トンボ鉛筆・佐藤佳弘の大炎上メール事件まとめ!退職どころか出世?

未分類

東日本大震災時に起きた「トンボ鉛筆佐藤事件」は、人事担当の佐藤さんが就活生に送った心無いメールがきっかけで大炎上しました。

その行動がサイコパスとも言われるトンボ鉛筆佐藤さんはその後、クビや退職処分と思いきや昇進・出世したとのウワサもちらほら。

一連のメールとはどんな内容だったのか、出世したのは事実か、「なんj」でも話題にのぼり10周年を迎えたこの件について佐藤佳弘の現在の姿も含め調べます。

トンボ鉛筆人事・佐藤氏の炎上まとめ!

事件の発端は2011年3月にトンボ鉛筆で人事を担当していた佐藤さんが就職活動中の学生に送信したメールでした。

佐藤佳弘さんは一体どんなメールを送信し、炎上してしまったのでしょうか。

本名は「佐藤佳弘」

一連のメールの責任を負わされ、一説では会社をクビになったとされるトンボ鉛筆佐藤さんの本名は「佐藤佳弘」さんです。

就活生に傲慢すぎるメールを送信したトンボ鉛筆佐藤さん、一部ではサイコパスと呼ばれているそうです。

それほどまでに心無いメールとはどんなものだったのでしょう。

トンボ鉛筆人事部の炎上を時系列で紹介!

この事件が起きた2011年は就職氷河期の再来と言われ、学生たちの就職活動は難航。

トンボ鉛筆の会社説明会にも応募が殺到する中、東日本大震災という未曾有の大詐害が起きてしまいます。

震災の前後に送られた佐藤佳弘さんと人事担当者の無神経過ぎるメールについて追っていきます。

3/1:会社説明会の予約開始時間をごまかす

3月1日、各企業による会社説明会が解禁になると同時にトンボ鉛筆も例外なく、人事担当者が次年度の社員採用に向け業務を開始。

ところがトンボ鉛筆佐藤さんの同僚である黒川紗也香さんが3月1日13時に説明会の予約は開始するが、13時というのはジャストタイムとは限りません」といった非常に曖昧な連絡をしていました。

また前後の時間もチェックを怠らないよう促し、まるで”スマホやPCの前からひと時も離れるな”と言っているかのような高圧的な態度が見られるメールでした。

予約出来た就活生に高圧的なメールが

人気企業のトンボ鉛筆説明会、当然予約は殺到しますから学生は必死に予約を取ろうとスマホ片手に奮闘します。

粘り続け予約できた学生に対してトンボ鉛筆佐藤さんが送ったメールもおかしなものでした。

予約が取れた方々に対してのみ履歴書とエントリーシートを配布する
他人よりも先に1歩出たというメリットを皆さんに与える
・履歴書やエントリーシートを記入する時間はたっぷりあるので、説明会までの過ごし方で完成度が変わるだろう

佐藤佳弘さんは「採用してやる」という上から目線が感じられる高圧的な文章をよこしました。

予約出来無かった就活生にも不快なメールが

一方で説明会に予約できなかったものの選考への参加を求める男子学生に対しても、佐藤さんから不快なメールが届きます。

選考会に参加しないと選考に進めないとは言っていないから諦めるな
・男女差別はしないが区別はする
男としてこんなことでテンションを下げるな
・社会に出ればもっと大変なことがたくさんある

「男のくせに」と取れるような発言はもはや「区別」でなく「差別」ですね。

このメールの最後に佐藤佳弘さんは「後でこの時間が貴重だったと思えるよう過ごしてください」と追記しています。

3/11:回線混雑の中、安否確認

そして3月11日震災当日、混乱の最中に学生たちへ佐藤佳弘さんから送られたのは「地震大丈夫ですか?ケガはないですか?」というメール。

緊急性のないメールは控えねばならない状況の中、佐藤さんの行動に対して「非常識過ぎる」との批判が多く見られました。

受け取った学生たちは、選考を希望する会社の人事担当から届いた安否確認メールへの対応に戸惑ったのではないでしょうか。

3/13:被災者に無茶な要求

震災から二日後の3月13日、震災で近親者を亡くしたり変わり果てた故郷に心を痛ませていた学生たちにまたしても佐藤佳弘さんから非常な内容のメールが届きました。

・先日は咄嗟のメールだったので、返信しなくても大丈夫
こんなことくらいしか出来ないが、履歴書とESを送る
・非常に厳しい条件を1点つけさせていただく
・書類選考を希望するなら添付の専用履歴書とエントリーシートを3月15日(火)消印有効で郵送すること
・直前に説明会へ予約が出来た場合は、書類持参で行くこと

トンボ鉛筆佐藤さんは、就活生を気遣う一方で書類を期日までに送るよう要求し、難しければ自分で考えるよう促されていました。

すなわち、佐藤佳弘さんは条件がクリアできず説明会へも不参加なら選考に進めないことをほのめかしているのです!

このメールが公開されるやいなや、「人事は神か?」「もうトンボ製品は買わない」などネット上では大炎上します。

総務部GM長尾弘司氏により鎮火

トンボ鉛筆佐藤さんが引き起こした炎上騒動に対して「トンボ鉛筆」はすぐさま対応します。

佐藤佳弘さんが問題メールを送信した次の日に当たる2011年3月14日、就活生の方々へ謝罪メールが送信。

名義は総務部ゼネラルマネージャーである長尾弘司氏でした。

トンボ鉛筆の公式ホームページにも見事な謝罪文を掲載、ネットでも絶賛を浴びます。

3月13日付 件名「トンボ鉛筆選考専用履歴書・エントリー送付」に関するお詫び学生の皆様へ
平成23年3月14日
トンボ鉛筆 総務部ゼネラルマネージャー
長尾弘司
日頃から弊社へ格別のご理解を賜りまして深く御礼申し上げます。

さて、平成23年3月13日付で、弊社人事グループ担当社員より発信しました弊社採用活動に関する文書の中に、不適切かつ配慮に欠く表現が多々ありましたことを深くお詫び申し上げます。
先ず、東日本大震災発生の2日後に、罹災した地域への配慮を欠いたかたちで書類選考用紙等をメールし、締切を15日消印有効としたことは言語道断であります。また、随所に平等を欠く表現もありました。さらに、弊社担当者の立場上の驕り昂ぶりが現れた言葉遣いが随所にあり、重ね重ねお詫び申し上げます。つきましては、平成23年3月16日に開催を予定していました会社説明会は延期させていただくことにいたしました。理由は、電力問題でライフラインに支障をきたす危険があるためです。そのため15日の消印有効としました書類送付締切も無効とさせていただきます。会社説明会の実施日は決定次第ご連絡申し上げます。弊社は人材の発掘に努めており、定時採用をたいへん重んじております。書類選考の段階から役職者が加わり、最終選考では役員が加わり、全社的に平等かつ公平にこれを運用しておりますが、採用担当者の発信文書の管理に問題がありました。
早速、公に発信する文書の事前社内校閲ルールを設置し、再発を防止してまいりますと同時に、当該担当者を厳しく指導しました。改めてこの度、不適切かつ配慮に欠く文書を発行しましたことを深くお詫び申し上げます。

引用:トンボ鉛筆人事 – 東日本大震災でやらかした人まとめWiki

長尾氏の謝罪にネット賞賛

先の佐藤佳弘さんのメールに比べ大人で誠実な態度が見受けられる文章が就活生ならずとも賞賛します。

しかも、あえて相手を戒めるような強い言葉を使ったことにより、佐藤佳弘さんに対する激しい怒りが見えます。

就活生の心情を十分に考慮し問題点の改善に迅速に努めたことで、世間では“GM長尾弘司氏の神対応”として話題に。

佐藤佳弘が言い訳メールを送信?

トンボ鉛筆はそうしたことにより、会社説明会は延期にエントリーシートの締切も伸ばす対応をしました。

その後、佐藤佳弘さんは言い訳とも取れるような内容のメールを送信します。

・やはりちゃんとお話した方がいいのではないか
・被災地の方に対して面白半分でメールを送ったのではない
・文面・内容が不適格だった点は重く受け止めている

こういった内容のメールに説明会やエントリーシート延期などを追記したメールが送られたとのこと。

どこか論点がずれていて、学生にしてみれば「今さら何を?」と思ったことでしょう。

佐藤佳弘はサイコパス?

では、トンボ鉛筆佐藤さんはなぜこのような行動を取ったのでしょうか。

一部では佐藤佳弘さんが人の苦しむ姿を楽しんで喜ぶサイコパスだと噂されています。

サイコパスには「良心が異常に欠如」や「無責任で罪悪感がない」「他人に共感しない」といった特徴があります。

こうして見ると採用側の立場を利用した佐藤佳弘さんの行動があまりにもマッチしているではありませんか!

佐藤佳弘の炎上は毎年なんjに登場

トンボ鉛筆佐藤さんメール事件が起こったのは2011年ですが、毎年3月11日が近づくと「なんでも受信速報」略して”なんj”に登場している模様。

なんjでは、黒歴史を持つ人物として名高いようで10年が過ぎた今でも検索ワード上位にランキングしているとか。

肩書きと名前をくっつけることが伝統化していることから、なんjで「トンボ鉛筆」「佐藤佳弘」と入力するとすぐ表示されるようです。

今年は〇周年で話題に

2021年、トンボ鉛筆佐藤さんが無神経なメールを送ってから10年が過ぎました。

このことから再び話題となり、”なんj”をはじめとするネットでにぎわいを見せているとか。

ちなみに佐藤佳弘さんが所属するトンボ鉛筆は、2019年消しゴムなどの看板商品「モノカラー」が50周年を迎えています。

佐藤佳弘の現在は?

その後、トンボ鉛筆佐藤さんの情報は途絶えていますが、責任を取りクビもしくは退職したのでしょうか。

このような炎上事件を起こしたことから、現在は自ら退職の道を選んだ可能性もありますね。

謝罪メールには「厳しく指導」と記載が

事件後に長尾氏が学生に送信した謝罪メールには「厳しく指導」と書かれていました。

そのため佐藤佳弘さんはトンボ鉛筆をクビになったのではという噂が出回っていますが、実際にはクビになったという処遇に関する情報はありません。

「厳しい指導」ということでクビにはならなかったという説の方が有力ですね。

クビで退職した可能性は低い?

「クビになった」「退職した」などという噂は憶測で、確かな情報がないことがわかりました。

どうやら佐藤佳弘さんは人事担当から外されたものの現在もトンボ鉛筆に勤務している可能性が高そうです。

その後出世・昇進した可能性はある?

あんな騒動を起こした佐藤佳弘さんのその後について、出世した、昇進したという情報がネット上に飛び交いたようなのです!

「出世して課長になった」という意見の一方で「ヒラのままらしい」という書き込みも。

結局のところどうなっているかはわかりませんでしたが、不祥事を起こしているので昇進はしていないでしょう。

トンボ鉛筆・佐藤佳弘の大炎上メール事件まとめ!退職どころか出世?のまとめ

就活生を憤マンさせたトンボ鉛筆佐藤さんについて調べた結果です。

トンボ鉛筆佐藤さんこと佐藤佳弘さんは東日本震災時に非常識メールやその後も心無いメールを送って炎上するも、総務部長尾さんの神メールにより鎮火しました。

サイコパスの疑いがある佐藤佳弘さんはその後、厳重な処分がなされたもののクビも退職もされていないようで、現在もトンボ鉛筆に勤務しているよう。

毎年なんjに登場し出世や昇進の噂もささやかれましたが根拠のないデマでした。

ただでさえピリつく就職メール、誠意ある文章が望ましいですね。