メンズのセンター分けはダサい?!ダサくならないセンター分け10選

未分類

髪型にはいろいろな種類があり、かっこいい髪型もあればダサいと思われる髪型もあります。

それらの中でも、メンズのセンター分けは「かっこいい」と「ダサい」の意見が分かれやすい髪型となっています。

では、なぜメンズのセンター分けは意見が分かれやすくなっているのでしょうか?

また、メンズのセンター分けがダサく見えてしまう原因かっこよく見える方法はあるのでしょうか?

メンズのセンター分けの印象は?

メンズのセンター分けは「かっこいい」と「ダサい」で意見が分かれやすい髪型です。

では、「かっこいい」と思われる場合は相手にどのような印象が与えられているのでしょうか?

また、「ダサい」と思われた場合には相手にどのような印象を与えているのでしょうか?

ポジティブな印象①:清潔感がある

センター分けはおでこが見えるので顔の露出範囲が大きくなります。

顔をよく見せることで明るい印象や清潔感のある印象を与えることができます。

また、アレンジの種類が豊富なので、真面目な印象やカジュアルな印象などのシーンに合わせてアレンジをすることが可能です。

シーンに合わせた印象を与えることも清潔感のある印象を与えることに影響しています。

ポジティブな印象②:大人っぽい

センター分けは清潔感が強い髪型であることからビジネスシーンの定番髪型の1つです。

そのため、センター分けに対して仕事をする男性の髪型というイメージを持っている人もいるでしょう。

また、テキパキと作業をこなしたり、落ち着いた冷静な判断をするなどの仕事をする男性のイメージからメンズのセンター分けに大人っぽさを感じる人もいます。

ネガティブな印象③:薄毛に見える

センター分けはおでこを見せる髪型なので、人によってはおでこが広く見えて薄毛の印象を与えることがあります。

特に、前髪を上げている場合には薄毛の印象を与えやすいです。

また、髪の長さによっては顔の輪郭を隠すので、顔が縦長に見えてしまうことがあります。

顔が縦長に見えることで、顔の大きさに対して髪が少ない印象を与えてしまうこともあります。

ネガティブな印象④:ダサい

髪型の似合う、似合わないは顔のタイプが大きく影響します。

センター分けも似合うタイプの顔があり、もし似合わないタイプの人がセンター分けをするとダサい印象を与えてしまうことがあります。

特に、センター分けが似合わない人がアレンジをしないシンプルなセンター分けをすると、ダサい印象がより強まってしまうこともあるので注意が必要です。

メンズのセンター分けがダサく見える3つの原因

センター分けが似合う、似合わないは顔のタイプが影響することもあります。

もし、似合わないタイプの人がセンター分けにしてしまうとダサい印象を与えてしまいます。

そのため、髪型に失敗してダサいセンター分けとならないように、センター分けが似合わない男性の顔のタイプとはどのようなものであるか把握しておきましょう。

原因①:面長

髪の長さによっては顔の輪郭を隠すことになり、センター分けによって顔が縦長に見えてしまいます。

顔が縦長に見えることで、顔と髪のバランスが悪くなってダサい印象を与えてしまうことがあります。

もし、面長であればさらに顔と髪のバランスが崩れることになり、失敗感が強まってしまうことになるでしょう。

また、髪が短い場合も面長が強調されてしまうこともあるので注意が必要です。

原因②:おでこが狭い

おでこの広い人がセンター分けにすると、薄毛の印象を与えてしまう可能性があります。

また、センター分けはおでこを見せる髪型なので、逆におでこが狭すぎる場合も顔のバランスが悪くてダサく見えてしまうこともあるので注意が必要です。

原因③:地味顔

センター分けは顔の露出範囲が多くなる髪型で、顔がハッキリ見えます。

そのため、目鼻立が薄い人がセンター分けにすると、地味な印象を与えてしまう可能性があります。

イケメンである必要はありませんが、彫りが深い・鼻が高い・目が大きいなど、顔のどこかに印象の強い部分はあった方が良いでしょう。

ダサくならないメンズのセンター分けの髪型おすすめ10選

面長や地味顔などの顔のタイプによって、センター分けが似合わなくてダサい印象を与えてしまうことがあります。

しかし、センター分けは種類が豊富なので、顔のタイプに合わせて髪型の選択することでダサい印象を与えないようにすることができます。

また、清潔感のある印象を与えるためにも、シーンに合わせた髪型の選択できるようにしておくことも重要です。

センター分けで失敗しないためにも、どのような種類があるのか知っておきましょう。

おすすめ①:ツーブロック

センター分けは清潔感のある印象を与えてくれます。

そのため、ツーブロックと合わせて爽やかな印象をプラスすることで、清潔感をさらに強くすることができるでしょう。

また、スッキリとした髪型で暑い夏場に過ごしやすいこともポイントです。

おすすめ②:ショート

センター分けとショートの組み合わせも清潔感を強調してくれます。

また、短い髪は真面目な印象も強くしてくれるので、ビジネスシーンでおすすめです。

おすすめ③:パーマ

毎朝のヘアセットが面倒に感じる男性は多いでしょう。

そのような場合はパーマをかけることで、セットの手間を減らすことができます。

仕事で清潔な印象を与えるために、センター分けにしている男性におすすめです。

くせ毛であれば、パーマをかけずにくせ毛を活かして髪に動きをつけても良いでしょう。

おすすめ④:ボブ

センター分けのボブは大人っぽさと可愛らしさが合わさったような印象を与えてくれます。

ただし、あまり髪の長くしすぎるとサーファーのようになるので注意しましょう。

おすすめ⑤:かきあげバング

前髪をかき上げれば顔の露出範囲が大きくなります。

しっかりと顔が見えることで清潔感が強くなるでしょう。

また、顔のタイプによっては男性らしいワイルドな印象を与えることもできるでしょう。

おすすめ⑥:ウェーブ

ウェーブにすることで髪に立体感を出すことができます。

立体感が出ることで顔が縦長に見えにくくなるので、面長の人におすすめのセンター分けです。

また、カジュアル感が強くておしゃれなので面長でなくてもおすすめです。

アイロンを使うことがない男性はパーマにすると良いでしょう。

パーマにすることでセットの手間も抑えることができます。

ただし、髪が短いとしっかりウェーブをつけることができないので、ある程度の髪の長さが必要になります。

おすすめ⑦:ウルフヘア

ウルフと組み合わせることで髪に軽い印象を与えることができます。

そのため、センター分けと組み合わせれば爽やかな印象を強めることができるでしょう。

また、毛先の動きを抑えればビジネシシーンでも問題なく、プライベートとビジネスで使い分けることもできます。

おすすめ⑧:ミディアム

ミディアムであれば短い髪と比べて動きがつけやすく、カジュアル感を強めることができます。

また、シンプルなセンター分けにすれば海外の人のような落ち着いた雰囲気も作ることができるでしょう。

おすすめ⑨:マッシュ

髪を刈り上げるマッシュは爽やかさと清潔感のある印象を与えれらるので、センター分けとの相性が良いです。

短い髪にすれば清潔感が出ますが、ボリュームを出すようにセットしてオシャレ感を強くしても良いでしょう。

おすすめ⑩:ストレート

シンプルなストレートは顔をハッキリと見せることができ、爽やかな印象を与えることができます。

ただし、地味顔タイプの人は印象が薄くなってしまうことがあるので注意しましょう。

くせ毛の場合はストレートパーマをかけましょう。

メンズのセンター分けはダサくない

メンズのセンター分けは「かっこいい」と「ダサい」の意見が分かれやすいです。

しかし、「ダサい」と思われるのは顔のタイプに合った種類のセンター分けを選べていないだけの可能性があります。

センター分けが似合いにくい面長や地味顔でも、適切な髪型を選択することで「かっこいい」センター分けにすることができます。

そのため、似合わないと思ってセンター分けを避けるようなことはせず、かっこいいセンター分けを目指して挑戦してみましょう。