【遺書全文】りゅうちぇるの死因は一体…!?誹謗中傷や意味深ツイートの真相は?

未分類

2015年に、当時恋人だったぺこさんと共に「行列のできる法律相談所」に出演したことがきっかけで有名になったりゅうちぇるさん(本名:比嘉龍二さん)。

若い世代の支持を集め、ポジティブなメッセージを発信し続けていましたが、今年の夏、りゅうちぇるさんが亡くなったというショッキングなニュースが飛び込んできました。

りゅうちぇるさんは、なぜ亡くなってしまったのでしょうか。

自ら命を絶ってしまったのでしょうか。

そうだとすれば、理由は何だったのでしょうか。

ここからは、りゅうちぇるさんの近況も踏まえ、死因と理由について調査した結果をまとめていきます。

りゅうちぇるの死因は自殺で原因はSNSによる集団リンチ?

2023年7月12日17時半ごろ、りゅうちぇるさんは東京渋谷区のマンション内所属事務所で発見され、死亡が確認されました。

27歳でした。

りゅうちぇるさんは自殺だったのでしょうか・・・。

そうだとすれば、死を選んでしまった理由は何だったのでしょうか。

その理由として、SNSで行われていた集団リンチのような誹謗中傷などが考えられています。

りゅうちぇるの死因は「首つり」?

発見時の状況から、警察は自殺だと考えているようです。

また、芸能人の自殺は「首つり」が多いそう。

このことから、りゅうちぇるさんも首つり自殺を図ったのではないかと推測されます。

しかし、一部報道で「倒れていたところを発見」との記述もあるため、「薬物摂取」による自殺ではないかとの意見もあります。

死因が報道されない理由は?

かつて有名人が自殺した際、その死因や状況の詳細が報道されることもありました。

しかし、りゅうちぇるさんの場合「事務所で意識のない状態で発見」だけです。

それは一体なぜでしょうか。

理由として、

・関係者から事件の詳細が漏れなかった

・「そんな方法で・・・?」という特殊な方法で自殺を図ったため、一般の人に知らせない方がいいと判断された

若い人への影響力を考え、真似してしまう人が出ないようにするためだった

などが考えられます。

りゅうちぇるの遺書や意味深ツイートとは?自殺は確定的?

りゅうちぇるさんは自殺だということはおそらく確定でしょう。

理由は何だったのでしょうか。

遺書やSNSにその理由は示されているのでしょうか。

その点に注目し、調べたことをまとめました。

遺書の内容は?

りゅうちぇるさんが亡くなっていた現場に遺書は残されておらず、遺書から自殺の理由を知ることはできません。

警視庁の資料によると、遺書を残さずに自殺する人はに7割に上るそうです。

かなり多いですね。

りゅうちぇるさんもこのうちの1人なのかもしれません・・・。

意味深ツイートの意味は?

2023年7月3日、自身のTwitterアカウントで一言「耐えようっ」とツイートしていたりゅうちぇるさん。

ハートなど明るい絵文字が付いてはいるものの、死の直前、何かに耐えねばならない状況に置かれていたことがうかがえます。

現在このツイートのコメント欄には、りゅうちぇるさんの死を悼む人々のリプライがあふれています。

ラジオでの意味深発言

2023年7月11日、りゅうちぇるさんはラジオに出演していました。

この日は亡くなった日の前日でした。

出演したラジオは、芸人のバービーさんが月替わりのゲストとトークをするTBSの「バービーとおしんり研究所」。

この日、「私を変えたあの人」というトークテーマでりゅうちぇるさんの語っていたことが意味深だと話題になっています。

りゅうちぇるさんは、
「最近一番人生観が変わったような出来事があって」と切り出し、

「去年かな。めちゃくちゃしんどいことがあったんですよ。
辛いことがあって私芸能活動も続けられる(のか)ぐらい結構落ち込んだ
もうこんなの人生で初めてぐらい
なんだかんだ頑張って強く生きていけてたんだけど」

「何もしていないのに何もないのに涙が出てくるとか」

「なんか気が入らない時期があって」

と語りました。

そんなりゅうちぇるさんにポジティブな言葉をかけてくれる人が多い中で、「泣いていいよ」と言ってくれる人がいて、その言葉に救われた、と話しています。

「弱い自分を出す居場所をなくしてたんですよ自分で
なんか弱い自分を見せるのが下手くそになっていっちゃってた」

とも話しています。

その出来事があってから、SNSや周囲の人に弱音を吐いたり、人間くさいところを出そうと努めていたようですが、元々抱えこみやすい性格なのか、様々なことを1人で背負っている時間が長かったようにも見受けられます。

りゅうちぇるの自殺理由5選!ホルモンも関係していた?

遺書もなく、ツイートやラジオの発言だけでは、りゅうちぇるさんがなぜ自ら死を選んだのかは分かりません。

そこで、別の方面から噂も含めてりゅうちぇるさんの自殺の理由を考察し、まとめました。

りゅうちぇるの自殺原因①誹謗中傷

以前から、りゅうちぇるさんにはSNSでひどい誹謗中傷のコメントが寄せられていました。

「ぺこ&りゅうちぇる」カップルが人気になると同時に2人への中傷コメントが増え、「ビジネスカップル」と言われたり、2016年に結婚してからも「ビジネス婚」と揶揄されることがありました。

りゅうちぇるさんのメイクやネイルを中傷する声もあったようです。

息子のリンクくんが生まれてから一旦落ち着いた時期もあったようですが、

2022年8月にInstagramでぺこさんとの離婚を発表してから中傷はエスカレートしました。

離婚を発表した投稿では、

「これまで皆さまに多様な生き方を呼びかけてきた僕なのに、実は僕自身は、”夫”らしく生きていかないといけないと自分に対して強く思ってしまっていました。”夫”であることは正真正銘の’’男”でないといけないと。

父親であることは心の底から誇りに思えるのに、自分で自分を縛りつけてしまっていたせいで、’’夫’’であることには、つらさを感じてしまうようになりました。

とありますが、これを見た一部の人からは、

「性自認を自覚していたにも関わらず結婚するなんて身勝手だ」

「ぺこちゃんがかわいそう」

といった声が上がり、りゅうちぇるさんへの非難につながっていきました。

りゅうちぇるさんはこまめにエゴサもしていたようなので、中傷を日々目にして傷つくことも多かったのではないでしょうか。

りゅうちぇるの自殺原因②女性ホルモン

ぺこさんとの離婚後、りゅうちぇるさんは女性として生きていこうとしていたようです。

パットやブラジャーで胸の形を作り、女性らしくかわいくいられるように努めていたようで、友人に「手術とか、痛いことは絶対しない」と言っていたようです。

しかし、今年に入ってから「最近ホルモンバランスが悪い」と友人に話すことがあったようです。

りゅうちぇるさんは女性ホルモンを投与し始めていたようですが、投与すると体は女性化しますが、心が性の変化につけていけない状況に陥るケースがよくあるそうです。

女性は生理前にイライラしたり、気分の浮き沈みが激しくなったりしますが、それと同じ現象が急に起こるようになるのですから、かなりきついでしょうね・・・。

女性ホルモンを投与する人の中には、発作的に自傷に及んでしまう人もいると言います。

りゅうちぇるさんは「これから体調悪くなるが見えてるけど頑張る」と、強い意志をもって乗り越えようとしていたそうですが、辛い思いをしていたことでしょう。

りゅうちぇるの自殺原因③世間から干された

りゅうちぇるさんのテレビに出演する回数は、全盛期に比べると激減しています。

そのため「干されたのではないか?」と言われています。

理由としては、

・タトゥーで炎上したこと
(結婚していたとき、家族の名前をタトゥーで入れていたのに、離婚後それが亡くなっていた、と炎上した)

・離婚理由が身勝手だと批判されたこと
(「よいパパ」のイメージが付いていただけに、今まで出演していたメディアからのオファーが来づらくなった)

などが挙げられます。

タレントしての活躍の場は減っていたでしょうが、ラジオに出演したり、トランスジェンダーとしての立場で番組に出演したりすることはあったようなので、理由としては弱いかもしれません。

りゅうちぇるの自殺原因④一般的な父親になれなかった

離婚後、ぺこさんとりゅうちぇるさんは雑誌のインタビューを受けていますが、そこでりゅうちぇるさんが離婚間際の精神状態について話していました。

離婚発表の中で、

「”本当の自分”と、”本当の自分を隠すryuchell”との間に、少しずつ溝ができてしまいました。」

ともありましたが、それがストレスとなったのか、車が運転できなくなるなどのパニック症状が起きていたようです。

りゅうちぇるさんは「このままだと壊れる」と感じていたと語っており、ぺこさんも「本当に壊れかけていたので、そこまで行く前に話してくれてよかった」と語りました。

周りが異変を感じるほどの状態になるまで、自らが抱えていることを話さなかったのは、すべて打ち明けてしまえば大切な家族を失ってしまうことが怖かったから、だそうです。

これほど責任感を感じていたのなら、普通の“父親”、“夫”になれなかったことを申し訳なく思ったり、コンプレックスに感じたりすることもあったかもしれません。

りゅうちぇるの自殺原因⑤信頼してる人に裏切られた

りゅうちぇるさんは、2022年10月から月1回のペースでファンクラブ会員限定のオフ会を開いていました。

その会で、「信頼していた人から裏切られて大きなショックを受けた」と話し、ファンに「人のことを疑うことも大事だよ」とアドバイスしていたそうです。

いつもポジティブな言葉を発信しているりゅうちぇるさんにしてみるとかなり意外な話です。

先述のラジオで話していた「めちゃくちゃしんどいこと」とはこのことだったのでしょうか。

中傷を受ける中での裏切りに苦悩していたのでしょうか・・・。

りゅうちぇる自殺後のネットの反応は?

りゅうちぇるさんが自殺を選んだ理由ではないか、と最も強く思われるSNSですが、自殺後どのような反応があったのでしょうか。

りゅうちぇるさんの死を悼む人、擁護する人、また新たに誹謗中傷をする人もいるようです。

誹謗中傷コメントが一斉に削除

りゅうちぇるさんの死後、りゅうちぇるさんを誹謗中傷していたコメントやアカウントが次々と削除されました。

削除するということは、自らの発言がりゅうちぇるさんを追い詰めたと思っているということですよね。

自分の発言の重みが分かっているのなら、最初から発信するべきではなかったのではないでしょうか。

新たな誹謗中傷も

信じられないことに、死後再びりゅうちぇるさんを誹謗中傷する投稿もアップされています。

内容としては、

「自殺するのは自分勝手」

「本質的に弱い」

「LGBT代表ぶってるのも迷惑」

といった、死者に鞭打つようなひどいコメントばかりです。

擁護するコメントも!

りゅうちぇるさんの死を悼み、悲しむコメントももちろん多く投稿されています。

↑のように、SNSでの誹謗中傷を非難しているコメントも見受けられます。

中立的な立場で意見を述べている人もいますね。

りゅうちぇるの死因は誹謗中傷だったのか、それとも・・・

りゅうちぇるさんの自殺の原因と考えられることは複数ありますが、遺書が残されていないことから、本当の理由と断定できるものはありません。

今回のことで、再びSNSでの誹謗中傷がクローズアップされました。

りゅうちぇるさんが抱えていた性自認、トランスジェンダーについても世間の理解が及んでいるとは思えない節もあります。

りゅうちぇるさんのご冥福をお祈りすると共に、これらの問題について再考していく必要があるのではないでしょうか。