【超簡単】吐きたい時に吐く方法5選!気持ち悪い時必見の吐く方法とは?

未分類

吐き気がして苦しいとき、「早く吐いてしまって楽になりたい!」と思ったことはありませんか?

しかし、吐いているときはもっと苦しいため、自ら吐こうとすることをためらう人もいます。

簡単に吐く方法はいくつかあるので、少しでも体の負担を減らし、早く気分を楽にするためにも、それらの方法を知っておきましょう。

気持ち悪い時必見!簡単に吐く方法5選を紹介!

吐き気を我慢しているときに、「早く吐いてしまいたい!」と思う人もいるでしょう。

しかし、吐き気はあるのに吐けない、吐くときに苦しい思いをすることが嫌という人もいます。

そのような人は簡単に吐く方法がいくつかあるので実践してみましょう。

簡単に吐く方法①水分を摂る

強い吐き気はあるのに吐きたくても吐けなくて苦しい場合は、胃に刺激を与えれば吐けます。

そのため、水を飲んで胃に刺激を与えて吐いてしまいましょう。

水と一緒に胃の中の物が出るので、苦しさが少し楽に感じられることもあります。

また、吐いた後は水分補給としても水を飲みましょう。

吐く際には飲んだ水や胃の中に残っている食べ物だけでなく、体に必要な水分も大量に失ってしまうためです。

ただし、一気に大量の水を飲むことは避けましょう。

大量の水を飲んでしまうと胃が刺激されて、再び吐き気が戻ってしまうことがあるので注意が必要です。

簡単に吐く方法②きつい匂いを嗅ぐ

吐けないときには胃を刺激することが有効です。

胃は水を飲むだけでなく、キムチや納豆のようなきつい匂い物を嗅ぐことでも刺激できます。

匂いで胃を刺激すれば、水のように胃に物を入れる必要がないため、体への負担は軽くなるでしょう。

簡単に吐く方法③スプーンを使う

水や匂いで胃を刺激しても吐けない場合は、舌の付け根辺りを刺激して嘔吐を促すようにすれば吐けます。

舌の付け根を刺激するにはスプーンで押さえると良いでしょう。

スプーンであれば適度な長さがあり、丸みがあるため、喉の奥を傷つけにくいです。

ただし、あまり強く押さえすぎたり、吐く瞬間に喉を突いてしまったりなどして、喉を傷つけないように注意しましょう。

また、水や匂いを使う方法よりも刺激が強く、体への負担も大きいです。

そのため、スプーンを使った方法は「どうしても吐きたい」「吐かなければいけない」などの状態の場合に使うようにしましょう。

簡単に吐く方法④指を突っ込む

強制的に吐くための定番方法は喉に指を突っ込むことです。

指を喉に突っ込めば、スプーンで舌の付け根を刺激するよりも、さらに強い刺激を与えることができます。

また、物を必要としないので、いつでも、どこでも実践が可能です。

ただし、指を突っ込むことで喉を傷つけてしまう可能性があり、体の負担も大きいので、どうしても吐きたいときの最終手段としておきましょう。

もし、水があれば先に飲んでおきましょう。

水で胃を刺激しておくことで、指で与える刺激を抑えても吐けるようになります。

簡単に吐く方法⑤便器の前に行く

吐き気がしたときに、トイレに駆け込む人は多いでしょう。

トイレであれば便器に吐くことができ、吐いた後も流して処理することができます。

また、トイレの芳香剤の匂いが胃を刺激したり、吐ける環境にいることで心理負担を減らしたりなどの効果も期待できるでしょう。

もし、トイレにこもって、何度も吐くつもりであれば水分補給用の水を忘れずに。

ただし、嘔吐物は排泄物と違って、水に溶けにくく、量も多いです。

そのため、吐いた物を便器に流すと、トイレ詰まりの原因となる可能性があります。

吐いた際に菌が周囲に飛散する可能性もあるでしょう。

そのため、緊急であれば仕方ありませんが、できれば吐く際にはビニール袋などに吐き、口を縛って処理することが望ましいです。

吐きすぎると歯が溶ける?過食嘔吐で歯をなくした経験談を紹介!

「吐くと歯が溶ける」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

「吐いただけで本当に歯が溶けるのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、吐きすぎると実際に歯は溶けてしまう可能性があります。

吐きすぎると歯や食道にダメージも?嘔吐のメカニズム

歯はph5.5以下の酸で溶けます。

phは液体の性質を表す単位です。

0〜14の数字があり、6以下であれば酸性、7以上であればアルカリ性を表していて、7はちょうど中間となるので中性と表すこともあります。

そのphの数字は小さいほど酸性が強く、嘔吐によって吐き出される胃酸のphは1~2と強い酸性であり、歯を溶かすことが可能です。

胃酸は吐いた後もしばらくは口の中に残ることになります。

吐いた後に口をゆすげば、ある程度は口内を中和できますが、それでも歯を溶けることを完全に防げないこともあるでしょう。

そのため、吐きすぎることは歯を溶かす原因となります。

また、嘔吐は異物や菌などを体外に出すために、腹筋や横隔膜などが縮んで胃を圧迫し、胃の中身を口から吐き出す防御反応です。

そのため、嘔吐物や胃酸などがは食道を通ってくるため、食道にも負担をかけることになります。

過食嘔吐で歯がなくなる?体験談を紹介!

吐きすぎると歯は溶けてしまう可能性があります。

そのため、お酒が原因でよく吐くという人は、お酒を控えて嘔吐を防ぎましょう。

しかし、中には過食症のように吐き気への対策が簡単ではない場合があり、悩みとして抱えている人も多くいます。

 

過食症になると、大量の食べ物を食べて吐くことが習慣化してしまうことがあり、他にもいろいろな影響が身体に起こります。

実際に15年の摂食障害と過食嘔吐によって、30歳という若さで総入れ歯となってしまったことや、急激な体重の変化やその他の症状についての体験を語っている人もいます。

苦しくても吐けばすぐに楽になれると考える人もいますが、吐くことはただそのときに苦しかったり、気分が悪くなったりなどするだけのその場限りのものではありません。

体に大きな影響を与えてしまう行為でもあることを理解しておきましょう。

簡単に吐く方法5選!過食嘔吐すると歯が溶けて危ない?体験談も紹介!のまとめ

吐き気に苦しんだときに、「早く吐いて楽になりたい!」と思うこともあります。

そのような場合は簡単に吐く方法を実践しましょう!

ただし、吐くことは体にとって良いことではありません。

そのため、お酒が原因でよく吐くという人は、できるだけ吐く機会を減らすことも考えてみましょう。