【2022最新】星島貴徳の現在は?江東マンション神隠し殺人事件の真相も徹底解説!

未分類

2008年4月18日に東京都江東区のマンションで女性が殺害される事件が起きました。

「江東マンション神隠し殺人事件」と呼ばれ、当時の世間を騒がせた卑劣極まりない事件を本記事は徹底解説します。

実行犯の生い立ち・現在に至るまでを詳しくまとめています。

犯人は残忍で動機は身勝手と、大変ショッキングな殺人事件であり、このような事件が二度とおこらないように願っています。

江東マンション神隠し殺人事件の真相

最初に「江東マンション神隠し殺人事件」の真相について下記にまとめました。

残忍で身勝手な犯人に怒りをおぼえてしまうでしょう。

何度も繰り返しますが、このような事件が二度とおこらないように、心から願っています。

同じマンションに住む東城瑠理香さんを拉致して殺害

引用:マトリョーシカ(凶悪事件のデータベース)

2008年4月18日の夜、東京都江東区潮見二丁目にあるマンションに住んでいた当時23歳の「会社員・東城瑠理香さん」が同マンションの2部屋隣に住む「星島貴徳」に拉致され、殺害されてしまう事件が発生しました。

このマンションは多数の防犯カメラやオートロックなどがあり、女性が住むには安心安全なセキュリティを備えていました。

しかし、事件発生時は不審な人間が出入りした形跡も無かったので「神隠し事件」としてメディアが報じました。

遺体をバラバラにして遺棄する

次は、殺害方法と事件が発覚した経緯です。

事件が発覚した経緯は、同居していた東城瑠理香さんの姉が帰宅した際、いつもいるはずの妹・東城瑠理香さんの姿がなく、玄関に入ってすぐの壁や散乱する雑誌に血痕が付着しているのを発見し、直後に警察へと通報され事件が発覚しました。

警察の捜査が開始されたことを知った犯人・星島貴徳は焦り、自分の部屋に監禁していた東城瑠理香さんの首を包丁で刺して殺害しています。

そして、星島貴徳は、証拠隠滅のために遺体の解体と遺棄をおこなっています。

詳しくは下記にまとめました、内容がショッキングなため、心してご覧ください。

  • 遺体を風呂場に運び、部屋にあった包丁とノコギリでバラバラに体を解体
  • トイレに流せるように包丁やノコギリで肉を削ぎ落とし、骨と肉に分解
  • 削ぎ落とされた肉や胴体を切り裂き摘出された内臓をまな板上で細かく切り刻み、トイレに破棄
  • 頭部は髪の毛を切り落とし、耳・鼻・唇をつけたまま剥ぎ取る
  • 頭蓋骨から眼球と脳みそをえぐり出し、頭蓋骨以外の全てをまな板で細かく切り刻んだ後、トイレで破棄
  • 全ての残った骨はノコギリで細かく切り刻まれ冷蔵庫に隠ぺい

処理しきれなかった遺体の一部は、星島貴徳が出勤時に少しずつゴミ捨て場に遺棄するなどし、2008年5月1日までにはすべてを処理しています。

指紋照合で星島貴徳がひっかからなかった理由は?

事件が発覚した直後に、警察はマンションの全住人に対して指紋の採取をおこない、指紋の照合をしていました。

もちろん、犯人である星島貴徳の指紋も照合されましたが、被害者の室内から検出された指紋と一致しなかったのです。

なぜかというと、犯行をおこなう前に星島貴徳は、薬品を使って指先の皮膚を壊し、手の指10本とも指紋を読み取りずらくさせていました。

そのために指紋が正確に照合ができなかったそうです。

しかし、不審に思っていた警察は、再び1ヶ月後に星島貴徳の元を訪れ指紋の採取をお願いしています。

この頃には、指紋が再生されており、事件現場で採取されていた指紋と星島貴徳の指紋が完全一致したことから、逮捕へと至りました。

星島貴徳が事件を起こしたおぞましい動機

「江東マンション神隠し事件」の犯人である星島貴徳の犯行に及んだ動機は、おぞましく、身勝手な動機でした。

下記で紹介しますが、刺激の強い内容になっているので注意してください。

女性の四肢切断への執着心があったため

犯人・星島貴徳は、自身のあまりにも歪みきった性癖が原因で犯行におよんでしまいました。

どのような性癖かというと、女性の四肢切断(アポテムノフィリア)と言われる性癖で、四肢が切断された姿や断面、それを補う義手・義足などに対し性的興奮を覚えるそうです。

星島貴徳は、mixiのアカウントを持っていましたが、プロフィール記入欄には「だるま、だるま、だるま、四肢切断」と記載しており、四肢切断(アポテムノフィリア)に対して異常な執着心があったようです。

四肢切断(アポテムノフィリア)の人は欠損した四肢にしか性的興奮を覚えず、五体満足の人間に対しては美しいという感情が沸かない傾向にあるそうです。

性奴隷を手に入れたかったため

逮捕後の取調べで、星島貴徳は「東城瑠理香さんを自分の部屋に連れていき、性的快楽を与えたら、自分の言いなりになると思った」「自分なら、できると思った」と発言しています。

また、検察官が「あなたの何にしようと思っていたんですか?」 と質問しました。

この問いに星島貴徳は「性奴隷です」と答えました。

星島貴徳の生い立ち

引用:マトリョーシカ(凶悪事件のデータベース)

ここまでは「江東マンション神隠し殺人事件」の真相や犯人である星島貴徳の反抗動機などを解説してきました。

次に、凶悪犯罪者になってしまった「星島貴徳」の生い立ちを解説します。

事件をおこすまでの星島貴徳はどのような人生を歩み、家族との関係はどうだったのでしょう。

1:普通の家庭に生まれ育つ

星島貴徳は1975年1月5日に岡山県岡山市で4人兄弟の長男としてこの世に生をうけました。

家族構成は父親・母親・兄弟4人の6人家族です。

父親は税理士で祖父は政治家という、普通よりも裕福な家庭に生まれています。

しかし、両親に対し法廷で「両親を殺したかった」ではなく「いつかは殺す」と考えていたと、供述しています。

家族に対しての不満は相当なものだったのでしょう。

2:幼少期に大やけどを負う

星島貴徳は1歳11ヶ月のころ、飼い猫を追いかけていて風呂場で足を大やけどを負ってしまいます。

やけどを負う前には、歩けていた星島貴徳ですが、やけどが原因でハイハイに戻ってしまうくらいの、大やけどだったそうです。

3:小学校ではやけどが原因でいじめに

小学生になった星島貴徳は物心がつきはじめ、足に残った大やけどの痕に大きなコンプレックスを抱くようになります。

星島貴徳がやけど痕に対してコンプレックスを持っていると知った父親は、コンプレックスを克服させようと行動します。

「そんなやけど痕くらい気にするな」と、星島貴徳に言い聞かせ、星島貴徳が嫌がるのを無視して、半ズボンを履くように強要したそうです。

しかし、学校ではケロイド状になったやけどの痕を気持ち悪がられ、イジメに発展してしまいました。

法廷で星島貴徳は、「父親に叱られた」「死ぬほど苦しんでいるのに両親は守ってくれなかった」と発言し、両親に対する恨みを供述しています。

中学生時代には家族に恨みが芽生え始める

中学生になった星島貴徳は、母親に質問を投げかけます。

「なぜ自分が幼少期にやけどをしたのか」と、尋ねました。

母親は、正直に真実を話しましたが星島貴徳は「そうか」と返事をしただけで、以降、その話をすることがなくなったそうです。

この頃から星島貴徳は、「この、やけど痕が原因で恋愛とは無縁になっている」と絶望をはじめたと言われています。

また、両親に対する深い恨みも、この頃から芽生えはじめたようです。

高校生時代にやけどを取り除く手術を行う

中学校を卒業した星島貴徳は、地元の高校に進学し、学科は情報処理科を学んでいました。

星島貴徳はやけどの痕であるケロイドを取り除く手術を高校2年生のときにうけました。

手術のため、夏休みに1ヶ月半入院生活をしていた星島貴徳に、担任の先生と同級生がお見舞いに来てくれていました。

「息子は一人ぼっちではない」と母親は感じたそうです。

社会人になりセガが勤務先に

高校を卒業した星島貴徳は、両親の元から離れる決断します。

勤務先は実家から離れられる場所を探します。

そこで、プログラミングの能力を活かしてゲーム業界大手のセガに星島貴徳は就職しています。

しかし、プログラミングの職にはつけず、希望とは違う勤務先のゲームセンターで店長を任されてしまい、4年ほど勤務していましたがセガを退職してしまいます。

星島貴徳の職場での評価は、セガを退職後に個人契約の派遣社員として、コンピューターソフト会社に勤務していたころの関係者が裁判で証言しています。

「とても仕事が早く正確であり、後輩指導にも長けているなど能力が高く、社員とのコミュニケーションにも問題はなかった」と発言していました。

星島貴徳の現在は?

星島貴徳の生い立ちについて解説してきました。

次は、凶悪犯罪をおこしてしまった星島貴徳の現在について解説します。

裁判が終わり、刑が確定している星島貴徳は現在、服役先の刑務所でどのような生活をしているのでしょうか。

2009年に無期懲役が確定

2009年1月13日より開始された「江東マンション神隠し殺人事件」の公判で、検察が死刑を求刑していました。

ところが、裁判所は検察の求刑に対し、東京地方裁判所は被告・星島貴徳に対して無期懲役の判決を下しています。

判決理由は下記の通りです。

①「性の奴隷にしようとして拉致し、事件発覚をふせぐために被害者の存在を抹消すしかないと考えた自己中心的で卑劣な犯行で、酌量の余地はない」と厳しく指弾しました。
②しかし、「死刑選択には相当強い悪質性が認められることが必要となるが、この殺害では執拗な攻撃を加えておらず、残虐極まりないとまではいえない」と付け加えました。
③「被告は罪を悔いるため、死刑は重すぎる」と理由を述べています。

引用:Wikipedia・江東マンション神隠し殺人事件

判決を受けた検察は量刑不服で控訴しましたが、2009年9月10日に開かれた控訴審判決公判にて、東京高裁は検察側の控訴を棄却しています。

①東京高裁は犯行を「殺人などの重大犯罪で、冷酷かつ残虐で人倫にもとる犯行」と指摘しました。
②指摘はしましたが、殺害方法の残虐性や殺人、死体損壊・遺棄の計画性を否定し、「前科はなく、罪を悔いて謝罪の態度を示しており、矯正の可能性がある」と考え、被害者が1人で死刑にになった事案とは違うと説明しました。
③理由を説明したうえで「極刑がやむを得ないとまでは言えない」と結論づけた結果、一審東京地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却しました。

引用:Wikipedia・江東マンション神隠し殺人事件

判決を受けた検察は「憲法違反や判例違反などの明確な上告理由がない」と発表し、上告を断念しています。

被告の星島貴徳も上告しなかったので、星島貴徳の無期懲役が2009年9月25日に確定しています。

現在は、「千葉刑務所」に収監されているそうです。

獄中自殺の噂は本当?

刑務所に収監されている星島貴徳についてネット上で「獄中自殺」をしたのではないかと、噂になりました。

結論、この噂は「デマ」です。

星島貴徳が服役しているとされる千葉刑務所では、2010年7月と2015年6月に2回、独居房の受刑者が箸で両目をついて自殺していました。

自殺方法があまりにも猟奇的だったので、自殺した受刑者は星島貴徳ではないかと、噂が広まったそうです。

しかし、程なくしてデマであることが判明しています。

事件が起きたマンションの現在は?

引用:マトリョーシカ(凶悪事件のデータベース)

事件が起こったマンションは殺人がおこってしまったので「事故物件」扱いになってしまいました。

事件発生直後は退去を希望する人が続出していましたが、現在はオーナーもかわり「家賃・マンンション名」が変更されたこともあり、徐々にではありますが入居希望者が増えてきているそうです。

星島貴徳は事件後にテレビのインタビューを受けていた!?

まず初めに上記の動画をご覧ください。

星島貴徳が逮捕前に報道陣からインタビューを受けている映像です。

報道陣の質問に対し星島貴徳は、淡々と冷静に受け答えをしています。

質問内容にもしっかりと答え「自分が警察から疑われてしまっている」「殺害された女性とは面識がない」など殺害を疑うような発言はしていませんでした。

殺人を犯した後に、このように平然とした表情でメディアに堂々と出演できる星島貴徳は、まさしく「サイコパス」としか言いようがありません。

江東マンション神隠し殺人事件の真相と犯人・星島貴徳のまとめ

引用:マトリョーシカ(凶悪事件のデータベース)

本記事は「江東マンション神隠し殺人事件」の真相と犯人である星島貴徳の「生い立ち・犯行動機・現在」について解説してきました。

犯人である星島貴徳は、辛い過去を抱えて生きていて擁護できる点はありました。

しかし、殺人はどんな理由があってもしてはいけません。

残りの人生、星島貴徳はしっかりと罪と向き合い、反省しなくてはなりません。

最後になってしまいましたが、被害にあわれた東城瑠理香さんのご冥福を祈ります。