【2022最新】女の子につけてはいけないダサい名前ランキングtop10!

未分類

子供が生まれる際に、親が行う一大行事と言えば「名づけ」でしょう。

名前は一生ものなので、名づけする親も心を込めて考えていると思います。

その一方で、最近は「キラキラネーム」という言葉が話題になり、当て字で読めない名前や個性的な名前を付ける親が増えています。

個性的な名前を付けた親もいる一方で、完全に自分たちのエゴで読みにくくm非常に個性的な名前を付ける親もいます。

そこで今回は、つけるとダサい名前、ダサい名前を付けられた子供の行く末つけるとモテる名前を紹介していきます。

子供に絶対つけてはいけない名前とは?

まずダサい名前を付けるとどのようなことが起きるか、またダサい名前とはどのようなものかについて紹介していきたいと思います。

これから出産をひかえている方や、子供が欲しいと考えている方は要チェックしです!

ダサい名前は子供の人生に悪影響の可能性が!

名前は付けられた本人がこれから一生付き合っていくアイデンティティーのようなものです。

その名前がダサい名前である場合、どのようなことが起きるのかまとめてみました。

一番多いのが「いじめに合う」ということです。

個性とかけ離れたようなダサい名前や、目立つキラキラネームのような名前である場合、いじめに発展することがあるようです。

日本人は調和・空気を読むことが美徳とされる国民性もあり、キラキラネームは特に標的にされやすいようです。

親が付けた名前で苦しまなければならないのは、本人はもちろんのこと、親も後悔に苛まれる可能性があります。

名付けが少なからず子供の将来に影響を与えてることを意識しながら、命名する必要があります。

子供につけてはいけない絶妙にダサい名前を一挙公開!

それでは、どのような名前がダサい名前に当たるのか、その特徴を踏まえて紹介していきたいと思います。

自分の名前がこの特徴に該当しているかチェックしながら読んでみてください!

ダサいポイント①古めかしい名前

まず一つ目の特長が、「古めかしい名前」です。

特に昭和によく使われていたような名前は、現在ダサい名前であるものが多いと言えます。

男性であれば「一郎」や「清(きよし)」「勇(いさみ)」「正(ただし)」

女性で言えば「清子」や「文子」「和子」など「~子」という名前が挙げられます。

この名前を聞くと、少し年配の方を想像してしまいますね。

ちなみに昭和元年の女性の名前トップ10はすべて「~子」だったようです。

それだけ人気を博していたようですが、現在はほとんど見なくなりつつあります。

古めかしい名前が全てダメなわけではありませんが、古風な名前をつける際は、昭和感や古いイメージがあることを理解する必要があるかもしれません。

ダサいポイント②読めない名前

2つ目の特長がキラキラネーム多い現象である「読めない名前」です。

例えば「遥風」という名前。

普通に読んだ場合は「はるかぜ」ですが、実際は「はるか」という読み方をするそうです。

このような名前は読み間違えられることも多く、自分の名前を説明しなければならないため、手間がかかります。

しかし、どんなに読みにくい漢字を出生届を出しても、名前の基準を定める法律がないため大体の場合そのまま承認されます。

名付ける親がしっかりとした良識を持つ必要があると思います。

ダサいポイント③流行に左右される名前

3つ目のダサいポイントは「流行に左右される名前」です。

最近で言うと「鬼滅の刃」で登場する人物から「実弥」「天元」「玄弥」という名前が名づけられているようです。

この名前のダサくなってしまうポイントとして、流行している今は良くても、子供が成長する頃にはその流行も去っている可能性があるからです。

そのことを考えず特に深い意味も考えていなければ、自分のアイデンティティーを表す名前本来の意味を成しません。

その点で「流行に左右される名前」はダサいのだと思います。

ダサいポイント④マイナスの意味を持つ漢字の名前

4つ目のポイントは、「マイナスの意味を持つ漢字の名前」です。

マイナスの意味を持つ漢字は、「失」「悲」など表向きにマイナスのイメージを持っているものもあれば、表向きはマイナスでなくても実はマイナスの意味を持つ漢字があるようです。

例えば「亜美」や「希美」がこの部類に入る名前です。

「亜」という感じはよく使われますが、この漢字には「~に次ぐ」「~に近いけど少し違う」という意味があり「亜美=美人に近いけど違う」という意味になりマイナスのイメージになってしまいます。

また「希」という漢字は、表向きは「希望」などいい意味に感じれますが、「めったにない」という意味もあり「希美=めったにいない美人」というハードルが高い名前になってしまうようです。

このマイナスの意味を持つ漢字は、簡単には分からないので、名付ける際には漢字にどのような意味があるか把握する必要があります。

【番外編】姓名判断上よくない名前の付け方

ダサい名前の特長を紹介してきましたが、番外編として「姓名判断上付けてはいけない名前」があります。

その名前が「濁音が入った名前」です。

これは男性でいうと「秀樹」や「潤」、女性で言えば「円」「梓」が該当します。

濁音は姓名判断上「人生が濁る・人生にムラがある・変化が激しい」とされています。

また、事故事件を起こすことや起きることが増え、仕事運・家庭運・金銭運が特に悪いようです。

女の子につけてはいけないダサい名前ランキングTOP10!

ここで女の子のダサい名前をランキング形式で紹介していきたいと思います!

少し見るのが怖いような気がしますが、自分の名前が入ってないか、また女の子を出産予定の方は自分の子供には付けないよう是非参考にしてください。

女の子に特につけてはいけない名前をチェック!

第10位:七海

理由:「七」という漢字が、「縦や横に体を切り刻まれる様子」を連想させる漢字であるため。

第9位:愛

理由:恋愛に関して不安定になりやすいため。

第8位:杏子(あんず)

理由:濁音が入っているので、「人生が濁る」ため。

第7位:乃亜

理由:「亜」という漢字が「貴い方の墓」という意味があるため。

第6位:沙希

理由:さんずいが流産を表していると言われている為。

第5位:今鹿(なうしか)

理由:「風の谷のナウシカ」をイメージしているが、「今」をナウと読めないため。

第4位:姫星(キティ)

理由:読める人がいないキラキラネームであるため。

第3位:愛羅(てぃあら・あいら)

理由:「てぃあら」の場合、読める人がいないのに加え、「愛」という漢字を含んでいる為。

第2位:七音(どれみ)

理由:読める人がいないことに加え、「七」という漢字が入っている為。

第1位:蒼空(そら)

理由:普通に読めないことに加え、「空」が「死を連想させる」漢字であるため。

自分の名前がダサい子どもはどうなる?

これまでダサい名前の特長と実際ダサい名前をランキングで紹介してきました!

しかし、この「ダサい名前」に該当してしまった子供たちはどういった手段を取ることができるのでしょうか?

改名や名前の変更に関する国のルールを紹介します!

改名に踏み切る子どもたちも

ダサい名前やキラキラネームを付けられた子供たちは名前が原因でいじめに合ったり、恥ずかしい思いを経験している人が多いようです。

その現状に耐えかねて、自らの名前を「改名」する子供たちも出ているようです。

法律上、15歳以上であれば親の同意なしで改名することができます。

改名する場合、家庭裁判所の許可を得て、市区町村の役場に届け出る必要があります。

また、その際に「正当な理由」が必要になるようです。

もし自分の名前にコンプレックスを抱えている方が居られれば、改名することができるので検討してみるのもいいかもしれませんね。

改名の理由はダサい名前だけではない

改名する理由は、いじめを受けるから」や「恥ずかしい」以外にも様々なものがあります。

例えば元受刑者の場合、改名しないと自分の犯罪歴が全て出てしまうので、出所してから生活できないそうです。

また別の例で言うと、「性転換をした人」がそれを機に改名したりするそうです。

詳細は下記リンク「”改名”100人~私が名前を変えたワケ~」をご覧ください。

>>”改名”100人~私が名前を変えたワケ~

海外では改名は当たり前という国も!

日本では、まだまだマイナーな「改名」ですが海外では当たり前に行われているそうです。

台湾では「名前にサーモンが入っている人は無料」というだけで改名する人がいるくらい、海外では簡単に改名できるようです。

ただ、せっかく親から付けてもらった大切な名前を、その理由だけで改名するのは残念な気がしますね。

日本は海外と比べて、せっかく付けてもらった名前を変えるのは良くないことという認識があるため、特別な理由がない限り、改名する人は増えないのではないかと思います。

子どもにつけるよい名前は?最新ランキングもチェック!

さて、次に子供に付けるべきオススメの名前を紹介していきたいと思います。

こちらもランキング形式で紹介していきたいと思います。

今どきのモテる名前はこちら!

今回は男女に分けてトップ5位のイケてる名前を紹介していきます!

自分の名前が入ってないか気になるところですね。

また、今後出産予定の方は子供に名前を付けるときの参考にしてください。

女の子の名前

第5位:葵(あおい)

第4位:芽依(めい)

第3位:凛(りん)

第2位:紬(つむぎ)

第1位:陽葵(ひまり)

男の子の名前

第5位:朝陽(あさひ)

第4位:樹(いつき)

第3位:蒼(あおい)

第2位:陽翔(はると)

第1位:蓮(れん)

男女ともに漢字違いですが「あおい」がランクインしています!

また読めない漢字を選択されておらず、ダサい名前のポイントに該当するものがないので、正に理想的な名前が選ばれています。

名付けの理由をきちんと説明できる

子供の名前を決める上で、重要なのが「なぜこの名前にしたのか」という理由が説明できることです。

一般的に多い理由が、「自然からイメージした名前」「響きが良い名前」「対面した時に感じた子供の印象による名前」です。

自分の子どものイメージにあっているか確認

子供の名付けでもう一つ重要なことが、「子供のイメージに合った名前」になっているかです。

少なからず親になれば、自分の子供がどのように育ってほしいかという理想を持っているはずです。

その理想の子供の姿に合わせた名前を考えることで、子供の良い成長に繋がっていきます。

言わば名前は親から子供に対する成長指針のようなものなのかもしれません。

かっこいいとキラキラは紙一重!

今までキラキラネームとかっこいい名前について調べてきましたが、結論この2つは「親の理想を表現していること」や「好きな言葉を使っている点」から名付け方法は共通してると思われます。

キラキラネームとかっこいい名前の大きな違いは読める漢字を使った名前かそうでないかだと思います。

読める読めないはあるにせよ、親の思いがこもっているのは間違いなさそうですね。

ダサい名前ランキング今後も変化する!?

これまでダサい名前の特長や具体例、また逆にカッコイイ名前とその特徴について説明してきました。

どちらも共通して親の想いが込められた名前であることは間違いないと思います。

今回カッコイイ名前としてランキング入りした名前も、この先時代が進めば「古めかしい名前」になる可能性があります。

その時代の状況に応じて、子供の名前を付けていくことが重要だと思います。

今後もダサい名前ランキングに変化があれば、追っていきたいと思います!