サボテンのIQが2は科学的根拠あり?男性が射精した後のIQがサボテンなのかも調査!

未分類

サボテンは見た目がかわいらしく、お世話が簡単な種類も多いため、観賞用として人気の高い植物です。

そのサボテンには「IQ2ある」と言われていることがあります。

嘘と思う人もいるでしょうが、サボテンの魅力をより把握するためにも、サポテンのIQについて知っておきましょう。

サボテンのIQが2あるのは科学的根拠あり?

サボテンには「IQが2」あると言われることがあります。

「植物なのにIQなんて無いだろう」と思う人は多いでしょう。

しかし、サボテンにIQが2あっても不思議ではない研究結果が実際にあります。

サボテンを含む植物はIQがあるとイギリスの研究で判明!

動物に食べられそうになったときに匂いを発生させて食べられないようにしたり、別の植物に寄生して栄養を奪ったりなど、植物には生きるために自ら行動を取ることができる物があります。

実際に、寄生植物を宿主となる木に移したところ、栄養状態の良い木を好んで絡みつくことがイギリスの植物学者の研究によってわかっています。

これら植物の行動は、勝手に行われているものではなく、自ら行動を選んでいることになるのです。

知能は自ら問題を解決する能力のことなので、生きるために行動を選択できる植物にも知能があると言われることがあるのです。

サボテンや植物は考えることができる?

研究によって植物が知能を持っている可能性があることは証明されています。

しかし、どのような方法を使っていたり、どのような思考を持っているのかなど、詳しいことはまだわかっていません。

そのため、サボテンを含む植物が人間が頭の中で考える場合と同じように「水が欲しい」「危険が迫っている」と考えているかどうかはわかりません。

サボテンのIQ2の知能レベルとは?

IQは知的能力を数値で表したもので、数値が小さいほど知的能力が低く、数値が高いほど知的能力が高いことを示します。

基準は100となっていて、110を超えてくると、IQが高いと言えるでしょう。

また、IQの数値によってできることの目安として、51~70あれば簡単な読み書きや計算ができ、言語の理解もできます。

そのため、IQが51以上あれば大きな支障なく生活ができます。

もし、IQが50以下でも、21以上あれば理解力は落ちますが、読み書きや計算、言語の理解はできます。

しかし、20以下になってくると、物事を理解することができず、言葉を発することも難しいです。

もし、これらIQの目安を植物に当てはめて、サボテンのIQ2とした場合、サボテンが人の言葉や自分の置かれている状況を理解したりなどすることは難しいでしょう。

男性が射精した後のIQがサボテンと同じ?

サボテンのIQは2と言われることがあります。

もし、本当にサボテンのIQが2であった場合、そのIQの比較対象として持ち出されるのは射精後の男性です。

その面白い比較に多くの人がネタとして扱いました。

男性が射精した後のIQがサボテン(IQ2)と同じだと話題に

男性の身体の仕組みとして、射精をした直後は性的な刺激に反応できなくなります。

いわゆる賢者タイムのことです。

賢者タイムに入った男性は虚無状態になる人もいます。

虚無状態になり、思考が鈍ったときの男性のIQは2と言われることも。

そのため、射精後の男性の思考能力はサボテンと同程度ということで、多くの人がネタとして扱い、多くの人を楽しませました。

男性が射精した後のIQがサボテンは嘘?

男性が射精した後のIQは2と言われることがあります。

しかし、男性が射精した直後で、思考が通常状態に戻ってしまうまでにIQを測定することはできません。

そのため、射精直後の男性のIQが2というのは、射精直後で何も考えられなくなった男性を大げさに表現したものです。

また、思考が鈍るのは射精後に限って起こるものではなく、何かに集中した瞬間には、その物事のことしか考えられなくなるため、性別に関係なくIQが落ちます。

ボールを蹴る瞬間であれば、簡単な暗算でも解くことは難しいでしょう。

そもそも、サボテンが知能を持つ可能性はあるが、思考を持っているかはわかっていません。

そのため、あくまでも「男性が射精した後のIQはサボテンと同じ」というのはネタ表現です。

サボテンより知能が低い生き物とは?

サボテンに知能があるとしても植物であるため、今のところはどのような生き物よりも知能は低いことになるでしょう。

しかし、知能がある生き物の中にも、「植物よりも頭が悪いのでは?」と思ってしまうような面白い行動を取るものもいます。

コアラ

コアラの主食はユーカリの葉です。

このユーカリには猛毒が含まれていますが、コアラはその毒を体内で解毒する能力を身につけました。

そのため、他の動物が食べることのできないユーカリの葉を食べることができるようになり、エサの競争を避けることができたことで、生き残ることができたと言われています。

しかし、ユーカリの葉の毒を解毒するには非常に多くのエネルギーが必要です。

そのため、コアラはエネルギーをを無駄に使わず、解毒に回せるように、1日18時間~20時間の睡眠が必要になってしまいました。

エサの確保はできましたが、結果として行動がほとんどできなくなってしまったのです。

ナマケモノ

ナマケモノはエネルギーを消費しないために、ゆっくりと動く生き物として有名です。

エネルギーを消費しないため、1日の食事量も葉1枚~2枚ほどで済みます。

また、その葉も完全に消化するまでに1週間以上かけます。

ただし、消化が遅いということは、それだけ食事から栄養の吸収にまでの時間もかかるということです。

そのため、もし雨が続いて体温が下がり、消化効率が悪くなると、食事は摂っているが栄養が摂れてない状況が続いてしまうことも。

場合によっては、たくさんの葉を食べて満腹であるにもかかわらず、栄養が摂れないことで餓死してしまうこともあるそうです。

マンボウ

マンボウは非常にデリケートな魚として有名です。

中には太陽の光を浴びると死ぬ、海で深く潜りすぎて寒さで死ぬ、ジャンプしたら死ぬなど、大げさなものもあります。

しかし、小魚の骨が喉や腸などに刺さって死ぬ数億個の卵を産むのに大人になれるの1匹~2匹ほどと、大げさではなく事実であることも多くあります。

イワシ

イワシは非常に大きな大群で泳いでいて、集団で方向転換したり、障害物を避けるために一時的に集団が分かれるなどします。

その様子に「イワシって賢い」と思ったことがある人もいるでしょう。

しかし、イワシが集団で泳げているのは前のイワシについて泳いでいるだけです。

また、他のルールもありますが、他のイワシと同じ距離を保つ、障害物は左右に避けるなどの簡単なものだけです。

これらの簡単なルールで、イワシの大群は一糸乱れぬ集団行動ができていて、決して深く考えて行動をしているわけではありません。

サボテンのIQのまとめ

サボテンのIQは2と言われることがありますが、植物の知能や思考については研究段階なので、詳しいことはわかりません。

しかし、今後も研究は進んでいくので、あっと驚くような研究結果が出る可能性もあるでしょう。

もしかすると、「本当はサボテンが人の言葉を理解していた!」なんてことがあるかもしれませんね。