【閲覧注意】水野真希の死因は性被害で自殺!?持病や死の真相4選を徹底調査!

未分類

女優の水井真紀さんが、2023年7月に死去された事が親族からのSNS投稿で判明しました。

32歳という若さでの突然の訃報に、ネットでも驚きの声や悲しみの声が多数あがっていますが、死因について公表はされていません。

今回は女優水井真紀さんの死因や持病、慕っていた父親についてまで解説していきます。

女優の水井真希が死亡?プロフィールも合わせて紹介!

女優水井真希さんの突然の訃報には、驚きの声が隠せない声も多くあがっています。

死因に関しては公表されておらず自殺や性被害も囁かれましたが、実姉が死亡を報告された際にも死因についての記載はありませんでした。

ここからは水井真希さんの基本プロフィールを交えながら、死亡報告の経緯も確認していきます。

女優の水井真希が死亡!?実姉がツイッターで報告も

女優の水井真希さんのブログが2023年7月28日に更新されましたが、その内容は衝撃のものでした。

真希さんのアカウントでツイートしたのは実姉で、2023年7月23日に水井真希さんが永眠した事や家族で見送りも済ませた事も綴られていました。

以下がそのツイート原文になります。

水井真希さんが永眠された事に加え、葬儀などは済ませてあることと深いお礼の言葉が添えてありました。

さらに続けて、

水井真希さんの生きた証としてアカウントを一旦残すという選択をされたようです。

文章の中には死因などの詳細は全く記載されてはおらず、あくまで死去された事の報告のみでした。

水井真希の死因は?死因と言われる理由4選を紹介!

2023年7月に身内からのツイートで訃報が報告された、女優水井真希さんですがその死因は謎に包まれています。

しかし水井真希さんはかねてより、業界関係者より性被害や暴力を受けていた過去を語られていました。

ここからは、水井真希さんの死因として有力視されている説を解説していきます。

死因①持病が悪化した説

水井真希さんの死因の1つとされているのは、持病の悪化が原因ではないかという情報があります。

まずは水野真希さんの公式アカウントで2020年9月に投稿されたツイートをご紹介いたします。

「普通、国民年金と国民保険で月2万円位 交通費(アトリエ定期)で23,000円ちょい
東映とか東宝への交通費自腹 5万円じゃ手元に何も残らない
因みに20歳の時は病気で寝たきりでした(父の扶養保険)
年金は若年猶予申請 最低賃金と生活保護知らないとか、私どれだけ無知だったのだろう」

何の病気なのかは情報がありませんでしたが、20歳の頃には何らかの病気で寝たきりだった事を告白されていました。

それが持病であり、悪化してしまい死亡してしまった可能性は考えられます。

死因②性被害告発への誹謗中傷?

水井真希さんは過去に性被害を受けていた事を告白されていますが、それにより誹謗中傷を受けていたようです。

しかしそれに対し報道された内容には、事実とは異なるものが多く見られたため、自暴自棄になるようなツイートも見られました。

「拉致 1 通り魔 4 ストーカー 2 強姦 2 電車痴漢 約30? ファンを装った痴漢 4?サンドバッグ 12年
クソ野郎多過ぎじゃない? お父さん助けて 死にたいよ」

事実とはかけ離れた内容に嫌気がさしていたようで、言葉遣いも荒くなり「死にたい」という言葉が出てきてしまいます。

これが2022年12月のツイートになるため、近年精神状態はかなり不安定で自殺に走ってしまったという事も考えられますよね。

水井真希は性被害を受けていた!?

水井真希さんは2022年にとある映画評論家から性被害や暴力を受けていた事を告白されています。

告白された内容では相手の実名は出さずに「K」としており、数々の被害を受けた事を語られていました。

以下にまとめると

  • 逃げられない状況にされ強引に唇を奪われる
  • ラブホテルに連れ込まれ強姦される
  • 電話やメールがしつこく来るようになる
  • 家の前に座り込み、インターホンや電話を鳴らす等のストーカー行為をされる

告白された内容の一部をまとめましたが、これだけでも相当悪質である事がわかりますよね。

水井真希さんは「K」さんの事を「権力者」とも表現されていたため、この告白はそれこそ命がけであった事も予想されます。

死因③父親の訃報によるもの?

水井真希さんは生前、父親が大好きだったようで父親が脳梗塞で入院された際には、父親の入院を案じるこのような投稿をされています。

「お父さんが脳梗塞で入院したけど、お父さんが死んだらぼくも死ぬ」

自殺をほのめかすような内容の投稿をされていました。

父親のその後の容態については公表されていませんが、もしかしたら父親の容態が芳しくなかったか、訃報がありそれが原因だったとも考えられます。

死因④ワクチン接種の副作用?

死因が明かされていない事で、様々な憶測が飛び交っている水井真希さんの訃報ですが、意外な説もあがっています。

それにつながるツイートをご紹介いたします。

「ワクチン 5かい うった ぼく っょぃこ だから」

水井真希さんは、コロナワクチンを5回接種している事をtwitterにて報告されています。

この事実をもとに一部では、コロナワクチンを5回接種した事が死亡につながったのではないのか?と囁かれているようです。

たしかに有名人がワクチン接種で死亡したのであれば、公表は避けられるかもしれませんが、いささか強引な説のような気もします。

意味深なツイートとその反響

水井真希さんは過去に父親について、性被害、病気で寝たきりだった事など死をイメージさせる意味深なツイートをされていました。

特に性被害に関しての反響が強かったようで、

本当に勇気を出しての告白だっと思います
違法行為と不貞行為って何が違うんだ?
芸能界の闇、深すぎるんだろうな

性被害に対して断固反対するような意見が特に多く見られ、さらには芸能界の闇の部分に言及し自殺を示唆するようなコメントも見られました。

性被害に苦しんでいた水井真希さんですが、自らの体験をもとにした映画の監督までこなされていました。

次の項目ではその作品などについても見て行きます。

女優水井真希は自らの性被害体験を基にした映画を作成していた!

女優水井真希さんは2005年公開の「奇妙なサーカス」や2008年公開「片腕マシンガール」などの作品に現場スタッフを務めながら映像制作を学んだそうです。

2011年には「終わらない青」の主人公水月楓役を演じ、女優として一躍注目を集めるようになりました。

そして2013年に自身の体験を基に、企画、脚本、監督を担当した映画「ら」を制作されています。

この「ら」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014オフシアターコンペティションで入賞し、国内外で上映された事でも脚光を浴びました。

この水井真希さん監督の作品「ら」とはどのような内容なのか確認していきます。

水井真希監督作品「ら」

2015年3月7日より全国で公開された水井真希さん監督の映画「ら」ですが、気になる内容はご自身の体験談を基にしているようです。

内容は主人公の少女マユカ(加弥乃)が、アルバイト帰りに見知らぬ男性に拉致されてしまいますが、長い夜を過ごした後に開放されます。

マユカは無事に日常生活に戻りますが、心の傷が具現化するなど理不尽な自責の念にかられ、心に傷を負ったマユカはさらなる苦難に見舞われてしまいます。

かなり陰湿な内容の映画になっていますが、これが実体験を基にしているというのであれば、水井真希さんの苦悩も相当なものだったと予想できます。

過去に性被害を告白されている水井真希さんですが、本来負う必要のない苦悩から自殺に繋がってしまった可能性は十分に考えられますよね。

【閲覧注意】水野真希の死因は性被害で自殺!?持病や死の真相4選を徹底調査!まとめ

今回は突然の訃報に世間が騒然とした水井真希さんの死因について確認してきましたが、持病やワクチン接種等どの説も決定打に欠ける情報でした。

有力と言われている性被害についてですが、これはあくまでも憶測の域を出ない周囲の予想だという事をお忘れないように。

32歳という若さでお亡くなりになってしまった水井真希さんのご冥福をお祈りいたします。