ディズニーランドで4歳とばれた事例がヤバすぎる!?年齢確認はされる?

未分類

夢の国とも呼ばれるほど、ディズニーランドは楽しいアトラクションがたくさんありますね。

雰囲気も各エリアによって異なり、子供から大人まで幅広く楽しめるようになっています。

しかし、家族で行くとネックになりがちなのが入場料金です。

今回は子供の年齢をごまかした場合、どうなってしまうのかを解説します。

ディズニーランドで4歳とばれたらどうなる!?実例3選を調査!

ディズニーランドは、3歳児以下はパスポートがいらないので無料で入園できます。

しかし、4歳からは小人料金がかかるため、パスポートを購入しなくてはなりません。

出費が気になって、うちの子は4歳になったけど、身体も小さめだし3歳とごまかしても大丈夫!と思う方もいるかもしれませんが、キャストに年齢がばれてしまうケースはいくつか報告されています。

ディズニーランドで年齢のごまかしがばれたらどうなる?

年齢のごまかしがばれてしまったときは、入園料を支払わなくてはなりません。

そうなると家族も気まずいですし、周囲からもごまかしたのがばれるので居心地が悪くなります。

何よりも、子供自身が親が嘘をついていたという状況を見てしまうことになるため、教育的な面からもこのようなことは避ける必要があります。

ディズニーランドの年齢ごまかしが悪質な場合は罰金や退場も

あまりにも悪質な年齢のごまかしだと判断された場合、罰金を取られることもあります。

罰金はチケット料金の2倍近くもかかるため、最初からチケットを買ったほうがはるかにお得ですし、嫌な気分にならなくてもいいですね。

しかし、何度も同じ行為を繰り返している、キャストに攻撃的な口調で反論する、という悪質な意思表示があった場合、ディズニーランド側は家族全員をパーク外に退場させてしまうことがあります。

一定期間は入園禁止、というルールがあるので、しばらくはディズニーランドに入ることもできなくなります。

ディズニーランドで4歳とばれた人も?実例3選!

では、実際にどのような状況で年齢がばれてしまったのでしょうか。

子供は正直なので、親が「今日は3歳だからね」と言い聞かせてもその理由はわからないことがほとんどです。

そのため、キャストに年齢を聞かれると素直に本当の年齢を答えてしまったりするのです。

実例①子供が正しい年齢を言ってしまった

入場する際に、キャストが何気なく「何歳なの?」と笑顔で聞いてきた時、子供が「4歳!」と答えてしまうケースはよく見られます。

子供はいろいろなところで「今何歳なの?」と聞かれることが多く、親が年齢をごまかしたいという理由も理解しづらいため、素直に年齢を答えてしまいます。

実例②親の間違いを子供が指摘した

これも上記と同じシチュエーションですが、キャストが「お子さんはおいくつですか?」と尋ねたとき、親が「3歳です」と答えた時、子供が「違うよ」と訂正する場合があります。

普通なら、自分の子供の年齢は間違えませんし、子供が訂正することもありません。

ですからこの場合も年齢をごまかしていることがばれてしまうのです。

実例③「今日は3歳なの」と子供が言ってしまった

両親が「今日は年齢をいくつ?って聞かれても3歳だよ、って言おうね」と言い聞かせても、何故なのか子供にはわかりません。

とにかく今日は3歳って答えてね、と言ってもそのままキャストに「今日は3歳なの」と答えてしまうケースがありました。

ディズニーランドで4歳から料金がかかるのはなぜ?年齢確認はされる?

現在チケットはオンラインで購入することが多く、直接年齢を答えることはありません。

またアトラクションの列に並んで待っていたときなどに、不意にキャスト子供に声をかけることがあります。

では、どうして4歳からは有料になるのでしょうか。

その理由を一つずつ紹介していきます。

ディズニーランドは4歳以上から料金がかかる理由は?

ディズニーランドの入園料は、4歳から有料になります。

実際に来園する日やチケットの購入方法にもよりますが、おおよそ4,700円〜5,600円が小人料金として設定されています。

4歳以上からチケットが必要な理由として、乗れるアトラクションが増えることがあげられます。

ディズニーランドの乗り物には身長制限があるのですが、すべてのアトラクションで遊べるようになるのが、4歳児の平均身長であることではないかと推察する方もいました。

ディズニーランドのアトラクションにあるほんとのアトラクションは、年齢制限が設けられていません。

多くのアトラクションには身長制限があり、またキャストもお客さんのパスポートチェックするように訓練されています。

なので、上述のとおりキャストは子供に直接「何歳?」と聞いて確認するそうです。

男児と女児の平均身長は?

3歳男児の平均身長は、93.3〜99.7cm、一方女児の平均身長は、92.2〜99.1cmです。

これに対し、3歳男児平均身長は、98.9〜108.5cm、女児の平均身長は、97.6〜108.2cmです。

では4歳児の平均身長をはどうなっているでしょうか。

男児の場合は93〜9.97cmで、女児の場合は92.2〜99.1センチでした。

ディズニーランドでは4歳の誕生日当日もチケットが必要?

誕生日当日のチケットは必要です。

子供にとってもチケットを持つことは大人になった気分になれますし、特別な誕生日の1日を過ごせます。

下記のようにバースデイシールなどもあるので、子供が4歳になった記念として一緒に楽しむのが一番良い方法です。

誕生日前後にはバースデイシールが貰える!

ディズニーランドでは、誕生日には名前入りのバースデイシールがもらえます。

これは洋服や鞄、帽子などに貼るもので、このシールをもっているとキャストたちから「お誕生日おめでとう!」といっぱい声をかけてもらえます。

子供にとって、いろんな人に誕生日をお祝いしてもらうのは嬉しいですし、楽しいことです。

何よりいい思い出の一つになるのがよいですね。

ディズニーランドでは年齢確認がある?

前述の通り、アトラクションは身長制限があるので、規定の身長に満たない場合は乗れません。

そのときにキャストが「今何歳なの?」と尋ねて、子供が正直に「4歳!」と答えてしまったりするのです。

ここでチケットを持っていないことが判明すると、ペナルティが発生します。

また、オンラインで購入したチケットでも、入場したときにチケットの種類がキャストに伝わるシステムがあります。

そのため、明らかに制限を越えている人がいる場合は、声をかけることがあります。

ディズニーランドで4歳児にオススメのアトラクションは?

ここからはディズニーランドで4歳児にオススメしたいアトラクションを紹介します。

4歳児になればすべてのアトラクションを楽しめるようになるので、スリリングなジェットコースターなどにも乗れるようになります。

ディズニーランドで4歳から乗れるアトラクション一覧

それでは、4歳になったら解禁されるアトラクションです!

  • ビッグサンダーマウンテン
  • ペースマウンテン
  • スター・ツアーズ:ザ アドベンチャーズ・コンティニュー

どれもスリリングなアトラクションですね。中には何度も並ぶ子もいるようです。

コースターが怖いと言う子に無理は言えませんが、こうして見ると家族と一緒に遊べるアトラクションの幅がぐっと広がりますね。

他にも、これだけたくさん乗れるアトラクションもありました。

  • プーさんのハニーハント
  • アリスのティーパーティ
  • 空飛ぶダンボ
  • シンデレラのフェアリーテイル
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!
  • ドナルドのボート
  • スプラッシュマウンテン
  • ベイマックスのハッピーライド

ここでは紹介しきれないほどのアトラクションがあります。

こうした子供と一緒に楽しいアトラクションにも乗れますし、もし家族に小さい子供がいる場合は、怖そうなアトラクションは避けたほうが無難ですね。

  • 白雪姫と七人のこびと
  • ホーンテッドマンション
  • カリブの海賊(休園中)

上記のアトラクションは、子供にとっては少し怖いという子もいますし、反対に楽しかった!という意見もありました。

ファンタジーランドは子供が遊べる様になっているので、4歳程度なら大体どれからも遊べそうでした。

ディズニーランドで4歳から観れるショー一覧

ディズニーランドのショーは、見ている客席をほっとさせてくれるものがとてもたくさんあります。

普段は人が多くて近づきにくいキャラクターが、ステージの上で踊ったり演奏したりするのはとても幸せになることでしょう。

ショーによっては事前の予約や、食事料金が必要になるので注意してください。

  • 魅惑のチキルーム
  • カントリーベア・シアター
  • ディズニー・ハーモニー・イン・カラー
  • スクイープ
  • ミッキーのクラブ・マウス・ビート
  • スプーキー”BOO”パレード(10月31日まで)
  • ジャンボリーミッキー!レッツ・ダンス!
  • ミッキーのレインボールアウ(事前予約が必要)
  • ザ・ダイヤモンド・バラエティマスター(事前予約が必要)

ミッキーのレインボー・ルアウとザ・ダイヤモンド・バラエティマスターに関しては、事前に予約が必要になります。

また、ショーの席は決められており、ここでも3歳かどうかの確認が行われます。

膝に抱えたままショーを観ようとしても、入場する際に年齢確認を行います。

空いているから、と横のスペースに荷物や子供を座らせないでください。

正直にパスポートを見てショーを楽しく鑑賞しましょう。

ディズニーランドで4歳の子はベビーカーを借りられる?

身長が100cm以下で体重が15キロまで、かつ一人座りが出来るならベビーカーのレンタルができます。

正面ゲートを入って右側、ワールドバザールに、ベビーカーや車椅子などをレンタルしている場所があります。

1日のレンタル料金は1,000円です。

フード付きのB型タイプのベビーカーで、リクライニング機能がついており、サイズは座幅28cm×座奥行20cmで小さなかごがついています。

積荷量は20kgなので、ちょっとしたお土産や荷物も運べますね。

車椅子のデザインがミッキーマウスなので、乗るのも楽しいかもしれません。

ディズニーランドで特別な1日を

ディズニーランドは非日常的な雰囲気の中で大人も子供も一緒に遊べる、人気のスポットです。

特に子供にとってディズニーランドは夢の王国であり、憧れる子もとても多いです。

その夢の王国であることを忘れないように、チケットなどはきちんと用意したり、乗りたいものを事前にチェックしたりして、準備するようにしましょう。

子供たちの一生の思い出になるように、ディズニーランドをしっかり楽しめるようにしたいですね。