幼稚園の通園グッズ、手作りしないはダメ?暗黙の手作り強制の実態

入園の季節が近づくと、幼稚園から入園に必要な用品を準備するように通達がきますよね。

恐らく、ほとんどの園で「手作り品(既製品でも可)」を求められると思います。

 

幼稚園によっては用意する物の数にありますが1度は悩むことが「既製品でもいいかな?」ということだと思います。

サイズ指定がある場合だとややこしいんですよね~~!

幼稚園の通園グッズは手作りしないといけないのか?

 

結論から言うと、手作りでお母さんが用意してもしなくてもOKです。

どうして手作りにこだわってしまうのかと言うと、「手作りの方が愛情がこもっている」「手作りじゃないと子供がかわいそう」というよくわからない価値観が日本にはあるからです。

今回は、そんな現状に困っている方に向けて様々な視点から手作り回避の仕方を紹介していきたいと思います。

 

手作りするメリット・デメリットは何?

まずは手作りのメリット・デメリットをご紹介します。

先にお伝えしますが、私は長女の入園用品を手作りして「ハンドメイドにハマった人間」です。

そこからハンドメイドで服・バッグ・小学校用品まで作って販売までした上でのメリット・デメリットなので、参考程度に見てみてください。

 

メリット

  • ママが作った!と子供に喜んでもらえる
  • 子供が好きなキャラクター生地を使って作ってあげられる
  • 園指定のサイズが作れる
  • 細かい部分までこだわれる(持ち手の長さやポケットの有無など)
  • 一度作り方を覚えれば他の用品も「手作りできるかも?」という思考になれる
  • 達成感を味わえる
  • 子供に作ってあげたと胸を張れる

 

デメリット

  • トータルで考えると買う方が安いことが多い
  • 時間がかかる(1日では作り終われない)
  • 本当に初心者だと作り方に四苦八苦してすごい頭使う
  • 完成後にサイズや見た目に不満がでてきて、結局また作り直す
  • 思ったようにできないとイライラする
  • 期限が迫っていると超焦る

 

手作りは親子の思い出にもなりとっても良いとは思いますがハンドメイドにハマった私からすると「お金がかかって」「時間もかかる」趣味だと思います。

 

もちろん、既製品にはない良い部分はたくさんありますよ!

お時間がある方で「子供のために作ってあげたい」と考えるのであればハンドメイドは素敵だと思います。

 

既製品を買うメリット・デメリットは?

では次に既製品のメリット・デメリットです。

 

メリット

  • 時間がかからない
  • 入園時期になるとたくさん販売されている
  • 布や小物など、余計な物が増えない
  • トータルで考えると安い
  • 同じ柄の小物などで揃えることができる
  • 耐久性がある

 

デメリット

  • 近場で買える既製品だと「既製品感」がある
  • 切り替えがあったり柄が素敵な物は一式そろえると結構高い
  • 同じクラスの子で同じ商品を使っていると気まずい
  • 「既製品なの?」という周りからの視線が気になる
  • 園指定のサイズに合うものは少ない

 

既製品は何といっても手間がかからずに買えるというのがポイントです。

とはいえ、幼稚園だと手作りをするお母さんは多いのでパっと見で既製品だと分かる物だと「子供に申し訳ない」と思うのも仕方ありません。

というのも「子供のために手間暇を惜しまずに作ってあげるのが母の愛」という理想論が昔から根付いているから罪悪感を抱いてしまうのですね。

 

もちろん今なら私の被害妄想だと理解できますが、第一子の長女の入園にはかなり気を使いました。

 

 

幼稚園によっても違うけど、既製品はOK

 今どき、「既製品を使うなら入園は認めません!」なんて幼稚園はほぼないと思います。

ただ、既製品も買ったことがある私からすると幼稚園用品の既製品はサイズが微妙に合わなかったり、まだ小さい子供には扱いづらいこともありました。

今はスマホアプリからでもハンドメイドのオーダー品を注文できますし、

  • 既製品っぽさは見せたくない
  • 周りの子と被りたくない
  • でも自分で作りたくない

という方はネットでオーダーメイドすると可愛くて規定サイズの物が購入できると思います!

ただでさえ、入園する時はお母さんの生活もバタバタしてしまう時期。

少しでも気楽に親子で楽しい幼稚園生活を送れるように肩の力を抜いていきましょう!

コメント