細井龍(ドラゴン細井)の学歴は東大不合格?高校時代はヤンキー!?

未分類

YouTube「令和の虎」に出演し一躍有名人となった、美容外科医細井龍先生。

自身で美容外科『渋谷AMASORA CLINIC』、受験対策学習塾『医学部受験塾MEDUCATE』を経営されている細井龍先生は、投資者として「令和の虎」に出演。

キレのある回答と強面の外見からは想像できない、愛あるコメントで人気となりました。

この記事では、細井龍先生の学歴や人気の理由についてご紹介していきます!

【細井龍の学歴】学生時代は勉強漬け?東大受験は落ちていた?

現在トップクラスの進学校となった渋谷教育学園幕張中学校に進学し、東大理Ⅲを目指していた細井龍先生。

幼少期から始まったと言われる受験指導や、やんちゃな学生時代の様子を詳しくご紹介。

勉強をほとんどしなかったという細井龍先生が、千葉医大を卒業できた理由についても見ていきましょう!

令和の虎に出演で話題!細井龍(ドラゴン細井)

2004年テレビで放送されていた日本テレビ『マネーの虎』は、マネードリームを掴もうとする志願者と、起業成功者である投資家との本気の掛け合いが好評であった人気番組。

その人気番組がYouTubeにて『令和の虎』として復活。

投資家として初登場した細井龍先生を見た視聴者からは、「イケメンすぎる」「頭の回転早すぎ」と瞬く間に有名人となりました。

細井龍の学歴①2歳の頃から塾通いだった?

細井龍先生の受験対策は、2歳の頃からスタートしており、『公文式』に通っていたそうです。

お父様はANAで勤務し、お母様は医学系の資格を持つサラリーマン家庭であり、開業医などではなかったそうです。

千葉県出身ということで、「”東京に進出させてより良い暮らしをさせたい”という親の思いで今がある」とも語っている細井龍先生。

2歳から受験対策への環境づくりを開始されていたお母様についてSNS上では、「スパスタ教育」「スパルタ指導」と言われているようですが、細井龍先生ご自身は今の環境は親のお陰と感謝されているようです。

細井龍の学歴②小学生時代は勉強が嫌いだった?

アパレル販売サイトZOZOTOWNの創業者である前田友作さんと同じ、千葉県鎌ケ谷市ご出身の細井龍先生。

学歴レベルはそれほど高い地域ではなく、中学受験をする人数もクラスに4、5人だったそうで、細井龍先生ご自身も勉強が好きではなかったそうです。

親の意向により、中学受験をすることになり、4年生から『日能研』に通い当時名高い進学校であった、麻布中学校を受験されます。

細井龍の学歴③中学校は偏差値70以上の難関校?入学後は成績が落ちた?

麻布中学校志望で受験しますが残念ながら、受験に失敗し渋谷教育学園幕張中学校に進学されます。

中高一貫の渋幕に入学した後、細井龍先生は「大学受験まで遠すぎる、何を目標に生きればいいの」と思っていたそうで、10代の有り余るエネルギーをスポーツで発散させていたそうです。

スポーツテストでは学年1位、2位を獲得されていた細井龍先生、一つのことではなくいろんな事をやりたいと考え、陸上部に所属しながらも、テニス、ハンドボールの活動にも参加し運動神経の良さを発揮されていたようです。

中学時代はモテるためには、勉強は「しちゃいけないもの」だとも思っていたそうで、成績が落ちたご経験もあるそうです。

細井龍の学歴④高校時代は極真空手に熱中?ヤンキーになった?

高校に上がるとエネルギーがさらに爆発し、「歩けばものが壊れた」と話す細井龍先生。

極真空手の先輩と仲が良く、窓ガラスを割ったり、遅くまで遊びまわるなどやんちゃぶりを語られています。

やんちゃ行為と反省文を書くことが繰り返されていた高校生活に変化が起きたのは2年生になってから。

周囲の同級生の目の色が変わり始めたことで、受験モードを感じたそうです。

「目指すなら一番」と考える細井龍先生は東大の理Ⅲを目指し受験対策を開始させます。

高校2年生の時に大学受験を意識?進学塾へ!

同級生の受験に対する意識の変化を感じ、自身の受験準備をはじめた細井龍先生。

行動する前に情報収集をと考える細井龍先生は、ロングセラーの合格体験記である「東大理Ⅲ 合格の秘訣」を7年から8年分購入し、統計を取るところからスタートさせました。

闇雲に勉強を始めるのではなく「最短・最速・最効率」を念頭にいかに効率よく勉強するのかを考えたそうです。

情報収集の結果、カリスマ講師である奥田猛先生が当時在籍されていた、進学塾「ena」に通うことを決めます。

「ena」の最下位クラスに入ることができた細井龍先生は、そこでも東大理Ⅲを目指す先輩や仲間から傾向や情報をリサーチし合格へのプランニングを行なったそうです。

細井龍の学歴⑤東大受験では浪人?大学時代はホストに?

東大理Ⅲの受験に失敗しますが、理Ⅲ以外の点数が良かったことで1年浪人すれば受かると考え浪人を決めます。

ですが、浪人生になった途端、勉強しなくなり女の子を追いかける日々だったと話しています。

その結果、2年目は東大理Ⅲにチャレンジするも失敗し、千葉大学医学部へ進学することを決めました。

大学時代はバイト三昧?ホストも経験した?

再びモテに走った細井龍先生は、金髪となりアロハに短パン姿で予備校に通っていたそうです。

その頃に街でスカウトを受けホストになり、大学進学後も家庭教師や塾講師と掛け持ちをしながら、社会勉強のため1年間ほどホストも続けられていたそうです。

大学在学中もテニス部とゴルフ部に在籍され、部活とアルバイトに勤しんでいたと話されています。

【細井龍の経歴】大学卒業後は医者に?起業もしていた?

大学卒業後は研修医となった細井龍先生ですが、並行して起業されています。

ここからは、細井龍先生が現在開業されている『渋谷AMASORA CLINIC』を開くまでの経歴についてご紹介していきます。

研修医時代の起業についてもご紹介していますので詳しく見ていきましょう。

細井龍の経歴①大学卒業後は研修医に!起業もしていた?

大学卒業後にJR東京総合病院にて研修医として勤務をスタート。

2年の研修期間中にも、がん研究会有明病院の形成外科の研修医を並行し、また美容外科のアルバイトも行うなど隙のない徹底されたプログラミングで精進されています。

学生時代も勉強していないと話されていますが、やると決めれば行動は徹底されており、かなりの勤勉家であり無駄な時間を作らず、勉強に取り組まれていたようです。

研修医時代に塾を起業していた?

多忙な研修医生活の中で、「正しい教育を行う塾を作ろう」と決意し、株式会社リベライズを設立し『個別指導塾MEDUCATE』の運営をスタートさせます。

学生時代から塾講師としての経験があった細井龍先生は、「自分と出会って人生が変わった」と言ってくれた生徒がいたことに感動し、次の世代に何かを引き継いでいるという意思を持って事業を開始されました。

細井龍の経歴②形成外科の医師として働いていた

大学卒業後にJR東京総合病院にて研修医として勤務しながら、がん研究会有明病院の形成外科への勤務もされていた細井龍先生。

細井龍先生は美容外科医を志望しますが、まずは基礎となる知識を吸収する為、形成外科の研修を積み形成外科医としての勤務もされています。

形成外科とは、病気などで皮膚の一部が欠損してしまった方など体表の修繕を行うのが形成外科の役割。

美容整形においても、様々な理由で美容整形にくる患者さんにより深く寄り添い正しい知識で対応できるようにと考えられたそうです。

細井龍の経歴③美容医療の道に転身?

がん研究会有明病院の形成外科を退社後、全国に80院もの数を展開する『東京美容外科』の開業医である麻生泰先生のもとで修行を開始。

美容医療の道へ進んだ理由として、「人生を変えられる医療」にやりがいを感じたからと語っている細井龍先生。

美容医療を学ぶために複数の病院へアルバイト勤務した経験もある細井龍先生は、麻生泰先生の地方巡業に付き、美容外科のプロフェッショナルとなるべく腕を磨きます。

細井龍の経歴④アマソラクリニックを開業!借金は1億?

美容外科医として腕を磨いた細井龍先生は2022年に美容外科『渋谷AMASORA CLINIC』を開業されます。

患者さんが求めたからと行って過剰な施術をしてしまう事が多い、美容外科業界。

「年齢や時代の流れで変化するであろう好みや流行を考え”限度”を持ち、再度患者さんが気が変わった時に、もう一度切れるように皮膚を残そうなど、先を見据えた患者さんに真に寄り添う医療を届けたい。」

細井龍先生は先輩であり同志である、塩崎正崇先生とこのような意思を持っている事を語っています。

美容外科を開業するにあたり、患者さんに寄り添う”安全・安心・低価格”な美容外科を理念に開業を果たします。

また開業資金については銀行融資7,000万円と政府経営の地方産業開発資金を支援する公庫から2,000万円、自身の経営する株式会社リベライズから借入し1億1千万円を準備したそうです。

細井龍の経歴⑥令和の虎に出演!愛ある説教で人気に?

井龍先生が”ドラゴン細井”として「令和の虎」に初登場。

初登場にも関わらず、堂々としたコメントや、キレのある回答で一気に注目を集めました。

真正面から志願者に向き合い、真剣に愛を持って言葉を伝える細井龍先生の姿に感銘を受ける視聴者が大勢いるようです。

細井龍の経歴⑤現在はYouTube活動も!整形動画が人気?

2018年の東京美容外科での勤務を開始された頃に、「話すと親身になってくれて、写真の印象と全然違った」というような、顔が濃く少し怖い印象を受けると言った患者さんからの意見を聞いた細井龍先生。

静止画・文章で伝えるには限界があり色眼鏡で見られる可能性があると考え、”ドラゴン細井”として動画でリアルな姿を見せようと動画配信をスタートさせます。

医学部受験 MEDUCATE TV
”受験教育を通じて家庭に笑顔を”をモットーに、中学受験から医学部受験まであらゆる学習の悩みに対応します。 HP: 医学部受験に関するご質問はMEDUCATEの質問箱へどうぞ 科目別勉強法から医学部の傾向まで受験最新情報をブログでお届け! 現役医師 兼 プロ医学部受験講師 細井龍オフシャルブログはこちら 【...

2018年8月に医学部受験を目指す生徒たちに向けた『医学部受験 MEDUCATE TV』の配信が始まり、サブチャンネルとして『ドラゴン細井featアマソラクリニックch』を開設。

サブチャンネルの『ドラゴン細井featアマソラクリニックch』では、行ってはいけない美容外科が、82万回再生されるなど、11万人というフォロワー数を超える再生回数を記録しました。

細井龍(ドラゴン細井)の学歴は東大不合格?高校時代はヤンキー!?まとめ

一見すると強面で不良なイメージのある細井龍先生ですが、勤勉家であり物事に真面目に向き合う素晴らしいお医者様であることがわかりました。

細井龍先生の出版された「現役ドクターが教える!医学部合格への受験戦略・勉強法」は医大受験生だけではなく、社会に出ている大人たちからもわかりやすく自分の人生を見直すきっかけとなったなど高評価を受けています。

お医者様として多忙な細井龍先生ですが、YouTubeやTikTok、Instagramの運用もされていらっしゃるので、美容整形への興味がない方も”人生アドバイス”が見つかるきっかけとなるので、是非チェックしてみましょう!