確実に倒れる方法9選!突然倒れて休むにはどうすればいい?

未分類

皆さんは学校や会社を休みたいと思ったことはありますか?

学校や会社でのストレスやいじめ、精神的な体調不良などで休みたいなと考えたりするかもしれません。

そんな時、上手く倒れられたら休むことが出来そうですよね。

休みたいときに使える、上手く倒れる方法と、倒れられなかった時の演技方法をご紹介します。

上手く倒れる方法9選!

様々な理由で休みたいと思っても、目に見えて体調が悪いのが見えないと、休むことも難しい世の中。

そんな中で倒れるのは、手っ取り早いですよね。

ここでは簡単に上手く倒れる方法をご紹介します。

倒れる方法①しゃがむ+深呼吸

倒れる方法はしゃがんで下を向いて、20秒ほど深呼吸をします。

その後息を吐ききり、勢いよく立ち上がって上を向いて息を止めるというやり方です。

息を止めていると、頭がぼーっとして気絶できるようです。

ただ倒れる時に頭を打ったりする可能性があって危険なので、ベッドの上やクッションの様なものを下に置いてから試してみてください。

ただ体の状況によっては、倒れられないこともあります。

倒れる方法②息を止めて頭を反る

息を止めて頭に力を入れていきます。

そして頭を逆さまにしていると、後ろに倒れていきます。

脳に酸素が届かなくなるので、頭が真っ白になって倒れることが出来るようです。

脳に酸素が届かないことが原因と考えられるので、危険も伴います。

倒れるのに、やりすぎには注意が必要ですね。

倒れる方法③熱いお風呂に入り続ける

熱いお風呂に入り続けることも倒れるには良いらしいです。

寒い場所から熱いお風呂に入ることで、血圧が急激にあがるようです。

熱いお風呂に入り続けることで、血圧が高いままになります。

そして熱いお風呂から出ることで、血圧が急降下して倒れることに繋がるようです。

ただ急激の血圧の変化は倒れるだけではなく、脳や心臓に負担もかけるようなので注意が必要です。

倒れる方法④何日も寝ない

寝ないでいると次の日、倒れることはできるのでしょうか。

夜寝ないでいると、次の日自律神経が乱れて頭痛やめまいがすることがあるようです。

寝不足が続くと自律神経の乱れが体に出てきて、倒れてしまうことがあるようです。

ただ寝不足は他にも体調不良が見られることがあるので、注意が必要です。

倒れる方法⑤何日も食べないで貧血を起こす

何も食べないことは、倒れることに直結するのでしょうか。

食事をしないことで体に栄養が入ってこず、血液中のヘモグロビンなどが栄養不足になります。

そのため鉄不足になり、貧血で倒れてしまうようです。

女性は月経が重なると、極度の鉄分不足になる可能性があるのでお気を付けください。

倒れる方法⑥自分で首を絞める

ここでは倒れるために、自分の首を絞めるとどうなるのかをご紹介します。

自分の首を絞める場合は、指で耳の下5センチあたりを押す方法があるようです。

これは頭がぼーっとしてきて、意識が遠のいて倒れるようです。

自分の首を絞める方法をご紹介しましたが、これはとても危険で、特に他人に頼んでしまうと力が加わりすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

倒れる方法⑦長時間運動する

長時間運動をするといっても、運動も種類があるので迷いますよね。

長時間運動をするなら、有酸素運動である長距離を走ったり、水泳をするのがおすすめです。

有酸素運動は長時間続けることにより、酸欠になることがあるため倒れることが出来るようです。

倒れる方法⑧息を止める

息を止めると聞くと、簡単な方法に聞こえますよね。

息を止める時の方法は、息を止めて鼻を膨らませるようです。

徐々に顔が赤くなってきて、意識が飛んで倒れられるようです。

こちらも危険ですので、倒れる場所には気を付けてください。

実際に行う以外の方法はあるの?

ここまで実際に自分で体調不良を作り出して、倒れる方法をご紹介してきました。

実際できるかというと、恐怖もありますよね。

最後の9個目では、倒れる演技のご紹介をします。

演技であれば、実際に苦しくなったりはしないので安心な気がしますね。

倒れる方法⑨演技をする

これまでとは違い、実際に体調が悪くて倒れて見えるようにする演技の方法をご紹介します。

倒れると言っても、急に倒れるとなると頭を打ってしまったりと危険があります。

そのため最初に呼吸を早く、浅くして、過呼吸の演技をするといいかもしれません。

その後倒れる時は後ろに倒れてしまうと頭を打ってしまうので、前に倒れるのが良さそうです。

前に倒れる際、周りにバレないように両腕で地面に着く瞬間に少し受け身を取ると怪我をせずにすみそうです。

この演技が上手く行えれば、ご自身が怪我などを追わずに簡単に倒れることが出来ます。

ストレスで倒れることがある?倒れる時の様子や危険性を調査!

様々なことが変化していく現代、ストレスを感じる人は増えてきているのではないでしょうか。

ストレスが精神面だけでなく、体に現れることがあるかもしれません。

ストレスで倒れてしまう様子や危険をご紹介します。

ストレスだけで倒れることはできる?

ストレスには内面に出てくるサインと、体に出てくるサインがあるようです。

体に出てくるサインは、眠れなかったり、食欲が出なかったり、疲労感が強かったりなど他にもあります。

この体に出てくるサインが限界に達した時に、突然倒れたり、涙が止まらないなどの目に見える症状が出てくることがあります。

ストレスが極限になると、体に現れて倒れてしまうことがあるのが分かりますね。

倒れる時はどんな感じになる?

実際にストレスで倒れると、どんな風になるのでしょうか。

3つの例をご紹介します。

頭の中が真っ白になる

実際に倒れる時は、頭の中が真っ白になるようです。

頭が痛くなったり、耳鳴りがしたりと他の症状も出てくるようです。

意識が遠くになっている気がして、頭の中で何も考えられなくなってくると倒れる直前の症状かもしれませんの注意が必要ですね。

顔面蒼白になる

ストレスが強くかかると、自律神経が乱れてしまいます。

倒れてしまう時の症状として顔面蒼白という、顔の色が青白くなってしまうことがあるようです。

これは実際に周りの人が見ても分かるので、倒れる直前に周りの人も気づいてくれる可能性がありそうです。

そのため座ったりして落ち着けることができそうですね。

身体の感覚がなくなる

身体の感覚が無くなるのは、倒れる直前の症状のようです。

意識が遠のいていき、周りに見てている物がスローモーションに見え、倒れたときに何かにぶつかったことも分からないことがあるようです。

何か物があると、怪我をしてしまうのでとても危険なことが分かります。

意識が遠のいたら、注意が必要ですね。

倒れる方法の危険性は?

ここまで倒れる方法をご紹介してきました。

実際に倒れる状況になると、ここまで書いてきた様に体の感覚が無くなったようになってしまいます。

そのため頭を打ったり、足をぶつけてしまったりと、怪我を負うことがあるかもしれません。

倒れるのは体調不良を目で見て分かってもらうためには良い条件下もしれませんが、怪我を負うことがあるので危険です。

倒れる方法がうまくいかなかった時に演技する方法やコツは?

ここまで倒れる時の方法や危険についてご紹介してきました。

実際に倒れるのは怖かったり、怪我をする恐れがあるので他の方法があればいいなと思う人もいると思います。

ここでは倒れる演技の方法を紹介していきます。

倒れる演技を上手くする方法!

倒れる演技と言っても、実際にはよくわからないと思います。

簡単に上手く倒れる方法をご紹介します。

実際に体調が悪いなどで倒れる時は、ふらついて急に倒れることやふらついて落ち着くためにしゃがもうとしたら倒れることがあるようです。

そのまま倒れるのを再現するには怪我をする可能性があります。

演技で行うには、3段階で考えると良さそうです。

  1. めまいが起きてふらつく
  2. 下半身の力が抜ける
  3. 倒れる

を意識して行うとリアルに見えるかもしれません。

演技がリアルに見えるには、嘘とその嘘に説得力が合わさることが大事なようです。

倒れる演技のコツは?

倒れる演技をするにも急に倒れるのは不自然ですよね。

倒れる前に大きなストレスを抱えていたり、衝撃的な出来事があったと振りをしておくとよいでしょう。

その後息が荒くなって意識が遠のいていき、倒れていくのが良さそうです。

そして一番注意が必要なのは、大人数ではなく少人数の場を選ぶのがポイントです。

また倒れた後に起き上がる時は、素早く起き上がらず10~20秒ほどを使って起き上がるとよりリアリティが増してくるでしょう。

倒れる演技が休むのには良い

実際に自分の体調不良を作り出すのは身体にも負担がかかりますし、怪我をする恐れがあります。

身体を第一に考えて倒れるなら、演技で演出するのがいいかもしれません。

皆さん様々な理由で学校や会社などを休みたくなると思います。

休むのも大切なので、休むための一つの手段として倒れる演技ができるといいかもしれませんね。