【ラブホ代わり?】快活クラブでやるのは可能?個室でも監視カメラでバレバレ?

未分類

ネットカフェは周囲からの視界が遮られるため、プライベート空間のように思えてしまいます。

そのため、ネットカフェをホテルの代わりに、ひっそりと本来とは違った利用目的で使用する人たちがいるそうです。

特に、ネットカフェの中でも快活クラブがおすすめとのことです。

本当に快活クラブでは内緒のことができるのでしょうか?

また、やっていることがお店にバレた場合はどうなってしまうのでしょうか?

快活クラブでやっちゃう人がいるって本当?

快活クラブはネットカフェであり、本来はくつろぎながら漫画を読んだり、ネットを使ったりなどするお店です。

他にも、店舗によってはビリヤードダーツなどもあり、できることは多くあります。。

しかし、その快活クラブで内緒の行為をやる人たちがいるそうです。

なぜ、近くのホテルを探さずに、わざわざ周囲に他人がいる快活クラブに行くのでしょうか?

ホテルよりも安い

利用するサービスや時間などによって料金は変わりますが、快活クラブでは6時間利用してもその料金は1000円~2000円ほどです。

お得なパック料金であれば24時間利用しても2500円~4700円ほどです。

また、低料金でありながら飲み放題のドリンクがあったり、シャワーが使えたりなど、快適に過ごすことができます。

ラブホでは広いベッドをやお風呂の利用など、できることも多いですが2時間~3時間ほどの利用で4000円や5000円を超えてくるでしょう。

そのため、カップルで一緒に長い時間を過ごしたいなどの場合はラブホよりも快活クラブを利用した方が経済的です。

ただし、カップルが一緒に長い時間を過ごしていることで、盛り上がってきてしまうこともあるようです。

個室がある

ネットカフェの一般的なスタイルはパーティションで区切った半個室となっていて、天井がなくて中が見えてしまうことがあったり、音は完全に周囲に聞こえたりなどします。

そのため、静かに過ごすことが基本で、できることには制限があります。

しかし、快活クラブには他のお客さんの目を気にする必要のない鍵付きの完全個室があります。

また、密室となっていることで半個室よりも外からの音が聞こえず、室内の音も外に漏れにくいです。

音が漏れず人目も気にしなくても良いので、こっそりと盛り上がってしまう人もいることでしょう。

監視カメラがない

完全個室はプライベート空間であり、着替えや仕事などをするお客さんもいます。

そのため、監視カメラの設置はされていません。

カメラで店員さんに室内の様子を見られることもないので、安心して内緒のことを静かにやる人もいるそうです。

ただし、通路などには監視カメラがあるのでドアの近くに設置されていたり、カメラの角度などによっては、出入りした際に室内が見える可能性はあるので注意が必要です。

快活クラブでやるとバレるのか?

快活クラブには鍵付きの完全個室があり、人目に避けて内緒のことができてしまいます。

しかし、本当に鍵付きの完全個室であれば絶対にバレないのでしょうか?

もし、内緒でやっていることがバレる場合には、どのようなことが理由でバレる可能性があるのでしょうか?

監視カメラがある可能性

個室はプライベート空間であり、基本的にカメラは設置されていません。

しかし、快活クラブはネットカフェであり、営業形態は飲食店です。

そのため、個室に監視カメラを設置されていても文句は言えないでしょう。

実際に、他のネットカフェの個室では備品の盗難や破損などを監視する目的で防犯カメラを設置しているお店もあるようです。

快活クラブでも防犯として個室にカメラを設置するようになる可能性はゼロではないことを知っておきましょう。

もし、個室内にカメラが設置されていた場合は内緒でやっている様子を全て店員さんに見られてしまうことになります。

ネットカフェに個室があって良いのか?

内部の見通せない客室があると風営法が適用されます。

そのため、ネットカフェの個室の存在について、違法性の議論をされることがよくあるようです。

しかし、ネットカフェは飲食店であり、個室では飲食を禁止されています。

飲食のサービスを行わないことで、個室は飲食店営業に該当しないスペースとして風営法の対象から外れています。

代わりに個室を利用するお客さんには専用の飲食スペースが店内に準備されています。

個室利用者専用の飲食スペースは1室の床面積が5㎡以上確保されていることで、これもまた風営法の対象から外れています。

防音は完璧ではない

個室は密室となっているので、半個室と違って室内の音は外に漏れにくくなっています。

ただし、いくら防音されていたとしても、大きな音を出すとさすがに周囲に漏れてしまいます。

そのため、盛り上がって大きな音を出してしまうと、隣の個室の人や近くを通る人などにバレてしまうこともあるので注意が必要です。

ニオイやティッシュによる痕跡

内緒のことをやると個室内が独特なニオイとなる場合があるので、その後に掃除をする店員さんにニオイでバレてしまうことがあります。

快活クラブではサービスを利用するために会員登録が必要であり、いつ、誰が、個室を使ったのかを把握することが可能です。

そのため、内緒のことをすればお店は会員情報から本人を特定できることも知っておきましょう。

また、内緒のことを済ませた後のゴミ箱に捨てたり、個室内に置いていく人たちもいるようです。

その使用済みティッシュから内緒でやったことがバレてしまいます。

「室内のゴミ掃除はサービスの範囲では?」と思う人もいるでしょう。

しかし、使用済みティッシュの処分はネットカフェのサービスから逸脱しています。

これは居酒屋やファミレスなどで店員さんに「これ捨てておいて」と使用済みティッシュを渡すのと同じです。

やっていることがバレたらどうなる?

快活クラブの個室はこっそりであれば内緒のことをしてもバレないでしょう。

しかし、内緒のことをやる目的で快活クラブの個室はに作られていません。

では、本来の目的とは異なる使い方をして、お店にバレてしまった場合はどのような対処をされる可能性があるのでしょうか?

会員規約違反になる

快活クラブのサービスを利用するためには会員登録をする必要があります。

その際には、会員規約を確認して、その内容に同意をしているはずです。

会員規約では法令や公序良俗に違反する行為を禁止されていています。

また、規約違反をした場合には会員資格が取り消される可能性があることについても記載されています。

そのため、内緒の行為をやっていたことがバレると、快活クラブの会員資格がなくなって利用できなくなる可能性もあるでしょう。

バレると公然わいせつ罪になる?

個室で内緒のことをやるのは本来のお店のサービスの目的から外れています。

もし、あまりにもルールから逸脱した個室の使い方や、他のお客さんに迷惑がかかるような行為をするなどの悪質な場合はお店に通報をされてしまう可能性があります。

個室はプライベート空間ですが、店内は公共の場です。

そのため、通報されれば公然わいせつ罪となる可能性はゼロではないでしょう。

もし、捕まることがなくても、個室で内緒のことをしていたと警察の通報記録には残るので、恥ずかしい思いをすることにはなります。

また、内緒の行為によって個室内の備品を汚したり、破損したりなどすれば弁償を求められるでしょう。

注意される可能性がある

もし、内緒のことをしている音が漏れて隣の個室の人や近くを通った人に聞こえていたりなどした場合、店員さんに報告やクレームなどを入れられる可能性があります。

そうなれば店員さんが注意をしに来る可能性は高いです。

鍵がかかっているので急にドアを開けられることはありませんが、盛り上がっている最中にドアを叩かれ、注意を受けるという恥ずかしい事態となってしまいます。

また、その場で注意されなくても、快活クラブでは会員登録をするので個室の利用者の情報を確認することができます。

そのため、要注意人物としてチェックされたり次の入店時に注意をされたりなどする可能性があるので注意しましょう。

場合によっては会員規約違反の対応を取られてしまう可能性もあります。

快活クラブでやるならラブホに行こう

快活クラブには鍵付き個室があり、こっそりすれば内緒のことをしてもバレにくいでしょう。

しかし、それは快活クラブの個室の本来の使用方法ではありません。

もし、内緒でやっていることがバレれば、会員規約違反となったり、通報されたりなどする可能性があります。

また、お店にもニオイや掃除などで迷惑をかけてしまうことになります。

そのため、快活クラブの個室で盛り上がったのであれば、素直に近くのラブホに移動しましょう。

ラブホであればバレることを気にする必要もなく、広いベッドやお風呂などがあるためできることも多く、2人の時間をより楽しむことができます。