十二国記(小説)のオススメ読む順番とは?内容は完結しているの?

豆知識

1991年から発売されはじめた、小説「十二国記」ですが小説版の読むオススメの順番を調査しました!

 

十二国記はそれぞれ主人公も違い、伏線もたくさんあるので順番通りに読むと納得したり理解がしやすくなります。

読み進めていくうちに「ついニヤリ」としてしまう場面も多く、オススメの順番通りに読むことを推奨します。

 

さらに小説版の完結の情報についてもリサーチしました!

 

十二国記シリーズ、オススメの読む順番は?

引用:Amazon

十二国記シリーズは、30年近い前に発売されはじめたこともあり出版社が変わったり、新装版や完全版の販売など、多少の変化があります。

内容には違いはありませんが挿絵や表紙の変化です。

 

現在の完成版には「Episode」として数字が振ってあるので読む順番は分かりやすいです。

 

▼以下、Episode順

  • Episode0「魔性の子」
  • Episode1「月の影 影の海」
  • Episode2「風の海 迷宮の岸」
  • Episode3「東の海神 西の滄海」
  • Episode4「風の万里 黎明の空」
  • Episode5「華胥の夢」(短編)
  • Episode6「図南の翼」
  • Episode7「丕緒の鳥」(短編)
  • Episode8「黄昏の岸 暁の天」

 

 

後述しますが、Episode0である「魔性の子」を読むのは私は最後(黄昏の岸 暁の天のあと)をオススメします。

 

Episode0「魔性の子」は先読み?あと読み?

引用:Amazon

前述していますが、私からすると「Episode0の魔性の子」は「黄昏の岸 暁の天」のあとに読む方が色々腑に落ちて読みやすかったです。

 

十二国記をこれから読んでみようと思っていて、「Episode0だし、魔性の子を試しに読んでみよう♪」という気持ちで手を出す本ではない…と思いますw

 

話の内容的にはホラー風だし、「どうしてこんなことが起こるの?」と意味がわからないし、最後も後味が微妙だしで、「この話は何なんだろう?!もっと世界観を知りたい!!」と感じる方以外は先を読み進めるのが難しいと感じると思います。

さらに、魔性の子以降の他の話は全く世界観が変わるので「魔性の子っていったい…」ってなりかねません。(わかれば色々納得できるんですけども。)

 

特にEpisode1の「月の影 影の海」(1番有名な、赤髪の陽子の話)の前半は、魔性の子と同じように「なんでこんな状況になっているの?」という状態になります。

魔性の子→月の影 影の海 に読み進めた時に長い間モヤモヤを抱え続けることになります。

 

とはいえ、魔性の子を読んでから次に進んでも「謎解き」のようになるのでそれはそれで楽しい読み方と言ってる方もいます!

 

  • 一気に小説を読む気力
  • 忍耐がある方

一番最初に「魔性の子」を読んでもらうと色々納得スッキリ体験ができると思います。

 

「十二国記(小説)」は完結済みなの?

残念ながら、現在もまだ「完結」には至っていません。

 

そこから「続編がでる」「最新作がでるらしい」とのがありつつ、ファンは首を長くしつつ(半分諦めつつ)待っていました。

 

それが2019年4月19日、公式のtwitterから衝撃的なツイートが発信されました。

 

約12年ぶりの新刊になります。

作者の小野不由美さんは2012年の雑誌「ダ・ヴィンチ」で次の新作が「長編としては最後となる」と語っていました。

つまり、十二国記は次の新刊で実質完結となるということ。

 

十二国記ファンもですが、小野不由美さんのファンの方からしても待望の新刊となります。

何回読んでも新たな発見がある小説

引用:Amazon

小野不由美さんの作風でもありますが、感情表現が豊かで色々と想像が掻き立てられる描写が多い十二国記。

私たちが住んでいる世界とは違う世界観で、生きている人間も世界観もかなり違います。

 

十二国記シリーズは全て「続編」というわけではなく、それぞれ主人公が違い描かれている年代も違います。(それこそ何百年単位で違う)

それぞれの経由があって、それぞれの作品に繋がっている内容も作中に見られるので何度読んでも新しい発見があります。

 

1度ハマってしまうとのめり込んでしまうこと間違いなしです。

コメント