【超閲覧注意】モーターサイクル男の顔がグロすぎる?合成だと言われる理由も調査!

未分類

多くの人が「モーターサイクル男」と聞いて想像するのは、バイク乗りの男性でしょう。

しかしこの「モーターサイクル男」というのは、安易に検索してはいけない言葉です。

検索すると非常にグロテスクな画像が出てきてしまうので注意が必要です。

この記事ではモーターサイクル男とはいったいどのような画像なのかを詳しく解説します。

検索してはいけない「モーターサイクル男」とは?

モーターサイクル男は省略して「モタ男」と呼ばれることもあります。

皆さんはこの言葉のイメージからどんなものを思い浮かべるでしょうか。

モタモタした男性や、ゆるキャラの名前を想像する人もいるかもしれません。

しかしモーターサイクル男やモタ男は検索してはいけない言葉に含まれており、その危険度は7段階のうち5となかなか高いもの。

その概要を紹介していきます。

モーターサイクル男の内容とは?

モーターサイクル男はバイク事故で顔をケガした男性の画像を指す言葉です。

海外のショッキングな事故やグロテスクな画像を扱うサイトrotten.comに2000年頃投稿されたもので、英語での表記は「motorcycle.jpg」。

バイクに乗っていれば事故は身近で、よく起こり得るものでしょう。

しかしモーターサイクル男の場合はそのケガの仕方が凄まじく、顔の一部が欠損してしまっています。

検索すると怪我の様子がわかる画像が出てくるためご注意ください。

モーターサイクル男の画像は2枚出回っており、いずれもかなりグロテスクです。

不思議なことに大きな損傷は顔だけで、体は無事であると見られ非常に不自然です。

顔の下半分が無くなったモーターサイクル男

1枚目のモーターサイクル男画像では、うつむいた裸の男性が写っています。

あるべき場所に顎がなく、一瞬人の顔であると認識するのが難しいほど。

かろうじて繋がった顔の皮膚から、顔の肉がだらりとぶら下がっています。

ベッタリと血がついた上半身が生々しいです。

医療機関でカメラ目線なモーターサイクル男

 2枚目のモーターサイクル男画像は医療機関で治療中と見られ、腕には包帯が巻かれています。

目の下から顎にかけてえぐれた部分が充血し、皮膚がめくれ上がるように広がっています。

まるでタコの足のような形です。

かろうじて残っている上顎のあたりに歯のような白いものがあり、口のあたりにはだらりと垂れ下がった舌が確認できました。

胸のあたりには滴った出血を受け止めるためか、白いさらしのような布が見受けられます。

もとは真っ白だったであろう布は真っ赤に染まっています。

ひどい出血量で生きているのが不思議なくらいです。

しかもモタ男はこれほどの重傷にも関わらず、虚ろながらカメラを見据えています。

通常であれば顔の一部を欠損した人間がカメラ目線でいることは不可能でしょう。

どんな画像なのか確認したいという勇気のある方は、実際の画像を見て見てください。

モーターサイクル男を見る方法は?

モーターサイクル男の画像を見る方法はとても簡単です。

Googleなどの検索エンジンで「モタ男」もしくは「モーターサイクル男」と検索するだけです。

画像検索なら一発でモタ男の画像が出てきます。

モザイク無しで紹介したような超グロテスク画像がでてくるため、グロに耐性のない方は絶対に検索しないでください。

見ると読むでは違いますから、グロテスクな画像に耐性がある方もご注意ください。

AAですら閲覧注意

AAとはアスキーアートのことで、コンピューターの画面上に文字を使って描かれた絵です。

2ちゃんねるなどの掲示板で使われることが多いものです。

モーターサイクル男のAAも作られており、本物に引けを取らないグロテスクさです。

アートであると侮ってはいけません。

モーターサイクル男はバイク事故ではなくショットガンが原因?

モーターサイクル男は投稿名が「motorcycle.jpg」だったため、ケガの原因がバイク事故によるもの考えられました。

しかし現実的に考えて、バイクの事故で局所的に大ケガを負うというのは不自然ではないでしょうか。

顔にあれほどの損傷を負っているなら他の部分も大きな怪我をしていて不思議ではありません。

しかし、モーターサイクル男は腕に包帯を巻いている以外、上半身に怪我をしている様子がありません。

ネット上ではモーターサイクル男の顔半分が弾け飛んでいる様子から、爆弾処理に失敗したアメリカ軍兵士であるという説やショットガン自殺に失敗した姿ではないかという推測がなされています。

銃口を加えて引き金を引けば、ちょうどモーターサイクル男のように顔の下半身だけが欠損することもありえるのではないでしょうか。

運悪く生き延びてしまったために、男性はモーターサイクル男としてネット上で拡散されることになったのかもしれません。

モーターサイクル男の治療は可能?

ネット上ではモーターサイクル男が実際に存在したのか、また作られたものなのか議論されています。

2ちゃんねる医療版では多くの議論を重ねられ、意外ときれいに治すことが可能ではないかという結論が出されました。

実はモーターサイクル男のような状態で一命をとりとめ、顔面の修復に成功した事例があるためです。

アメリカではライフル自殺をはかり顔半分が崩壊したにも関わらず、一命をとりとめた人がいます。

自殺未遂から10年後、56時間という長時間の手術が行われ移植手術で顔面を取り戻しています。

人間が生命を維持する上で顔面の役割はあまり大きくないのでしょうか。

大ケガでも生き伸びている人、顔面を再生した例は数多あるようです。

モーターサイクル男の治療後の画像はある?


モーターサイクル男もおそらく治療を受け顔面を再生したのだろうと思われます。

ネット上では「モーターサイクル男男の治療後の画像を見たことがある」という情報がいくつか出てきましたが、実際のモーターサイクル男の治療後の画像は見つけることができませんでした。

しかし、新たに「モーターサイクル男レベル80」という画像を見つけることができました。

モーターサイクル男レベル80とは?

モーターサイクル男レベル80は、モーターサイクル男の後に発見されたものでバイク事故で顔の下半分が大きく損傷している画像のことです。

着用しているヘルメットが顔のすべてを覆うものではなかったため、事故を起こしたときに、露出していた部分に大けがをしてしまったそうです。

レベル80と呼ばれるのは本物のモーターサイクル男よりケガの具合や範囲が少し狭いため、モタ男よりグロテスクなレベルが低いという意味のようです。

モーターサイクル男レベル80はどこで見ることができるのでしょうか。

モーターサイクル男レベル80の見方は?

モーターサイクル男レベル80が投稿されたサイトは「Best Gore」というサイトで、多くのグロテスクな画像が投稿されています。

モーターサイクル男レベル80を探しに行くと必然的に沢山のグロテスクなものを見てしまうことになります。

グロ画像が苦手な方はサイトを覗かないようご注意ください。

モーターサイクル男を見た感想は?

検索してはいけない言葉だけあって、ネット上ではモーターサイクル男の画像を見た人か「見なければよかった」「ご飯が食べれなくなった」など見たことを後悔する声が挙がっています。

一方で「全然平気だった」という人もかなりいるようです。

それはモーターサイクル男の画像が不自然で「作りものであれば別に怖くない!」と感じるからのようです。

モーターサイクル男は合成で嘘?嘘だと言われる理由3選!

ネット上の沢山の意見の中には、モーターサイクル男は嘘であるという情報があります。

確かにあまりに損傷が大きいため、普通に生きていることが不思議ですしありえないと感じるのも納得です。

モーターサイクル男は合成で作られたものなのでしょうか。

モーターサイクル男が偽物であると考えられる理由をまとめました。

モーターサイクル男が嘘だと言われる理由とは?

モーターサイクル男の真偽には多くの意見があります。

あまりにショッキングな画像であるため、本物であると信じられない人が多くいるのも当然でしょう。

こではモーターサイクル男が合成で嘘だと言われる3つの理由を紹介します。

理由①:カメラ目線だから

モーターサイクル男の画像を見たことがある人ならわかると思いますが、モーターサイクル男は怪我というより顔が半分ない状態です。

このような状態で涙も流さずにカメラ目線でいるというのはかなり不自然ですよね。

普通の人間であれば痛みでショック死したり、出血多量で意識を失っているのではないでしょうか。

普通の人間ではありえないことが起こっているため、モーターサイクル男は合成で嘘だと疑われているのです。

理由②:ケガが綺麗すぎる

ネット上の意見の中に「ケガが綺麗すぎる」という意見がありました。

曰く、「血の塊が少なく、ケガが綺麗すぎる」「涙と血でもっと汚れてもいいはず」というものです。

生理や出産など体の構造的に血を見ることが多い女性からは「モーターサイクル男を作ったのは男性ではないか」という意見もありました。

言われてみると、モーターサイクル男の画像はケガした部分はぐちゃぐちゃではありますが、血の塊が少なく、それ以外の残っている顔面も涙などなくきれいで不自然さを感じます。

理由③:普通は事故画像を公開しないから

3つ目の理由は、わざわざグロテスクな事故画像をアップする意図はどこにあるのか、という点です。

事故にあったからといって、このようなグロテスクな画像を公開するというのは普通はありえないと考えられます。

実際に事故に遭った人間がわざわざ人に不快感を与えるようなことをするとは考えにくいです。

注目を集めたい人物が画像合成をしたと考えるほうが自然ではないでしょうか。

モーターサイクル男は加工、特殊メイク?

現在の画像加工技術は高く、素人では本物かどうかわからないほどレベルが高いものがほとんどです。

モーターサイクル男が加工された画像であるという可能性もかなり高いでしょう。

本物か偽物かという議論については未だ答えが出ていませんが、不審な点が多く常識的に考えると加工されているとしか考えられません。

また、モーターサイクル男は特殊メイクによるものではないかと唱える人もいます。

映画やドラマの世界でも俳優の顔に特殊メイクを施して別人のようにしたり、本当にケガをしているように見せる技術が使われています。

リアルな作りで痛々しく見せる特殊メイクを使って、モーターサイクル男の画像を作り出したという可能性も大いにあるでしょう。

【超閲覧注意】モタ男の画像とは?画像が合成だと言われる理由とは?のまとめ

モーターサイクル男画像の、合成が疑われるほどの大ケガは、バイク事故ではなくショットガン自殺失敗の成れの果ての可能性が高そうです。

もちろん感じ方は人それぞれですが、モーターサイクル男の画像はかなりグロテスクなので安易な検索は本当に止めてほしいと思います。

検索してはいけない言葉はモーターサイクル男の他にも存在します。

誤って検索せずに済むよう、事前に検索してはいけない言葉を知っておくことも大切ではないでしょうか。

ブログ内のこちらの記事を是非参考にしてくださいね。