003年「みんなの広場だ!わんパーク」にミーオ役で出演、司会進行を務める

舞ちゃん役で知名度が高まり、人気子役として大活躍した平田実音さんは多くのCMにも出演していました。

平田実音の芸能活動休止後は?

大学進学を機に芸能活動を休止した平田実音さん。

大学では手話サークルに所属していました。

学業に専念しながら、ファミリーイベントや朗読会、手話通訳などの活動も精力的に行っていたそうです。

子役時代の経験を通して、子ども達を喜ばせたり力になる活動に関心が高まったのでしょうね。

平田実音は結婚していた?

平田実音さんに関するあらゆる情報をリサーチした結果、結婚はしていませんし子供もいませんでした

教育関連の活動を活発に行っている中、若くして肝臓を患ってしまった平田実音さんには、恋愛を楽しんだり結婚を考える余裕などなかったのかもしれません。

初音ミクやきゃりーぱみゅぱみゅの元祖と言われた?

「みんなの広場だ!わんパーク」出演時は、ブルーやピンクのカラフルな髪色に、キレキレのダンスで盛り上げるミーオとして楽しませてくれた平田実音さん。

舞ちゃんのイメージを一新して、お姉さんらしさを発揮してくれました。

当時の所属事務所社長である加藤元さんのFacebookによると、ミーオが現在活躍している初音ミクやきゃりーぱみゅぱみゅのアイデアの元になったとも言われているそうです。

平田実音は肝不全により33歳の若さで死亡していた

「ひとりでできるもん!」の舞ちゃん役で大ブレイクした平田実音さん。

大学入学をきっかけに芸能界は引退しましたが、その後も子ども達のためになる活動を続けていたようです。

しかし、20代後半で肝臓の病気を患い長期闘病の末、33歳で肝不全によりこの世を去りました。

平田実音さん死亡のニュースは多くのファンを悲しませましたが、舞ちゃんの笑顔は今でもみんなの心の中で輝いているようです。