【FOCUS写真】豊田商事会長「永野一男」死傷事件が閲覧注意すぎ!豊田商事の現在は?

永野一男未分類

歴史的に有名となった大規模な投資詐欺事件豊田商事事件」をご存じでしょうか?

契約書だけで金の取引を行うという詐欺を行った豊田商事の会長・永野一男

永野会長は逮捕の当日、テレビ中継されている前で刺殺されました。

そんなショッキングな豊田商事事件について、現在の様子や様々な噂も交えて紹介します。

詐欺師の豊田商事会長「永野一男」とは?

永野一男は主に独居老人を狙って、ペーパー商法の詐欺を行っていた豊田商事の創設者です。

ペーパー商法とは:現物まがい取引。金などの現物を売るとして代金を受け取り、現物の裏付けのない預かり証を渡す詐欺商法。
引用:コトバンク

独居老人に金の取引を持ちかけ、金の現物を渡さず純金ファミリー契約証券という証券だけを渡すという手口で2000億もの詐欺を働いたのです。

永野一男は生前から「顔を知られると殺される」と話し、会社の社員や役員にも顔を見せることはめったにありませんでした。

永野一男のプロフィール

永野一男は一体どういった人物なのかプロフィールを見てみましょう。

名前:永野 一男
生年月日:1985年6月18日(32歳没)
出身地:岐阜県恵那市

32歳という若さで殺害された永野一男ですが、出身は岐阜県の恵那市だったようです。

その後、島根県に移り親戚の家を転々としていたとか。

永野一男の過去の経歴なども紹介します。

  • 1952年:岐阜県恵那市生まれ
    永野さんの父親は、障害があったため働くことができませんでした
    家計を支えていた祖父が亡くなったため母親の実家島根県浜田市へ
  • 1967年:母親が家を出てしまっため 叔父宅に預けられる
  • 1968年:集団就職で日本電装(現デンソー)に入社
    2年で退社、消火器販売など職を転々とした後、先物取引会社就職したが顧客から預かった3000万を勝手に小豆相場につぎ込み穴を開け会社を首に。
  • 1976年:大垣競輪場トイレでスリを働き逮捕
  • 1981年:前身となる「大阪豊田商事株式会社」設立
  • 1982年:豊田商事株式会社に改名
    トヨタ自動車の系列と錯覚させるため永野が命名
  • 1985年:豊田商事の商法が社会問題化
    国民生活センターなどに110番が設置される
  • 1985年:6月18日永野会長刺殺事件が発生

幼い頃から貧しい環境で育ち、中学卒業後大手の会社に就職しましたが、中卒なので将来の見込みがないと2年で退職してしまいました。

逮捕歴あり?!永野一男の来歴とは?

永野一男は集団就職で日本電装に入社しましたが、そこを2年で退社。

以後、消火器販売会社など職を転々としていました。

そんな折、1976年の3月、大垣競輪場のトイレでスリをはたらき逮捕されています。

住む場所も職も転々としており、安定した生活とは遠かったようです。

永野一男の女性遍歴もヤバかった?!

永野一男には刺殺された当時、愛人がいました。

刺殺された現場に花を供える所を目撃されています。

その他にも各地に愛人がいたとか、ビジネスパートナーがいたとかさまざまな報道がされています。

しかし、永野一男は生涯独身でした。

詐欺被害総額約2000億円!「顔を知られると殺される」発言の真相は?

永野一男は被害総額2000億円を超える豊田商事事件を起こしました。

永野一男自身の来歴もはっきりとはせず、詐欺をしていることもあり相当な恨みを買っている自覚もあったようです。

そのため「顔を知られると殺される」と発言し、メディアへの露出も控え、会社へもあまり出社しておらず、実際に永野一男の人相を知っている人自体が少なかったようです。

また、詐欺により集められた2000億円のゆくえは現在もわかっていません。

この2000億円は、日本の詐欺事件において最大級の被害額と言われています。

【永野一男の最期】全国に衝撃を与えた!豊田商事会長刺殺事件とは?

逮捕目前と思われていた永野一男。

その永野一男を2人の男が刺殺しました。

永野一男の逮捕の様子を撮ろうとしていた大勢のマスコミの眼前でその惨劇が起こったのです。

豊田商事会長刺殺事件の概要

1985年(昭和60年)6月18日、”永野一男が逮捕される”との情報がマスコミ各社に届きました。

衝撃的な情報に、その様子をカメラに収めようとマスコミ各社が大阪市北区天神橋の永野一男の自宅マンションに詰めかけます。

そこへ突然、2人の男性が姿を現しました。

男2人は永野一男宅のマンションの窓ガラスを破り部屋の中に侵入、そこにいた永野一男を持っていた銃刀で惨殺したのです。

殺害の様子の一部始終が、居合わせたマスコミのカメラによってお茶の間のテレビに流れてしまったショッキングな事件でした。

窓ガラスを割って侵入!豊田商事会長刺殺事件の叫び声がやばい?!

現場にやってきた犯人の男性2人が永野一男を刺殺するまでに、マスコミらと次のようなやりとりが交わされました。

報道陣:「火事場泥棒なのか?」
犯人 :「俺は盗人やらへんさかい。安心せいや」

その後犯人は永野一男宅前にいたガードマンに「永野に会わせろ」と要求

連絡を取るためにガードマンが現場を離れると急に物騒なことを話し始めます。

犯人 :「金はもうええ。永野をぶっ殺してくれと頼まれたんや」

ガードマンが救急箱を持っていることを犯人が気づき、

犯人 :「なんやこれ?救急箱け?」
「そーゆー問題ちゃうぞこの問題は!おい!えぇ?87のおっさん捕まえてお前850万も取り
上げてな?」

と叫び、もう一人の犯人に向って、

犯人 :「おい!そろそろぶっ壊そか?ほな!そろそろやろか!」

と言って近くにあったパイプ椅子らしきものでドアを叩き始めましたが、それだけで壊れるわけはなく、犯人は激高し始めます。

犯人 :「こんボケが!バカ野郎が!」「バール持ってこい!」

ここでもう一人の犯人が窓に気づき

犯人 :「なんかないんか?窓かのぉ?」「そんなもん取ってまえ!」

と、窓の鉄格子を破壊して、窓を割りました

周囲の報道陣は制止したものの、犯人2人は構わず永野一男宅へ侵入。

この時犯人は銃剣を握っていました。

侵入した犯人は永野一男に向って、叫び声を上げました。

犯人 :「お前かコラァ!」「お前は死刑や!」

の怒号のあと、「うわあああああああ!助けてくれぇ!」「ギャー!」と永野一男の叫び声が響き、犯人と永野一男がもみ合う音が聞えた後

犯人 :「死ね!」

と一声犯人が声を発した後、永野一男は「ギャッ」と叫び声をあげ絶命しました。

ここがヤバい!殺害現場が生放送?!

あろうことか、一部始終を現場に居合わせたマスコミにより生放送で、しかもノーカットで放送されてしまいました。

血の海になった永野一男の部屋の様子と、叫び声をあげ担架で運ばれる血まみれになった永野一男の最期の姿が生中継されたのです。

NHKのアナウンサーが慌てて「お子様にはみせないで!」と呼びかけました。

そして、銃剣を持った犯人の写真と血まみれになった永野一男の最期の姿が写真週刊誌FOCUSに掲載され、物議をかもしました。

【閲覧注意】FOCUSの永野一男の血まみれ写真!

永野一男が刺殺された直後の、血まみれになった最期の姿写真週刊誌FOCUSに掲載されました。

画像は衝撃的な写真ですのでアクセスは自己責任でお願いします。

侵入した犯人により殺害された直後の写真です。

永野一男が殺害された動機が不明?

しかし、犯人たちの動機は一体何だったのでしょうか。

豊田商事会長刺殺事件で、犯人は依頼者をかばったのでしょうか? 裏社会の住人だった刺殺犯たちは当初マスコミに対して、被害者6人から「もう金はええ、永野をぶっ殺してくれ」と頼まれたと語ったそうです。 ですが、逮捕後の取り調べでは「テレビなどで事件を知り、義憤にかられてやった」と押しとおしたそうです。

引用:YAHOO知恵袋

その後犯人たちは裁判で、「殺すつもりはなかったが現場にいたマスコミにあおられて殺してしまった」と供述内容から動機をひるがえしました。

そのほか、宗教団体や政治家、豊田商事の元幹部などの黒幕が犯人を雇って殺害させたのではないか、といった黒幕説もまことしやかにささやかれています。

豊田商事会長刺殺事件と「ビートたけし」に繋がりがあった?!

ビートたけしさんが豊田商事会長刺殺事件に繋がりがあったのではと言われています。

しかしどうやらその噂は映画の役柄が発端だったようで、ビートたけしさんは豊田商事会長刺殺事件をモデルにした映画の犯人役で出演しています。

タイトルは「コミック雑誌なんかいらない!」といい、事件の翌年1986年に公開されています。

主演は故・内田裕也さんで、カンヌ映画祭にも招待されました。

【現在】豊田商事会長刺殺事件から20年以上経過!2000億円のゆくえとは?

豊田商事会長刺殺事件から20年以上が経過しました。

事件後2人の犯人はそれぞれ、懲役10年と懲役8年の実刑判決を受け収監され現在はすでに出所しています。

しかし豊田商事事件で集められた2000億円のゆくえは現在もわかっていません。

豊田商事は詐欺を続けている?

一部では豊田商事の残党がいまでも詐欺を行っているとささやかれています。

原野商法詐欺で摘発された「ワールドリゾート」代表の北村一富は元豊田商事の人間です。

その他にも霊感商法まがいのことを行っている元社員もいるといわれています。

豊田商事が集めた2000億円のゆくえは一体どこに?!

豊田商事が集めた2000億円のゆくえは現在も不明のままです。

2000億円もの大金の行方が分からないのは不可解でなりません。

大物政治家や、宗教法人、暴力団へ流れたのではという説もあります。

豊田商事会長刺殺事件の犯人に子供がいる?!

豊田商事会長刺殺事件を起こしたのは飯田篤郎(当時56歳)と矢野正計(当時30歳)の2人です。

飯田は町工場を経営し、矢野は飯田に世話になっていて、犯行を断れなかったのではといわれています。

飯田には懲役10年、矢野には懲役8年の判決がくだされました。

事件から30年以上たった現在はすでに釈放されています。

飯田は近畿地方の都市で、矢野は結婚し5人の子供をもうけ広島で暮らしているといわれています。

永野一男が影武者説と殺害現場のマンションとは?

豊田商事会長・永野一男が刺殺された現場大阪市北区天神橋三丁目のマンションは現在もそのまま残っています

何人かの手に渡り、現在も誰かが住んでいるようです。

一方で、殺害された永野一男は影武者だったのではないかという説があります。

永野一男は2000億円もの巨額な金を集めながら、なぜかセキュリティも万全ではない一般のマンションに住んでいました。

また永野一男の遺体確認が家族にしか行われなかったことなどから、殺されたのは影武者だったのではないかともいわれています。

映画で犯人役を演じたビートたけしさんも、この影武者説を支持しているそうです。

永野一男はどうして悲惨な死をとげた?

今回は豊田商事会長永野一男刺殺事件についてまとめてみました。

ペーパー商法という詐欺で2000億円ものお金を集めた豊田商事会長永野一男は逮捕目前に2人の男に惨殺されてしまいました。

しかもその様子がリアルタイムで流れるという、かつてない事件だったのです。

また、事件後その一部始終が写真週刊誌FOCUSに掲載されるなど今では考えられない内容でした。

現在、2人の犯人はすでに出所し、ひっそりと暮らしているようですが、集められた2000億円のゆくえや、永野一男を刺殺した犯人の動機も今一つはっきりしていません。