【ネタバレ】ミッドサマーの性の儀式を徹底解説!画像の検索方法も!

未分類

白昼夢のような世界観と謎めいた雰囲気が定評の映画『ミッドサマー』。

この作品は多くの観客を魅了し、ネット上ではファンによる考察の議論が繰り広げられました。

中でも特に話題となったのは作中に出てくる「性の儀式」のシーンです。

そのシーンがあまりにも衝撃的で不気味なことから、観客の中には途中退出した人もいたようですね。

物議を醸し出した性の儀式ですが、その実態は一体何なのでしょうか?

今回は映画『ミッドサマー』の「性の儀式」について解説及び作品のどの辺りで見ることができるかを紹介していきます。

本記事はネタバレを含む内容ですので、読む際はご注意ください!

ミッドサマーの性の儀式とは?

『ミッドサマー』は2019年にアメリカで公開され、日本にて2020年2月から上映されたアリ・アスター監督によるホラー映画です。

この作品は従来のホラー作品とは違い色鮮やかな映像美が特徴的で、ジャンルの垣根を超えて多くの観客に指示され特に女性に人気のようです。

ストーリーは友人故郷であるスウェーデンのホルガ村に招かれたアメリカの大学生たちが奇妙な祝祭に巻き込まれ、徐々に村人の魔の手にかかり儀式の生贄に捧げられていくといった流れで進んでいきます。

作中では様々な儀式が行われるのですが、特に「性の儀式」は衝撃的なシーンとして有名です。

性の儀式では主人公ダニーの恋人のクリスチャンがホルガ村の少女マヤと性交渉を行います。

以下性の儀式までの経緯と概要です。

クリスチャンが村の長から何故か一方的にマヤとのセックスの許可が下る。

当然クリスチャンが驚き断るが、その後麻薬成分が入っている飲み物を「特別な性質を持つ湧き水」だと村人から差し出され飲まされる。

その後村の寺院に訪れた彼は白いガウンに着替えるように指示され、精力剤の役割をするお香を嗅がせられ意識が朦朧としてくる。

寺院の扉の奥にある部屋に誘われ中に入ると部屋には全裸の村の女性たちが佇み、中央に鮮やかな花のベットが置かれそこに全裸のマヤが横たわっている。

クリスチャンは着ていたガウンを脱がされ全裸になり、マヤとの性交を周りの女性から応援され強要されていく。

最終的にクリスチャンは不気味な歌を歌う大勢の女性に囲まれる中でマヤと行為を行った。

このように性の儀式とはただのセックスではなく、大勢の不気味なホルガ村の女性たちに囲まれて行われました。

このシーンはストーリーの中でも最も狂気的なシーンとして挙げられ、ファンに強烈な印象を残したようです。

性の儀式をやる意味は?

不気味な歌を歌う大勢の女性に囲まれて行われた性の儀式ですが、一体なぜクリスチャンが儀式の対象に選ばれてしまったのでしょうか?

まずこの儀式のやる目的は外の世界から種を持ち込むによって村人の血筋を絶やさないようにするためです。

ホルガ村では村人だけで子孫を残そうとすると、近親相姦に当たってしまい障害を抱える子供が生まれてしまいます。

そこで健康な子供を産むためにクリスチャンのような外の世界の人間を招き、種を持ち込もうとしたのです。

マヤは処女だった!

作中でクリスチャンと性の儀式を行うマヤですが、彼女が処女だったことが後に上映されたディレクターズ・カット版により判明します。

通常盤とは違いディレクターズ・カット版ではマヤとの儀式後にクリスチャンの性器に血がついているシーンが流れました。

一般的に処女は初めて性交すると血が出てしまうため、このシーンからマヤが処女だったと解釈できます。

また儀式前までは色味が目立たなかったマヤの口元ですが、儀式後は真っ赤な口紅が引かれています。

おそらく処女喪失したことでウブな少女から女性へと変化した様子を口紅を表現したのでしょう。

周りの女性が不気味すぎる!

性の儀式という名とマヤとクリスチャンの性交はホルガ村の女性大勢に囲まれて行われました。

儀式中では女性たちは全裸で終始不気味な歌を歌い続けています。

これだけでも十分狂気的ですが、さらに行為中にマヤのエクスタシーに合わせて女性たちが喘ぎ声を出します。

元々ホルガ村では儀式で感覚を共有すると考えられているため、女性たちは行為中のマヤの感覚を通して喘いでいると解釈できます。

行為中の相手だけではなく村の女性たちも同じように喘いでいたことで観客はより不気味に感じたようですね。

クリスチャンとダニーの関係が終わる決定的出来事に

性の儀式を終えたダニーの恋人のクリスチャンですが、なんとダニーに儀式を覗かれてしまい結果的に関係が終わる原因となったようです。

覗かれるまでの経緯がこちら↓

ダニーは女性たちの嬌声が聞こえてきたのが気になり、儀式が行われている建物にこっそり近寄ろうとする。

しかし村人たちはダニーを建物に近づけされまいと行く手を阻む。

その後村人を振り切って建物のドアノブの鍵穴から中の様子を除くと、悲しいことにクリスチャンとマヤのセックスを目撃してしまう。

衝撃的な現場をしたダニーはパニックを起こし、恋人が他の女性とセックスする所を見てしまったことで失恋してしまうのです。

またその後ダニーは正常なクリスチャンと会うことなくストーリーが進んでいってしまうので、ダニーとクリスチャンは性の儀式後に話し合ったり喧嘩することなく2人の関係は終わってしまいました。

ただしクリスチャンは実はストーリーが始まる前からダニーと別れたがっていたようです。

なかなか別れを切り出せない彼にとっては性の儀式を受け入れたことで”ダニーと別れられるいい口実”だと思ったのでしょうか。

後に上映されたディレクターズカット版ではクリスチャンが無理やり性の儀式に参加させされた訳ではなく、自分からホルガ村の儀式を体験するために引き受けたことが判明しました。

ディレクターズカット版はモザイクがない!

ミッドサマーは先ほど紹介した通り通常盤が上映されてから3週間後に様々なシーンが追加されたディレクターズ・カット版が上映されました。

元々ミッドサマーは過激なホラー描写や性の儀式からR-15指定だったのですが、ディレクターズカット版ではR-18指定となっていました。

レーティングが上がった訳はディレクターズ・カット版ではマヤとクリスチャンが臨む性の儀式のシーンはモザイクが外され、剥き出しの状態のままセックスするシーンが流れるからです。

またモザイクが外れたことで行為を終えたクリスチャンの性器が映され、さらに血がついていたことが後にマヤが処女だと判明する原因となりました。

これまでのことをまとめると、つまり性の儀式では処女が村の血筋を絶やさないようにする目的で出会ったばかりの男性とセックスをしたということになります。

モザイクが外れ相手が処女だと分かってしまうことで、狂気的なシーンがより異常だと感じた人も多いようです。

ちなみにディレクターズ・カット版ではクリスチャンに関する多くのシーンが追加され、彼の最低な性格が伺えます。

ディレクターズカット版では性の儀式以外は特に修正はなく、グロテスクなシーンや卑猥なシーンは追加されていないようです。

ミッドサマーの性の儀式の画像の見方は?

ここまででミッドサマーの性の儀式の実態について紹介して行きましたが、実際に儀式がどんな様子の映像か気になった人も多いのではないでしょうか?

性の儀式は大勢の不気味な女性に囲まれながら行われる異様なシーンため、上映期間中では観客が席を外すことも珍しくはなかったようです。

また映画を見た多くの人が一番衝撃的なシーンとして挙げています。

そんな気になる性の儀式ですが、ネット上で画像を見ることは出来るのでしょうか

ここからは性の儀式に関する画像の見方と映画のどこあたりで見ることが出来るのかを紹介して行きます。

ネットで検索しても出てこない!

結論から言うとミッドサマーの性の儀式に関するシーンはGoogle等で検索しても画像は出て来ません。

実際にGoogleで“ミッドサマー 性の儀式”と検査をかけてみましたが、該当するような画像を見ることは出来ませんでした。

しかしながらYouTubeでは同様のワードで検索すると、何件かの動画では性の儀式のシーンのスクリーンショットが見られます。

また該当する動画のチャンネルではミッドサマーについてあらすじを紹介しているので作品に興味がある人はその動画から見てもいいかもしれないですね。

ただしネタバレ及び考察を含む内容の動画もあったので、ネタバレが嫌な人は後述する内容を参考に映画で確認するといいでしょう。

性の儀式は映画の何分で見られる?

公開から瞬く間に話題となったミッドサマー。

ファンの中には考察のために何度も見返した人もいるのではないでしょうか?

ただ性の儀式があまりにも狂気的なため、そのシーンだけ苦手な人も多い様子。

実際にヤフー知恵袋では性の儀式のシーンだけ飛ばそうと映画の何分あたりで見れるかを質問する人もいるようです。

そんなミッドサマーを見返したいけど性的なシーンが苦手だったり、そこだけ見たくない人のために映画の何分あたりで性の儀式が行われるか紹介します。

通常版は1:58:50~

実はミッドサマーの性の儀式は通常版とディレクターズ・カット版で違います。

理由は先述した通りクリスチャンに関する様々なシーンが追加され尺が伸びたからです。

まず通常盤で紹介しますが映画自体の尺が2時間27分あり、性の儀式のシーンはおよそ1:58:80〜2:10:00の間です。

通常盤ではこのシーンはモザイク処理が行われています。

ディレクターズカット版は2:21:30~

次にディレクターズ版ですが尺は少し伸びて2時間50分程度になっています。

性の儀式のシーンはおよそ2:21:30〜2:33:00の間でどちらも映画の終盤で行われるようです。

ディレクターズカット版では通常盤とは違い、モザイクが外されています。

またミッドサマーでは性の儀式以外のどちらの過激な性的なシーンはないので、性的なシーンが苦手な人でもここだけ飛ばせば安心して見ることができますよ。

ディレクターズカット版はNetflix・U-NEXTにて配信されています。

性の儀式は精神崩壊ギリギリの状況で行われた!

性の儀式は異様な雰囲気の中で性行為をするためファンからも強烈的なシーンとして扱われたようですが、役者さんたちはどのようにして撮影に臨んだのでしょうか?

クリスチャン役のジャック・レイナーは米Thrillistのインタビューにて撮影後は心身ともにかなり疲弊したことを明かしました。

また主人公ダニー役のフローレンス・ピューは性の儀式を見てしまったことで泣き叫ぶシーンではなんと2時間も撮影時間し、終始泣きっぱなしだったことを話しています。

フローレンスもジャックと同様に撮影にかなり体力を使ったようで撮影に関し「恐ろしかった」という感想でした。

2人のコメントからミッドサマーの性の儀式の撮影裏では精神崩壊ギリギリの現場だったことがわかりますね。

性の儀式の撮影に2週間かかった!

性の儀式の撮影で心身ともに疲れ切ったジャック・レイナーですが、一体どのくらいの撮影期間だったのでしょうか?

なんと性の儀式では2週間もかけて撮影を行ったようです!

2週間も渡って全裸で撮影に臨みセックスシーンを演じるとなるとかなり体力的・精神的にも壮絶だったことが伺えます。

さらにミッドサマーでは性的なシーンだけではなく、他にも恐怖に襲われ心理的に追い詰められるシーンも多数あります。

その両方を演じたジャックは一際体力使ったことでしょう。

インタビューで撮影の大変さを語る

さらにジャック・レイナーは2週間も渡って行われた性の儀式の撮影に関して、どのような心持ちで撮影に臨んだかをコメントしています。

毎日仕事に行き、個人的に信じられないほど屈辱的で動揺するようなものを撮影し、その中で自分について考え、自分をその立場(クリスチャンの立場)に置こうとする…ハードコアな出来事だった

このようにクリスチャンを性的暴力を受ける女性役に置き換え屈辱的な状態にすることで、迫真の演技ができたと語っています。

ジャックレイナーは2012年には第10回アイルランド映画&テレビ賞にて主演男優賞を受賞するなど高い実力の持ち主です。

またミッドサマーの他にも映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』にて主要キャストの1人として出演するなど数々の映画作品に出演しています。

そのジャックが「本当にハードコアだった」と繰り返しコメントしていたことから、過去一番撮影に苦労したことが伺えます。

【ネタバレ】ミッドサマーの性の儀式を徹底解説!画像の検索方法も!まとめ

今回は映画『ミッドサマー』の作中に出てくる「性の儀式」についてその実態の解説及び画像の検索方法を紹介しまとめました!

性の儀式とは大勢の不気味な女性に囲まれながら性行為をするホルガ村特有の儀式のことで、村人の血筋を絶やさないように子孫を残すために外の人間と行為をします。

ただ儀式のとは言えかなり異様な雰囲気の中行われるので軽くトラウマ級のシーンとして作中でも有名の様子。

また気になる画像の検索方法ですが、Google等の検索エンジンで検索しても出てこないので見たい方は紹介した箇所の部分を注意して映画を見るといいでしょう!

さらに性の儀式の舞台裏ではなんと撮影期間が2週間程も掛かる程の正念場だったらしく、クリスチャン役のジャック・レイナーの迫真迫るような演技が見れます。

現在通常盤・ディレクターズカット版共に各サービスで配信されているので興味がある人はこの機会に見ては如何でしょうか?