【paypay】知らない人から送金してもらう方法5選!教えるリスクや匿名送金の方法も紹介!

未分類

キャッシュレスの時代に新たに登場した決済方法、paypay。

スマホ1つで決済が可能で、手軽に買い物ができることから人気のアプリです。

そんなpaypayのアプリで知らない人に送金してもらう方法を紹介します!

匿名でのやり取り方法やリスクについても解説しますので、ぜひチェックしてくださいね。

paypayを知らない人から送金してもらう方法とは?

paypayは新たな決済方法として今、利用者は急激に増え続けています。

個人情報や連絡先を知られたくない等の理由で、匿名で送金したい、もしくは知らない人からの送金を受け取りたいという人は多いようです。

ではどのように取引したら匿名でやり取りできるのでしょうか?

paypayの匿名取引方法は5種類ある?

paypayで匿名で取引できる方法は1つではなく、いくつかあるようですね!

公式サイトでもやり方が紹介されていますので確認してみましょう。

どこにいてもお金のやり取りが可能ということで、とても便利な機能になっています。

方法①:QRコードを見せて送金してもらう

送る人と受け取る人が近くにいる場合、受け取る人のQRコードを送る人が読み取ることでその場で送金をすることができます。

この方法は個人情報のやり取りをすることなく、その場で送金することが可能です!

飲食店で割り勘をする際にも使える為、友達同士で利用することが多いですね。

手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面の下にある「アカウント」ボタンをタッチ
  2. 「マイコード」をタッチ
  3. 表示されたQRコード(マイコード)を送金者に読み取ってもらう
  4. 受け取り依頼の通知が届いたら受け取りの操作を進める

この方法はその場にいる人とのやり取りが前提ですので、遠く離れた人とはやり取りできません

方法②:携帯電話番号を伝えて送金してもらう

新規利用時に登録した電話番号を伝えることで個人のアカウントを見つけ、直接送金してもらう方法です。

ある程度の信頼関係がある人同士であれば、番号1つでお金のやり取りができます。

個人情報である電話番号を教える必要がありますので、赤の他人相手には注意が必要です。

手順は以下の通りです。

  1. 新規登録時に入力した自分の携帯番号送金者に伝え、送金してもらう
  2. 受け取り依頼の通知が届いたら受け取りの操作を進める

方法③:PayPay IDを伝えて送金してもらう

自分のアカウントIDを教えることで個人のアカウントを見つけ、直接送金してもらう方法です。

こちらの方法は先ほど紹介した電話番号の方法ではなく、paypayアプリ内のIDを使用します。

その為、個人情報を伝えたくない相手に対して使うと良いでしょう。

手順は以下の通りです。

  1. 自分のアカウントのpaypayIDを送金者に伝え、送金してもらう
  2. 受け取り依頼の通知が届いたら受け取り操作を進める。

方法④:請求して送金してもらう

次に紹介するのは、送金者宛てに請求のリクエストを送信して受け取る方法です。

電話番号、もしくはpaypayIDでユーザーを検索し、金額を指定して請求することが可能。

手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面の「送る・受け取る」をタッチ
  2. 「携帯番号・paypayIDを検索」をタッチリクエストを送信する相手の携帯番号かpaypayIDを検索、表示された名前が本人かを確認し選択
  3. 「受け取る」をタッチ
  4. 金額を入力し「次へ」をタッチ
  5. 金額を確認し「請求する」を選択
  6. リクエストが送信され、相手が支払いを終えたら完了
この方法はリクエストを送られた側が請求に気づかない限り取引が完了しないようですね。
その為、請求が送られてきたら内容をしっかりと確認しましょう!

方法⑤リンクを作成してSNS経由で送金してもらう

最も個人情報のやり取りを行わずにやり取りできる方法を紹介します。

こちらはLINEやSNSのメッセージ機能など、やり取りできる手段があれば可能です。

お金を送るpaypayの受け取りリンクを作成し、受け取る側にリンクを伝えます。

この方法はSNSを通じてやり取りする際によく利用されているようですね。

手順は以下の通りです。

  1. paypayアプリの最初の画面から「送る」を選択
  2. 「送る・請求」の画面で左の「送る」をタップ
  3. 残高を送る方法を選択する画面で「SNSで送る」を選択
  4. 金額を入力して次へ
  5. パスコードの設定に進む(設定しなくても利用可能)
  6. 「〇〇円のリンクを作成する」でリンクを作成
  7. 作成したリンクを受け取る側に伝える

送られてきたリンクにアクセスすると、自動的にpaypayの画面に移行します。

これで個人情報をやり取りすることなく送金が可能です。

paypayを受け取る側のリスクや身バレの可能性は?よくある質問も紹介!

簡単に匿名で金銭のやり取りができるpaypay。

気軽にやり取りが可能なようですが、受け取る側にはリスクはあるのでしょうか?

お金が関わることなので詐欺やトラブルが懸念されますが実際はどうなのでしょうか?

paypayを知らない人から送金してもらうことのリスクとは?

paypayは基本的には匿名でのやり取りが可能です。

知らない人にお金を送る、もしくは送金されたとしても個人情報が漏洩することはありません。

その点では安心かもしれませんが、トラブルが起きても相手を特定することが難しいようです。

何かトラブルが起きた時に相手の個人特定が難しくなってしまうことはリスクと言えるでしょう。

QRコード取引なら受け取る側の身バレは無い?

paypayのやり取りを通じて身バレする可能性はあるのでしょうか?

QRコードでは、paypayのアプリでのみ有効なため身バレすることはなさそうです

また、paypayのQRコードが直接的にユーザーの個人情報に精通することもないため、電話番号等を使用して取引するよりも安全と言えそうです。

IDや電話番号から身バレする可能性も?

paypayのIDはアプリ内でのみ有効ですが、電話番号は個人情報になります。

自分の個人情報を他人に教えることはリスクになりますが、それによる個人の特定は難しいと考えられます。

電話番号やIDを検索にかけたとしても、実際に表示されるのは登録したニックネームのみです。

しかし、個人情報を教えることに抵抗があるのであれば、使用するのはIDのみに留めたほうがよさそうですね。

paypay取引による詐欺の危険性はある?

取引をする人同士がその場にいれば問題はないです。

お互いが遠距離にいる場合、商品を発送後に料金が支払われない等の詐欺が起きかねます。

そのようなケースでは、残念なことに匿名であるため個人を追うことはできません

こういった詐欺を避けるためにもより安全で確実な方法で取引を行う必要があります

paypay詐欺や身バレを防ぐ対策5選!

便利な分、詐欺や身分がばれてしまう等の心配をしてしまう人も少なからずいるようです。

では実際のところpaypayアプリを利用する上での危険性はあるのでしょうか?

安全に使用するための対策を5つご紹介します!

paypay詐欺や身バレは防げる?

paypayは匿名性が高いこと、paypayのシステムの作り上身バレをすることはありません

しかし匿名で個人とやり取りができるものの、利用しているユーザー同士がお互いの個人情報を漏らしてしまえば安全性に欠けてしまいます。

ユーザー本人が情報漏洩に気を付けることで安全に使用できそうですね。

対策①:匿名の人に情報を教えない

相手が完全に匿名もしくは知らない人である場合、気を付けることがあります。

  • 取引の際に電話番号を使用しない
  • アカウント名を本名に設定しない

意外と盲点になりがちなのが、アカウント名からの流出です。

この時に本名を使用していると、個人情報が漏洩してしまうので気を付けましょう。

対策②:特定できるアカウント名やIDを使わない

本名や本名に近いあだ名、生年月日や住所など、個人情報を連想させるようなワードをアカウント名やIDに使用しないようにしましょう。

連想されやすい名前で登録していると、あらゆる方法で個人を特定されてしまうかもしれません。

アカウント名やIDを設定する際には自分に関係のない情報を入れると良いです。

対策③:個人携帯の電話番号を使わない

paypayでの登録の際、あえて個人の携帯電話を使用せず、会社の携帯やサブの携帯を使用すると良いです。

そうすることで取引の際に自分の個人携帯の番号を使用せずに済みます

会社の電話番号を使用する際には、会社に迷惑がかからないよう配慮しましょう。

対策④:取引契約を確認する

paypayを使用した商品を扱う取引などは、今一度契約を確認することをお勧めします

商品を発送したのにも関わらず、料金が支払われない等の詐欺が頻発しています。

「支払いは前払いにしてもらう」「支払い確認後に商品発送」などにすることで対策を打てるでしょう。

対策⑤:覚えのない取引や請求に応じない

身に覚えのない請求やリクエストが来たことがあるという人も少なからずいるようです。

匿名であることからランダムで電話番号を入れて検索をかけ、知らない人に請求する人も。

そういった危ない取引にのらないためにも、覚えのない取引には応じずスルーするのが吉です。

取引では身バレはしない!

今回の記事ではpaypayでの匿名取引の方法や身バレ対策についてお話してきました。

paypayのシステム的に、個人が特定されることはほぼほぼあり得ないようです。

相手とのやり取りの中で個人が特定されそうな内容を漏らさないことが一番の対策になります。

アプリで簡単に送金ができるとても便利なツールなので、今後もリスクには気を付けつつ有効に活用していきたいですね。