【2024最新】アイヌ出身の芸能人28選!衝撃のランキングで発表!

未分類

美形が多いとされるアイヌの人々ですが、芸能界にもアイヌ民族にゆかりのある人が多いようです。

北海道の先住民族とされるアイヌ民族、歴史の教科書で知った人も多いでしょう。

その深い顔立ちが日本人との違いとされていますが、少数民族となってしまった今、どこにいるのでしょう。

またアイヌ芸能人について公表しているかどうかも含め、調べてみます。

アイヌ民族の特徴とは?

アイヌ民族は北海道を中心に日本の北部で暮らしていた先住民族で、独自の言葉である「アイヌ語」を話します。

「アイヌ語」は日本語とは違い子音が極端に少ないことが特徴で、切り立った崖を表す「ニセコ」や地の果てを示す「知床」など現在でも地名に残っています。

ちなみに「アイヌ」とは日本語で「人間」を表し「トナカイ」や「シシャモ」「ラッコ」などもアイヌ語です。

アイヌ語では「神」のことを「カムイ」と言い、大自然を神として万物への祈りを捧げ祭礼を行ってきましたが、文字の文化がなくその伝統は口伝えによって受け継いできました。

独特の唄と掛け声に合わせ、膝と手拍子でリズムを取って踊る「アイヌ古式舞踊」は 動物や自然、狩猟や遊び、喜びや哀しみなどを表現していてユネスコ無形文化遺産に指定されています。

アイヌ民族とは?

日本の先住民族でもあるアイヌ民族の歴史は古く約3万年前から北海道を中心に東北北部、樺太、千島列島やロシア・カムチャツカ半島南部という広い範囲に暮らしていました。

狩猟や漁労に従事しながら本州や北東アジアと交易を行うなど深く関わりを持っていたそうです。

ところが、明治時代に日本政府が介入したことにより自由に狩猟ができない、名前を日本名に改名させられるなど暮らしにくくなったようです。

本州からは「天然痘」という病気も持ち込まれ、これにより多くのアイヌ民族が亡くなったとのこと。

現在はどこにいるのかというと北海道以外に暮らすアイヌ民族も増えているそうです。

アイヌ民族の特徴とは?美形が多い?

アイヌ民族の顔の特徴として真っ先に思い浮かぶのは日本人とは違い彫りが深いことです。

二重まぶたが多いということも特徴のひとつで、目は大きくぱっちりしていて、ぱっちり二重にするためのメイク法があることも日本人の女性からすれば憧れとなるでしょう。

鼻筋も通っているためアイヌ美人と呼ばれる人々が欧米人に似ているイメージを抱く方も多いよう。

このような特徴からアイヌ民族には美形が多いとされています。

アイヌ民族の芸能人ランキングTOP30!

日本人とは顔の違いが見られるアイヌ芸能人にはどのような方がいるのか、また公表されている方もいるのか見ていきましょう。

28位:秋田春蔵

アイヌ民族運動家として活動していた秋田春蔵さん。

北海道アイヌ協会の設立時にアイヌに対する差別について弁論し優勝した後、北海道ウタリ協会の理事を務め「アイヌ文化振興法」の制定に力を尽くしました。

アイヌ芸能人として知られますが、出身がアイヌかどうかは不明。

27位:貝澤耕一

町議会議員の父親が残した土地で農業を営み、二風谷ダム建設差し止め訴訟の原告となって裁判に勝訴しました。

やがて自身が中心となり植林活動を手がける「NPO法人チコロナイ」設立します。

現在はチコロナイの理事長として植林など自然に対する活動家としての地位を確立、さまざまなイベントを通して自然と触れ合う活動も展開しています。

26位:木之元亮

日本テレビ系『太陽にほえろ!』の5代目新人刑事ロッキーこと岩城創(いわき はじめ)役でデビューした木之本亮さん。

北海道釧路市出身ということと、日本人離れした端正な顔立ちからアイヌの血を引いているのではないかと噂になりました。

しかし、そういった事実はなくアイヌ芸能人の疑いは単なる噂で終わったようです。

25位:小田茜

1990年に第4回全日本国民的美少女コンテストのグランプリ受賞をきっかけに芸能界入り。

受賞当時は小学生であったにもかかわらず大人びた外見と欧米人とのハーフかと思わせるような日本人離れした顔立ちで話題に。

出身地の真岡という地名はアイヌ語が由来だと言われていることからアイヌ芸能人ではないかとの噂がありましたが真相はわかりません。

24位:多原香里

多原香里さんはアイヌの歴史学者であり政治活動家でもあります。

先住民族の権利宣言案などに関する多くの論文を執筆しており、海外の生活を10年以上経験。

国政にアイヌの若者で女性という立場が不利であるとして出馬を表明するも残念ながら落選しました。

北海道ウタリ協会で副理事長を務めた祖父の存在や、鈴木宗男さんが設立した新党大地の副代表を務めた経験も。

23位:宇梶静江

俳優の宇梶剛士さんの母親で、詩人や絵本作家として活動する傍らアイヌの解放運動家、アイヌ文化の継承者としても様々な活動をされています。

アイヌ出身を公表した上でアイヌのために活動されていることからアイヌ芸能人のひとりです。

22位:チカップ美恵子

チカップ美恵子さんは家族もアイヌ民族で知られる文筆家兼アイヌ文様刺繍家で、アイヌ芸能人として知られます。

「チカップ」という名前はアイヌ語で鳥を表します。

伯父にアイヌの長老として有名な山本多助さん、兄にアイヌ民族活動家である山本一昭さんがおり、本人も『森と大地の言い伝え』や『カムイの言霊』といった著作を発表したりと民族活動に力を注ぎました。

21位:安藤ウメ子

北海道帯広市フシココタン出身、ムックリ(口琴)とウポポ(歌)の名手として知られるアイヌ音楽家。

音楽家としてはトンコリ奏者のOKIさんと一緒にCDなどを出しているほか、アイヌ語講師やアイヌ文化の保存活動も行っていました。

こうした活動からはアイヌの音楽への限りない愛が感じられますね。

20位:松前ピリカ

北海道出身の民謡歌手で17歳で芸能の道を目指し旅芸人の一座に加入、ピリカ花子と名乗っていましたが、20歳から松前ピリカと名前を変えています。

「ピリカ」とはアイヌ語で「美しい」を意味していてアイヌ芸能人のひとりです。

美声で知られ、松前ピリカ一座を作って巡業し、一世を風靡したとされます。

故郷での慈善活動も広く知られ寄付により飛行機などを寄贈、戦後は義経公園内の桜などを植樹したことが有名。

19位:結城幸司

結城幸司さんは、アイヌ解放運動活動家の結城庄司さんを父に持ち、自らもアイヌ民族運動に参加するなどアイヌに関わる活動をされています。

ほかにもアイヌアートプロジェクトに参加したり版画家としても活動、アイヌ民族運動家として全国で公演も行っているそうです。

18位:MAREWREW

アイヌの伝統歌である「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動している女性4人組のヴォーカルグループ。

メンバー全員がアイヌ出身でマレウレウとはアイヌ語で「蝶」を意味しており、トランスな感覚が特色の歌やアイヌウポポを再現する貴重なグループとして活躍されています。

17位:萱野茂

萱野茂さんは、アイヌが北海道の先住民だったことを正しく理解してもらおうと力を尽くしました。

自ら集めたアイヌの郷土品を展示している二風谷アイヌ資料館の館長であり、アイヌ民族からは初めての国会議員として知られます。

国会の委員会で史上初となるアイヌ語での質問も有名で、「ウエペケレ集大成」の著者として賞を受賞しています。

16位:萱野志朗

萱野茂さんの息子で父亡き後は二風アイヌ資料館の館長を務めています。

父親の公設秘書をしながらアイヌ民族党を立ち上げましたが、資金繰りが難しく立候補者を擁立できず断念しました。

アイヌ民族の存在を広げようとラジオでアイヌ語講座を行ったり、二世議員として立候補するも落選しています。

15位:浦川治造

アイヌの有名な長老(エカシ)で、関東のリーダーとして活動。

東京アイヌ協会名誉会長として精力的に活動し、アイヌ文化の継承と振興などに力を入れてきました。

浦川治造さんは宇梶剛士さんとは甥と叔父という関係です。

14位:砂澤ビッキ