【2024最新】サウシードックのメンバーが死亡!?楽曲「いつか」の真相は?

未分類

サウシーの愛称で親しまれる3人組ロックバンド「Saucy Dog」。

メンバーの死亡説が流れていますが、実はSaucy Dogのメンバーは1人も死亡していません。

なぜメンバーの死亡説が流れてしまったのでしょうか。

噂の元になった楽曲「いつか」についても調べてみました。

Saucy Dogのメンバーが死亡したのは本当?

現在「Saucy Dog」は男女混合の3人組ロックバンドです。

アップテンポでノリのいいロックとは一線を画す、バラード系を得意としています。
Saucy Dogは優しい歌詞や歌声で若者を中心に人気を集めており、2022年の紅白歌合戦にも出場を果たしました。

そんなSaucy Dogのメンバーが過去に死亡しているという噂が流れています。

なぜそのような噂が流れているのか、その根拠となる出来事はあるのか、調べてみました。

メンバーが死亡したと言われる真相は?

現在、Saucy Dogのメンバーは以下の3人です。

  • 石原慎也:ボーカル / ギター
  • 秋澤和貴:ベース / コーラス
  • せとゆいか:ドラムス / コーラス

このうち、オリジナルメンバーは石原慎也さんのみです。

Saucy Dogは2013年、石原慎也さんと別の4名で結成し、デビューしています。

しかし2015年に旧メンバー3名が脱退してしまいました。

一時はメンバーが石原慎也さんのみとなり、バンドの存続が難しくなったことも。

その後2016年に秋澤和貴さん、せとゆいかさんの2名が加入し現在のSaucy Dogが出来上がりました。

2023年5月現在、旧メンバーを含め死亡している人はいません。

Saucy Dogのメンバー死亡説はデマです。

【死亡説】サウシードックを脱退したメンバーはいる?

オリジナルメンバーの石原慎也さんは、2013年、ボーカルとして誘われる形でバンドに合流しています。

結成当初は石原慎也さんを含め4人組のバンドでした。

オリジナルメンバーは以下のとおり。

  • 石原慎也/ボーカル
  • アオキテツ/ギター
  • 森下晨弘/ベース
  • 福田勇哉/ドラムス
現在、元メンバーのアオキテツさんは「a flood of circle」のギタリスト、森下晨弘さんは「GIMMICK_SCULT」のベーシストとして活動しています。
福田勇哉さんもプロドラマーとして活躍しています。
最初に脱退をしたのがアオキテツさんで、その後に森下晨弘さん福田勇哉さんが相次いでSausy Dogを脱退をしました。
森下晨弘さんは脱退についてツイートでファンや関係者に報告しています。

リーダーとしての重圧に耐えきれなくなった、というのが脱退を決めた理由のようですね。

他のおふたりは脱退理由を公表していませんが、現在も音楽活動を続けていることから考えて音楽性の違いやバンドとしての方向性の違いが理由であると考えられます。

なぜこのようなデマが流れている?

旧メンバーも現メンバーも存命しいているにもかかわらず、なぜSausy Dogにはメンバー死亡説が流れているのでしょうか。

実は、この死亡説はSaucy Dogの人気曲に関係があることがわかりました。

Saucy Dog死亡説の噂の元になったのは、切ない恋心を綴った曲「いつか」です。

メンバーの石原さんが亡くなった彼女に当てた曲

Saucy Dogの曲は基本的にすべて石原慎也さんが作詞しています。

石原慎也さんいわく「別れとか後悔を歌にする方が良い歌詞が書ける」らしく、ご自身の実体験を元に作詞することが多いようです。

Saucy Dogの楽曲の中には石原慎也さんが亡くなった彼女に当てて書いた曲があるという噂を発見しました。

死亡したのはメンバーではなく、メンバーの彼女で、そこからSaucy Dogメンバー死亡説が流れたたと見られています。

石原慎也が死亡した彼女にあてた曲とは?

噂の元になったのはどんな楽曲なのでしょうか。

噂の元になったのはSaucy Dogの代表的な曲であり、切ないロックバラードです。

二度と会えない人へ向けたとても切ない楽曲です。

石原慎也さんの彼女への切ない想いがストレートに綴られています。

代表曲「いつか」

 

Saucy dogは

  • シンデレラボーイ(2021年)
  • 結(2020年)
  • ゴーストバスター(2019年)

などたくさんのヒット曲を世に生み出してきました。

その中でも、2017年にリリースされた1st mini album「カントリーロード」に収録されている「いつか」は、Saucy dogの代表曲と言えるでしょう。

誰が聴いても切ない気持ちに共感してしまう失恋曲です。

そしてこの曲は亡くなった彼女へ向けて石原慎也さん自身が作詞したと言われています。

2番の歌詞は二度と会えないことを示唆

「いつか」が収録されたアルバムリリースのインタビューでは、石原慎也さん御本人が「いつか」はもう二度と会えない人に向けて書いた曲であると名明言しています。

さらに、「いつか」の2番の歌詞を見ると永遠の別れを思わせるような歌詞があることがわかりました。

こちらが「いつか」の2番の歌詞の抜粋です。

僕の見た景色を全部
君にも見せてやりたかったんだ

という部分を見ると、もう「君」は景色を見ることが叶わない=死亡していると読み取ることができます。

この楽曲を聞いた一部のファンが「かつての彼女が亡くなっている」と推測したと言われています。

石原慎也さんは大切な人が亡くなったとき、仕事で葬儀に出られなかったと発言したことがありました。

この大切な人というのが彼女なのではないでしょうか。

僕が音楽を辞めたら、それこそ浮かばれない。だから僕はこの声が嗄しゃがれても音楽を辞めないし、この声が遠くの雲の向こうまで届くように歌い続けようと思います

おそらく雲の向こうは天国のことを表していると考えられます。

「いつか」という楽曲に込められた強い思いを感じますね。

「いつか」のモデルの子に5回告白していた!?


石原慎也さんご本人が「いつか」について裏話を明かしています。

Tiktokにて「いつか」は好きだった人に向けた曲と発言しています。

中1から高2まで年1ペースで告白していて、5回目でやっとOKを貰えて付き合ったんだとか。

5回の告白で振り向かせた実体験を語っているこの動画、今諦めようとしていたり、失恋中の若者にはかなり勇気を与えるようなお話ですね。

一人の子をここまで想う気持ちに多くの人が共感し、「いつか」は更に人気曲となりました。

恋愛の曲は実体験と明かしている!

あるインタビュー記事にて、Saucy dogの3人が恋愛曲のほとんど石原慎也さんの実体験と会話されています。

石原 恋愛の曲は、ほぼ実話なんですよ。実際に経験したことが元になってるから、リアリティを感じてもらえるのかも。出演回数が多い人も、1回しか出てこない人もいるんですけどね(笑)。

秋澤 今回のミニアルバム、3曲は同じ人のことを歌ってるやん。

石原 確かに(笑)。

秋澤 しかもその人、「ブルーピリオド」にも登場していて。

せと 全部で5曲。

引用:インタビュー

また、1人の女性に向けての恋愛曲が全部で5曲あることも明らかにされました。
どの5曲かは明かされていませんが、「いつか」のモデルとなっている子への想いは、他の曲にも綴られているかもしれません。
Saucy Dogが人気なのは等身大の歌詞に共感が集まることも理由なんですね。
ちなみに「月に住む君」は小さい頃に亡くなってしまった石原慎也さんのお兄さんに向けて書いたもの、 「シンデレラボーイ」は浮気された実体験を女性に置き換えて書いたものであることがわかっています。

石原慎也の彼女は死亡していない?

「いつか」が亡くなった彼女への曲であると思いながら聞くと余計に切なくなります。

しかし、彼女が亡くなっているかどうかについては、疑問に思う声もありました。

知恵袋にはこのような質問も。

引用:Yahoo!知恵袋

この知恵袋の回答には石原慎也さんご本人が「彼女は亡くなっていない」と発言していたとありました。

どこでそのような発言したのかは不明ですが、「いつか」の歌詞を見直して見ると亡くなってしまったのではなく、「別れてしまったのでもう会えない」という意味にも受け取れます。

タイトルの「いつか」が表すのは、もう会えないけれどまたいつか会いたいという気持ちなのかもしれません。

いずれにしろ切ない名曲であることには代わりません。

【2023最新】サウシードックのメンバーが死亡!?楽曲「いつか」の真相は?


Saucy Dogのメンバー死亡説についてまとめました。

死亡説の噂はデマであり、メンバーの亡くなった彼女へ向けた曲が有名になったことからメンバーが死亡したという噂が起こったようです。

噂の元になった「いつか」はモデルとなった女の子が実際にいるというご本人の話と意味深な歌詞により、より切ない一曲となりました。

しかし彼女が亡くなったかどうかについては今も明かされていません。

いずれにせよ、パートナーを亡くしてしまった方や失恋してしまった方には、「いつか」はかなり心に刺さる一曲なのではないでしょうか。

今後もSaucy dogの楽曲に注目したいと思います。