高校生でラブホ利用は違法に!?バレた時のリスクがやばい?

未分類

高校生になれば心も体も大人になってきているので、恋愛の内容も大人に近くなってきます。

また、日本の成人年齢も18歳に引き下げられたことで、高校生3年生になれば法律上では立派な大人です。

そのため、高校生カップルが愛し合う行為をすることもあるでしょう。

しかし、高校生であれば多くの場合は愛し合う行為の場所が問題となります。

愛し合う行為の場所の選択肢としてはラブホがありますが、高校生だけでラブホを利用することはできるのでしょうか?

ラブホは高校生だけでも泊まれるのか?

高校生カップルであれば愛し合う行為をすることもあるでしょう。

しかし、高校生であれば必ず場所の問題に直面することになります。

選択肢の1つとしてはラブホがありますが、高校生だけでラブホの利用はできるのでしょうか?

ラブホには年齢制限がある

高校生でも18歳になれば法律上は大人なので、ラブホの利用ができると思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、都道府県によっては18歳未満のラブホ利用を条例によって禁止しているところがあります。

また、条例で禁止されていなくても、ラブホが18歳未満と高校生のお客様をお断りしていることは多いです。

そのため、基本的には高校生がラブホを利用することはできないと思っておきましょう。

保護者の同意がある場合は?

高校生だけで利用できないお店やサービスでも、保護者の同意があれば利用できるようになることもあります。

そのため、「高校生が利用できないラブホも保護者の同意があれば利用できるのでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、サービスの性質上のためか、ラブホでは保護者の同意があっても高校生の利用を認めていないところがほとんどです。

そもそも、高校生が保護者に対して「ラブホに行きたい」と言ったり、保護者が「ラブホに行っても良い」と言うことは現実的になかなか厳しいでしょう。

アダルトな目的ではない場合は?

ラブホはアダルトな目的で利用する施設ですが、近年では設備が充実していて快適性が高いことから女子会や勉強会などで利用されることもあります。

また、ラブホ側が女子会プランを用意していることもあります。

そのため、これらの「アダルト目的の利用でなければラブホに入れるのでは?」と考える人もいるでしょう。

しかし、ラブホはそもそも18歳未満や高校生の入店を禁止しています。

そのため、利用目的に限らずラブホの利用はできません。

高校生だけでラブホを利用する方法はある?

高校生である時点でラブホの利用は難しいですが、高校生カップルがラブホを利用していることもあります。

本来は良くないことです。

しかし、ラブホを利用している高校カップルたちは、どのようにして高校生のみでラブホに入店しているのでしょうか?

制服で行かない

ホテルでは入店時や支払い時、ルームサービスを頼んだときなどにスタッフと接することがあります。

そのため、もし学校の近くにあるからと制服のままラブホに行ってしまうと、すぐに高校生とバレてしまいます。

また、制服から高校生とバレると学校までバレてしまうので、高校生のみでラブホで行く場合は必ず私服で行くようにしているカップルが多いようです。

堂々とする

本来であれば高校生のみでラブホを利用することはできません。

いけないことをしているという自覚は本人たちにはあるので、受付や支払いなどでスタッフと接する際にソワソワとしてしまうこともあるでしょう。

もし、ソワソワと落ち着きがなければ容姿を確認される可能性があります。

その容姿が幼くて高校生のように見えてしまうと年齢確認をされる可能性もあるでしょう。

そのため、ラブホを利用する際には「いつも利用しています」という雰囲気の堂々とした態度を心がける高校生カップルもいます。

無人清算のラブホを利用する

スタッフの人と接すると高校生とバレてしまう可能性があります。

しかし、ラブホには無人精算機が設置されていて、スタッフと接することなく利用できるところもあります。

そのため、高校生であることがバレないように、スタッフと接する機会のないラブホを選んで利用しているカップルもあるようです。

高校生でラブホの利用がバレてしまった場合

本来であれば高校生のみでのラブホ利用はしてはいけません。

しかし、こっそりとラブホを利用する高校生カップルもいるようです。

もし、こっそりとラブホを利用して、高校生とバレてしまった場合にはどうなってしまうのでしょうか?

高校生だけで利用した場合

都道府県によっては高校生だけでのラブホの利用は条例で禁止されていますが、それらの条例では特に処罰は定められていません。

そのため、厳重注意という形となることが一般的でしょう。

ただし、保護者や学校には連絡され、警察からの指導を受けることもあります。

また、学校生活や進学などに影響が出る可能性があり、場合によっては停学や退学などの処分を受ける可能性もあるでしょう。

大人同伴だった場合

「高校生のみでのラブホの利用は禁止であれば、カップルの片方が成人の場合は?」と疑問を持つ人もいるでしょう。

そもそもラブホは高校生の利用を禁止しているため、利用がバレた場合には保護者や学校に連絡されてしまいます。

また、成人のパートナーは淫行条例違反に引っかかってしまう可能性があるでしょう。

これはお互いに恋愛関係を認めていた場合にも適用されるので、カップルであったとしてもパートナーが逮捕されてしまうリスクがあります。

高校生がラブホの利用してバレる原因

本来はいけないことですが、高校生だけでこっそりとラブホを利用しているカップルもいるようです。

しかし、最近の高校生は大人っぽくて大人と見分けることが困難です。

では、こっそりと利用しているにもかかわらず、どうして高校生とバレてしまうことがあるのでしょうか?

スタッフが気づく

ラブホでは受付や支払いなどのタイミングでスタッフと接することがあります。

そのため、接客をした際に容姿や態度などから高校生と気がつくスタッフもいます。

中には、勘が良くて私服を着ていても、大人っぽい容姿をしていても気がつくスタッフもいるようです。

嘘がバレる

高校生カップルがラブホで宿泊をする場合、保護者に「友達の家に泊まる」などの嘘をつくことがあるそうです。

しかし、友達に口裏を合わせてもらっても、その友達の保護者にまで「ラブホに泊まれるように協力してください」とは頼めないでしょう。

そのため、保護者が「友達の家に泊まる」と聞いて、その友達の保護者に確認の連絡されてしまうと、すぐに嘘がバレてしまいます。

保護者は子どもが一晩泊まると言えば、心配をしていろいろと確認をするのは当然でしょう。

詳しく確認されることで嘘がバレ、「すぐに帰って来なさい!」と怒られるのは定番のようです。

所持金不足

ラブホの料金はフリータイムのプランが複数あったり、部屋のグレードで料金が変わったりなど、意外と複雑です。

そのため、「3時間の休憩なら4000円あれば足りる」「この時間から入店すれ8000円で泊まれる」など、事前に下調べをしても予定していたよりも金額が高くなってしまうことがあります。

もし、大人であればチェックアウト時に手持ちが足りなければカードで支払ったり、受付に事情を話して近くのコンビニなどでお金を下ろすなどの対応ができるでしょう。

しかし、ラブホの料金は高校生にとってはなかなかの大金です。

そのため、予算を超えてしまうと支払う術がなく、仕方なく受付に連絡をして保護者に連絡されるというパターンもよくあるようです。

授かってしまう

高校生であれば愛し合う行為に対しての知識が不十分なこともあります。

また、知識を持っていても先に起こる事態を軽く考えていることもあるでしょう。

そのため、ラブホを利用していることで高校生カップルが意図せず授かってしまい、自分たちだけではどうすることもできなくなって保護者に相談するという場合もあるようです。

また、場合によっては妊娠後期近くまで相談できすにいて、お腹が大きくなったことで妊娠がバレるというケースもあるようです。

すでに事態が進んでしまっている状態のため、ラブホの利用がバレたことよりも、これらからのことを考えないといけない状況となります。

高校生であればもう少しラブホの利用は待とう

高校生になれば恋愛の内容が大人に近くなってくるので、ラブホに行くことを検討するカップルもあるでしょう。

しかし、基本的に高校生のラブホ利用は禁止であり、これはカップルの片方が成人であっても同様です。

もし、高校生のラブホ利用がバレれば保護者や学校などに連絡されることになるでしょう。

また、パートナーが成人であれば逮捕、知識が不十分であれば授かりなどのリスクもあります。

あと数年だけ我慢すれば何の問題もなくラブホで泊まれるようになります。

そのため、いろいろなリスクを背負ってまでラブホを利用するくらいであれば、あと数年だけ待った方が良いでしょう。