さっちゃんの4番の歌詞に隠された放送禁止レベルの怖い意味とは!?

未分類

誰もが一度は聞いたことがある『サッちゃん』に実は続きがあるのはご存じでしょうか?

『サッちゃん』には99番まで歌詞があり、その中でも4番を聞くと呪われると噂になっています。

今回は、『サッちゃん』にまつわる噂の真相を調査していきます。

4番の歌詞に隠された放送禁止レベルの怖い意味とは!?

耳にしたことがある『サッちゃん』の歌詞は、1番や2番ではないでしょうか?

可愛らしい声が特徴の童謡で少し悲しい内容となっています。

まずは1番から3番までの内容を見てみましょう。

「サッちゃん」の内容

『サッちゃん』は1番では自己紹介、2番では”小さなバナナを半分しか食べられない、だからかわいそう”、そて3番では”遠くに行っちゃうってほんとかな、小さいから僕のことを忘れちゃうんね、寂しいね”と言う内容です。

この内容は、イメージするなら『サッちゃん』は病気で体が弱く、小さなバナナを半分しか食べられない状況で、最後には亡くなって天国へ行ってしまうと言う事のようです。

細かい設定などは不明ですが、イメージはそのようなもののようです。

「サッちゃん」から「さっちゃん」に

歌詞の内容を見る前に、4番目の名前ではひらがなの『さっちゃん』と表記が出てきます。

ただの表記ミスかもしれませんが、普通は名前を間違う事はありません。

そもそもタイトルですので、本来なら『サッちゃん』のはずです。

では4番の歌詞を見てみましょう。

呪いの4番目の内容とは?

さっちゃんがね おべべを置いてった ほんとだよ だけどちっちゃいから きっともらいにこないだろ 悲しいな さっちゃん♪

ここで出てくる“おべべ”とは、古い言葉で「着物」の意味だそうです。

この”おべべ”をおいていったまま、遠くに行ってしまったようです。

男の子と、もう会えないと思わせるような、悲しい印象を受けるフレーズになっています。

この小節こそが幻の4番目と言われる部分です。

5番を歌うと呪いが解除される

ここまで見て4番にあまり怖さを感じなかった人がほとんどだと思いますが、5番以降を見てみると内容がとても怖くなっています。

サッちゃんはね 線路で足を なくしたよ だから おまえの 足を もらいに行くんだよ 今夜だよ サッちゃん

線路で足がなり、自分の足の代わりにあなたの足をもらいに行くという内容で、聴き手に語りかけているかのような「おまえ」という表現がとても不気味になっています。

もう童謡には思えません。

可愛い雰囲気から一変して、殺意が篭った怖い印象の歌詞になっています。

なぜ4番を歌うと呪われるのか?

幻の小節と噂が囁かれている「4番目」は、巷では「呪いの歌」として広まり始めました

4番目を歌った人の元へ夜中にやって来て、代わりの足と命を取るという内容のものらしく、線路で自分自身の足を失ってから、代わりの足を探しているそうです

「さっちゃん」都市伝説の始まりはチェーンメール?

『サッちゃん』の5番には北海道で起こった電車事故をモチーフに作られ、5番の歌が都市伝説としてチェーンメールで拡散したと言われています。

北海道での電車事故は、当時14歳の『キリタニ サチコ』さんが踏切を渡ろうとしたところ遮断機が鳴り、急いで渡ろうとしましたが途中足を挫いてしまいました。

雪に埋もれていた線路に足が挟まり抜けなくなり、電車に轢かれてしまいます

その出来事があった後、クラスメートの男子が『サッちゃん』の替え歌を作ったところ、3日後に足のない死体として発見されたそうです。

「テケテケ」のモデルになっている!

「テケテケ」とは、監督の白石晃士氏が作った映画で都市伝説としてとても有名です。

名前の由来は、腰から上しか無く、両手を使い歩くそうですが、追いかけて来る時に「テケ……テケ…」という音が聞こえるから「テケテケ」となっています。

「テケテケ」では、線路で足を無くし遺体の腰から下の足の部分だけが見つからずに、上半身だけで足を探しているそうで、『サッちゃん』の噂をモデルに作ったのではないかと言われています。

童話「さっちゃん」について

ここからは、『サッちゃん』の歌詞についてご紹介します。

可愛らしい1番から3番までの内容とは違い、4番以降悲しかったり怖かったりと色々な内容となっています。

どんな歌詞?

一般的に知られている『サッちゃん』は3番までとなっています。

“さちこ”と言う名前の子が、幼いために自分の事を「さっちゃん」と言い、大好きなバナナを半分だけしか食べれません

そして3番は、その子がどこかに行ってしまい「ぼく」の事を忘れちゃうのではないかと寂しがっている内容となっています。

1959年に発表された

多くの日本人が知っている「さっちゃん」は、1959年に発表されました。

東京大手町の産業ホールで行われた、NHKラジオの「うたのおばさん」の10周年記念リサイタルで、初めて歌われたそうです。

バナナを半分しか食べられないのはどうして?

2番の歌詞で「バナナを半分しかたべられない」とありますが、いったいなぜ半分しか食べられないのでしょう。

よく言われているのは、“実は病気にかかっている”と言う説です。

半分しか食べられないほど体が弱っていて、今にも無くなってしまうのではないかと言われています。

また、“バナナを半分食べたとき、喉に詰まってそのまま死んでしまう。”という説です。

理由は定かではありませんが、体が弱っていて食べれないということは間違いなさそうです。

「さっちゃん」の歌詞は全部で99番まで存在する!?

『サッちゃん』の歌詞には実は99番まで存在します。

4番以降はとても怖い内容で、童話とは思えない内容になっています。

ここからは歌詞についてご紹介します。

1番から10番の歌詞

歌詞は下記のとおりです。

1 、サッちゃんはね サチコっていうんだ ほんとはね だけど ちっちゃいから 自分のこと サッちゃんって呼ぶんだよ 可笑しいな サッちゃん

2 、サッちゃんはね バナナが大好き ほんとだよ だけど ちっちゃいから バナナを 半分しか 食べられないの 可哀相ね サッちゃん

3 、 サッちゃんがね 遠くへ行っちゃうって ほんとかな だけど ちっちゃいから ぼくのこと 忘れてしまうだろ 寂しいな サッちゃん

4 、さっちゃんがね おべべをおいてった ほんとだよ だけどちっちゃいから きっと貰いにこないだろ 悲しいな さっちゃん

5 、サッちゃんはね 線路で足を なくしたよ だから お前の 足を もらいに行くんだよ 今夜だよ サッちゃん

6 、さっちゃんはね、恨んでいるんだホントはね だって押されたからみんなとさよなら、悔しいね あいつらだ さっちゃん

7 、さっちゃんはね 仲間がほしいのほんとにね だから君も連れて行ってあげる やさしいでしょ?さっちゃん

8 、さっちゃんもね 悔しかったんだ君の事 何で君は生きているの?君がほしいよ ほしいな さっちゃん

9 、さっちゃんはね 今日が死んだ日だから 誕生日がほしいな♪でもきめたんだ オマエガホシイ さっちゃん

10 、さっちゃんはね この歌きーくと落ち着くの あなたもいっしょに歌わない? あの世で さっちゃん

何故か、4番以降どんどん怖い内容になっています。

ここまでくると童話には思えません

11番から15番の歌詞

11番からは、どうやら『サッちゃん』は亡くなっているようです。

11 、さっちゃんはね今日が死んだ日だから 誕生日がほしいな♪でもきめたんだ おまえがほしい さっちゃん

12 、さっちゃんはね、みんなを殺したほんとかな だからみんなに嫌われちゃって泣いちゃったんだよ 寂しいね さっちゃん

13、 さっちゃんはね、この歌聞くと落ち着くの あなたもいっしょに歌わない? あの世でね さっちゃん

14 、さっちゃんはね、カマをもってた見たんだよ だから押した人見つけて頭をとったんだよ うれしいね さっちゃん

15 、さっちゃんはね 赤いの好きだよほんとだよ だからカマをもって 君の後ろに立ってるんだよ 振り上げた バイバイ

亡くなっても現世に強く執着しているようで完全に死神化しています

99番目の歌詞

最期の歌詞では復習を果たしたようです。

99、サっちゃんはね 私を 殺した 奴にね 自分の魂 すりつけて みたんだよ しかえしだ さっちゃん

『サッちゃん』は誰かに殺され、恨むべき相手を復讐したみたいです。

もはや童謡として子供たちが歌う内容ではないです。

さっちゃんは実在した!?その正体とは?

ここまで『サッちゃん』を見てみると疑問になるのは、”モデルはいるのか?”ではないでしょうか。

“実は『サッちゃん』のモデルはこの人なんじゃないの?”と噂される人物と真相をご紹介します。

阿川佐和子さんがモデルだった?

『サッちゃん』には、「モデルとなる人物がいる」と一部の間で話題となりました。

モデルとなっている人物は、芸能人の「阿川佐和子」さんと噂され、名前も3文字で1字違いで似てます。

しかし、作詞家の坂田氏は「幼馴染の少女の事」と、阿川佐和子さんの噂を完全に否定しています。

幼稚園時代の友達

『サッちゃん』のモデルとなった人物で有力なのが菊田幸子さんという作詞家坂田さんの幼稚園時代のお友達です。

同じ幼稚園の1年上の学年で、坂田さんは生前、本人に「ずっと居場所を捜していました。何も言わず歌にしてごめんなさい」と菊田さんに歌のモデルだと打ち明けています

歌詞の内容は菊田幸子さん

作詞家坂田さんは作詞を依頼され何にしようか悩んでいた際、幼稚園の一年上にいた足が速くて爽やかな風を連想させるサッちゃんという名の女の子のことを思い出したそうです。

『サッちゃん』という響きも気に入って題にしたそうで、1番の歌詞は簡単に出来上がったようですが、2番からは思ったように書けなかったそうです。

苦し紛れに、なかなかバナナを食べられなかった幼い日の体験を思い起こし2番にし、更にまとめなければならない3番にいたっては、歌詞の締切りが迫り妥協もあって「たしか現実のサッちゃんは、引越したのか、いつのまにかいなくなっていたので、勢いにまかせ〈とおくへいっちゃう〉ことにした」そうです。

踏切事故で亡くなった女の子

モデルについては電車事故で無くなった子についても噂されています。

確かに4番以降では電車事故で無くなった子がモデルになっているようですが、作詞家坂田さんがモデルとしていたのは別の人物のようです。

さっちゃんの4番の歌詞に隠された放送禁止レベルの怖い意味とは!?のまとめ

今回調査した『サッちゃん』の4番は、チェーンメールが流行った頃に生まれたものだとわかりました。

4番以降は北海道で電車事故に合った”キリタニサチコ”さんをモデルにしているようで、1番から3番までの内容とは全く違うものとなっています。

病気や事故など様々な噂はありますが、作詞家坂田さんがモデルにした『サッちゃん』はわかっているだけで80歳までは元気に過ごしていたそうです。