夜ご飯が何も思いつかない!困ったときの手軽な料理ランキング

未分類

夜ご飯の献立を毎日考えることは大変です。

そのため、「夜ご飯の献立が思いつかない!」「夜ご飯を作るのが面倒!」と嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

そのような夜ご飯で困ってしまったときに助かる料理をランキング形式で紹介します。

夜ご飯にはみんな苦労している?

飽きが来ないように毎日の夜ご飯の献立を考えることは大変です。

また、他にもやるべきことは多くあるので、ご飯作りにばかり労力を使うこともできません。

しかし、夜ご飯を用意しないわけにはいきません。

また、家族から「また同じ物」と献立で批判を受けないようにしもしないといけません。

そのため、夜ご飯には多くの人が苦労しています。

その苦労を少しでも軽減できるように、夜ご飯に何も思いつかず、献立が決まらない場合の対処法が必要になります。

夜ご飯の献立が何も思いつかない場合の対処法

夜ご飯の献立が何も思いつかず、毎日のように面倒な思いをしている人も多いです。

まずは夜ご飯が決まらない場合には、何をするべきか知っておきましょう。

余り物を確認する

夜ご飯が決まらない場合は、まず冷蔵庫の中を見て、余り物を確認しましょう。

食材によって作れる物は異なり、買い出しに行くにしても食材の確認は必要となります。

また、食材を確認しているうちに「これならあの料理が作れる」と気がついたり、余っていることを忘れていた食材を見つけて「これを早く食べないといけない」と優先的に使うべき食材が見つかったりなどすることもあるでしょう。

そのため、冷蔵庫の中から今日の夜ご飯のヒントが見つかることもあります。

メイン食材を決める

食材だけ眺めていても、なかなか献立が決められないこともあるでしょう。

そのような場合は、まず肉や魚などのメインとなる食材から決めてしまいましょう。

また、和食、洋食、中華の味付けのジャンルも決めます。

メイン食材とジャンルが決まれば、献立を決めやすくなり、メインの料理が決まることで副菜や汁物も決めやすくなります。

まとめて考えておく

毎日献立を考えることは大変です。

そのため、買い物に行った際には、2日~3日の献立をまとめて考えておくようにしましょう。

また、事前に考えておいた献立を全て出し尽くす前に、どんどん献立を考えてストックしていくようにしましょう。

時間があるときにまとめて献立を考えてストックしておくことで、毎日献立を考える必要がなくなります。

「昨日の料理と似通った料理は避けないといけない」「一昨日は何を作ったか忘れた」などと悩んでしまう状況も避けられます。

夜ご飯を作りたくない場合の対処法

夜ご飯は毎日献立を考えることも大変ですが、毎日作ることも大変です。

家事や育児、仕事などで忙しく過ごしている人であればなおさらでしょう。

また、夜ご飯が何も思いつかなくて、作ることが面倒に感じてしまうこともよくあります。

そのため、夜ご飯は作りたくない場合に備えておくことも重要です。

お手軽料理にする

時間をかければ美味しい物はできます。

しかし、毎日献立を考え、疲れた体で手の込んだ料理することは大変です。

そのため、電子レンジを使った時短レシピや、調理工程や料理時間のお手軽レシピのレパートリーを増やしていくようにしましょう。

レパートリーを増やすことで夜ご飯の献立に困ることを減らし、夜ご飯を作りたくないときでもサッと作れることでその負担を減らすことができます。

野菜はカットしておく

野菜はカットすると傷みやすくなるので、使うときに使う分だけカットすることが理想です。

しかし、毎日の夜ご飯でそのような理想はいちいち叶えてられません。

夜ご飯を作る負担を減らすためにも、野菜などの食材は数回分ほどまとめてカットしておき、小分けにして保存しておきましょう。

野菜をあらかじめカットして小分けにしておけば、夜ご飯を作りたくないときに、包丁を使わずに料理が済んでしまうこともあります。

また、カットした野菜は自らの水分で傷まないようにキッチンペーパーで包んでからラップして、野菜室で保存したり、炒め物やスープで使うのであれば食感を気にせず冷凍してしまうなど、保存方法に工夫するようにしましょう。

ただし、カットした野菜は傷みやすいので、傷む前に使い切ることを意識して、使う前には必ず状態を確認するようにしましょう。

冷凍食品をストックしておく

今では美味しい冷凍食品は多くあり、その種類も豊富です。

また、冷凍食品であれば長期保存しておくことが可能です。

そのため、夜ご飯を作りたくないと思ったときに備えて、冷凍食品をストックしておくようにしましょう。

ただし、冷凍食品をストックすることで、冷凍食品を使いすぎないように注意しましょう。

冷凍食品が便利すぎて料理する気がなくなったり、食費が上がってしまう可能性があります。

冷凍食品の使いすぎを防ぐのであれば、おかずを多めに作って作り置きをしても良いでしょう。

翌日のお弁当のおかずや、翌日の夜ご飯のちょっとした一品にしてしまいましょう。

同じおかずで家族から文句が出た場合は夜ご飯を作る大変さを説明して、理解をしてもらいます。

外食にする

夜ご飯の献立を考えることも、作ることも、毎日となると大変です。

そのため、夜ご飯が決まらない、作りたくないという場合は思い切って外食にしてしまいましょう。

外食にしてしまえば、その日の夜ご飯で悩む必要がなくなります。

もし、外食ばかりできないという場合は、スーパーなどの惣菜に頼ると良いでしょう。

外食よりは安いので、金銭的負担も抑えることができます。

献立が思いつかないときのおすすめ料理ランキング

夜ご飯の献立が決まらない、作りたくないという悩みは一生続くことでしょう。

そこで、これらの悩みを解決してくれる料理をランキング形式で紹介します。

ランキングの基準は、献立が思いつかないとき、作りたくないときの料理なので、冷蔵庫によく入っている食材を使っていること、簡単に作れること、家族から文句が出ないことです。

特に、簡単に作れることを最重要ポイントとしていて、普段から料理をしている人であれば、細かいレシピ不要で直感的に作れる物を重視したランキングとなっています。

10位:肉ともやしのフライパン蒸し

「肉ともやしのフライパン蒸し」は、肉を切って、フライパンに肉ともやし、調味料を入れて、蓋をして蒸したらできあがりです。

味付けは皿に盛ってからポン酢をかけます。

もやし以外に、きのこやニラなどの他の野菜を放り込んでも良いでしょう。

肉は豚でも、鶏でも、牛でも、何でも構いません。

肉入りでボリュームがあるので、簡単にメインの1品ができます。

また、温かい料理なので冬におすすめであり、蒸し料理でさっぱりめなので夏にも使える料理です。

  1. 肉と野菜を切る
  2. フライパンに具材を入れて、酒を回しかける
  3. 蓋をして弱火寄りの中火で7分~8分加熱する
  4. 皿に盛ってポン酢をかける

9位:鶏肉のポン酢煮

「鶏肉のポン酢煮」は鶏のもも肉を少し焼いてからポン酢で煮るだけです。

苦手でなければ生姜を足しても良いでしょう。

また、一緒にネギやきのこなどを煮れば彩りもボリュームも増やすことができます。

ポン酢でさっぱりとした味となるので夏の夜ご飯におすすめであり、温かいので冬でも使える便利な料理です。

  1. 鶏肉と野菜を切る
  2. 鶏肉に塩こしょうで下味をつける
  3. フライパンに油をひかず、鶏肉を皮から焼く
  4. 皮目が焼けたら鶏肉を返して野菜も焼く
  5. ポン酢4:水3で用意しておく
  6. 具材にある程度の火が通ったらを鶏肉が半分ほど浸かるくらいに5を入れる
  7. 鶏肉に火が通れば完成

8位:肉入り野菜炒め

夜ご飯が何も思いつかないのであれば、冷蔵庫に残った野菜を放り込んだ野菜炒めにしましょう。

野菜炒めは余った食材の定番処理方法で、難しいことを考える必要もないので楽です。

肉を入れてボリュームを出しておけば、家族から文句も出にくいでしょう。

また、キムチを入れれば食欲増進となるので夏にも使え、発汗で体を温められるので冬にも使えます。

  1. 肉と野菜を切る
  2. 炒める
  3. 味付けをする

7位:鮭のホイルやき

「鮭のホイル焼き」は鮭をアルミホイルで包んでオーブンで焼くだけです。

一緒にきのこやキャベツなどの野菜を入れておけばボリュームを増やせます。

鮭が冷蔵庫に余っているということはあまりないので、鮭が安いときに作ると決めておくと献立を考える手間を省けることがあります。

また、冷凍銀鮭をストックしておいても良いでしょう。

  1. オーブンを250度で余熱しておく
  2. 鮭に塩こしょうを振る
  3. 野菜を切る
  4. アルミホイルに鮭と野菜を乗せて、マヨネーズをかける(*手間がかかっても良いなら味噌マヨを作っても良いでしょう。)
  5. 鮭と野菜をアルミホイルで優しく包む
  6. オーブンで10分蒸し焼きにする

6位:そぼろ丼

丼はボリュームが大きくて、他のおかずを減らすことができるので、簡単に済ませたい場合の定番料理でしょう。

その丼の中でも「そぼろ丼」はそぼろは瓶詰めの物を使えば、ご飯に乗せるだけのわずか数秒で作れます。

火を使わないので、暑くて料理する気が起こらない夏におすすめです。

お味噌汁とサラダを付ければしっかりと1食分の献立となるでしょう。

家族に手抜きと言われる可能性がある場合は、炒り卵でも焼いて、そぼろと卵の2色丼にすると良いでしょう。

  1. ご飯を盛る
  2. ご飯にそぼろを乗せる

5位:もやしナムル

「もやしナムル」は加熱したもやしに調味料を混ぜるだけで完成です。

もやしの加熱は茹でるのではなく、電子レンジを使えば、火を使わなくて済みます。

わずか数分で作れるので、「あと軽い1品欲しい」という状況におすすめの1品です。

  1. もやしをレンジで2分ほど加熱する
  2. もやしから出た水を捨てる
  3. ごま油、塩を混ぜる

4位:チャーハン

チャーハンも野菜炒めと同様に、家庭では余った食材の処分に活躍する定番料理の1つでしょう。

冷凍餃子をストックしておけば、手軽に済ませながらも豪華な夜ご飯にすることができます。

チャーハンの作り方は味噌汁のように、意外と家庭ごとにつくり方に違いがあったり、こだわりがあったりなどします。

そのため、チャーハンは家での作り方で作ると良いでしょう。

3位:冷やしうどん

夏の定番である冷やしうどんは麺を茹でて、かけ汁をかければ完成です。

冷凍うどんの麺をストックしておけば、夜ご飯を作りたくないときの備えとなるでしょう。

暑い夏場にはかけ汁を多めに作って冷蔵庫でストックしておくと、非常に楽です。

また、うどんの麺は安いので節約にもなります。

トッピングや他のおかずは惣菜に頼ると良いでしょう。

  1. うどんの麺を茹でる
  2. 茹でたうどんの麺を氷水にさらす
  3. うどんを器に入れて、かけ汁をかける(かけ汁:水400ml・醤油大さじ1・白だし大さじ2)

2位:野菜鍋

冬の定番である鍋は意外と冷蔵庫の残った食材処理に使え、凝った鍋にしなければ調理も簡単です。

また、野菜だけの鍋は意外と使い勝手が良く、メインのおかずを1品用意すれば、あとは鍋がサラダや他のおかずの役割を果たしてくれます。

1位:豚バラもやし

「豚バラもやし」は電子レンジだけで作れるうえに、火も包丁も使いません。

ただ、具材を電子レンジで加熱するだけなので、暑くて料理する気が起こらない夏におすすめの料理です。

また、火は使いませんが、温かい料理なので冬でも使える万能タイプです。

調理法が簡単で、すぐに作れて、使い勝手が良いため、ランキング1位とさせていただきました。

  1. 耐熱皿にもやしを盛る
  2. もやしの上に重ならないように豚バラを広げて乗せる
  3. ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱する(目安:600Wで5分30秒)
  4. 電子レンジでの加熱後、すぐに取り出さず2分ほど予熱で火を通す
  5. もやしから出る水気を切る
  6. ポン酢をかける

夜ご飯が思いつかない場合は楽をしても良い

毎日夜ご飯の献立を考えたり、作ったりなどすることは大変です。

そのため、夜ご飯が思いつかなかったり、作りたくないと感じたときには、お手軽レシピや冷凍食品外食や惣菜などを上手く使うようにしましょう。