【徹底検証】ポケカラの危険性は高い?危険な理由とその対策方法とは?

未分類

自宅で手軽にカラオケが楽しめたり、カラオケの練習ができたりなどするポケカラは人気の高いカラオケアプリです。

また、カラオケができるだけなく、アプリ内で他のユーザーとコミュニケーションが取れることも人気の理由の1つとなっています。

その人気が高くてユーザーの多いポケカラですが、一部のユーザーから「ポケカラは危ない」と言われることがあるようです。

一体、ポケカラの何が危ないのでしょうか?

なぜ?ポケカラが危険と言われる5つの理由

ポケカラは2020年に利用者数が1500万人を突破している人気アプリです。

また、ポケカラに関する大きな事件が報道されたこともありません。

しかし、一部のユーザーからは「ポケカラは危ない」と言われることがあるようです。

なぜ、ポケカラの危ないと言われるのでしょうか?

アプリに危険性はない

ポケカラの運営会社は中国企業であり、海外のアプリなので安全性を気にするユーザーもいるようです。

しかし、tiktokも中国企業のアプリであり、インスタやツイッターはアメリカ企業のアプリです。

そのため、海外企業のアプリであるというだけで安全性や危険性を判断することはできません。

また、ポケカラはApp StoreやGoogle Play Storeからダウンロードができます。

これらのサービスからアプリをリリースするには審査を受ける必要があるので、一定の安全性と信頼性は確保されています。

ポケカラでは多くの曲でカラオケが楽しめることから曲に対する著作権違反を疑う人もいるようですが、音楽の著作権を管理するJASRACとNextoneの承諾を得ています。

これらのことから、ポケカラのアプリ自体には危険性がないことがわかります。

理由①:身バレの可能性

ポケカラ自体は危険性のないアプリです。

しかし、ポケカラに限らず、どのアプリでも使い方を間違えると危険な目に遭ってしまう可能性はあります。

そのため、ポケカラも使い方には注意しなければなりません。

ポケカラの場合は自分のカラオケを録音してアップすることができます。

もし、友人や知人などの関係性が近くの人には歌を聞かれたくないと思っていても、歌声でバレてしまう可能性があります。

また、アイコンの顔写真や写り込んでいる背景、アプリ内で他のユーザーとコミュニケーションを取ることで個人を特定されてしまう可能性もあるでしょう。

ネットで個人を特定されることはトラブルの原因となることがよくあるので、身バレには注意が必要です。

理由②:誹謗中傷の対象となる可能性

ポケカラではコミュニケーション機能がいくつかあり、その1つとしてアップされている歌にコメントを残す機能があります。

そのコメントには良い感想だけでなく、誹謗中傷が書き込まれる可能性もあります。

ネット上での誹謗中傷は社会問題にもなっていて、他人事ではありません。

ポケカラに限らず、ネットに何かをアップする場合には自分が誹謗中傷の対象にされてしまう危険性がゼロではないことを理解しておきましょう。

理由③:廃課金化する可能性

ポケカラは基本プレイが無料です。

基本機能もカラオケを歌うことや歌の録音、曲のアップロードなどと充実していて無課金でも十分に楽しむことができます。

しかし、ポケカラにも課金要素があり、課金をすることで伴奏が綺麗になったり、新曲が一般会員よりも早く歌えたりなどの機能が追加されます。

これら課金要素の中で注意が必要なのは「ハイタッチ」や「応援マイク」などの課金アイテムです。

これらは応援するユーザーに送るアイテムで、他のサービスで言うスーパーチャットやギフトのようなものです。

ソシャゲのガチャで廃課金化する人がいるように、投げ銭で廃課金化する人も多いので注意しましょう。

理由④:情報漏洩のリスク

ポケカラは安全性の高いアプリです。

しかし、企業が事故を起こしたり、サイバー攻撃を受けたりなどする可能性もゼロではありません。

ポケカラに限らず、どのような企業でも情報漏洩するリスクはあるので、むやみに個人情報を登録することは避けるようにしましょう。

理由⑤:出会い厨もいる

ポケカラにはコミュニケーション機能としてコメントやチャット、DMなどの機能があります。

これらの機能は他のユーザーとの交流を深めて、よりポケカラを楽しむためのものです。

しかし、これらの機能を出会い目的で使っているユーザーがいて、中にはしつこく連絡をしてくる迷惑なユーザーもいるようです。

ポケカラ側も出会いはサービスの本来の目的とは異なるので、垢BANや通報機能などによる対応はしてくれています。

ただし、運営も1500万人のユーザーを監視することはできないので、自分の身は自分で守らなければいけないこともあるでしょう。

ネットで知り合った人とリアルで会って、事件に巻き込まれるニュースはよく流れています。

トラブルを避けるためにも、出会い目的のユーザーとの接触には注意しましょう。

ポケカラの危険性を軽減する6つの方法

ポケカラ自体は危ないアプリではありません。

しかし、使い方には注意しないと身バレやネットストーカーの被害に遭う危険性もあります。

安全で、本来の目的であるカラオケを楽しむためにも、ポケカラの危険性を軽減する方法を知っておきましょう。

方法①:サブアカウントで利用する

ポケカラのようなネットサービスを利用する際に注意しなければいけないのは個人を特定されることです。

個人を特定されてしまうとトラブルのリスクが高くなってしまうので、できるだけ個人情報は特定されないようにする対策が必要です。

ポケカラの登録では電話番号かSNSのアカウントの連結が必要になります。

そのため、ポケカラ用のSNSのサブアカウントを作りましょう。

SNSのサブアカウントで登録をすれば、電話番号の登録が不要になり、もしSNSのアカウントを辿られてもサブアカウントであれば投稿などから情報が漏れません。

また、フォロワーを作らないことで、ポケカラ関係の通知がSNSにアップされても友人や知人などの関係性が近くの人にバレることもありません。

方法②:ローカルアカウントで利用する

ポケカラの会員登録でSNSアカウントとの連携をすると、多くの個人情報を紐付けすることになります。

そのため、身バレのリスクが高まってしまいます。

しかし、ポケカラでは会員登録時にSNSアカウントとの連携を行わないローカルアカウントを作成することも可能です。

ローカルアカウントでログインすれば、個人情報を登録していないので匿名性を保ったままポケカラを遊ぶことができます。

ただし、ローカルアカウントでログインしている場合は曲のアップやコメント、フォーロなどの機能が使えず、一般会員よりも機能が制限されることになります。

方法③:歌のアップロードをしない

ポケカラは自分の歌ったカラオケを録音して、アップすることができます。

これはポケカラのメイン機能となりますが、歌ったカラオケは必ずアップされるわけではありません。

自分の歌をアップするかは本人が選択できるので、アップしないことも可能です。

歌をアップすれば他のユーザーの目に触れる機会が多くなるので、それだけ身バレのリスクが高くなってしまいます。

そのため、ただカラオケを手軽に1人で楽しみたいのであれば、歌はアップしないようにすると良いでしょう。

方法④:アイコン画像の選び方に注意する

アイコンの画像はユーザーが自由に設定できます。

もし、そのアイコンを顔写真にしていると、友人や知人などの関係性が近くの人に見つかった場合にすぐバレてしまいます。

顔写真にしていることで出会い目的のユーザーに目をつけられてしまう可能性もあるでしょう。

また、SNSアカウントと連携していることで、ポケカラのアイコンがSNSアカウントのアイコンと連動することがあります。

そのため、意図せずポケカラのアイコンが顔写真となることもあるので注意し、もしアイコンが顔写真になっていれば変更するようにしましょう。

方法⑤:シークレットモード機能を利用する

ポケカラは他のユーザーのページを訪問すると履歴が残ります。

履歴が残ることで、相手のユーザーからチェックされて身バレにつながる可能性もあります。

しかし、ポケカラにはシークレットモードがあり、設定をオンすれば訪問履歴を残すことなく他のユーザーのページを訪問することが可能です。

ただし、シークレットモードを使うには有料会員になる必要があります。

方法⑥:ブロック機能を利用する

ポケカラにはブロック機能があり、その機能を使うことで特定のユーザーに対してフォローやDM、コメントなどをできなくすることができます。

もし、誹謗中傷や出会い目的のしつこい連絡などする相手がいればブロックして接触できないようにしましょう。

ポケカラの持つメリット

ポケカラ以外にもカラオケアプリはあります。

しかし、利用者数が1500万人を超えていることから、多くのユーザーがカラオケアプリにポケカラを選んでいることがわかります。

では、多くのユーザーからカラオケアプリにポケカラが選ばる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

無料でも利用できる

ポケカラは課金要素もありますが、基本プレイは無料です。

また、カラオケを歌うことや録音、歌のアップや採点機能など、無料と思えないほど基本機能が充実しています。

機能が制限されるローカルアカウントでログインしていても、カラオケは十分に楽しむことができます。

そのため、課金をするヘビーユーザーだけでなく、手軽にカラオケを楽しみたいライトユーザーまで幅広い層が楽しむことができるアプリです。

曲数が多い

ポケカラでは曲数を公開されていません。

しかし、新しい曲から古めの曲、多くのジャンルの曲が揃っています。

そのため、完全網羅とまではいきませんが、多くの場合は歌いたい曲が見つかるでしょう。

いろいろな機能が付いている

ポケカラはただ曲が流れて歌うだけのアプリではありません。

ポケカラでは他のユーザーとコミュニケーションが取れたり細かな採点や応援アイテムなどいろいろな機能が付いています。

そのため、カラオケを歌う以外にもいろいろな楽しみ方ができるアプリとなっています。

ポケカラは使い方に注意すれば危険性のないアプリ

「ポケカラは危ない」と言われることがありますが、アプリ自体に危険性はありません。

ただし、使い方に注意しないと身バレや誹謗中傷などのリスクはあります。

しかし、これらはポケカラに限らず、ネットサービスを利用するうえで必ず注意するべきことです。

トラブルに巻き込まれないためにも、アプリの使い方には注意して、安全にアプリを楽しめるようにしましょう。