【2023最新】三浦春馬は本当は生きている?アメリカで目撃情報がある!?

未分類

ガーシー(東谷義和)さんの家宅捜索で、三浦春馬さんの不審死が再び話題となりました。

2020年7月新型コロナウイルスが大流行するなか、人気イケメン俳優三浦春馬さんが自ら命を絶ったとの一報が日本全土を震撼。

しかし「実はアメリカや海外で生きてるんじゃないか?」など、生存説が強くささやかれています。

生存説がささやかれている理由は大きく3つ

不審死であった、目撃情報がある、暗号があった事です。

亡くなられた後にも噂が絶えず色々な場所で目撃情報があるそうです。

一体、どういうことなのでしょう。

今回は目撃情報や噂の理由をご紹介していきます。

三浦春馬が生きている!?3つの目撃情報

2020年(令和2年)7月18日に自ら命を絶ったと言われている三浦春馬さんは、1997年にNHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビューしています。

2007年、映画『恋空』の大ヒットでブレイクし、その後は常に第一線で活躍してきた三浦春馬さんですが、7月18日の訃報に多くのファンが涙を流し、多くの方が悲しみに包まれました。

そんな三浦春馬さんですが「本当は生きているのでは?」と生存説が有力視されている模様。

さまざまな場所で取られた写真や目撃情報があるようで、ファンはその情報を元に考察しているのだとか…。

まずは、三浦春馬さんが目撃されたと言われている場所を3つ紹介していきます!

目撃①:横田基地

一つ目の目撃情報は東京都にある航空自衛隊「横田基地」です。

ことの発端はとあるYouTuberの発言だそうで「三浦春馬は横田基地にいる。」と衝撃発言を残しています。

その発言の後、ネット上にもこのようなコメントが書き込まれているのもわかりました。

三浦春馬君は生きています。米軍の保証人プログラムにより横田米軍基地に匿われております。米軍基地内では普通に歩いたり生活しておりますよ。隠れてなんかいません。

情報元がはっきりしていないため確認する事はできませんが、ここで疑問なのは航空自衛隊横田基地に一般人が入る事が出来るのか?です。

横田基地は一般人が入れるのか?

結論から言うと、横田基地には一般人でも入ることは可能で、基地内に入れる条件は、米軍基地にいる人の知り合いや家族、友人がいれば可能のようです。

それ以外で一般人が基地内に入れるのは年に一度の米軍横田基地一般開放『日米友好祭』の二日間だそうです。

基地内に友人や家族、友達がいたとしても基地に入れるのはその日だけで日帰りです。

当然、基地内で生活をするという事は困難のようです。

目撃②:アメリカ

二つ目の目撃情報はアメリカです。

こちらの動画は、三浦春馬さんが海外にいるのを目撃というタイトルで投稿されたものです。

動画に移っているのは三浦春馬さん間違いなさそうですが、アメリカで活動している時の映像のようですね。

本当にアメリカで生活をしているのかというと、残念ながら可能性は低いようです。

目撃③:海外?

三浦春馬さんは海外で生活をしているという説も囁かれています。

しかし、残念ながら海外で生活をしている説は、特に証言があるわけではないです

海外で活動中の様子がネットで挙がり、それを見たファンから「海外生活をしているのでは?」と誤解したために言われたのだそう。

三浦春馬が本当は生きているといわれる10の理由

ここまで三浦春馬さんが目撃された場所や情報について紹介していきました。

2年経った今でも未だに自殺の報道の真相が分からず、数々の考察がされています。

多くが報道の情報を元に考察したもので、中には過去の情報から読み解いた強者もいる模様。

ここからは三浦春馬の生存説について理由を10個紹介していきます!

理由①:訃報の日付が曖昧

7月18日14:10に亡くなられたとされている三浦春馬さん。

しかし、アメリカをはじめ海外記事では17日の日付で死亡したと記載しています。

また日本でも18日午前6時台や、9時台など局によって訃報速報がばらばらで時系列がおかしいと言われていました。

14:10に亡くなられているはずなのに、その日の午前中に訃報の速報が流れていることに違和感を感じますね。

理由②:当時救急車の目撃がない

亡くなったとされる18日当日には「警察が来ていた」という目撃情報はありました

しかし、救急車やそのサイレンの音を聞いたという目撃情報がありません。

同時期にお亡くなりになった竹内結子さんが報道された時には、救急車やサイレンの音を聞いたという証言はありましたよね。

ただ三浦春馬さんの報道ではそのような証言はありませんので、サイレンの音が無いのは本当は救急車が来ていないからかもしれませんね。

理由③:遺書がない

 

遺書自体はなかったと報道されていましたが、「死にたい」と書かれた手記が見つかったそうです。

ただ、日記の存在は認められていますが、あくまでも自殺に繋がるような記述ではなかったと警察が公表しています。

理由④:密葬だったこと

コロナ渦だから密葬を選択した可能性もあると考えられますが、お葬式の日時も雑誌・新聞社などでばらばらになっています。

●日刊スポーツ:19日・茨城県土浦
●スポーツ報知:20日・都内
●女性自身:20日・都内
●アミューズ:20日

所属事務所の時系列報告に疑問を感じるファンは多いようですが、それ以上に自殺の報道から2日で葬儀をしているのは早すぎるという声が寄せられているようです。

また、普通は四十九日が行われてから納骨されますが、未だに三浦春馬さんのお墓がないそうです。

理由⑤:急逝した場所がクローゼット

こちらが三浦春馬さんが住んでいたマンションに備え付けられているクローゼットです。

このクローゼットで首つり自殺をしている三浦春馬さんを、マネージャーが発見したそうです。

しかし、178cmと高身長な三浦春馬さんがクローゼットで首を吊って自殺するには違和感を感じます。

大好きなサーフィンの紐(リューシュコード)を使用して自殺をしていることに多くのファンが疑問を感じています。

理由⑥:当日マンションを出入りする男性を目撃