【ゴー・トゥー大都会】の曲の元ネタは?歌詞の意味が意味不明!?

ゴートゥー大都会 元ネタ未分類

みなさんは『ゴー・トゥー大都会』という歌は知っていますか?

歌詞は意味不明で下ネタ連発、音程はなんともクセになる不協和音のような歌なのですが、2022年1月公開なのにYouTubeでは1012.8万回も再生されています。

知る人ぞ知る曲ですが、一部の層に人気を集めています。

なぜこんなに人気を集めているのか、元ネタ含め調査しました!

ゴー・トゥー大都会の元ネタはtwitter?意外な元ネタとは?


「ゴー・トゥ・大都会」はニャン・トンロンと月裏が作成した初のボカロ曲です。

昭和のアニメのようなイラストと、耳に残るメロディーとリズムが特徴的ですよね。

なんといっても注目はこの歌詞!!!

意味不明のようで意味ありげな歌詞が気になってしまい、ついつい聞き言ってしまいます。

家族と一緒の時はイヤホンをつけて聞いてみましょう。

この曲ですが実は元ネタがあったそうなので、調べてみたいと思います。

ゴー・トゥー大都会の元ネタは?おじさんのtwitter?

歌詞の「貴様、馬鹿なことをしたなぁ?」「~ですなぁ?」のフレーズは、鈴木康史さん(リーダー・クルー)という人物のTwitterの発言が元ネタだそうです。

そのネタを基に作った歌なのですね。

Twitterの発言を見てもタダ者ではない気配が伝わってきます。

リーダークルー「貴様、馬鹿なことをしたなぁ」

今は本人のアカウントは消されてしまっていますが、このネタで盛り上がれるネット民が多くいます。

この歌詞をつぶやくだけで、盛り上がれる共通言語なんですね!

ゴー・トゥー大都会は意味不明!歌詞の意味を考察!

歌詞の冒頭から下ネタ連発で途中も衝撃的な単語ばかり並んでいますが、意味はあるのでしょうか?

作者の伝えたかったメッセージを考察してみました。

ゴー・トゥー大都会の歌詞の意味とは?

では、歌詞の意味を考察してみましょう。

1番は、冒頭から下ネタ連発で今後の歌詞の展開が気になるところです。

「あよ」というところが、遊び心が残されていますね。
「みせてみせて」から「みせろみせろ」に変化してきているのも情緒の不安定感や、こらえ性のなさがうかがえます。
発言中の「?」はリダクル構文としてTwitterやブログに常用されており、リーダー・クルーの象徴的文章です。
『美少年の女装コスニー』というところが、アブノーマル感があふれていますね。
『Super Super Express Explosion』はとても早く果ててしまうということでしょうか。
歌詞は下ネタですが、ただの下品で終わらないところに“知性”すら感じられます。
そして、2番では「その言葉・・・・・・聞き捨てならず!」「ああ、恐ろしいヤバ女ですなぁ?」これらの発言から考えると、男が抱いたと錯覚した女性は、実際には別の男に抱かれたのかもしれません。
男はそれに気付いてしまって、それを指摘した言葉に対して、「聞き捨てならず!」と言ったのではないでしょうか。

そして、男にそんな甘い幻覚を見せて、別の男に抱かれた女性に対して、「恐ろしいヤバ女」という軽蔑の言葉を投げかけているのだと推測します。

歌詞自体はストーリー性もなく、ただただ妄想をぶつけたようにも聞こえますが、現実を受け入れようとせず妄想の世界で生きる男の不安定さや気味悪さの中に、どこか哀愁が漂う歌詞が印象的です。

聞く人によって色々なとらえ方ができるのも魅力のひとつかもしれませんね。

「ちぇっくちゅる」に隠された本当の意味とは?

歌詞の中に「ちぇっくちゅる」という言葉が出できたのですが、どんな意味なのでしょうか?

『赤ちゃん言葉』のようにも聞こえましたが、調べてみるといろいろな意味が出てきました。

  1. 性行為を示すもの
  2. ホテルにチェックイン
  3. 確認する

歌詞の流れから1か3だとすんなり読み取れるような気もします。

「性行為する?」か「(興奮してるか)確認してみる?」みたいな意味合いにも感じますが、暗喩を多用してくるところも特徴ですね。

神曲!ゴー・トゥー大都会みたいな曲をご紹介!

「ゴー・トゥー大都会」は大人エロな神ボカロ曲ですが、他にも人気のある曲はあるのでしょうか?

  • えぇ?あぁ、そう。
  • 威風堂々
  • Sweet Devil
  • 右肩の蝶
  • 絶頂フルコース
  • レンアイゲーム
    上記の曲も、歌詞が大人エロっぽいですがついつい聞き入ってしまう曲として一部の層には有名です。
  • ぱんつのうた
    和調で、歌詞がしょうもない感じですがクセになる曲です。
  • 知らぬがパパの妄想歌
    夫婦の日常をデュエットでおもしろかしく表現しています。
    妙に納得してしまうところもあり、カラオケで歌ったら盛り上がりそうです。ボカロ曲は“今っぽく”も“レトロ”にもなり、表現の魅力と多様性がうかがえますね。

ゴー・トゥー大都会の元ネタの鈴木康史(リーダークルー)はどんな人?


これほどまでに素敵な曲に作り上げた作者も素晴らしいですが、元ネタとなった“鈴木康史”さんとはどのような人物だったのでしょうか?

彼の正体を探りました。

鈴木康史のプロフィール


鈴木康史さんのプロフィールです。

  • 誕生日:1976年3月14日
  • 東京都大田区在住
  • A型
  • 身長:160㎝くらい
  • 「リーダー・クルー」名義で活動していた出会い厨
  • 強烈な個性や、文法が崩壊した独特な構文(リダクル語)が面白がられ人気を集めていた「リーダークルー」はローソンでの役職であるので、ローソンで働いていることが名前の由来なのではないかという噂もあります。

現在はTwitterもブログも停止していて、どのように過ごしているか様々な憶測が飛び交っています。

リーダークルーは出会い厨で浮気をした?

リーダークルーが出会い厨という話は有名で、Twitterでも下ネタを交えつつ積極的に女性にアタックしていたようですね。

浮気をしたという情報はありませんでした。

特定のお相手がいたのかも不明です。

リーダークルーのtwitterがヤバすぎる?

現在は本人のアカウントは消されてしまっていますが、Twitterの内容や発言は独り言で独特だったようです。

ぶっ飛びすぎていてアカウントが消された後も語り継がれているところが、ファンの心をつかみ愛されていたことがうかがえます。

ゴー・トゥー大都会の魅力!元ネタは鈴木康史さん(リーダー・クルー)

「ゴー・トゥ・大都会」は、ネットで話題となった鈴木康史さんという人物をモチーフにするという着眼点がユニークな作品です。

ボカロ曲は自由度が高いので、アレンジ次第で百変化するので面白いですね!

歌詞は人前で聴いたりカラオケで歌ったりするにはためらってしまうようなセンシティブなものですが、それを感じさせないようなボカロ曲に仕上げているところにニャン・トンロンと月裏のセンスが光っています。
ボカロの多様性と面白さを証明した曲として、今後も様々な人に愛されていくことでしょう。