ブルベ冬は日本人に多すぎ?自称ブルベ冬が多くなった理由とは?

未分類
professional makeup tools. Makeup products on plain background top view. A set of various items for makeup.

Twitterやネットの情報を見ていると、ブルベ冬の人がわざわざ自分がブルベ冬であることを発信することに対して、否定的な意見が多いようです。

なぜブルベ冬の人が自分がブルベ冬だと人に言うことが、そんなに嫌われているのでしょうか?

その理由についても調べて行きたいと思います!

ブルベ冬には自虐風自慢のマウントが多い?

ブルベ冬=透き通る白い肌で黒髪がよく似合う、クールで個性的な美人というイメージがあるために、自己診断でブルベ冬の結果が出た人があえてSNSなどで結果を発信することが多いようです。

そして、日本にはブルベ冬の人が少数派であり、化粧品などの商品もイエベ向けのカラーの方が多いことから「自分はブルベ冬で困る〜」といったような内容を発信している人が多いようです。

その様な発信を見ると、イエベの人には「自称ブルベ冬の自虐風自慢」のマウントだと捕らえられることが多い様です。

イエベの人と服や化粧品などの買い物に出かけた際などにも、「私はブルベ冬だから〜」とか「あなたはイエべだから〜」とやたらとパーソナルカラーの診断を元に決めつけてくるため、うんざりされる様です。

もし自分のパーソナルカラーブルベ冬だと分かったら、自分の服・化粧品・ヘアカラー選びに活用し、無駄に周囲に言い回ることはやめた方がよさそうですね。

松崎しげるもブルベ冬?ブルベ冬の芸能人とは?

先に上げた芸能人以外にも、さまざまなブルベ冬の芸能人の人がいます。

どんな人がいるのか早速見ていきましょう!

松崎しげる

ご紹介するブルベ冬の芸能人1人目は、松崎しげるさんです。

黒すぎる日焼けでも有名な松崎しげるさんですが、パーソナルカラーはブルベ冬なのです。

確かにブルベ冬が似合うと言われている、白や黒のモノトーンの衣装も似合いますし、ワインレッドやブルーバイオレットのスーツも似合っています。

そしてアクセサリーはシルバーを身に付けていることが多く、とても似合っています。

ブルベ冬は透き通る様な色白の肌だと言われていますが、松崎しげるさんを見ても必ずしも肌の色は関係ないということが分かりますね。

小松菜奈

この投稿をInstagramで見る

konichan7(@konichan7)がシェアした投稿

ご紹介するブルベ冬の芸能人2人目は、小松菜奈さんです。

女優さんにはブルベ冬の人も多いですが、若手の女優の中でも小松菜奈さんは代表的な人ではないかと思います。

血色を感じないほど肌が透き通るように白く、黒髪がよく似合っていますね。

黒いドレスもとても似合っていますが、ベリー系などのシックでクールな色合いもよくお似合いですね!

菜々緒

ご紹介するブルベ冬の芸能人3人目は、菜々緒さんです。

プロのカラーリストが「THE WINTER」だよね、というぐらい典型的なブルベ冬とのこと。

黒い髪に白目と黒目のコントラストがはっきりとした瞳を持っています。

そして衣装は黒や白のモノトーンがやはりとても映え、シルバーのアクセサリーをつけるとさらに魅力的です。

指原莉乃

この投稿をInstagramで見る

Rino Sashihara(@345insta)がシェアした投稿

ご紹介するブルベ冬の芸能人4人目は、指原莉乃さんです。

指原莉乃さんは肌の色的には黄み肌ですが、やはりブルー系の色が似合う黄み肌ブルベとのことで

す。

プロに診断をしてもらうまでは自分ではイエベ秋だと思っていたが、一番苦手なカラーだったと判明したそうです。

美容オタクと自身でも言っている指原莉乃さんでも、自分で思っていたカラーではなかったとのことで、Twitterでも「ただ色が白いからブルベではないそうですよ!」と発信しているようです。

大泉洋

ご紹介するブルベ冬の芸能人5人目は、大泉洋さんです。

大泉洋さんもブルベ冬と聞いた時は以外に思いましたが、確かに北海道出身で肌の色が白く、黒髪が似合っていますね。

ブラックやロイヤルブルー、ネイビーブルーのスーツがとてもお似合いで、健康的で若々しく見えますね。

パーソナルカラー自己診断で自称ブルベ冬が多い理由について

日本にはブルベ冬が少数派で全体の15%しかいないはずにも関わらず、SNSでパーソナルカラー発信をしている人にはブルベ冬が多いと言われています。

しかし、ブルベ冬と自己診断した人の中には、正確な診断ではない人もいる可能性があることが分かりました。

誤った診断結果になる理由として、肌が白い人=ブルベ冬といった間違った認識が広がっていることも分かりました。

パーソナルカラー診断は自分に似合う色を知り、ファッションやメイク、ヘアカラーに取り入れることで本来その人が持つ魅力を最大限に引き出すことが目的でした。

そのため、正確な診断でないと逆に顔がくすんで見えたり、肌トラブルが強調されてしまったり、顔が本来よりも大きく見えてしまったりと逆効果でした。

パーソナルカラー診断は客観的な立場から正確に調べてもらうのが良さそうですね!