ブラジルグサグサとは?見る方法や衝撃の斬首と目のえぐり出しも・・

未分類

昨今ネット上には様々な検索ワードが飛び交い、中にはネットの闇を感じるものもあります。

中でも特に内容が過激的だったり、人に恐怖を植え付けるような内容は俗に“検索してはいけない言葉”として取り扱われています。

今回取り上げるのは検索してはいけない言葉の中でもかなりハードな内容の「ブラジルグサグサ」。

この検索ワードから察するにかなり過激な内容かと思われますが、それもその通りで見た人全員が「見なければよかった」と後悔するほどトラウマ級に怖い動画のようです。

今回は世にも恐ろしいと言われる検索ワード「ブラジルグサグサ」について内容の解説や見る方法について紹介していきます!

本記事では該当する動画へと繋がるURLやリンク等は記載していないのでご安心ください。
ただしかなり猟奇的な内容の記事ですのでグロテスクな表現が苦手な方はブラウザバックをするか注意を払ってお読みください。

ブラジルグサグサとは?

「絶対に検索するな」と言われてしまう程のパワーワード「ブラジルグサグサ」。

「ブラジル」と「グサグサ」という言葉の組み合わせからかなり不穏な雰囲気を感じますが、一体どのような内容なのでしょうか?

調べるとブラジルグサグサとはかなりグロテスクな動画で刑務所内の様子が記録されていますが、何故が大勢の人が血塗れで倒れています。

武器などが持ち込めないはずの刑務所でどうしてこのような悲惨な状況に陥ったのでしょうか?

ここからはブラジルグサグサについてより詳しく内容を説明していきます。

刑務所で起きたギャングの抗争

ブラジルグサグサの動画では刑務所内で発生した暴動の後の悲惨な様子が記録されています。

一体何故刑務所内で暴動が起きてしまったのでしょうか?

その訳は対立するギャングのグループ同士が抗争した結果暴動に発展したからでした。

暴動を起こした受刑者グループはPrimeiro Comando da Capital(PCC)とFamilia do Norte(FDN)という組織で、これらはブラジルの3大麻薬密売組織の中の2つに挙げられています。

PCCはブラジル南東部サンパウロを、FDNはブラジル北部マナウスを拠点に活動している模様。

両者とも元々対立関係だったようで、暴動はブラジル北部ロライマ州ボアビスタ州都内にある“アグリコラ・ジ・モンテ・クリスト”という刑務所で発生したようです。

映像には何が映っている?

ブラジルグサグサの動画は暴動の終盤のあたりから撮影されていました。

動画には大勢の受刑者の血塗れの死体や刃物によって蹂躙される様子が映されています。

おそらくPCC側受刑者が撮影したのか動画が始まるとPCCの構成員と思われる男性が映し出されます。

そして男性がカメラを向けるとそこには彼の味方と思われる受刑者達や、暴動の末死亡した複数の血塗れの受刑者達がいました。

この記録からだけでも死亡者が2桁に登る凄惨な状況だったことがわかります。

もちろんモザイクなどかけられていないためかなりグロテスクで、尚且つ不幸なことに画質もかなり他のグロ動画と比べて良いのでより生々しさが際立っています。

内容①:頭にコンクリート

動画の内容を詳しく順を追って見ていきましょう。

複数の血塗れの受刑者達を映したカメラは次に画面の一番左の男性を捉えます。

男性は対立する受刑者グループの一人に鉄の棒のようなもので突かれています。

その後頭になんと大きめのコンクリートのような物体を投げつけられていました。

内容②:斬首

次にカメラは青いズボンを履いた受刑者を捉えました。

受刑者はなんと撮影者に首を斬られ始めましたが、まだかろうじて息があるのか空いている右手で抵抗を試みます。

しかし相手はお構いなしに斬り進め、刃物の切れ味が悪いのが首元に何回も叩きつけています。

最終的に男性の首は斬首され、大量の血を吹き出しながら転がった頭部が映されています。

内容③:目玉えぐり出し

最後にカメラが捉えたのは目玉をえぐり出された受刑者たちでした。

先ほど斬首した撮影者はもう青いズボンの受刑者に対し用済みなのか次のターゲットを探し出します。

撮影者は受刑者達を転々とし頭部を刃物でグサグサと刺して蹂躙した後に赤いシャツの男性をターゲットに決めた模様。

目に刃物を突っ込みますが、ターゲットの男性は既に目玉がない状態でした。

それでも撮影者が笑いながらグサグサと刺し続けていくところで動画が終わります。

このようにブラジルグサグサは撮影者が受刑者達を凶器で蹂躙する様子も鮮明に映されています。

国内の刑務所内で起きたある事件と関係している?

調べるとどうやらブラジルグサグサは2016年10月にロライマ州の刑務所で発生した暴動事件と関係していると噂されています。

事件当時の様子を詳しく説明すると

刑務所内のある収容棟にいた受刑者たちが別の収容棟に押し入る。
受刑者達はナイフなどの凶器で武装している。

その後暴動が発生したまたま刑務所が面会受付時間中だったため、面会のために来ていた大勢の受刑者の家族や親族らが一時的に人質になってしまう。

受刑者達は脅迫し自分たちの要求を通そうと判事の訪問を所望する。

しかし判事ではなく代わりに警察の特殊部隊が突入。
結果的に人質全員が解放された。

このように一見すると人質全員が解放されたので、犠牲者が出なかった事件のように思えます。

ところが暴動中に死亡した受刑者達がかなり多数いる模様で詳しい数わかりませんが約10〜30人程度が亡くなった様子。

また地元警察によると遺体の多くが惨たらしい姿だったようで、中には焼け焦げた状態や斬首された遺体も発見したとのこと。

ブラジルグサグサは「検索してはいけない言葉」

多くの受刑者の血塗れの死体や斬首されていく様子を記録した動画「ブラジルグサグサ」。

この動画の内容があまりにも目も当てられない程残酷性が高いため、冒頭で述べたように「検索してはいけない言葉」に該当し尚且つ危険度がかなり高く設定されました。

検索してはいけない言葉をまとめているサイトによると危険度は全部で1〜8段階まで設定されており、ブラジルグサグサは危険度7に設定されました。

危険度7は絶対に検索してはいけないレベルなのでこの動画がそれ程までに危険視されていることがわかりますね。

ちなみに現在は何故がレベルが下がり危険度6に設定されています。

ブラジルグサグサを見る方法は?

検索してはいけないと言われても、中には興味から「ブラジルグサグサ」の動画を見てみたくなった人もいるのではないでしょうか?

やはりパンドラの箱のように見てはダメだと言われる程見たくなってしまうのが人の性分。

しかしブラジルグサグサはかなりグロテスクなので視聴したほぼ全員にトラウマ級の恐怖を植え付けています。

実際に動画を見た人も一定数いるようで、Twitterや検索してはいけない言葉wikiでは感想を確認できます。

ここからはブラジルグサグサを見る方法や視聴した人の感想を紹介していきます

検索すれば見れる!

結論から言うとブラジルグサグサは検索すれば見ることが可能です。

Google等の検索エンジンで“ブラジル グサグサ”と検索すると該当するページが多数ヒットしますが、「検索してはいけない言葉wiki」にて見る方法が紹介されています。

サイトによると特定の手順が必要のようで「ANNIVERSARY OF THE BRAZIL PRISON RIOTS crazyshit」と検索し、出てきた1番上のページで見ることが出来るようです。

しかしいくら検索したら簡単に閲覧できるからといって無闇に「検索してはいけない言葉」を検索するのはオススメしません。

ページを開いた途端にウイルスに感染したり、中にはパソコンを破壊するウイルスまで持ち合わせている悪質なサイトもあるので検索する際は十分に注意しましょう。

ちなみに以前は「Live Leak」という世界のショッキングなニュースを取り扱うグロ画像・動画紹介サイトにこの動画が投稿されていたようですが、2021年5月にサイトが閉鎖したため別の方法を紹介しているようでした。

ブラジルグサグサを見た人の感想は?

ブラジルグサグサでは画面いっぱいに血塗れな状況が映されているので、YouTube等の一般的な動画投稿サイトでは規制されてしまうためなかなか元の動画を見ることが難しいです。

しかしたまたま運悪く目にしたり、中には怖いもの見たさで検索し動画を視聴した人もいるようですね。

実際に動画を見てしまった人の感想は

のようにある程度グロ耐性がある人でもかなりきつかった模様。

中には

約2分だけの動画でも内蔵に(?)ぐっときました… 今回のはなかなかに酷いものですね。海外のこういうモノを見ると行くのが怖くなります。その国のいいところも在りますけど、こういう一面もあるんだなって、、

というようにブラジルに行くことが怖くなってしまった人もいました。

またYouTubeにてブラジルグサグサについて紹介する動画も数件程度確認出来ました。

ただこの手のグロ動画はそのまま見せると規制上不適切な動画として削除される可能性があるので、モザイク処理や色を変えるなどの視聴者に対して配慮がされていました。

刑務所でブラジルグサグサが頻発している?

現在日本では刑務所で受刑者同士が結束し自分たちの要求を呑ませようと暴動を起きることはかなり稀です。

しかし海外では刑務所内で暴動が起きることは頻繁にあるらしく、中にはブラジルグサグサのように大勢の死者を出してしまう程被害が大きいケースもあります。

実際に特に発展途上国では頻発しており、刑務所で起きる暴動は問題視されているようです。

ここからは刑務所でブラジルグサグサが起こってしまう原因について触れていきます。

ブラジルでは暴動が頻発

例に漏れずブラジルでもブラジルグサグサ以外にも暴動が多数発生し多くの死亡者を出しています。

実際に2016年10月16日にロライマ州の刑務所で暴動が起きた翌日の17日に、北西部ロンドニア州の刑務所でも同様に暴動が発生し8人程亡くなっています。

暴動が起きた次の日に別の刑務所で暴動が起きるというのはかなり異常ですね。

このようにブラジルでは日々刑務所内でトラブルが発生し中には大規模な暴動が転じることもあるようです。

ブラジルでなぜ暴動が頻発する?

刑務所内で暴動が多発するブラジルですが、一体何故暴動が起きやすいのでしょうか?

よく言われるのは海外で起こる暴動の原因は刑務官などが行う暴力や差別行為などで、刑務所内が劣悪な環境だと不満を抱きやすく暴動が発生しやすい様子。

一方ブラジルでは国内情勢が関係している模様。

暴動の原因は主に受刑者が多く過密収容になってしまう事と大規模な犯罪組織が蔓延る程治安が悪いことが関係しているようでした。

理由①:受刑者数が多い

もう少し詳しく暴動の原因を見ていきましょう。

ブラジルでは10数年前から暴力や麻薬関連犯罪の取り締まりを強化しており、その影響で受刑者の数が一気に増加しました。

また受刑者に対して刑務所の数が見合っておらず、PCCとFDNのように対立するギャングの組織同士を同じ刑務所に収容してしまうなど引き離すことが難しい模倣。

さらに過密収容から限られた食料や備品などを巡って争う受刑者も増えたことで、さらに受刑者同士が対立する機会が増えたようです。

理由②:治安が悪い

ブラジルでは多くの凶悪犯罪が発生しており、2020年の世界の犯罪発生率のランキングでは上位11%に位置する程治安が悪いです。

麻薬関係の組織による犯罪も多く、スラム街を拠点とする犯罪組織の間で起きる抗争や事件は頻繁に発生しています。

対立関係にあるギャング同士の争いは刑務所内でもお構いなしに繰り広げ、中には殺し合いになってしまうほど過激なケースもある様子。

刑務所内ではギャングによる暴力が蔓延しており暴動や脱獄も珍しくはありません。

2019年にも大規模暴動が発生・・・

残念なことに2019年7月29日にブラジル北部の刑務所で大規模暴動が発生し、少なくとも52人の死亡者が出てしまいました。

事件はブラジルグサグサと同様に対立するギャング組織の抗争が起きた結果暴動に発展したとされています。

また発生したきっかけも酷似していて、あるギャング組織が対立関係にある別のギャング組織が収容されている区画に侵入し襲ったことが原因とされています。

16人が斬首で死亡

大規模暴動が発生した北部パラ州のアルタミラ刑務所では地元警察によると52人の死亡者の内、16人の遺体が頭部を切断されていることが確認できた様子。

また刑務所の一部に放火され建物の構造から火が即座に燃え広がってしまった結果、約40人程度が窒息死した模様。

元々アルタミラ刑務所では定員は200名に定められていますが、当時はそれよりもかなり多い約300人程の受刑者が確認できたようです。

先述したとおり治安の悪いブラジルでは過密収容のために暴動や対立ギャング組織間の抗争が起きやすく、その被害は決して小さいものとは言えません。

そのためブラジル国内では刑務所を増設する動きや施設内の警備の強化などが活発化されています。

ブラジルグサグサは刑務所で起きた大規模暴動の様子を撮影した動画!しかし超グロテスクなので要注意!

今回はトラウマ級の動画「ブラジルグサグサ」について内容の解説や見る方法を紹介しまとめました!

ブラジルグサグサは刑務所で起きた大規模暴動の終盤の様子を記録した動画で、その名の通り撮影者がグサグサと刃物で受刑者を刺して行く様子が映されています。

ブラジルの刑務所では過密収容や対立するギャング組織同士の抗争から暴動が頻発し、それによる被害も後を断たない模様。

また動画があまりにもグロテスクで悲惨なことから、大勢にトラウマを植え付け検索してはいけないワードとして有名になりました。

当サイトでは様々な検索してはいけない言葉を紹介していますので、興味がある人は是非下のリンクをチェックしてみてくださいね。
※どれも閲覧注意な内容なので読む際は自己責任でお願い致します。

ウクライナ21を知る

ディーラー少年を知る

生きたメキシコを知る