子供の発達が遅いと感じたら?4歳息子が個性的と思った目安とは?

世の中のお母さんが悩むのは「我が子の発達」についてですね!

特に、「発達が遅めちゃん」や「発達の仕方が他の子とは違うちゃん」のお子さんを持つお母さんはとても心配していると思います。

 

今回は第二子である私の息子「発達が遅めで、やや特徴がある子」との苦労の4年間を振り返っていきたいと思います。

先に結論を述べますが私の息子は現在「発達段階に問題はなく、普通の幼稚園に通っている状態」です。

それを前提に読み進めてくださいね。

私が息子に「発達に問題があるかも」と思った経緯

最初から「何言ってんだ?」と思われるかもしれませんが、実は私は結婚した当初に占ってもらった占い師さんに「1番最初に生まれた男の子には一生苦労させられるだろう」と言われました。

息子は1番最初の男の子。

妊娠中からソワソワ・ドキドキしていました。

 

妊娠中は問題なく予定日より2週間早くスポーンと生まれましたが、産後すぐは

  • 酸素濃度が足りず保育器に入る
  • 最初の検査に引っかかる(二次検査では大丈夫でした)
  • 黄疸が酷い

と、なかなか不安を抱えていました(笑)

では、ここからどうして「発達に問題がある」と思うようになったのかお伝えしていきます。

 

①母乳を飲むときに反り返る・むせる

息子を出産した病院は「完全母乳」を目指している病院でした。

 

息子が母乳を飲み始めると、おっぱいが張ってきて「母乳が出ている感じ」があるのですがそうなると必ずむせる⇒吐き戻す⇒反り返って泣く…という循環でした。

もちろん、

  • 哺乳前に搾乳する
  • 飲ませ方を色々変えてみる
  • 母乳を搾乳して哺乳瓶であげる
  • 咥え方を変える
  • 母乳相談をする

ということをしましたが、結局改善はほぼありませんでした。

 

舌小帯短縮症といって、舌べろの下にある筋の場所が悪く哺乳がうまくできない子がいるのですが息子はどうやらこのタイプのようでした。

息子が生後4か月くらいの時に気付いたのですが、上記のような状態でも体重は順調に伸びていましたし、私が立ながら授乳などをすれば軽減できていたので受診・手術はしませんでした。

ただ、この「むせる」「吐き戻し」は後述する特徴にもあるので、小さい頃から変わらないんだと思います。

 

②1歳に出ていた言葉が1歳半に消失

10か月くらいに歩き始めた息子。

上の子の長女は1歳過ぎに歩き始めたので、活発な男の子がとても新鮮でした。

長女も言葉の発語が遅めだったのですが息子は「ママ」「わんわん」「ねえね」は1歳くらいで話せるようになっていました。

 

しかし、「ママ」「わんわん」「ねえね」の発音が悪くて私と長女しか理解できない位のむにゃむにゃ語でした。

1歳の時にでていた言葉が1歳半で消失してしまい、「ママ」すら言わなくなり、(私以外では)何を言ってるか分からない状態でした。

 

とはいえ、言葉が遅い子って少なくないですし市の検診でも重要視はされていませんでした。

「舌の小帯のせいで発音が悪くて喋れないのかも」というのはあったので、言葉の相談に行きました。

慣れないことは苦手な息子ですが、なんとか検査はできて「理解力は問題なし、発音は年長さんくらいから見ていく」ということになりました。

 

③吐き戻しが激しすぎて毎日クタクタ

生まれた時からあった「吐き戻し」ですが、これは4歳になった現在も酷いです。

というのも、どうやら「嘔吐反射」が強いのもあって

  • 歯磨き
  • 上を向いてシャンプー
  • 咳3回くらい
  • 食べ物を多めに口にいれる
  • 泣いて「ギャー」っと声をあげた瞬間
  • 走り回りすぎた時

と、とにかく吐きまくります。

 

具合が悪いとか気持ちが悪いとかではなく、走り回っていたと思っていたら急にゲェーっと吐き始めたり、泣いた瞬間にゲェーっと吐いたりして手に負えません。

風邪をひくと、夜中にコンコンと咳をした瞬間ゲェーなので何度布団を洗ったことか…(現在は吐き戻し対処がうまくなりました)

 

4歳半すぎて、ようやく奥歯を磨いても吐き戻しまではほぼしなくなり(ゲェーとはなる)やっと楽になりましたが

幼稚園イヤ!⇒ギャー!と泣く⇒吐く⇒早退

というサイクルは現在でもたまにあります。

もっと小さい頃は言葉もでていなかったので、よく分からないタイミング(ほんとにわからない)で泣き叫び始める⇒吐く だったので「これはもう問題があるしか思えない」と思っていました(笑)

 

④1歳10か月頃に始めたリトミックは毎回パニック

1歳10か月にリトミックを始めました。

リトミックに入る前に体験に行った時はすごく楽しそうにやっていましたし、外で体を動かしたりするのは好きなので楽しめるだろうと思ってやらせたんですが…地獄のはじまりでした(笑)

 

  • 室内に入るのを拒否
  • 室内に入れるようになってからはじっとできない・走り回る
  • 他の子や先生と同じ動きはできない・しない
  • 一緒にやらせようとすると泣き叫んで吐く

と、まあ「こいつ大丈夫か?」という状態でした。

 

今なら理由は何となくわかっていて

  • 知らない場所だと緊張してしまう
  • 緊張するとパニック気味になる
  • 場所や人に慣れるまですごく時間がかかる
  • じっとすることが苦手
  • 自分の思い通りにできないとパニック

ということがあったようです。

 

今も緊張はしやすく、知らない場所や知らない環境は苦手で幼稚園行事なんかも「先に慣らすために一緒に下見する」か「言葉で1から全て紹介・説明して」います。

4歳すぎて、ようやく「言葉で説明して少し理解・想像できるようになった」ので言葉で説明するのも有効になってきましたがその前はいくら説明しても、理由を言っても「ギャー!」となったり落ち着かなくて走り回ってしまったり…まぁ大変でした。

 

⑤3歳すぎるまで発語はほぼなし。発音悪くて何言っているか分からない

「②1歳に出ていた言葉が1歳半に消失」でもお伝えしていますが、結局3歳すぎまで何言ってるか分からない状態でした。

にんじんを指さして「にnjeab」って言ってる感じです。

 

こちらの言葉自体は理解はしていましたが、二語文・三語文もでていなかったので

「じゅっ(お茶のことをじゅっ(ジュース?)と言っていた)」とだけ言われてこちらが状況を判断して

  • お茶が欲しいのか
  • お茶をこぼしたのか
  • 「じ」がつく違う言葉なのか

と聞き返したりして意思疎通?をしていました。

 

この判断も難しくて、息子は言葉でのやりとりができるようになるまでは「うん」「ううん」と首を振ったり身振りで示すことがありませんでした。

 

ですが、例えば

息子が「じゅっ」と言ってきた時に

私が「お茶が欲しいの?」と答えて

息子が「じゅっ」と繰り返したのであれば「お茶が欲しい」は間違っているのです。

 

息子がしたいこと・してほしいことが「正解だと黙る」ので、繰り返し何か言ってくる時は私が間違った返答をしているということ…と判断していました。

これは最近でもそうで、息子の滑舌が悪くてたまに何言ってるのか分からないんですが私が聞き返して間違っていると何度も何度も繰り返して言ってくれますw

 

息子の発達の遅れ・特徴がみられて私がやったこと

私は息子のおかげで、やたら行動的になったと思っています。

めちゃくちゃ色々な所に相談したし、説明もしてきました。

 

私が息子の発達を心配して「何をやったのか」ご紹介していきますね!

 

①定期健診では必ず心配していることを伝えた

ちょっと説明が難しいのですが、息子は「発達的には順調」だったんです。

市で行われる定期健診では引っかかることがありませんでした。

 

定期検診って実は事前のアンケート用紙で確認するポイントがあって「そこに引っかかってなければ基本はスルー」です。

 

例えば

  • 目が合わない
  • 名前を呼んでも振り向かない

などですね。

何回かある定期健診で毎回引っかかっている子は個別に話を聞いていきます。

 

でも「発達がグレーな子」は

  • たまに出来ないけど、大体できる
  • できてる…気がする

って多くて、「一応できてるから」…チェックしますよね。

 

しかも定期健診では普段はいない福祉委員の方もいるので場合によっては「大丈夫よ~お母さん頑張ってるから、このままで」という方も多々います。

私も何度も「心配しなくても大丈夫。男の子だし、言葉が遅くても」という言葉をよく言われましたが「舌も短い」「明らかに発語がない」「私以外の大人が何言ってるのか理解できない」とハッキリ伝えました。

その上で、「発達に問題があるなら早くしりたい。どうやって対応するのがこの子にとっていいのか知りたい」と何度も伝えました。

 

その熱意?に、親身になって聞いてくださって「どこに相談するといいのか」教えてくれることが多かったように思えます。

 

②色々な経験をさせるように心がけた

前述していたリトミック教室もそうですが、とにかく息子は「色々なことに1から慣れさせる」ことが大切だと思いました。

 

そこで

  • 体操教室
  • プール
  • 親子体操
  • リトミック
  • 色々な公園
  • 動物園、動物が触れる場所に行く
  • バス・電車に乗る

というように「経験」させていきました。

もちろん、一発で上手くいくことはほぼないですが何かの拍子に急にやれるようになったり、同じ経験をしたら違う場所では出来るようになっていたり…と多少の変化が見られました。

 

今より小さい頃は「音」にも敏感で、ラジカセの音は耳を塞いでいましたし市内放送ではすごいビビっていました。(今もですが)

これらは幼稚園に入園後にやっぱり効果を感じられたので「やった甲斐があったのかもな~」とは思います。

 

泣きわめくのを連れていくので、精神的にはめちゃくちゃ疲れましたけどね。

 

③発達が遅れ気味な子が入れる市の集団遊びに参加

市の2歳半検診で「集団行動を見る時間」があるのですが、息子は泣き叫んでしまって一切参加することができませんでした。

それを見て福祉課の方に「市の集団遊びに来ない?」と誘って頂きました。

 

月に1度、色々な理由で発達が遅れ気味?のお友達と一緒に関わって、2時間くらいの集団行動をしてから最後に個別面談をして…と数か月繰り返しました。

 

市がやっているので発達具合を定期健診やその後の生活で共有してくださるので入って良かったです。

 

④軒並み病院へ通った

これは息子が成長するにつれて「心配だな~」と思う現象がでていたので色々な病院に行きました(笑)

 

耳鼻咽喉科

中耳炎にすぐなるのでかかりつけ。

嘔吐する原因として口の中の構造に問題がないか見てもらった。

とりあえず問題はなさそうだったので、歯医者と口腔外科をオススメしてもらった。

後々聴力テストもやってもらった。

 

歯医者(2か所)

虫歯治療で1箇所行き、合わなかったので転院。

1箇所目では6回中4回吐く。

口の中を触らなくても吐くと言われ「イヤだという気持ちを表すために吐いてるんじゃないか?」とのこと。

年長くらいで舌の訓練をしましょうと言われた。

 

2箇所目は口の中を診察した瞬間吐いた。

そこでは「嘔吐反射が強いけど、座ったままやれば大丈夫ですよ」と言われて一度も泣かなかった。

 

発達診断(2か所)

1箇所目はかかりつけの小児科。

発達に関してはまだ診断できないので「発達診断をできる小児科」を紹介してもらった。

 

2箇所目は発達診断ができる小児科。

こちらは現在も通っているが、「様子見」で半年に1度の定期報告のような形になっている。

園生活での様子を聞いてくれたり、息子の特性(慣れるのに時間がかかる・感情を表現するのが難しい)の対処方法を教えてくれる。

 

眼科

物を見る時に、片方の目だけで見るような行動(やや斜視のような)が見られたので眼科へ。

うまく視力検査はできなかったけど、とりあえず大丈夫そうだから様子見とのこと。

 

 

以上です!

病気だけでなく、発達に関して当てはまりそうな物は軒並み病院に行って検査してもらいました(笑)

 

先生によって判断は違いますが、「発達が心配です」と言えばじっくり見てくれる人が多かった気がします。

 

そうそう、私の息子は病院が大嫌いで現在でも泣いていやがって吐きそうになることがあります。

なので発達に関して病院に受診して聞きたい時は先に電話して「こんな症状を心配していて、こうなっていて、〇〇病院ではこう言われてます」と伝えてから受診します。

 

カルテに書き込んでくれるようなので先生方も息子が吐かないように口腔内はサっと見るだけにしてくれるようになったのでかなり吐かなくなりました。

 

⑤幼稚園を吟味した

こちらもめちゃくちゃ!調べました。

候補としては

  • 私立幼稚園6つ
  • 公立幼稚園1つ

でした。

これらほぼ全ての未入園児遊び・説明会に行きました。

 

私の希望としては

  • 息子の特徴を尊重してくれること
  • 外遊びが多め(室内活動・リトミックなどはやっぱり苦手なため)
  • 慣らしが多め
  • 体験に行って息子が泣かずにいられる場所

ということでしたが、体験に行って息子が泣かないでいられたのは1つの園だけでした(笑)

結局、そこに入園することになりました。

 

その園は、

  • 発達がゆっくりな子も多く個性を大事にする
  • 外遊び多い
  • 入園前に週に1度の教室がある
  • 息子が私から離れて先生の所へ行けた

という場所でとてもアットホームです。

 

私としては預かり時間が長かったり完全給食やバスなどの条件で、他の園に心惹かれていましたが息子の気持ちが一番と思って決めました。

吟味したことで、私も後悔なく通わせることができるので良かったと思います。

 

今も戦う毎日、でも私も強くなれた

 

現在も「幼稚園行きたくない!」と泣き叫ぶことがたまにありますが、上記の体験をしたことで理由や対処法がかなり明確化して気持ち的には落ち着くことができました。

こうして欲しい、というのも園の先生に伝えることができるので「がんばってよかった」と思っています。

 

とはいっても、息子が1歳すぎ~4歳まではたぶんノイローゼでした(笑)

正直記憶が曖昧な部分もあります。

毎日焦燥感のような絶望のような気持ちを持っていたのは覚えています。

 

早く保育園に預けた方が逆に良かったのかなぁ、と思う時もありましたが今はこれで正解だったのだと感じています。

今「子供の発達が…」と心配しているお母さんに少しでも何かヒントになればと思っています。

コメント

  1. […] 「ネントレ」という、子供の入眠のトレーニングをするとスムーズに夜長く寝てくれるようですが我が家の長男はちょっと独特だったのでネントレはうまくいきませんでした。 […]