ソルリのうつはいつから?fx時代のトラブル・彼氏関係・炎上騒ぎが原因か

韓国俳優・女優

元f(x)であるソルリが亡くなってしまった件で、ソルリが死亡した原因の1つに「うつ病だったからでは」という話が挙げられているようです。

 

今回はソルリのうつ病について焦点をあてて詳しく調査していきます。

 

この記事では

  • ソルリのうつ病はいつから始まっていた?
  • ソルリのうつ病の症状とは
  • うつ病になった原因
  • ソルリのうつ病に対しメンバーの反応は?

ということを深堀りしていきます。

 

ソルリは一体いつからうつ病だったのでしょうか。

 

ソルリの鬱病はいつから始まっていた?

 

まず気になるのが「ソルリがいつからうつ病で、症状がでていたのか」という点です。

 

注目すべき点はソルリはf(x)を2015年8月7日に脱退していますが、その1年前の2014年7月25日に「活動休止」をしている部分です。

 

当時、活動を休止する理由としては「ネット上の悪質な書き込みが精神的苦痛」としていました。

 

後にソルリは「うつ病を患っていた」とテレビで語っていたことから、活動を休止した頃が1番重い症状だった時なのではないかと思われます。

 

 

ソルリの死亡を発見したマネージャー(ソルリの姉)が警察に通報した時に「ソルリはずっとうつ病で悩んでいた」と告げていたという情報があったことから、数年に渡ってうつ病だったと見られます。

 

他にも

  • 幼い頃からパニック障害がある
  • 対人恐怖症

などもわずらっていたとの情報があります。

 

ソルリのうつ病の症状とは

 

ソルリが

  • うつ病
  • 対人恐怖症
  • パニック障害

を持っていた情報からソルリのうつ病などの症状はどのようなものだったのでしょうか。

 

一般的に「からだの症状」として見られる物をご紹介していきます。

 

【うつ病】
睡眠障害
食欲減退
からだが重い・痛い・疲れる

 

f(x)時代「ソルリはダンスの練習に真面目に取り組んでいない」「ステージに上がった時に集中していない」といったアンチコメントがありました。

 

もしかしたらうつ病の症状の一部で、体が重く動きずらく、睡眠が取れなくて集中できなかったのかもしれません。

 

▼亡くなる前日だと思われる日に撮られた写真

 

モデル・女優ということもありますが、とてもスタイルが良く…細いです。

やややつれているようにも見えますが「食欲減退」によって食事が取れないとやせ細ってしまいます。

 

 

【対人恐怖症・パニック障害】
手足・声が震える・しびれ
発汗・赤面
腹部の不快感・吐き気・下痢
息苦しさ・呼吸困難
めまい・ふらつき

ソルリは子供時代から親元を離れて大人と同じように芸能人・子役として生活をしてきました。

一般的な子供にとって「大人として扱われる」ということはとてつもないプレッシャーだったと思います。

 

ソルリが上記のような症状が出ていたのかは分かりませんが、人前にでる時に毎回このような状態を押し殺していたのであれば相当な苦痛だったに違いありません。

 

ソルリがうつ病になった原因は?

 

ではソルリがうつ病になってしまった原因は何なのでしょうか?

 

一概にコレ!と言えるわけではありませんが、活動休止・脱退のきっかけとなった出来事などから「ソルリのうつ病の原因」と見られることについて見ていきたいと思います。

 

子役から活動していたことが重圧だった

 

ソルリは実に10歳という幼い年の頃から釜山にいる親の元を離れて遠いソウルの地で芸能活動をしてきました。

 

14歳には人気アイドルグループに見事入ることができ、トップスターへとのし上がりました。

が、14歳といえば日本ではまだ中学生、10歳だと小学生です。

 

そんな幼い頃から厳しい芸能界を孤独に生き抜いてきたことから「早く一人前の大人にならないといけない」というプレッシャーは相当な物だったと想像できます。

 

このプレッシャーや「絶対的に信頼できる人が傍にいない」という環境から、幼い頃からパニック障害に冒されてしまったのではないでしょうか。

 

f(x)の活動のソルリは批判が多かった

 

ソルリがf(x)で活動していた頃「ソルリの態度が悪い」としてかなり批判があったそうです。

 

批判の内容としては

  • ステージに挙がっているのに集中していない
  • やる気がなさそう
  • 無駄話が多い
  • (脱退後)反省の色がない
  • 裏切者

という辛辣なもの。

 

実際、見た目が可愛く目立っていたからこそ態度や言動を他のメンバーより厳しく見られていたのかもしれませんね。

 

「誹謗中傷の夜」でのコメントやアンチ炎上騒ぎ

 

ソルリは10月4日に放送された「誹謗中傷の夜(アンチコメントの夜)」というMCを務めるテレビ番組で以下のような言葉を残しています。

 

「実際の自分の生活はすごくどん底なのに外見では明るいフリをするのは、嘘をついている気分だ。

(本音と建前が違う暮らしだという)問題で多くの人にアドバイスを求めた。

どんな人も、みんな暗い面があるけれど、そうじゃないフリをして隠して生きていくのであり、おかしいと考える必要はないと言われた。

その言葉を聞いて、そのまま二面性を抱えて生きている。

 

明らかに暗い、メンタルが弱っているようなコメントです。

 

日本では昔、沢尻エリカさんの「別に…」事件がかなり注目が集まりましたが沢尻さんも当時を振り返り「思いつめられていた」と語っていました。

 

ソルリもf(x)時代からの度重なるアンチに「もうどうでもいい」という心境だったのかもしれません。

 

 

炎上騒ぎはSNSを投稿する度といっていい程起こり、

  • 飲酒・泥酔状態の動画
  • 下着を着けず(と見られる)に路上を歩く

このような投稿も何度か見られました。

 

うつの状態・症状によっては躁状態(ハイになったような状態)も酷いので、躁状態の時(故意は無意識かは不明だが)炎上させるようなSNS投稿もしていた可能性もあります。

 

それがさらにアンチに繋がり、悪循環…といった最悪の状態でした。

 

「誹謗中傷の夜(アンチコメントの夜)」には現在「どうして追い詰められていたソルリを出演させたんだ」というような批判も集まっているようです。

 

恋愛関係・彼氏の件での誹謗

 

f(x)に加入していた2013年頃、ソルリはDynamic Duoのチェジャとの熱愛の噂がされていました。

チェジャはソルリよりも14歳年上で、何度もデート姿やお揃いのスニーカーなどを目撃されています。

 

これがさらに活動休止中にも及び「f(x)をバカにしているのか」というようなバッシングを受けました。

 

有名人同士だからこそ自粛するべき、とは私は考えませんがあまりにイチャイチャしすぎて炎上し続けていたのは事実。

ソルリからしたら踏んだり蹴ったりの状態でした。

 

ソルリのうつ症状に元メンバーは気付かなかったのか

 

ソルリが破天荒な人生を歩んでいる中、元メンバーであったf(x)はソルリの精神疾患には気付かなかったのでしょうか。

 

ソルリが2018年にある番組でf(x)の脱退が「苦しい状況だった」という胸の内を明かした際、中国版twitterであるweiboにf(x)のリーダであるビクトリアが意味深なコメントを残しました。

 

「みんなそれぞれ行きたい道があるし、行かなければならない道があるの。

足取りを止めず、じゃあね。後悔しないで。私は大丈夫」

 

励ましのコメントでしたが、それぞれの活動に一生懸命打ち込んでいる様子もうかがえます。

f(x)のメンバーはみんなソルリと近い年齢で一番年が上のリーダー・ビクトリアでもソルリの7歳上(現在32歳)です。

 

若いメンバーが、それぞれ慣れない芸能活動で自分のことでいっぱいっぱいになっていたのは想像できます。

 

またうつ病の人は自分の症状を頑なに隠す傾向があるため、周囲の人が気付けなかったとしても無理はありません。

ソルリが脱退後、数年してようやくテレビで「つらかった」と言えたのもうつ病の典型的な状態といえます。

 

ソルリのうつ病はいつから始まったいたのか?まとめ

 

「ソルリはいつからうつ病だったのか?」ということについて症状や原因、元メンバーが知っていたのかどうかなどまとめてきました。

 

ソルリがいつからうつ病だったのか、ハッキリとした年齢は分かりませんが「幼い頃からパニック障害があった」とマネージャーが言っていることからf(x)に入った前後にはうつ病が発症していたことは十分考えられます。

 

これだけ明るい表情のソルリがうつ病だと気付くのは難しいですが、幼い頃から親元を離れないといけない子役芸能人には相応のフォローが必要だと感じます。

 

ジョンヒョンと同じようにもともとは繊細な性格だったのかもしれません。

繊細だからこそ、精神疾患によって人格が歪められていたということも考えてフォローしていかないといけませんね。