【エビデンスあり】確実に熱を出す方法10選!仮病で仕事や学校を休む37度の熱を出す方法とは?

未分類

「授業がだるくて学校を休みたい」「今日は会社を休みたい」

このように、学校や会社をサボりたいと思うことは誰にでもありますよね。

「熱が出る方法はないかな?」と、こっそりネットで調べると複数あるため、どれが確実な方法なのか、迷う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、科学的に正しいと言われている確実に熱を出す方法10選を紹介します。

この記事を読んで熱を出し、サボりたい日は思い切って休み、リフレッシュしてからまたがんばりましょう!

【使用レポあり】確実に熱を出す方法10選!37度を熱を出す方法も?

人間の平熱は35度~36度ですので37度以上でなければ基本的には休めません。

37度の熱を出す方法はいくつか考えられます。

ここでは、実際に実験した結果も踏まえて確実に熱を出す方法を10選公開します。

熱を出す方法①:首を振る

首を振ると体温が上がります。

首を振ることでストレスや疲労を引き起こすため、免疫機能が低下して感染症にかかりやすくなることがあります。

その結果、感染症が原因で熱が出る可能性があります。

首を振る際には、頭を物にぶつけたり、転倒したり、気分が悪くならないように注意しましょう。

ただし、首を振る方法は熱を出す定番方法としてよく紹介されますが、ネットには

  • 頭を振る方法は難しかった
  • 単純に体温を上げる方がいい
といったコメントが見られます。
実際には、激しく体を動かしたことによる運動で体温が上がっているようです。

熱を出す方法②:寝る時に身体を冷やす

体温を下げれば熱が出る可能性があります。

イェール大学の新しい研究「Proceedings of the National Academy of Sciences」において、寒さは風邪を引くリスクを増大させるであることを証明しています。

そのため、冬場であれば寝る時に窓を開け、ふとんをかけないようにして、風邪をひくことができれば37度以上の熱を出すことができるでしょう。

夏場であれば寝る時にエアコンの温度をMAXまで下げて、ふとんを被らずに寝ると良いでしょう。

また、濡れタオルを巻いたり、おでこに冷却シートを貼るなどして、体を冷やしておくと体温をさらに下げることができます。

ただし、これらの方法は低体温症に陥る危険性も考えられるので、無理はせずに自己判断で行うようにしましょう。

熱を出す方法③:ツボを押す

ツボを押すことで、体を温められるものがあります。

以下のツボを押すと、体を温めることができます。

  1. 大椎 (だいつい):首の付け根、第7頚椎の下に位置する
  2. 腎兪(じんゆ):おへその高さで腰に両手を置き、自然に親指が届く腰付近
  3. 太衝(たいしょう):足の親指と人差し指の骨が交差するところの前の、凹んだ場所

ツボ押しは、伝統的な東洋医学や経絡学に基づいており、体のエネルギーの流れを整えたり、特定の症状に対処するために刺激します。

これらのツボを押して、体を温めてから体温を測り、37度以上を目指します。

ただし、体はポカポカする感じがしても、体温が急上昇することはないため、他の方法と合わせて行うと良いでしょう。

熱を出す方法④:息を止める

熱を出す方法、四つ目は息を止めることです。

息を止めて、呼吸をして、を繰り返していくと、体温が上がるでしょう。

ただし、呼吸や息を止めるこれらの方法も上げられる熱は少しです。

他の方法とうまく組み合わせるようにしましょう。

熱を出す方法⑤:徹夜する

熱を出す方法、五つ目は徹夜することです。

徹夜は体のメカニズムを無視している異常事態であり、思っている以上に体に負担をかけており、イライラすることがあります。

その結果、ストレスが原因となって体温が上昇する可能性も!

ストレスが原因となって体温が上昇することがあります。大きく二つのタイプに分かれ、高い熱が出るものの回復が早いタイプと、37℃を少し超える程度の軽い熱がずっと続くタイプがあります。
監修:岡孝和(国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授)

引用:テルモ体温研究所

徹夜をして発熱の症状が出れば体温が37度以上となる可能性もあるでしょう。

実際に私が試してみた結果….

  • 眠気のようなダルさあり
  • 顔色が悪くなった
  • 冷や汗をかきやすくなる
  • 少し体温が上がった

となりました。

身体は熱くなるのですが、冷や汗をかいてしまうので、体温計で図った際に少し低く出ました。

リポビタンD等の栄養ドリンク(強めのやつ)を飲んだところ身体がより熱くなったため、合わせて使うと良いかもしれません。

熱を出す方法⑥:厚い布団から一晩中顔を出さない

熱を出す方法、六つ目は厚い布団から一晩中顔を出さないことです。

厚い布団にもぐると熱がこもるため、どんどん体温も上がっていきます。

すると、普段の体温に下げるために汗をかいて調整するので、寝ている間に必要以上の汗をかき、その汗で体が冷えてしまい風邪をひきます。

私自身が試してみた結果、無事発熱に成功!

なお、実際に試してみてわかったデメリットはこちらです。

  • 37.5度と微熱に近い
  • しばらくすると下がった
  • 夜中寝苦しすぎた

布団に潜って1時間ほどで、汗が止まらなくなったので、朝起きた時や、保険室のベットで試すと効果的かもしれません。

熱を出す方法⑦:冷水をかける

熱を出すシンプルな方法は体を冷やすことです。

冷水を長い時間浴びすぎると体の中枢温度(体の芯)まで冷えるため、シャワーで冷水を浴びて体温を下げましょう。

体温が低下すると、風邪ウイルスに対する免疫力が弱まることがイェール大学の研究で、証明されています。

体をより冷やすために、体を拭かずに、体を温めないようにすると効果が高いので、冷えたままの状態で過ごしていれば風邪を引きやすくなります。

ただし、この方法は朝起きてから行うのでは遅いので、前日の晩など事前に済ませておく必要があります。

熱を出す方法⑧:運動をする

熱を出す方法、八つ目は運動することです。

ハイパフォーマンススポーツセンター国立スポーツ科学センタースポーツ研究部研究員の清水和弘さんは、「過度な運動をすることは、免疫機能を低下させるリスクになる」と、言っています。

強度や継続時間、頻度によっては、運動そのものが原因となって感染症を引き起こしやすくなる

引用:日経Goodday

特に、気温が低く空気が乾燥する時期に過度の運動をすると、インフルエンザや風邪といった感染症リスクを高めます。

そのため、冬の時期に重い物を持ち上げたり、階段を上り下りしたり、時間がある場合は外でダッシュやランニングをするなど、ハードな運動をしてみてください。

さらに汗をかいても拭かずに濡れたままでいると、風邪を引きやすくなるので、その後に体温を測ると良いでしょう。

熱を出す方法⑨:玉ねぎを脇に挟む

熱を出す方法、九つ目は玉ねぎを脇に挟むことです。

人によっては37〜38度まで上がった人もいるようです!

また、効果の継続時間が短いため、一日で熱が下がるので安心です。

熱を出す方法⑩:醤油を飲む

熱を出す方法、十個目は醤油を飲むことです。

この方法は昔から言い伝えられており、日本がまだ戦争をしていたころも、病気になって徴兵を逃れようと醤油を大量に飲んだ人が多くいたそうです。

醤油は非常に塩分が濃いため、醤油を一気に飲むと、血圧が上昇するので体温も上がるでしょう。

ただし、醤油を大量に飲めば、その高い塩分によって高ナトリウム血症となってしまう可能性があります。

高ナトリウム血症になると、ひどい喉の渇き、痙攣、場合によっては昏睡などが起こります。

醤油は大量に飲めば命を落とす危険性もあるので、この方法はおすすめできません。

体温計の表示を37度以上にする方法3選!

熱を出す方法は道具あり、道具なしでいろいろな方法があります。

しかし、体の方で37度以上の熱を出さなくても、体温計の方で37度以上を目指すという方法もあります。

体に負担をかけたくない人は、体温計の温度を上げましょう。

体温計で37度の熱を出す方法①:摩擦で熱を上げる

体温計の温度を測定する部分をこすれば、摩擦によって温度を上げることができます。

どんどんこすって体温計の温度を37度以上にしましょう。

ただし、体温計によっては1度脇に挟まないと計測が始まらない物もあるので注意しましょう。

また、体温計を摩擦するのではなく、脇の方をこすって温度を上げてから体温計を挟むという方法もあります。

体温計で37度の熱を出す方法②:蒸しタオルで熱を上げる

計測する脇の温度が上がっていれば、測定できる熱も上げることができます。

そのため、体温計を使う前に、蒸しタオルで脇を温めておきましょう

蒸しタオルは電子レンジを使うとすぐに準備できます。

ただし、蒸しタオルを熱くし過ぎて火傷しないように注意しましょう。

蒸しタオルを準備しなくてもカイロで脇を温める方法もあります。

こっそりとカイロを挟んで脇を温めておけば、他人の前でも堂々と体温を測って熱があると見せつけることもできます。

体温計で37度の熱を出す方法③:首で熱を測る

首で体温を測ると、脇の下で測るよりも高くなることがあります。

首の近くには大きな動脈である頸動脈が通っているので、脇の下での測定よりも、動脈の影響が強くなるため、体温が若干高くなる可能性があります。

他にも、腕や膝裏の関節に挟んで力を入れたり、おでこに手のひらで強く押し当てたりなど、脇よりも温度の高い場所や方法で体温を測れば、37度以上の数字を出すことができるでしょう。

また、事前準備として、ふとんやこたつの中で体温を上げておくようにしておくと良いでしょう。

仮病を使って仕事や学校を休む時の注意点6選!

徹夜をする、息を止める、体温計をこするなどの努力をしても、会社や学校に連絡をした際に仮病とバレてしまっては意味がありません。

そのため、37度以上の熱を出すことができれば、次は仮病とバレないように注意する必要があります。

注意点①:連休明けは避ける

連休明けの憂鬱さは多くの人が感じています。

そのため、連休明けに休みの連絡をすると「連休明けでサボろうとしている」と相手に察知されてしまうでしょう。

相手に感づかれないように、連休明けの仮病は避けることが無難です。

注意点②:パターン化しない

「今日は苦手な体育がある」「今日は苦手な上司と打ち合わせしないといけない」など、仕事や学校を休みたい理由は人それぞれあるでしょう。

しかし、「体育がある日」「会議がある日」など、仮病を使うタイミングがパターン化していると、周囲に「どうせ仮病」と思われてしまいます。

そのため、仮病を使うのであれば、パターンを読まれないようにしないといけません。

注意点③:外出しない

仕事や学校を休んで時間があるからと、外出をしてしまうと、その様子を誰かに目撃されてしまう可能性があります。

体調が悪いという理由で休んでいるので、外出が見つかってしまうと嘘がバレてしまいます。

体は元気であっても、家でおとなしくしておきましょう。

注意点④:普段は真面目に過ごす

普段から不真面目な人であれば、休みの連絡をしても「どうせ仮病」と疑われてしまう可能性があります。

そのため、熱が出ていることを信じてもらえるように、普段は真面目に過ごしておきましょう。

また、いざという時に仮病が使えるように、頻繁に仮病を使うこともやめておきましょう。

注意点⑤:連絡する時の文面のテンションに気を付ける

休みの連絡や業務の引き継ぎなど、文面でのテンションにも気を付けましょう。

体調が悪いにも関わらず普段のテンションで送ってしまうと違和感を感じます。

いつもよりも控えめのテンション、かつ相手に失礼がないような文が理想です。

「申し訳ないと思っている」ことが伝わるように、謙虚な文章を心がけましょう

注意点⑥:SNSの投稿に気をつける

学校や職場の人たちとSNSで繋がっている人は投稿にも気を付けましょう。

仮病を使って遊びに行った場合、投稿を見た人に仮病というのがバレてしまいます。

うっかり投稿してしまったら即座に削除しましょう!

事故を防ぐ為にも仮病を使った日は、なるべくSNSの利用を控えることをおすすめします。

確実に熱を出す方法10選で確実に熱を出そう!

朝起きて、「今日は休みたい」と感じることもあるでしょう。

頻繁に仮病を使うことはよくありませんが、疲労やストレスをコントロールすることも重要です。

仕事や勉強への影響や、信用などに気を配り、自己責任と理解しているのであれば、必要に応じて熱を出す予定を立てることも悪くはないでしょう。