酒鬼薔薇聖斗の母親はおかしいと言われる異常な行動6選!たまごっちで遊んだ噂や生い立ちは?

未分類

1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」が日本中を震撼させてから25年余り。

酒鬼薔薇聖斗母親の異常行動が、酒鬼薔薇聖斗の人格形成に影響を及ぼしていたのではと言われています。

酒鬼薔薇聖斗は手記「絶歌」を、酒鬼薔薇聖斗の母親は手記「『少年A』この子を生んで」を出版していますが、両作品では生い立ちや家庭環境の記述において食い違いがありました。

凶行に至った背景を酒鬼薔薇聖斗母親の異常行動とともに読み解いていきます。

酒鬼薔薇聖斗の母親は異常者?母親の異常な行動6選!

凶悪犯罪において加害者家族とその家庭環境について話題に上がることが多くありますが、酒鬼薔薇聖斗の母親も例外ではありません。

これまでも事件前後の「母親の対応がおかしい」とされる行動が取り上げられてきましたが、手記が出版されたことで、より一層注目されるようになりました。

そんな酒鬼薔薇聖斗母の、常軌を逸していると思われる行動を6つを見ていきましょう。

異常な行動①異常なまでの厳しい躾

酒鬼薔薇聖斗は三人兄弟の長男(一歳違いと、三歳違い)で、教育熱心な母親と、多忙な父親の元に生まれます。

母親は二人の弟たちの世話に追われ、酒鬼薔薇聖斗に対し長男だから弟二人の見本になるように、とかなり厳しく躾けます。

排尿や排便、食事、着替え、ほか玩具の片付けに至るまで、スパルタ教育を施していました。

母親に愛されていないと感じた酒鬼薔薇聖斗は、その不満のはけ口として弟に殴る蹴るの暴力を振るうようになりました。

それを見た母親が罰として厳しい体罰を加え、「やはり自分は愛されていない」と再び弟に暴力を振るう。

そんな負の連鎖が生まれてしまったようです。

異常な行動②息子の問題行動をかばう

母親であれば誰しも自分の子供を信用したい・守りたいという気持ちがあります。

しかし酒鬼薔薇聖斗母親の発言や行動には、自らの責任から逃れようとしている様子が見られます。

また息子の奇行や問題行動から目をそらそうとしていた様子も垣間見えます。

それは事件発覚後のみならず、酒鬼薔薇聖斗の少年期にまで及んでいました。

「ウチの子はそんなことしません」

母親が厳しい一方で酒鬼薔薇聖斗は祖母から溺愛されて育ちます。

小学校五年生の頃に祖母が亡くなったことをきっかけに、酒鬼薔薇聖斗は異常行動に走りました。

ナメクジやカエル・ネコを殺めているのを見かねた近所の人が母親に注意したところ、

「ウチの子はそんなことしません!」と逆上したことがあるそうです。

異常な行動や奇行は親としてきちんと対応すべきですが、現実から目を背けてしまったのでしょうか。

厳しく躾けていたにも関わらず、正すべきところを間違えているように感じますね。

「きっと寂しかったんやわ」

中学校の入学当初、女子生徒の上履きを酒鬼薔薇聖斗が焼却炉に入れたのが発覚します。

その時、酒鬼薔薇聖斗の母親は「女の子は口がありますからねえ」と、女子生徒が嘘を言っているように答えたようです。

少年に暴力を振るっていたことが発覚した時も、「六年生になってから仲の良かった友達とクラスが別々になって、きっと寂しかったんやわ」と発言したこともあるんだとか。

母親は息子の行動をまるで他人事のように答えた上に、被害者家族に対しての謝罪は一切しませんでした。

異常な行動③息子の奇行に無関心

厳しい躾をしながら、息子である酒鬼薔薇聖斗が内面に抱える問題を知ろうとはしませんでした。

ナイフや斧を所持していることを知ったときも、ネコの死骸が軒下にあるのを見つけても、咎めることは無く、凶器となるような物を所持している理由を聞こうともしませんでした。

普通の親であれば問いただすはずですが、酒鬼薔薇聖斗の母親は無関心を貫いています。

異常な行動④被害者宅でたまごっち

被害者の少年の遺体がまだ発見されていない頃、近所の人たちや被害者家族が捜索のために家を空けることになりました。

たまたま酒鬼薔薇聖斗の母親が、被害者宅で連絡係として留守番をすることになったそうです。

懸命な捜索が行われる中、なんと酒鬼薔薇聖斗母親はたまごっちで遊んでいたというのです。

同じ息子を持つ母親として被害者家族の気持ちに寄り添う心があれば、到底たまごっちで遊ぶ神経にはなれないでしょう。

異常な行動⑤お葬式での無神経な発言

一番目の被害者である女児の葬式でも、酒鬼薔薇聖斗母親の不謹慎な発言が飛び出します。

殺害され、無惨にも顔も見られないような状況となってしまった女児の両親に対し、「最後やねんからちゃんと見たり。難儀やなあ」と心ない言葉を投げかけています。

たまごっちといい葬式での発言といい、まだ事件の犯人が発覚していない段階ではありますが、とても思いやりのある人間が出来る行動と発言とは思えません。

異常な行動⑥賠償金「月2万ずつ」発言

酒鬼薔薇聖斗が犯人として逮捕され裁判が進み、被害者家族への1億円を超える賠償金が確定しました。

酒鬼薔薇聖斗の母親は「毎月2万円ずつ払います」と発言し、裁判官に叱責を受けます

毎月2万円ずつの支払いは、支払い完了までに500年かかる計算です。

加害者家族として罪を償う気持ちが全く感じられないの言葉でした。

酒鬼薔薇聖斗の家族は異常だった?

父親は平日は仕事、休日はゴルフに出かけ、家族での交流に無関心であったといいます。

一方で育児に追われる母親と、虐待されていると感じ異常行動に走る長男、長男に暴力を受ける弟たち。

家族としてあるべき形は崩壊していたのではないでしょうか。

母親が出した手記「『少年A』この子を生んで」

事件後の1999年、酒鬼薔薇聖斗の父親と母親は「『少年A』この子を生んで」という手記を出版します。

母親の育児日記と両親の手記からなる本です。

本のタイトルは母親がつけたとのこと。

手記の出版に至ったのは、印税を被害者家族の賠償に当てるためでした。

父親の退職金だけでは莫大な賠償金を支払うことは到底できなかったのです。

印税の入る口座は被害者遺族がチェックできるようになっており、現在もきちんと賠償が続けられています。

酒鬼薔薇聖斗の母親の事件から現在までとは

手記の出版に尽力した記者の森下香枝さんによると、酒鬼薔薇聖斗の母親は至って普通だったそうです。

報道されているような異常な印象は受けなかったんだとか。

手記には遺族に対する謝罪の気持ちや息子を止められなかった悲痛な思いが綴られています。

母親なりに、一生懸命子育てを頑張ろうとした結果、愛情が暴走してしまったのかも知れません。

現在年金で暮らしているという酒鬼薔薇聖斗の両親。

関西のとある地方都市の古びたマンションで、今も息子が犯した罪を背負って生きているようです。

息子が酒鬼薔薇聖斗(少年A)であるとは思っていなかった

父親も母親も、警察が現れるまで息子が酒鬼薔薇聖斗だとはまったく気づきませんでした。

父の日記は逮捕当日の様子から始まっています。

家族がまだ寝静まる土曜日の朝、突然鳴らされたインターホンで起きた父親は、警察の登場に驚きました。

息子さんに話を聞きたい、と言われ「三人いるけど」と答えると「長男くんです」という回答でした。

こうして連行され取り調べと受けることになった酒鬼薔薇聖斗。

午後6時を過ぎると家宅捜索令状を持った警察官が戻ってきました。

父親も母親もなんのことかわからず、混乱を極めた様子が手記には記されています。

あまりのことに、記憶も途切れ途切れにしか残っていません。
妻も同じで、「お父さん、これ、どうなってるの。もう一回言うて」と混乱するばかり。
「Aが何したんですか? えー、何したんですか?」
私も繰り返し繰り返し、尋ねていたように思います。

引用元:「『少年A』この子を生んで」

現在は酒鬼薔薇聖斗と縁を切っている?

関東医療少年院に入っていた酒鬼薔薇聖斗は2005年1月に社会復帰しています。

酒鬼薔薇聖斗が医療少年院を出て以降、母親たちは一度も会っていないようです。

手紙等のやり取りもなく、母親は取材に対し「縁切ったんちゃいます?私らと」と答えました。

酒鬼薔薇聖斗の所在は不明で、どこで何をしているのか一切わからないようです。

母親と酒鬼薔薇聖斗との食い違い

酒鬼薔薇聖斗本人も2015年に手記「絶歌」を出版しています。

幼少期の出来事や、少年院を出て以降の生活について書かれているのですが、家庭環境の記述にはっきりとした隔たりがありました。

むしろ真逆と言ってもいいほどですが、なぜこんなにも両者で食い違いが起きてしまったのでしょうか。

母親の言い分「至って平凡な家庭」

酒鬼薔薇聖斗の父親は、「ウチは平凡な家庭やなあ」と普段からこぼしていたようです。

育児を母親に丸投げすることなく、忙しいながらも子どもたちと関わりを持ってかわいがっていました。

母親は4年で3人の息子を授かっており、歳が近いためかなり苦労したようです。

ときに「お尻をパーンと叩いてたしなめた」ことはあっても、特別厳しいしつけをした認識はありませんでした。

酒鬼薔薇聖斗母親は息子たちに愛情を注いでおり、手作りの食事にこだわるなど、とても丁寧に育児をしたといいます。

ただ、それは子供への愛情からではなく、理想の母親を演じていたに過ぎないという見方もできます。

几帳面な性格だった母親は、「きっちりとこなす」ことにばかり気を取られていたのではないでしょうか。

手記の中でも「理想の母親をこなしていた」と述べています。

酒鬼薔薇聖斗の言い分「厳しい母親」

酒鬼薔薇聖斗の言い分は母親と真逆で、「とても厳しかった」というもの。

酒鬼薔薇聖斗は幼少期からテレビ番組や時間や友達との遊びを厳しく管理され、スパルタ教育と過干渉があったと主張しています。

母親は酒鬼薔薇聖斗が1才になり次男が誕生した頃から、酒鬼薔薇聖斗を突き放すようになってしまったようです。

三男の誕生後は不機嫌なことが増え、酒鬼薔薇聖斗に対し口やかましく、厳しくなったんだとか。

そのため酒鬼薔薇聖斗は母親に甘えられず、同居していた祖母に甘えていたのです。

小学三年生の時の作文では、母親を「えんまの大王でも手がだせない、まかいの大ま王です」と書いています。

躾として体罰を繰り返す母親を心底恐れていました。

酒鬼薔薇聖斗にとって良い母親ではなかった

酒鬼薔薇聖斗にとって家庭は安らげる場所ではありませんでした。

異常行動に発展するほどの歪んだ母子関係だったのです。

事件後の両親との関わりや少年期の異常行動を見ていきましょう。

酒鬼薔薇聖斗から罵声

両親との面会の場で、酒鬼薔薇聖斗が「帰れ!ブタ野郎!」と両親を怒鳴りつけていたことが手記の第二章「息子が『酒鬼薔薇聖斗』だと知ったとき」で明かされています

両親は息子との面会を求め続けましたが、警察はマスコミを警戒してなかなか許可を出しませんでした。

酒鬼薔薇聖斗と両親が面会を果たしたのは、1997年9月18日でした。

逮捕されたのが6月28日だったため、親子の面会は約3ヶ月ぶりということになります。

あの子は最初、身じろぎもせずこちらに顔を向けたまま、ジーッと黙って椅子に腰掛けていました。
しかし、私たちが声をかけたとたん、
「帰れーっ」
「会わないと言ったのに、何で来やがったんや」
火が付いたように怒鳴り出しました。
そして、これまで一度として見せたこともない、すごい形相で私たちを睨みつけました。

引用元:「『少年A』この子を生んで」

この時点まで、酒鬼薔薇聖斗の両親は息子があの恐ろしい事件を起こした犯人であるとは納得していませんでした。

しかし、酒鬼薔薇聖斗の目は恨みや抗議を訴えており、「私たちのせいだ」と責任を感じたそうです。

当時14歳の少年が鑑別所に収容され長い取り調べを受けることは相当なストレスです。

長い間親元を離れるだけでも心細いはずですが、ようやく会えた両親に「帰れ」という罵声を浴びせるほど会いたくなかったのでしょう。

酒鬼薔薇聖斗はそれほど、両親に不信感を持っていたのです。

酒鬼薔薇聖斗の理想の母親像は祖母

酒鬼薔薇聖斗の祖母と酒鬼薔薇聖斗母親は、育児や教育について度々喧嘩していたといいます。

母親のスパルタ教育をたしなめる祖母と、頑として譲らない母親。

幼い酒鬼薔薇聖斗にとって、祖母の存在だけが頼りだったのは間違いありません。

祖母が亡くなったことで酒鬼薔薇聖斗の心のタガは外れてしまいます。

祖母の愛用していた、按摩(あんま)器で自慰を行うことを「冒涜の儀式」と名付け、どこか近親相姦を思わせる異常行動も見られました。

酒鬼薔薇聖斗の描く深層心理

酒鬼薔薇聖斗は過去ホームページを開設しており現在は閉鎖されており見られません)、異常性を感じられる絵を投稿していました。

酒鬼薔薇聖斗本人を描いたと思われる悲しげな顔をした少年の周りに、「学校へ行きなさい」「殺すぞ」「くず」という殴り書きをしています。

ほかナメクジに関する絵も複数見られ、虐殺していたナメクジと、家庭の中で心が死んでいた自分をどこか重ね合わせていたのでしょうか。

母親からのゆがんだ愛情表現

酒鬼薔薇聖斗に対しての「立派な子になってほしい」という願いが、母親の歪んだ愛情に変化したと考えられます。

幼少期の環境がその後の人格形成に大きく関わってくるという仮説が、凶悪犯罪が起きた背景・加害者を語る上で現在も取り沙汰されるようになりました。

2006年に起きた秋葉原通り魔殺人事件の犯人も幼少期に虐待レベルのスパルタ教育を受けていました。

全てに因果関係があるとは言えません。

しかし凶悪犯罪が起こるのを未然に防げるよう、もし身近に不穏な家庭環境に置かれた当事者を見つけたときには、周りが救いの手を差し伸べることが出来る世の中になることを願います。

酒鬼薔薇聖斗の母親にも異常行動が見られた

酒鬼薔薇聖斗の母親に愛情がなかったとは言えません。

母親なりに、子どもを思う気持ちから躾をがんばったのではないでしょうか。

母親にとってはそれが普通なことであり、特別厳しいという認識はなかったようです。

しかし酒鬼薔薇聖斗本人との感じ方には大きな隔たりがあったようで、異常行動に転じてしまいました。

今も賠償を続ける酒鬼薔薇聖斗の両親。

一生懸命子育てをしていただけなのに、という戸惑いの声もあるようです。