【閲覧注意】「ウォーリーを探さないで」が怖すぎる?衝撃の理由を徹底調査!

未分類

普段からわたしたちはインターネットを活用しますよね。

インターネット上にあるすべての情報を網羅することは、わたしたちにはできません。

その中には、こんな風に面白いものもあることを知っていただきたくて、今回調査しました。

ちょっと刺激が欲しくなったときにいかがでしょうか。

検索してはいけないワード?「ウォーリーを探さないで」が怖すぎるのは何故?

インターネットをしていると、様々な言葉を検索することが多いかと思います。

でもその中に、検索してはいけないワード、というものもあるのです。

その中のひとつと言われている「ウォーリーを探さないで」。

どんなものなのか、見ていきましょう。

「ウォーリーを探さないで」とは?

ウォーリーを探さないで」とは、「ウォーリーを探して」のパロディ動画で、フラッシュで作られています。

俗にいうビックリフラッシュで、見ている人を驚かせることが目的です。

検索してはいけないワードとしてネットであげられています。

見ていてしばらくすると、大音量の叫び声や怖い映像が突然出てくる、ビックリフラッシュです

あまりにびっくりするので、トラウマになる人もいるほどです。

「ウォーリーを探さないで」と本家「ウォーリーを探せ」の関係は?

一方本家の「ウォーリーを探せ」とはいったい何かといいますと、1987年にイギリスで出版された、大勢の人の中から、ウォーリーと呼ばれる赤と白のボーダーの服を着た男性を探す絵本で、日本では1990年代に流行しました。

「ウォーリーを探せ」は絵本で、ウォーリーを見つけるのが目的なのに対して、「ウォーリーを探さないで」は、音楽付きのフラッシュで、ウォーリーは出てきませんし、びっくりさせるのが目的なのだという違いがあります。

ビックリフラッシュ「ウォーリーを探さないで」が怖すぎるのは何故?

ウォーリーを探さないで」がビックリフラッシュなことはわかりました。

ではどうしてそんなに、検索してはいけないといわれるほどなのでしょうか。

「ウォーリーを探さないで」というフラッシュがどういうものなのか、少しご紹介します。

絵の中のウォーリーを探していると・・・・・

楽し気なサーカスの音楽がかかる遊園地の絵には人がたくさん描いてあり、ウォーリーに似た服装の人もいます。

そんな人たちの中からウォーリーを見つけ出そうとしていると、いつの間にかサーカスの音楽が消えてしまいます

しかしウォーリーを探している最中の人は集中していて気付かないかもしれません…。

サーカスの音楽が小さいので設定音量を上げたら・・・・

初めからかかっているサーカスの音楽はとても音量が小さく設定されています。

かなり小さく聞こえづらいので、聞こえるところまで音量を上げてしまう人が大半だと思います。

そうして設定を上げてしまうと、最後画面が切り替わった際の叫び声が大音量となる仕組みです。

わざと最初を小さくして音量を上げさせようという意図的な策略なのです。

心臓の弱い方は特に注意です!

画像が怖すぎる!?「ウォーリーを探さないで」ラスト画像の元ネタは?

そういった経緯で最後怖い画像が出てくるのですが、この画像はなんなのでしょうか。

これは、悪魔払いの映画で有名な「エクソシスト」で、一瞬だけ登場するサブリミナルの顔だったのです。

少女リーガンに悪魔が憑りつき、その悪魔を撃退するといった流れの映画なのですが、リーガンに憑りついた悪魔、「パズズ」という悪魔の顔なのだそうです。

因みにパズズとは、バビロニア神話に出てくる悪霊の王のことです。

ライオンの頭と腕、ワシの脚、背中に4枚の鳥の翼とサソリの尾、さらにはヘビの男根を隠し持つという、風によって熱病をもたらす魔神です。

古くアッカドの人たちに恐れられていました。

このパズズをもとにした、リーガンに憑りついた悪魔の顔だったんですね。

さらなる恐怖!?「ウォーリーを探さないで」には続編があった?

さて、検索してはいけないワード、「ウォーリーを探さないで」ですが、この続編があったのです。

面白いものには続編ができるものですよね。

では、それらがどのようなものなのか、映像とともにご紹介していきたいと思います。

一作目を上回る恐怖?ウォーリーを探さないで・改

こちらもパターンとしては「ウォーリーを探さないで」の元のものと同じです。

ベートーヴェンの交響曲第七番がまたしても小さな小さな音量で流れているのが、後半ではたと止まり、奇妙な少女の顔とともに「キャアーーーーー」という大音量の悲鳴が響き渡ります。

気持ち悪いだけ?怖くない?ウォーリーを探さないで2

こちらも同様のビックリフラッシュです。

軽快な音楽がやはり小さな音でかかっている中ウォーリーを探していると、最後には気持ちの悪いドラえもんのおじさんが奇妙な声とともに突如現れます。

2とほぼ一緒?ウォーリーを探さないで3

「ウォーリーを探さないで2」と、こちらは変わらないようです。

かかっている音楽も同じですし、最後のビックリ展開のところも同じでした。

シリーズ最恐!?ウォーリーを探さないで4

パターンとしては同じですが、そう油断しているとまずいかもしれません。

最初はクラシックの音楽がかかっており、同様にウォーリーを見つけ出そうとしていると、突然不気味な少女が現れます。

そしてフォルダ名のようなテロップとともに黒い画面になり、終わったのかと油断していると、更に血の流れた奇妙な赤ちゃんの画像と、そのあと更に気持ちの悪い人形の画像で畳みかけてきます

予想外の展開に目が点!?ウォーリーを探さないで7

こちらは最後のビックリ展開までは、最初にご紹介した「ウォーリーを探さないで」と同じ感じですが、その後にひと展開ありまして、格闘家のシバターが出てくるというオチつきです。

【閲覧注意】「ウォーリーを探さないで」だけじゃない!ビックリフラッシュ3選

検索してはいけないワードというものはこの「ウォーリーを探さないで」の他にもありまして、下記のものがそれになります。

インターネットの世界には、様々な奇妙なものがごろごろしているのです。

便利なだけではないんですね。

その1. イメケン

こちらは検索してはいけないワードとされもし検索して見つけたらトラウマになると恐れられている画像になります。

「イケメン」ではありません。「イメケン」です。

どういう画像かといいますと、目が全部真っ黒で、鼻がなく、口からは長すぎる舌が垂れているという大変気持ち悪い男性の画像です。

垂れ下がっている舌がところどころ焼かれたような跡があり、何があったのかと思わせるさまです。

どのような画像なのか興味のある方は、覚悟を決めて検索し、ご覧になってみるとよいかと思います。

大変奇妙です。

>>イメケントラウマとは?検索してはいけない衝撃画像は本物?

その2. 誰もいない部屋

誰いない部屋があり、何が起こるのかとじっとみていると、最後にムンクの叫びのような顔が悲鳴とともに現れます

心臓の強い方だけ見てください…。

その3. 色盲テスト フラッシュ

こちらは今までのビックリフラッシュとは少し手法が違います。

たまに見かける色覚テストの画像がありますが、それにのっとって、見える数字を入力していく形になります。

最後どうしても読めない画像になったと思ったら、大きな音量の下品な笑い声とともに、血みどろの女性が現れるというパターンです。

>>色盲テスト フラッシュ

ビックリフラッシュの元は?

ここまでビックリフラッシュを見てきましたが、これらはブラクラ(ブラウザクラッシャー)の中の、精神的ブラクラの模倣かなという印象を受けます。

ブラクラとは悪意を持つスクリプトまたはwebサイトのことで、新規ウインドウを無限に立て続けたり、OSを強制終了させてしまったりする悪質なものでした。

その中に、パソコンにではなく、ブラクラを開いた人にダメージを与えるタイプの、精神的ブラクラと呼ばれるものがあり、これは一時流行りました。

あるリンクを踏んでしまうと、死体やグロテスクな画像、恐怖の画像などが現れ、悲鳴や叫び声のあるものもありました。

ビックリフラッシュと概要は同じですね。

またタブブラウザがなかったころ、新しいウィンドウを開くとブラウザがもうひとつ出てくるといった時代があり、そのころに流行ったものです。

フラッシュ自体も、フラッシュ黄金時代というものがあったくらい昔流行っていて、2000年あたりからものすごい数のフラッシュ動画が生まれ続けました。

そのころのフラッシュは、おもしろフラッシュが主であり、ご存じかどうかわかりませんが、「吉野家のコピぺ」というものも、もとはフラッシュです。

現在ではパソコンでというよりも、スマホでインターネットをやる時代ですが、インターネットの世界の流行りものも、巡り巡るのだなあという印象を受けますね。

フラッシュはサポート終了してしまいましたけどね。

さて、ここではそのおもしろフラッシュからいくつかご紹介したいと思います。

この中に一人

これはもともと嘉門達夫さんのネタです。

それにアスキーアートの動画を付けたものです。

「この中に一人、○○がいる、お前か」と聞いたその解答の第一声でバレてしまうというものです。

バスト占いのうた

これはフラッシュ黄金時代に大流行りした宮崎吐夢さんのフラッシュです。

マザーグースの歌の替え歌です。

どのバストカップが好きか聞くのですが、その答えによるアドバイスが、本当にうまく収まっている歌詞です。

宮崎吐夢さんは他にもたくさんおもしろフラッシュを作っていらっしゃいました。

「ウォーリーを探さないで」が怖すぎる?衝撃の理由を徹底調査!のまとめ

ウォーリーを探さないで」がどうして怖いのか。またその続編などのご紹介をしてきました。

普段調べものだけでしかインターネットを使っていない方もおられるかもしれませんが、インターネットの世界は本当に多岐にわたっていて、楽しい世界です。

自分で欲しいものや情報を探して、それをインプットできる時代です。

多分あなたが思っているより、その世界は広いことでしょう。

さあ、探索に出かけてみませんか?