【スキャンダル】三上悠亜(鬼頭桃菜)のSKE時代から現在までの経歴まとめ!

未分類

美形と抜群のスタイルを持つ三上悠亜さんは現在セクシー女優として不動の人気を得ていますが、元々はSKE48所属のアイドルでした。

三上悠亜さんはSKE48の何期生なのでしょうか?

その後なぜSKE48を辞め、セクシー女優に転身したのか?気になるところです。

そこで三上悠亜さんのSKE48時代から現在までをまとめてみました。

三上悠亜(鬼頭桃菜)のプロフィール!

 

SKE48時代は本名である鬼頭 桃菜(きとう ももな)として活動していました。

アイドル研究会キャプテンも務め、正統派アイドルが憧れだった彼女のプロフィールを見ていきましょう。

基本プロフィール

本名: 鬼頭 桃菜(きとう ももな)
芸名: 三上悠亜(みかみ ゆあ)
愛称: ゆあちゃん、ゆあにゃ
生年月日: 1993年8月16日
出身地: 愛知県名古屋市
血液型: A型
身長: 159 cm
3サイズ: B83/ W57/ H88
靴のサイズ: 23.5 cm
所属:株式会社Miss
他の活動: 恵比寿★マスカッツ、恵比寿マスカッツ1.5、
HONEY POPCORN、アパレルブランド「YOUR’S」など

性格はかなりのマイペースで、「マイペースさ」であれば人に負けないと豪語しているほどです。

三上さんは小学生の頃からアイドルに憧れていたようです。

その後SKE48に所属しましたが長い研究生期間を経験し、昇格、移動を経てSKEの中でも数少ない全チーム経験者となっています。

そうなってしまっったのは自分の責任とは言え、ある意味三上さんはタフな苦労人といえるかもしれません。

セクシー女優となってからも色んなことをやっています。

出身高校は評判がかなり悪い?

三上さんは名古屋市立振甫中学校を卒業後、名古屋大谷高校に進学していますが、この高校を2年生の時に中退しています。

ちなみにお笑い芸人のスピードワゴン小沢一敬さんが卒業した高校でもあります。

口コミによると名古屋大谷高校の評判は今一つなようです。

自分次第で楽しめる高校のようではありますが、偏差値が低いのでそれなりの学生が多いようです。

三上さんは高校1年の時にSKE2期生になり、高校2年生で退学しているので高校生活を楽しんだとは言えないのではないでしょうか。

初体験は中2?

三上さんの初体験は14歳の中2の時だと語っています。

相手は1つ年上の野球部の先輩で、性格は少しヤンキーっぽくてエッチな人らしいです。

その後、その先輩と他の生徒が体育館に集まっている間に、男子トイレで立ちバックをしたHが最高に気持ちよかったことを告白しています。

この頃から、人並外れた性の目覚めがあったことがうかがえますね。

三上悠亜(鬼頭桃菜)の経歴まとめ!なんでSKEを辞めた?

三上悠亜さんはなぜSKE48を辞めてセクシー女優となったのでしょうか?

その経緯を見てみましょう。

アイドルを目指したのはドルオタだったから?

そもそも三上さんはなぜアイドルを目指したのでしょうか?

元々三上さんはドルオタ(アイドルオタク)であり、現在もアイドルDVD鑑賞を趣味としており、特にハロープロジェクトの大ファンであることを公言しています。

自身もアイドルを目指す気持ちが出るのは、自然な事と考えられます。

そのためSKE48に所属する以前にもいくつかオーディションを受けて落選しています

2006年「モーニング娘。Happy8期オーディション」は2次審査で落選。

2007年「AKB48 第5期生オーディション」は落選。

その後、SKE1期生のオーディションも受けますが落選します。

SKEに何期生で加入した?

三上さんはSKE48何期生になるのでしょうか?

2009年、最後のオーディションのつもりで受けた「第2期SKE48追加メンバーオーディション」に合格。

そして第2期生として「SKE48」に加入します。

グラビアで地位を獲得

SKE48時代のキャッチフレーズは「白馬に乗った王子様はどーこだ?ピーチの国のお姫様、鬼頭桃菜です」で童顔キャラも相まって人気がありました。

2013年には「週刊ヤングジャンプ×週刊プレイボーイ全面コラボ企画 48グループグラビアプリンセス頂上決戦!」において見事、「グラビアプリンセス」となり、グラビアアイドルとしての地位を確立します。

2014年にSKEを卒業!

しかし、その後自身のスキャンダルが原因で研究生に降格。

その後も相次ぐスキャンダルで周りからも浮いた存在になっていきます。

そして、2014年三上さんはSKE48を卒業します

セクシー女優として大成功を収める

「有名になってSKEを見返してやりたかった」という思いもあり、卒業の翌年セクシー女優としてデビューします。

初めは「1回限りの出演」と決めていたそうですが、あまりの反響の大きさを受け、名前が売れるチャンスと思い出演を続けたそうです。

ただ中学の時にHな経験を多く積んでいた為、SKE48時代の縛りは窮屈で仕方なかったそうです。

デビューして自由にHできることが楽しみだったとも語っています。

セクシー女優になることは、当時の三上さんの欲求を全て満たす選択だったのかも知れませんね。

2022年現在での活動は様々!

2022年1月に、セクシー女優としてデビュー以来所属していたワンズダブルを円満退社し、独立しています。

6月には「株式会社Miss」を設立しています。

セクシー女優としての活動は以前から所属しているワンズダブルとの業務提携により継続し、それ以外の仕事(メディア出演など)を「株式会社Miss」として行うそうです。

また以前よりアパレルブランド「YOUR’S」もプロデュースしています。

2022年 8月には念願の「Miss三上悠亜スタイルブック」を発売するそうです。

三上悠亜(鬼頭桃菜)のスキャンダルまとめ!

三上さんがなぜSKE48を辞めてセクシー女優に転身することになったのでしょうか?

最も大きな原因は度重なるスキャンダルと言われています。

そのスキャンダルをまとめてみました。

1:いつメン事件

2010年、三上さんがなぜSKE48を辞めることになったのか、また何期生として加入したのかが大きく影響することとなるスキャンダルが起きます。

SKE48 同期生の内山命さん、井口栞里さん、斉藤真木子さんらと共に、名古屋駅周辺の飲食店で特定のファンと私的に仲良くしていたという事実が発覚しました。

4人は仲が良く、いつも一緒にいたことから「いつメン(いつものメンバー)」と呼ばれていました。

この事件を受けて4人は研究生に降格となります。

2:彼氏との写真が流出

 

三上さんと思われる人物とのキスやベッド上での写真が流出しました。

お相手は一般の方のようです。

3:手越祐也とキス

当時ジャニーズ事務所に所属していた手越祐也とのキス写真が「FRIDAY」に載リます

「FRIDAY」に載った時点では三上さんだと特定はされていなかったのですが、その後「週刊文春」の記事でキスの相手が三上さんだと特定されました

その日は合コンをしたようで二人とも泥酔状態で堂々とキスをしていたようです。

これだけバッチリ撮られるのだから、かなり堂々とキスしていたのでしょうね。

4:ツイッターの裏垢が発覚

SKE48時代の三上さんと思われるTwitterの裏垢(裏アカウント)の存在が発覚し、そこにツイートされた内容が暴露されました。

その内容として、SKEに対する嫌悪やファンに対する中傷まで確認されました。

ファンが見たらかなりショックな内容ですね。

以上のような数々のスキャンダルでセクシー女優に転向することになった三上さんですが、アイドル時代より現在の方が輝かしい活躍をしています。

その為、嫌いだったSKE時代を踏み台に、初めからセクシー女優になるつもりだったのではと言う噂すらあります。

三上悠亜(鬼頭桃菜)の歴代彼氏が凄かった!

三上さんがなぜSKE48を辞めなければならなかったのか、その原因となるスキャンダルを作った歴代彼氏にもまた華やかな人がいます。

特に三上さんはジャニーズ好きと言われていますので、その影響が色濃く出ています。

1:手越裕也

この人自身も奔放なキャラクターで世間を賑わせた人ですが、スキャンダルが出た頃は、ジャニーズ事務所の有望タレントでした。

前述で紹介したように、キス写真が「FRIDAY」にスクープされました。

しかし、その記事ではキス写真の相手が三上さんだとは特定されていませんでした。

後に発売された「週刊文春」のスクープによって、キス写真の相手が三上さんと特定されました。

三上さんは他番組でこのスキャンダルについて自身の関与を認め、当時の手越さんとの関係についても暴露しています。

その内容によると、二人はこの日に友人の紹介で知り合い、当時未成年だった三上さんは飲酒し、二人とも泥酔。

その状態で手越さんから「チューしよ?」とキスをせがまれ、行為に及んだそうです。

問題児二人が揃うと、こうなってしまうのも仕方がないのかもしれません。

2:船曳健太

2008年までジャニーズ事務所に所属していましたが、女性スキャンダルからジャニーズ事務所を退社し、2014年に芸能界からは引退しています。

船曳さんもAKB48メンバーとの熱愛が噂され、AKBキラーとして知られていたようです。

三上さんは船曵さんが働いていた飲食店をよく訪れ、二人でイチャイチャしていたとの情報があります。

船曵さんと三上さんの交際は三上さんがセクシー女優になる直前まで続いたと言われています。

三上さんと喧嘩別れした後に、AVデビューを飾ったことを知り、さすがの船曳さんもドン引きしていたそうです。

3:一般人

先ほどの流出したキスやベッド上写真のお相手は一般の方です。

三上さんはSKE48に加入する前にも、5人の一般の方と交際していたらしいです。

SKE48に加入が決まってから別れたと証言しています。

写真流出は元カレの腹いせだったのでしょうか?

三上悠亜とその母親が心境の変化を語る!

自らが選んだ道だとしても、自分の娘がセクシー女優になるとしたら親として当然複雑な心境となるでしょう。

三上さんは母親に幼少の頃より

「大人になったらもうママは助けないからね、ちゃんとお仕事して自分で稼いでね」

と言われて育ったそうです。

よってアイドルを目指して活動すること含め、基本的に三上さんのやることに口出しはしないスタンスだったらしいです。

そんな三上さんと母親の高校時代から現在までの心境の変化を見ていきましょう。

高校時代~アイドル時代

SKE48の1期生オーディションに一次審査で落ちた時は母親の前で号泣し、「もうオーディションは受けない」と言うぐらい落ち込んでいたそうです。

それでも諦めずSKE48の2期生追加オーディションに合格し、高校1年生の時に念願のアイドルデビューを果たします。

三上さんはその時の心情をインタビューで語っています。

私は「アイドルやれてる!」ってことで、そこで満足してしまった感はすごくありました。
みんな女優になりたいとか目標があるんですけど、私には競争心みたいなものはまったく生まれなくて。
メンバーのことも大好きですごい仲よかったし居心地がよくて、「誰かより上に」じゃなく「みんなで楽しく」っていう気持ちになっちゃったんですよ。

加えてアイドル時代には決まり事も多く、フラストレーションがかなり溜まっていたようです。

アイドル時代

研究生への降格も初めての挫折でしたが、正規メンバーだとできない経験をたくさん積めて対応力などが培われたそうです。

アイドル時代の心境をインタビューで語っています。

ただ、なんだかんだグループに甘えてたのでアイドル時代すべてを通して自己責任っていう感覚が本当になくて
自分が何したってグループは人気だし、選抜メンバーがみんなを引っ張ってくれるし、私なんかいてもいなくても変わらないっていう感じで生きていました。
さすがにスキャンダルはメンタル的にキツかったですけどね。

アイドル時代の幾多のスキャンダルはこのような心情から引き起こされたのかも知れませんね。

しかし、三上さん自身「スキャンダルがあったからこそ自分を見つめ直すことができた」とも語っていますし、それが現在のセクシー女優として活躍することにつながっているのかも知れません。

アイドル時代~現在

現役アイドルからセクシー女優に転向した三上さんですが、母親含め周囲には一切相談せずに決めたそうです。

それを聞いた母親は眠れない日が続き、しばらく三上さんと連絡を絶っていたそう。

最終的には「頑張れとは言わないけど、味方でいますと言ってくれたそうです。

しかし、セクシー女優については今も認めあげられてないし、娘のAVは見れない様子を語っています。

今はただ三上さんが幸せならそれでいいと思っているそうです。

三上悠亜が支持される理由

三上さんのファンは「ゆあーず」と言われるそうです。

そんな「ゆあーず」は女性ファンが多いことでも知られています。

男女問わず支持されている理由は何なのか考えてみました。

男性目線から

・セクシー女優でありながら、正真正銘の有名な元アイドルだから
・顔が綺麗でスタイルが良い
・滲み出るエロさがある

男性目線からはなぜSKE48というアイドルを辞めてセクシー女優となったのか、その希少価値と男性を惹きつける魅力を合わせ持つことが支持される理由となっているようです。

女性目線から

・容姿が綺麗
・自立して生きていこうとするたくましさがある
・女性が憧れるおしゃれなアイテムを使っている

三上さんがイベントをすると女性と男性の比率は半々だそうです。

容姿が綺麗なのはもちろんですが、自立した女性になろうとする姿に共感する人が多いのかもしれません。

また女性が真似をしたいと憧れるおしゃれなアイテムをたくさん持っているのも女性ファンを惹きつける魅力につながっていると思います。

【2022最新】三上悠亜(鬼頭桃菜)のSKE時代から現在までの経歴についてのまとめ

今回は三上悠亜さんのSKE48時代から現在までの経歴についてまとめてみました

SKE48時代は多くのスキャンダルがありましたが、現在は三上悠亜として幅広い活躍をしています。

みなさんも三上悠亜さんの今後にあらためて注目してみてはいかがでしょうか?