年少リングに込められた大切な意味は?入れ方や消し方についても解説!

未分類

年少リングはタトゥーのデザインの1種です。

タトゥーはファッションとして入れる人も多くいますが、年少リングには意味があるので入れる場合には注意が必要です。

あとで後悔しないためにも、年少リングの意味を知っておきましょう。

年少リングって何?

年少リングはタトゥーの1種で、指に指輪のデザインを入れることです。

年少リングを見て、おしゃれなデザインと思う人もいるでしょう。

しかし、年少リングには意味があるので、事前に把握しておく必要があります。

年少リングの意味

年少リングは少年院に入った経験のある人を区別するためのものです。

そのため、年少リングを入れていると、「犯罪歴がある?」と思われてしまう可能性があります。

ただし、年少リングが入れられていたのは江戸時代の話です。

現代の少年院で強制的に年少リングが入れられることは当然なく、年少リングを入れている人の多くは自らの意思で入れていることが多いです。

年少リングをする指

年少リングを入れる指は左手の薬指となっています。

これは結婚指輪で隠すことができるためです。

もし、ファッションとして薬指に指輪のタトゥーを入れている場合は良いですが、中指や人差し指に指輪のタトゥーを入れて「年少リング」と言ってしまうと、「間違っている」「ダサい」などと思われてしまうので注意しましょう。

また、もともとは少年院に入った経験のある人を区別するためのものなので、デザインはおしゃれなものではなく、黒い太線などのシンプルなものにすることが多いことも知っておきましょう。

三ツ星のパターンもある?

年少リング以外にも、左手の甲の人差し指と親指の間に「・」を3つ入れる三ツ星デザインのタトゥーもあります。

これは少年院で仲良くなった相手と強い友情の証として入れ合うことが多いです。

もし、「三ツ星の入れ合った相手はどんな人?」と聞かれた際に、三ツ星の意味を知らず「何それ?」などと答えてしまうと「意味を知らずに入れた」「ダサい」と思われてしまう可能性があるので注意しましょう。

年少リングを入れる理由

年少リングは強制的に入れられるものではなく、自らの意思で入れている人が多いです。

しかし、なぜ自ら年少リングを入れる人がいるのでしょうか?

戒め

年少リングがあると周囲からの印象を悪くしてしまうこともあるでしょう。

しかし、周囲からの印象を落とすことがあっても、それを自分への戒めとします。

また、同じ過ちを繰り返さないための決意の印にもなります。

それだけ年少リングには強い意味が込められているのです。

威嚇

年少リングがあると、過去に悪いことをした経験があることを周囲にアピールすることもできます。

そのため、「自分は悪い人」「自分は喧嘩が強い」などと相手を威嚇するために年少リングを見せつけてくる人もいます。

また、過去に悪いことをした経験がない人でも、年少リングを入れて少年院に入ったことがあるような素振りを見せて、威嚇の手段として使う人もいるようです。

ファッション

タトゥーはファッションとして入れる人が多くいて、指輪のデザインのタトゥーはおしゃれです。

そのため、年少リングという意味ではなく、ファッションとして指輪のタトゥーを入れる人もいます。

ファッションとして入れるのであれば左手の薬指にこだわる必要がないので、中指や人差し指などに入れても良いでしょう。

ただし、左手の薬指に入れる場合は年少リングというものがあることは知っておいた方が良いでしょう。

人の真似

「友達や先輩が入れていた」という理由で年少リングを入れる人もいます。

友達や先輩や強い決意を込めて年少リングを入れている可能性はあります。

その決意や年少リングのことを理解せず、「見た目がかっこいい」という理由だけで真似するのは「ダサい」と思われてしまうことがあるのでやめた方が良いでしょう。

もし、ファッションとして入れたいのであれば、デザインをよく選んで、中指や人差し指などの別の指にした方が無難です。

もし、左手の薬指に入れるのであれば、年少リングのことを理解したうえで入れるようにしましょう。

年少リングの入れ方と消し方

年少リングは自分で入れる必要があります。

では、年少リングはどうすれば入れることができるのでしょうか?

また、年少リングを消す方法はあるのでしょうか?

入れ方:彫師に頼む

年少リングはタトゥーなので、彫師に頼む必要があります。

タトゥーの入れ方には手彫りと機械彫りの2種類がありますが、機械彫りの方が主流となっています。

ただし、年少リングは少年院に入っていた意味を表すもののため、未成年が「入れたい」と希望することもありますが、基本的には18歳以上でないとタトゥーを入れてもらうことはできません。

また、18歳以上でも高校生であればタトゥーは入れてもらえません。

そのため、安全ピンなどの針に墨汁でセルフタトゥーで年少リングを入れようとする人もいます。

これは安全面や衛生面などからやってはいけません。

消し方;病院に相談する

強い決意を持たず、友人や先輩の真似やファッションとして年少リングを入れた場合、「消したい」と思うようになることもあるでしょう。

しかし、タトゥーは簡単に消えるものではないので、美容外科や皮膚科などの専門機関に相談する必要があります。

また、専門機関に相談しても、色素が深くにあって、完全に消すことが難しい場合もあります。

年少リングを入れるリスク

年少リングはタトゥーなので、事前にいろいろなリスクを負うことを把握しておく必要があります。

それらのリスクにはどのようなものがあるのか確認しておきましょう。

消すときの費用

タトゥーを消すには専門機関を頼る必要があり、手間も費用もかかってしまいます。

レーザーで消える場合は数万円ほどで済みますが、皮膚の切除が必要になった場合には十万円以上の費用が必要になることもあります。

また、レーザーの場合も色素が深かったり、厚かったりなどすると、何度も行わないと効果が出ないこともあるので、費用や消し方など、よく相談して決めるようにしましょう。

就職への影響

年少リングは未成年が入れることが多く、就職を控えていることも多いです。

タトゥーを禁止している企業もあるので、就活では企業選びの幅が狭くなってしまうでしょう。

また、タトゥーは禁止されていなくても、年少リングは指にあるので隠すことができないので、面接で悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

年少リングは人生に大きな影響を与える就職を不利にする可能性があることを把握しておきましょう。

変形

年少リングはタトゥーなので、勝手に消えることはありません。

しかし、時間が経つと色が薄くなることがあります。

また、シワや体型の変化などによって年少リングの形が変形してしまうこともあります。

特に、ダイエットとリバウンドを繰り返している女性は皮膚がたるみやすいので注意が必要しましょう。

年少リングのある有名人はいる?

年少リングを入れていると噂されている人は、女性有名人ではタレントや美容料理研究家として活躍している和田明日香さんや、モデルの加藤美佳さん、男性有名人ではYoutube「釣りよか」チャンネルのとくちゃんさんなどいます。

ただし、これらの有名人たちの指を見ても年少リングを確認することができず、本人たちが「年少リングを入れている」と言ったこともありません。

そのため、これらはただの噂です。

森田剛さんは以前、指輪の下にタトゥーがある様子をテレビに映っていたこともあるようです。

ただし、そのデザインは年少リングではなく、文字のようなデザインであったことからファッションとして入れていたものではないかと考えられます。

また、現在の森田剛さんの指にはタトゥーは見当たりません。

そのため、「タトゥーを消した」と噂されることもありますが、森田剛さんはタトゥーに関して何も言われていないので、もともと消えるタイプのものであた可能性も考えられるでしょう。

年少リングは意味を把握したうえで入れよう

指輪のタトゥーはおしゃれなので、入れたいと思う人もいるでしょう。

しかし、指輪のタトゥーを入れる際には、デザインや指を選ばないと年少リングと勘違いされてしまう可能性があるので注意しましょう。

また、年少リングは強い決意を持った人が入れるものです。

そのため、人の真似や憧れなどで入れて、後で後悔しないように注意しましょう。