大島てるの事故物件マップが終了で見れない!?検索の仕方やスマホでの見方を調査!

未分類

引っ越しをする際、気になるのが「事故物件」かどうかの確認です。

引っ越した後に事故物件だったとわかり、トラブルになることも多い為、事前準備をしておきたいところですね。

そこで、多くの人が参考にしているのが、事故物件かどうかを簡単に調べることができる大島てるの事故物件マップです。

ところが最近ではこの、事故物件マップには「終了した?」「見られない」といった声が多くあがっています。

そこで今回は、大島てるの事故物件はマップは終了したのかどうかを調査していきながら、検索方法やスマホでの見方についても解説していきます!

大島てるの事故物件マップ(地図)が終了!?

事故物件を調べる際に参考となる大島てるの事故物件マップ」ですが、なぜか終了してしまったという声が挙がっています。

大島てるの地図がもしかしたら終わっちゃったかも!!
めっちゃ参考にしてたのに、見れないの困るなぁ。

引っ越しの際に参考にしている人も多い中、大島てるの事故物件マップは本当に終了してしまったのでしょうか。

勘違いであると言う声も挙がっているので、大島てるの地図が終わったと言われている理由について調べてみました!

【2024最新】大島てるの地図は終了してない!

結果から言うと大島てるの事故物件マップは終了していません。

大島てるの事故物件マップは終了するどころか、更に日本各地の事故物件を更新しています。

引っ越しシーズンには必ず使うといった方もいるほど参考にされているマップなので、なくなってしまうと困る方が必ずいます。

大島てるの事故物件マップが終了していないと聞いて喜びの声が多く挙がっていました。

大島てるの地図が終わったと思ってたけど、終わってなくて安心した!
引っ越しの時事故物件を検索するのに便利だからなくなると困る!

大島てるの地図が終わったと言われている理由の4つについて、詳しく調べてみたので紹介していきます!

大島てるの事故物件マップ(地図)が見れない理由4選!

大島てるの事故物件マップが「見られない」という声が多いため、見られない原因を調べた人も多いのではないでしょうか。

そこで、大島てるの事故マップが見られない理由を4つ、紹介します。

結果から言うと大島てるの事故物件マップは終了していないため、当てはまる原因がないか、チェックしてみましょう。

見れない理由①一時的なサイトのトラブル

大島てるの事故物件マップを検索しても見れない理由1つ目は、一時的なサイトのトラブルだそうです。

引っ越しシーズン中だと沢山の人がサイトにアクセスするため、サーバーが重くなってしまい検索しても開けなくなります。

ちょうど引っ越しが重なったことで一時的にサーバーが重くなってしまい、サイトを検索しても見れないといった事象が起こってしまったのでしょう。

サイトが見れない・・・。みんな開いてるのかな。
検索してもサイトが見れないんだけど・・・。

見れない理由②物件情報が取得できなかった

大島てるの事故物件マップを検索しても見れない理由2つ目は、単純に物件情報がないためです。

大島てるの事故物件マップを知らない人はそのまま不動産とやり取りをして不動産契約をするため、自分の住む場所が事故物件とは知らずに入居することもあります。

また、新しい事故物件の情報の取得に関しても時間がかかるので、新規でアップできる情報がない事もあるでしょう。

大島てるの事故物件マップはかなりの事故物件や各地域での事件事故を取り扱っているので、知っているととても便利でしょう。

見れない理由③スマホからだと見にくい

大島てるの事故物件マップを検索しても見れない理由3つ目は、スマートフォンからだと見にくいといった点です。

スマートフォンの初期画面では地図が表示されず、パソコンで見るときと明らかに画面表示が違うようです。

その為スマートフォンを利用している人は、大島てるのマップが使えないと同様の声を多く挙げているようです。

スマホで見ようと思ったけどマップが出てこない・・・。
パソコンだと問題なく使えるのに何でだろう?

見れない理由④法的なトラブル

大島てるの事故物件マップを検索しても見れない理由4つ目は、法的トラブルがあるのではないかという疑問が挙がっていることです。

正確には法的なトラブルではなく、不動産業界による『告知義務のガイドライン』が改訂されたためです。

告知義務のガイドラインの要約としては、過去3年間による人の死亡・事故が不動産の管理する建物内で起こった場合に入居者へ告知をするといった内容の物です。

このガイドラインが制定されるまでは、人の死に関する告知義務については曖昧なところがありました。

ガイドラインが制定されたことで、大島てるの事故物件マップは使用できないのではないかという声が出たためと言われています。

大島てるの事故物件マップを見る方法は?検索の仕方も!

大島てるの事故物件マップは事故物件を調べる際にとても役立つツールです。

検索しても見れないという声も挙がっていましたが、スマートフォンでもパソコンからでも大島てるの事故物件マップを見ることは可能です。

便利に使用するためにスマートフォンとパソコンから、大島てるの地図を見る方法について紹介していきます!

大島てるの事故物件マップをスマホで見るには?

まずは、大島てるの事故物件マップをスマートフォンから見る方法について解説します。

①サイトのトップページから新着情報の物件」をタップします。

②地図が表示されるので知りたい土地の検索が可能となります。

スマートフォンで利用するのであれば、まずトップページから新着情報を押さなければならないことが分かりました。

地図が後から出てきて検索をすることができますが、分かりづらいという声が多く挙がっています。

この遷移方法だと分りづらいため、急にサイトが使えなくなったと思ってしまうのかもしれません。

大島てるの事故物件マップをスマホで検索する方法は?

新着情報をタップしてから地図を表示して、実際に事故物件の検索をする方法について解説していきます。

③地図の上にある検索バーに地名を入力すると検索が可能となります。

④地図上に炎のマークが出てくるのでタップすると詳細を閲覧することが可能です。

物件の詳細を見れることやグーグルマップのように地図の拡大、移動をすることもできるので便利に利用をすることができます。

大島てるの事故物件マップをパソコンで見る方法は?

大島てるの事故物件マップをスマートフォンから見る方法について解説しましたが、パソコンから利用したい方も多いのではないでしょうか。

大島てるの事故物件マップをパソコンから利用することは簡単で、グーグルやマイクロソフトのインターネットで「大島てる」と検索をするだけです。

大島てるの事故物件マップのホームページが出てくるのでクリックしてサイトに入ることができます。

パソコンからだとすぐに地図が表示されるので、知りたい土地を拡大して炎のマークを押すと物件情報の詳細を見ることができます。

ちなみに日本の事故物件だけではなく、海外の事故物件や地域での事件事故などの情報も載っています。

海外の情報はほとんどその地域の言語で記入されているので読むことは難しいでしょう。

事故物件を見破る方法はある!?見極め方法3選!

引越しをする際、なるべく事故物件を避けたい人も多くいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは事故物件を見破り、未然に防ぐための見極め方法を3つ紹介します。

これらのポイントを押さえて、安心して理想の家に引っ越せるよう、参考にしてください。

事故物件の特徴①近隣の物件と比べて3割以上安い

近隣の物件と比べて3割以上安い場合、事故物件を見極めるヒントの一つです。

自殺や他殺など、人の死が起きた事故物件は、賃料や売買価格が通常より安くなります。

「建物内・敷地内で人が亡くなった」という事実は多くの人に敬遠され、賃料や金額を通常より安価にしなければ契約に至りにくいからです。

どれくらい安価になるかは、物件の状態や死亡事故(事件)の内容により異なりますが、だいたい3割以上安くなるようです。

同じ建物内の物件でも、賃料が大幅に安い場合は注意が必要です。

事故物件の特徴②マンションやアパートの名前が変わっている

マンションやアパートの名前が変更されている場合も、事故物件かもしれません。

最近では、大島てるの事故物件マップなどがあり、もし物件内で自殺や事件などが起きると、簡単に調べることができます。

そのため、気になる部屋の住所をネットで調べ、今の物件名と違う名前の検索結果が出た場合は、事故物件であることも考えられます。

ただし、物件を所有しているオーナーや管理会社が変わった場合に、物件名が変更されることもあります。

所有者が変わっていないのに、物件名が変更されていれば、事故物件を疑ってみても、いいかもしれません。

事故物件の特徴③部屋の一部に不自然なリフォームがある

不自然なリフォームがある場合にも、事故物件の可能性を疑いましょう。

不自然なリフォームとは、以下の例が挙げられます。

  • ドアノブの不自然な変形…座って首を吊るときに変形した
  • フローリングの色が一部違う…体液を吸った床を一部張り替えた
  • 不自然に改修されている…そこで自殺があったり、そこに遺体があった

さらに、人気の「ロフト付き」物件は首を吊りやすいため、事故物件に多い間取りだと言われています。

ロフトの手すりの不自然な歪みや、階段の下にシミがある場合等は、事故物件を疑ってもよいかもしれません。

事故物件には告知義務がある?

事故物件を売却・賃貸する際、売主・貸主は買い手・借り手に対して、人が亡くなっている事実を告知しなければなりません

告知義務の期間は、賃貸は原則3年、売買は無期限です。

事故物件について、買主や借主へ告知義務が発生する対象となる事案は、大きく4つに分類されます。

  1. 自殺、他殺、火災による死亡
  2. 特殊清掃や大規模リフォームなどが行われた場合
  3. 借主・買主から問われた場合
  4. 社会的な影響の大きさなどから、借主・買主が把握しておくべき特段の事情があると宅建業者が判断した場合

(参照:どうなったら「事故物件」?告知義務はいつまで?策定されたガイドラインからポイントを解説

なお、日常生活の中での不慮の事故死、老衰や持病などによる自然死が原因だった場合については、告知する義務はありません。

大島てるの事故物件マップは終了していない!今後も便利な物件情報に期待

大島てるの事故物件マップが終了したという声が挙がっていることについて調べてみました!

大島てるの事故物件マップは終了しておらず、詳細な物件情報が記載されているので今後も利用する人は多いのではないでしょうか。

引っ越しの際に事故物件を調べたい方は、大島てるの事故物件マップを見てみるといいでしょう。