恐怖のひよこミキサーとは?怖すぎる動画の見方や衝撃の哲学実験も!

未分類

ひよこミキサーは検索してはいけない言葉の1つです。

言葉の文字から、その内容はおおよその予測ができるでしょう。

なぜ、ひよこミキサーは行われるのでしょうか?

また、その動画は見ることができるのでしょうか?

ひよこミキサーとは?

ひよこミキサーという言葉からは怖い様子を想像する人もいるでしょう。

はたして、ひよこミキサーとはどのような意味の言葉で、想像通りの言葉なのでしょうか?

ひよこミキサーはなぜ行われる?

ひよこミキサーとは、その言葉の通り、ひよこをミキサーに入れることです。

そのような残酷なことをすることには理由があります。

オスのひよこに価値がないから

鶏は食肉用の種類と卵を産んでもらう種類が異なります。

卵を産んでもらう鶏は、当然ながらメスでないといけません。

しかし、卵を産んでもらう目的で鶏を繁殖させても、メスばかり生まれてくるとは限らず、オスも生まれてきます。

そのオスたちは卵を産むことができず、種類が異なるので食肉用になることもできません。

また、大量に生まれる卵も肉も取れないオスのひよこたちを飼育すれば、莫大な飼育料だけがかかってしまうことになります。

そのため、オスのひよこたちはミキサーによって効率的に処分するという方法が取っている工場畜産もあったようです。

命を奪うことに変わりはないので賛否のあるところですが、人が大量の卵を消費するには、このようなことを行わなければいけない側面もあることも知っておきましょう。

ひよこミキサーはその後どうなる?

ひよこミキサーは卵も肉も取れないオスのひよこを処分するための方法なので、その後は基本的に廃棄されることになります。

しかし、いくら必要なことであっても、ミキサーによる動物の殺処分は残酷であるため、その方法を見直す動きが世界で広まってきています。

各国でひよこミキサーを減らす取り組みが

いくら人の食生活を守るためとはいえ、ひよこをミキサーで殺処分する方法は倫理的に問題があると考えられるようになりました。

そのため、殺処分には薬やガスなどで動物たちが苦しまないように配慮し、ひよこなどの一部の動物は動物園の動物たちの餌として活用されている事例も出てきています。

ひよこミキサーは「検索してはいけない言葉」

日本でひよこミキサーが有名になったのは、工場畜産で行なわれているひよこミキサーの様子を隠し撮りしたような動画が出回ったことがきっかけでした。

その様子はあまりにもショッキングな映像であったため、ひよこミキサーは「検索してはいけない言葉」の1つとなりました。

また、工場の映像だけでなく、覆面を被った集団が好奇心でひよこをミキサーにかけるという怖い動画がアップされていたこともあります。

ミキサーのスイッチを入れると、一瞬でミキサーが血に染まる様子は非常にグロテスクであり、多くの人がひよこミキサーを「検索してはいけない言葉」として認知するきっかけとなりました。

工場での殺処分は人として考えられる側面もあることに対して、遊びでひよこの命を奪ったこの動画には非常に多くの批判が集まったようです。

ひよこミキサーは日本で行われている?

海外と比べると、日本ではあまり殺処分の方法について情報が流れておらず、畜産動物に関する法律の規制も緩いこともあり、オスのひよこに対する対応は工場によってそれぞれのようです。

しかし、日本でも卵の消費量が多いことから、多くのメスの鶏が必要であり、同じように日本の工場でもミキサーによる処分を行っているところもあると考えられます。

また、コンテナの中にオスのひよこや孵化した卵のからなどをどんどん放り込んで、下のひよこを圧死や窒息死させるという方法が取られているとも言われています。

ただし、ひよこが苦しまないようにガスや薬などを使ったり、命を無駄にしないために他の動物用の餌にするなどの対応をしている工場もあることでしょう。

ひよこシュレッダーとは?

ひよこミキサーを検索すると、ひよこシュレッダーという言葉も見かけることがあります。

これはひよこを処分する機械の形の違いによるもので、内容は同じものです。

ひよこミキサーは哲学の実験で行われた?

生きたひよこを丸ごとミキサーにかけた場合、ミキサーの中にはひよこを作っていた物質は何1つ欠けることなくその場に残ります。

しかし、ミキサーの中にある物質はひよこであったときと比べると、何かが失われたように感じます。

多くの人は失われたものを「命」や「魂」と答えるでしょう。

「命」や「魂」は世界の根源や本質に関わるため、これは哲学的実験と考えることもできます。

哲学では真理の探究はできても、物事の定義付けを行うことはできないので、この実験はかなりの難題です。

生物学者のポール・ワイスはその哲学に挑みました。

哲学としての答えは?

哲学では物事の定義付けを行うことはできないので、この実験には正解がなく答えは人によって異なることになります。

しかし、ポール・ワイスは体や内臓などの形がなくなり、細胞が活動していない以外は、生きたひよことミキサーにかけられたひよこは同じ物質ということから、その答えを生物学的組織と生物学的機能としました。

この実験のことを聞き、「ひよこがかわいそう」と思う人もいるでしょうが、ポール・ワイスが行ったのは頭の中で想像する思考実験であり、実際にひよこをミキサーに入れたわけではないので安心してください。

また、ポール・ワイスは生物学者であり、導き出した答えも生物学に沿った内容です。

そのため、「命」や「魂」が関わることから、よくこの実験は哲学として紹介されることがありますが、正確には生物学の実験となります。

ひよこミキサーを見る方法は?

ひよこミキサーは動画がきっかけで有名となりました。

その動画は今でも見ることはできるのでしょうか?

ニコニコやYoutubeでは見れない?

ひよこミキサーは内容の残酷さから、Youtubeやニコニコなどの大きな動画共有サイトでは削除されて、基本的に見れないようになっています。

タイトルにひよこミキサーと付くものもありますが、タイトルで視聴者を引き寄せるいわゆる釣り動画であってあったり、ひよこミキサーの解説動画であったりなどして、オリジナルを見ることはできません。

しかし、オリジナルは見れないですが、個人サイトや海外サイトなどを探せば保存された動画がアップされている可能性はあるでしょう。

ただし、ショッキングな映像を観たり、よくわからないサイトにアクセスなどによって起こるリスクについては自己責任となります。

実際にひよこミキサーを見た人の感想は?

ひよこミキサーは見れないようになっていますが、「過去に見たことがある」という人はいます。

ひよこミキサーはひよこが処分される残酷な動画なので、見たことがある人は、「ひどい」「かわいそう」などの感想を持つ人が多く、中には「見ていられない」「怖い」という感想を持った人もいるようです。

しかし、一方で「自分たちの食生活はこうして成り立っている」「命を無駄にしてはいけない」などの「命や食について考えるきっかけとなった」と言う人もいるようです。

ひよこミキサーは不要になる?

オスのひよこはミキサーを使う以外に、コンテナに放り込んで圧死や窒息死などの方法でも処分されています。

ただし、今ではガスや薬などで、なるべくひよこが苦しまないように処分する方法が増えてきていて、他の動物の餌にするなどの活用もされています。

他にも、国によっては殺処分を禁止にしたり、コストがかかっても肉用として出荷する工場があったりなど、殺処分以外の方法や対応も模索されています。

かつて日本で販売されていたカラーひよこも殺処分を避ける方法の1つでした。

また、卵の段階でオスとメスを見分ける技術も研究が進んでいます。

そのため、今後もひよこの命を無駄にしない取り組みは増えていくことでしょう。

ひよこミキサーは考えさせられる「検索してはいけない言葉」

ひよこの殺処分は人の食生活を守るために必要なことではあります。

そのため、ひよこミキサーは人の食と動物の命について考えさせられるものでもありました。

しかし、その動画はショッキングな映像なので、観る機会がある場合は自己責任で観るようにしましょう。

また、「検索してはいけない言葉」には他にもいろいろな種類があるので、気になった人は調べてみても良いでしょう。

検索してはいけないディーラー少年とは?YouTubeでも見れる?

「樹海のおとしもの」サイトにログインする方法!遺書や遺体の画像が見れる?

「ウクライナ21の動画を見る方法は?」事件の真相やバンドの記事も!※閲覧注意※

検索してはいけない「海外が一瞬でわかる」の動画の見方とは?

顔面ぐちゃぐちゃ「モタ男」とは?衝撃の治療後画像も紹介!