悲しすぎる最終回!?トムとジェリー「夢よもう一度」を徹底調査

未分類

あなたは、トムとジェリーの最終回をご存知ですか?

トムとジェリーといえば、小さいころに幼稚園や家のテレビのVHSビデオで見た方も、100均で売っているトムとジェリーのDVDをお子様に買い与えて一緒に見た方もいて、誰もが一度は見たことはあるのではないでしょうか?

でも、その最終回って見たという方は少ないです。

そこで、今回はそんな大人も子供も夢中になったトムとジェリーの悲しすぎる最終回を徹底調査していきます。

>>U-NEXTでトムとジェリーを視聴!

ネットで話題!トムとジェリーの最終回「夢よもう一度」って?

トムとジェリーの最終回「夢よもう一度」の内容は「姿を消すトム」、「新たな遊び相手」、「ジェリーの死」の3つに分かれているとネットでまことしやかに言われています。

この内容は果たして実際のエピソードなのか?それともただの都市伝説で実際は違うのか?

皆さんはどちらだと思いますか?

では早速調査していきます。

誰もが見たことあるアニメ!「トムとジェリー」ってどんなアニメ?

トムとジェリーの最終回を紹介する前に、改めてとジェリーの概要をおさらいしていきます。

トムとジェリーは「仲良く喧嘩しな」のフレーズでおなじみですが、1940年から続くアメリカの大人気の短編アニメで日本でも知らない人がいないほどの超有名作品のひとつ。

日本でテレビ放送されたのは、サンスターシオノギ(現:サンスター株式会社)提供の1964年(昭和39年)5月13日~1966年(昭和41年)2月23日までです。

放送当時の1964年はモノクロ放送でしたが、段々カラー放送へ移行しているため、私たちの知るトムとジェリーは後期の作品になります。

過去にアカデミー賞を何度も受賞してきた名作中の名作アニメであり、1作目「上には上がある」が1940年にアメリカで公開されて以来、人気の作品として長年愛されています。

その間に製作元のMGMが買収され、エンターテインメント企業「ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメント」に権利が移り、現在に至ります。

アニメのあらすじ

アニメのあらすじは至ってシンプル!

謎の品種の家猫で賢いけど、おっちょこちょいでどこか抜けているトムと、頭脳明晰でいたずらっ子のネズミのジェリーの追いかけっこのドタバタ劇です!

短編アニメで、トムが追いかけジェリーが逃げ回るが基本なのですが、毎回トムがあの手この手を使っている様子やそれをどうジェリーが交わして捕まらないようにするのかが違っていて見ていて何度も観たくなる面白さがあります。

登場キャラクターは?

 

・主要キャラ①トム

主人公のお騒がせコンビの一匹・ネコのトム。

青みのあるグレーに手足が手袋や靴下をつけたように白い謎の品種のネコで、二足歩行できて頭脳は明晰!

毒薬の調合をしたりネズミ捕り器を作ったりとあの手この手でジェリーを捕まえようとするけど、どこか抜けていていつも最後の最後にジェリーに負けてしまいます。

それどころか、いたずらを仕掛けてきたジェリーの罠にあっさりと引っかかってしまう。

そのたびにトムはお手伝いさんに家から追い出されたり怒ったスパイクにひどい目にあったりします。

ちょっとお人好しな一面を持つ一方で、ジェリーに対してはセンチメンタルになるほど優しい性格でもあるので人気です。

・主要キャラ②ジェリー

もう1匹の主人公・ネズミのジェリー。

全身茶色の毛色をしたネズミで、トムと同じく頭脳明晰で二足歩行できます!

トムのことはライバルであり親友だと思っているジェリーは、トムよりとても小柄ですが、小柄な事を利点に小さな穴に逃げ込んだり隠れたり、時にスパイクや周りをけしかけてトムを追い詰めたりと柔軟な発想を持っています。

そのため、ジェリーの負けで終わることはごく稀で勝ち越すことがほとんどです。

また、ちゃっかりしたところもあり、トムが美味しいものを食べていたりするとそれに便乗して自身もあやかろうとするなど、少々危険を顧みない一面を持ちます。

基本的に寂しがり屋でトムがいないと落ち込むことも!

・主要キャラ③スパイク

トムが飼われている家の番犬で、とても強いブルドッグ。

初期は見た目通りかなり短気で乱暴、よくトムはともかくジェリーにも暴力をふるっていましたが、回を追うごとに優しく丸くなっています。

しかし、怒るととても怖いのでトムに恐れられているものの知力は2匹に比べて低いため、ジェリーの協力がなければトムの手玉に取られたり、ジェリーに利用されてトムを撃退したりします。

トムとジェリーの最終回「夢よもう一度」は衝撃の内容だった!

アニメ『トムとジェリー』の最終回「夢よもう一度」の内容について、ここからは解説を交えながら詳しくご紹介します。

今回はこちらの動画を引用して「姿を消すトム」、「新たな遊び相手」、「ジェリーの死」の3つにわけて紹介します。

姿を消すトム

お互いに歳をとっても、いつも当たり前のように仲良く追いかけっこをしていたトムとジェリー。

しかし、トムは突然前触れもなくジェリーの前に姿を消してしまった。

ジェリーは最初、いつもの喧嘩相手がいなくなったくらいにしか思っていませんでしたが実はトムは自身の死期が迫っていたため、ジェリーの前から姿を消したのです。

実際にネコは死期が近づくと忽然と姿を消すと言う習性があり、トムは自分が死に逝くところをジェリーに見られたくなかった。

ジェリーには自分がいつまでも元気な喧嘩相手であり、永遠のライバルだと思っていて欲しく歳をとってよぼよぼした自分に同情や悲しんで欲しくなかった。

ジェリーはそんなトムの心境を知らないまま、ひっそりとトムは息を引き取りようやくネコの習性でトムが自分の前から姿を消したことを悟ったころにはもう遅かった…。

新たな遊び相手

 

トムがいなくなった家に新しいネコがやってきました。

見た目はのろそうで小さいネコでしたが、ジェリーにとっては久しぶりの遊び相手が来たと思いました。

ジェリーはこのネコに対しても、かつてのトムと同じ様にネズミ捕りにジェリーの好物であるチーズを仕掛けた罠を仕掛けます。

しかし、トムと新しいネコは全く違っていた。

新しいネコはジェリーの仕掛けた罠に全く反応せずに一目散にジェリーのところまで向かってきて襲ってきたのです

ジェリーの死

 

新しいネコの一撃によって致命傷を受けたジェリーは徐々に薄れていく記憶の中でトムとの日々を思い出していきあることに気付くのです。

ネコより小さいネズミが所詮はネコには敵うはずがなかった。

でも、トムは子供だった自分の遊び相手になっていてくれるほどに愛情深い親友だった。

ジェリーはトムがいつも手加減をして、わざとやられてくれていたと言う本当の真実を悟ります。

だが、今更気付いてももうトムはこの世にはいなく、ジェリーはこの新しいネコに食べられて死んでしまうのでした。

そして、あの世でトムとジェリーは再開し、トムは優しく微笑んでジェリーを出迎えてくれました。

「また喧嘩できるね」

「のぞむところさ、今度こそは捕まえてやるぞ」

【衝撃】最終回はデマ?「夢よもう一度」は都市伝説だった!

以上、まことしやかにささやかれる「夢よもう一度」の内容ですが、よくよく調べたところ「夢よもう一度」というタイトルの作品は確かに存在するようです。

ただMGMやワーナー・ブラザーズが提供したストーリーと全く違っていて、誰かが作った逸話だったことが判明しました。

とは言え、話の内容はあまりにも衝撃的で「ストーリーとしてはあるかもしれない」という形で瞬く間に広まり、いつの間にか都市伝説化された…というのが事の発端です。

「トムとジェリー」はまだ最終回を迎えていない?

実は、作品が誕生してから80年以上経っていますが実は最終回を迎えておらず、現在でも新しいストーリーが次々と登場しています!

なので、トムとジェリーの寿命はまだまだ長いですね!

>>U-NEXTでトムとジェリーを視聴

原作にもあった!本当の「夢よもう一度」とは?

先ほどは「夢よもう一度」の内容は都市伝説と紹介しましたが、実は内容は違うけど「夢よもう一度」というタイトルのトムとジェリーの作品は実在します!

ここからは本当の「夢よもう一度」のあらすじを紹介します!

原作の「夢よもう一度」そのあらすじを紹介!

実際にある「夢よもう一度」をサクッと内容を説明すると

トムがジェリーを追いかけている最中に巨大なブルドックに襲われ、釘のような形に変えられて地中に埋められてしまう…という内容です。

目覚めたトムはその恐怖が夢であったと安心したのものの、実際にジェリーを追いかけていくとそこには夢で見たブルドックの極小サイズ版が登場し、小さくても凶暴でトムは全く歯が立ちません。

トムは「今も夢を見ているだけなんだ…!!」と現実逃避。

まだ夢を見ていた方が良いとばかりに音楽をかけ、睡眠薬を飲んで眠りにつきます。

そして、夢の中でなら凶暴なブルドックにやられても構わない!とばかりにトムは安堵し、微笑むのでした。

以上、原作の「夢よもう一度」を紹介しましたが悲しい話の都市伝説の内容とだいぶかけ離れた内容で衝撃的ですね!

原作の「夢よもう一度」も最終回だった?

これは先ほどの都市伝説に挙げられたタイトルと全く同じですが、内容は全く違い

MGMが製作を行っていた時代の1963年~1967年に製作された「チャック・ジョーンズ期」の最終作品です。

そのため、チャック・ジョーンズが手掛けたアニメという意味ではトムとジェリーの最終回と言えます。

ちなみに、チャック・ジョーンズ期は初代のハンナ=バーバラ第1期から3代目にあたり、日本では

1980年から1981年に日本テレビ系・木曜スペシャル枠において「おかしなおかしな トムとジェリーの大行進」として

1981年から1982年に日本テレビ系「トムとジェリー」として

それぞれ放送されていました。

 

「夢よもう一度」だけじゃない!ネットで話題の「トムとジェリー」タイトル3選

ここまでで「夢よもう一度」の都市伝説の悲しいストーリーと、実際に放送されたストーリーをそれぞれを紹介しました。

実は「トムとジェリー」の悲しいエピソードは「夢よもう一度」以外にもたくさん存在します。

そのどれもが衝撃的な内容でネット上では悲しいエピソードとして知られています。

ここからはネットで悲しいと話題のタイトルを3つ紹介していきます!

その1. 悲しい悲しい物語

アニメ『トムとジェリー』の「悲しい悲しい物語」とは、トムとジェリー最初期である「ハンナ=バーベラ第1期」の作品でMGMが1956年11月16日に製作されました。

ストーリーのあらすじをサクッと説明すると、とある鉄橋の線路の上で、全身ボロボロの姿で目が充血して絶望の表情で座り込むトムの姿からスタートします。

この回の語り部するのがジェリーなのですが、わけを聞くと仲良くジュースを飲み合うトムとジェリーの前を1匹の美しい白いメスネコが現れ、トムは一目惚れしたという。

それ以来、トムはその雌ネコの虜になりますが、恋のライバルネコ・金持ちのブッチが現れます。

ブッチに負けないように全財産をはたいてプレゼントをするも、うまくいかず自暴自棄になるトムと必死に救おうとするジェリー。

しかし、二人の努力も空しく最終的にメスネコとブッチが結婚してしまうという悲しいストーリーです。

このストーリーの衝撃的な点は、コメディーで人気なトムとジェリーには珍しい一切救いのない悲劇で、さらには自殺を示唆する内容で物語が終わるという同作の中でも屈指のトラウマに残る話となっています。

その2. パーティ荒らし

続いて紹介するのが「パーティー荒らし」で1952年3月15日に放送されました。

あらすじは、王朝時代のフランスを彷彿させる町中にて銃士の扮装をしたジェリーとニブルスが歩いていると、主人から厳しい命令を下される。

「これからここでパーティーが行われる。お前の任務は、この会場をネズミ銃士どもから守ることだ。もしパーティー会場を台無しにしたら、お前の首を刎ねる!!」

窓の外にはギロチンが用意されていて、恐れおののくトム。一方でネズミ銃士ジェリーたちはご馳走の存在を知って大喜び!

ジェリーたちは早速会場に忍び込むや、豚の丸焼きや骨付きハムが麗々しく並べられたテーブルに取り付くも、これをトムが待ち受けていて、トムVSジェリー&ニブルスのドタバタが始まった。

こちらのストーリーでは、トムが主人の命令を遂行できず、ギロチンの刑に処され遂に振り下ろされてしまった。

ジェリーとニブルスはトムを偲んだが、「しょうがないよ」とまた肩で風を切って何処へとも無く去ってしまうという衝撃的な展開で終わります。

その3.ネズミ取り必勝法

最後に紹介するのが「ネズミ取り必勝法」です。

こちらは1944年11月23日に発表され第17回アカデミー賞受賞短編アニメを受賞した作品。

ある日、トムの元に小さな小包が届くところで物語が。

それはHOW TO CATCH A MOUSE (ネズミの取り方)」という本で、いつもジェリーに苦戦して負けているトムにとって喉から手が出るほど欲しいものだった。

早速、トムはこの本に書いてある事を片っ端から試していき、様々な方法でジェリーをやっつけようとするが、どれも一枚上手のジェリーには効果がない。

トムは頭を焦がされる、罠に嵌められる、目を殴られる、針を四方八方から刺されて蜂の巣にされる、などして、試しても試しても成功することなく見事に返り討ちを受けてしまう。

このストーリーの衝撃的なところは、しびれを切らしたトムは本を破り捨てて最終的にジェリーの巣穴にありったけの爆弾をしかけるも、なかなか爆発しない…。と思ってトムが近づいて息を吹いたら一気に大爆発が起きてしまう。

トムの住む家は殆ど吹っ飛び、無傷のジェリーだけが呆然とつっ立っていた。

そしてジェリーが空の上を見上げると、小さなハープを片手に険しい表情で天に召されてしまったトムがジェリーを睨んでいた。

>>U-NEXTでトムとジェリーを視聴!

悲しすぎる最終回!?トムとジェリー「夢よもう一度」を徹底調査まとめ

以上、悲しすぎる最終回!?トムとジェリー「夢よもう一度」を徹底調査でした!

都市伝説で語られている悲しいストーリーで、本当にありそうなほどに完成度が高いため未だに広がっています。

本物の「夢よもう一度」の内容は存在するものの、都市伝説のものと比べるとだいぶ内容が違っていましたね!

とはいえ、チャック・ジョーンズの手掛けたトムとジェリーとしては最終回なのであながち間違っていないことも判明しました。

つまり、今でもトムとジェリーが人気だからこそ、都市伝説やデマが生まれるのではないでしょうか?

現在でもワーナーブラザーズにて最新作が出ており、U-NEXTで視聴できますので、当分トムとジェリーの最終回を迎えることはないので安心ですね!

以上、トムとジェリーの最終回の都市伝説でした!

>>U-NEXTでトムとジェリーを視聴!