whooのフリーズは相手にバレる?位置情報のフリーズできないときの対処法を徹底調査!

未分類

LinQ社が提供する「whoo」は、中高生世代を中心に人気を集めている位置情報アプリです。

友人との待ち合わせや日々のコミュニケーションによく使われますが、位置情報がバレる可能性もあります。

そこでwhooのフリーズが使えなくなった時の対処法をまとめました。

whooでフリーズしたら本当にバレるの?

whooのフリーズは、設定した位置情報を固定して友達の使うアプリに表示させる機能です。

例えばレストランで食事中、友達宛てにフリーズを使って位置情報を送信した時、別の場所に移動しても友達のアカウントではレストランのままで表示されます。

また「友達に住所バレしたくない」という理由で全員フリーズに設定し、そのまま使い続けるユーザーもいるようです。

位置情報を知られたくない時に便利な機能ですが、長時間フリーズするなど、位置情報が変わっていない場合は相手にバレるかもしれません。

とはいえ、即座にバレる訳ではありませんので、落ち着いて対処しましょう。

ここではフリーズする理由や、フリーズがバレない方法についても紹介します。

whooでフリーズした時の相手からの見え方は?

まずはフリーズする理由や、相手からの見え方を説明しましょう。

以前はアプリ上にフリーズを示す米印のマークが表示されるので、相手のアカウントからもフリーズした事がすぐにわかりました。

しかし、現在は米印が削除されたため、フリーズしているかどうかがわかりづらくなっています。

ただし、正確な位置情報のままだと位置情報マークが表示されるので、それを頼りに判断しましょう。

whooでフリーズする方法は?

ここではWhooでフリーズする方法やバレない方法を紹介します。

まずはマップ右上の歯車マークをタップし、「ゴーストモード」に進んでください。

続けてフリーズしたい友達のアイコンをタップし、位置情報の公開範囲を「フリーズ」に設定します。

これで相手のマップ上から、位置情報が固定表示されるようになりました。

またフリーズを解除する場合は、同じ手順で設定画面を開き、公開範囲から「正確」アイコンを選べばOKです。

whooでフリーズは個別設定できるの?

フリーズでの位置情報は友達それぞれに設定する事ができ、友達にフリーズがバレたくない方法としても有効です。

正確な位置だけでなく、あまり親しくない相手の場合はあいまいな位置情報を登録し、フリーズすれば問題ありません。

ただしリア友と繋がっている場合、「他の友達は正確な位置なのに自分だけフリーズした」という理由からトラブルになりかねないので、個別設定する際はご注意ください。

whooの運営に求められているフリーズに関する改善点は?

フリーズは多くのwhooユーザーに愛用されていますが、その一方で「使いづらい」「もう少し機能を増やして欲しい」と改善を求める声も多いです。

位置情報をバレなくするだけでなく、フリーズ自体を隠す機能一定期間で解除される機能も求められていました。

これらの要望が多かったのは、フリーズが原因で友達とのトラブルが起きたり、位置情報がわからないと使う時に落ち着かないなど、フリーズを使う際の不安が主な理由でした。

運営としてユーザーの要望は無視できないので、こうした声にも耳を傾けざるを得ないでしょう。

今後の運営の対応により、whooにおける機能が追加されてより使いやすくなるかもしれません。

whooフリーズできない時の対処法はある?

whoo自体がダウンしていたり、アプリのバグで正常に動かなかったりと、急なトラブルでフリーズできなくなる事は珍しくありません。

これらは主にwhooの不具合から起こりますが、端末や通信状態など他のトラブルも原因として考えられます。

そこでwhooでアプリの不具合が起きた場合を中心に、フリーズできない時の対処法を紹介します。

アプリのアップデートを確認しよう!

まずはwhooを使う前にアプリのアップデート状況を確認してみましょう。

フリーズが初めて実装されたのは、2023年1月22日とかなり新しく、それ以前のバージョンでは利用できません

アプリのバージョンが最新版でないと、フリーズ設定が上手くできない時もありえます。

スマホからアプリのバージョンを確認すれば、フリーズが使えるかどうかが一目でわかるので、定期的にアップデートした方がいいです。

また長い間アップデートしていないと、アイコンが動かなかったり、アプリが重くなったりします。

その間に行われたバグの修正が適用されていないので、whooで不具合が起こる原因となる可能性が高いです。

もしwhooのバージョン更新が済んでいない場合は、アプリストアからアップデートを行い、フリーズが使えるようにしてください。

アプリの不具合の確認をしよう!

友達全員の位置情報が長い間動かなかったり、自ら移動しても変わらない場合は、whooでバグが発生している事も考えられます。

whooのTwitterアカウントやバグ情報がツイートされていないかを確認し、不具合の原因を調べてみましょう。

「whoo フリーズできない」「whoo フリーズ バグ」などのワードでTwitter検索し、バグ情報を調べると便利です。

同様のユーザーが大勢いる場合は、バグが解消されるまでフリーズは控えてください。

アプリを強制終了させる?

以上の方法でもフリーズできない時、アプリを強制終了させてみましょう。

この方法を「タスクキル」と言い、バックグラウンドで起動された状態のアプリを再起動させる時に使われています。

タスクキルを行えばアプリの不具合は解消され、動作も軽くなるのでフリーズしやすくなるでしょう。

アプリの通信環境を確認する!

whooを利用中に通信環境が安定していないと、フリーズも含めた操作ができなくなる場合があります。

これは自分と友達両方に当てはまるので、早めに改善した方がいいです。

通信環境が安定しない時はモバイルデータ通信やWi-Fiを切り替えたり良好な場所で再接続してみてください。

正しい位置情報が表示され、フリーズなどもしやすくなります。

whooフリーズ時の注意事項3選!

フリーズがバレたくないという人は多く、位置情報を知られまいと躍起になっているという声もネット上でよく聞かれます。

そこで注意事項として、フリーズ設定が相手に表示される場合の対処法を3つ紹介します。

フリーズした場所の確認や位置情報のオフなど、場所の変更によってフリーズできるケースは多いです。

位置情報を知られずにフリーズしたい人は、この対処法を参考にしてみてください。

フリーズした場所を確認しておく!

フリーズバレしないためには、まずフリーズした時の場所を確認した後、そこから移動するのが重要です。

フリーズした時の場所にいたままだと、自分のフリーズは解除されていない事から位置情報がバレる可能性があります。

そのためフリーズした場所を確認した後、長時間利用できる場所に移動しましょう。

自宅や職場・学校など長期滞在に適した場所なら、なぜその場所にずっといられるのか怪しまれないのでおすすめです。

位置情報をオフにしておく!

位置情報のオフも位置情報が正しく表示されないので、特定されたくない人におすすめです。

最後にオフにした場所が相手のアカウントでも自分の居場所として登録されます。

フリーズとは違い、アイコンが付かないので、位置情報がバレない状態でオフにしていると相手に認識されます。

フリーズしたままの状態より嫌われる心配が少ないです。

ただし、whooを起動する際に位置情報をオンにしておかないと、正しく起動されないのでご注意ください。

最初からフリーズではなくあいまいに設定しておく!

フリーズバレしたくない人には、あえて最初から位置情報を曖昧に設定するのもおすすめです。

絶対に自分の場所を知られたくない場合ならともかく、そうでない場合は曖昧に設定しましょう。

曖昧ならフリーズと違い、位置情報も変化するので正確な位置情報が把握されず、移動してもフリーズがバレる心配が少ないです。

設定されていない場合も曖昧な位置で表示されるので、アイコンの周辺地域にユーザーが点在している事になります。

whooのフリーズを上手く使えばバレない!

whooのフリーズを使ったら本当にバレるのか、そしてフリーズできない時の対処法を紹介しました。

フリーズを使う時は位置情報マークが表示されるので、そこから相手にも自分の位置情報がわかるようになります。

ただし急なトラブルでフリーズできなくなる場合があるので、アプリのアップデートや不具合の確認を定期的に行いましょう。

フリーズがバレたくない人は位置情報をオフにしたり、長時間利用できる場所に移動したりと、特定されないための行動がおすすめです。

使い方を覚えれば非常に便利なので、この機にwhooを使ってみてください!