あういえおの意味は?検索してはいけない衝撃グロ画像やウイルスも?

未分類

みなさんは「あういえお」というサイトをご存知でしょうか?

この「あういえお」は検索してはいけない言葉のひとつで、このサイトを閲覧するとトラウマになりかねない危険なサイトのひとつです。

今回の記事では「あういえお」とは一体何なのか、「あういえお」を見る方法はあるのか、「あういえお」の作者は誰なのかを徹底調査してみました。

あういえおの意味は?

まず最初に「あいうえお」ではなく「あういえお」です!

おそらく初見の人は見間違えたのではないでしょうか?

おそらく「あいうえお」と検索しようとして「あういえお」に到達してしまったという方もいるかと思われます。

この「あういえお」はその名の通り50音のひらがなについてのサイトです。

見た目はひらがな学習サイト

「あういえお」は見た目はひらがな学習サイトで、50音をそれぞれ頭文字に対応した言葉で覚えようというサイトのようです。

「あ」から「ん」のうち21音にリンクが貼られており、音に対応した言葉を表すページに飛ぶようになっています。

しかし。クリックするとその音に対応するグロテスクなイラストが貼られたページに飛ぶようになっているのです。

どんなグロ画像が出てくる?

グロ画像はそれぞれ50音中21音のいずれかに対応したグロ画像となっています。

たとえば「あ」→「顎無し」となり、顎の無い少女のグロテスクなイラストが表示されます。

「ち」は「腸」となり「自らの腸で自らを縛り上げた手足のない少女」のイラストが、「り」をクリックする「リストカット」となり「浴槽でリストカットをした少女」のイラストが表示されます。

あういえおは「検索してはいけない言葉」

表示されるグロ画像はイラストで、実際の画像ではありません

しかしショッキングな画像である事は間違いないので、子供のためにひらがな学習サイトを探していた方が誤ってサイトに入ってしまって、画像を見てしまうとトラウマを負いかねません。

「あういえお」は検索してはいけない言葉ですので、閲覧する方くれぐれも注意してください

あういえおを見る方法は?

次に「あういえお」を見る方法を調べてみました。

なんと「あういえお」は普通に”あういえお”と検索するだけでトップに当該サイトでてきます。

また「あいうえお ホラー」と検索してもトップにでてきたので、閲覧するのは非常に簡単なサイトといえるでしょう。

サイト名は「あういえお-hippy.jp」です。

検索すれば「よいこのあいうえお作文」出てくる!

あういえお-hippy.jp」をクリックすると、「よいこのあいうえお作文」とでてきて、博士風の男と2人の男女児童のイラストが現れます

その下には「あ」から「ん」の50音が表示され、そのうち21音にリンクが貼られており、その音をクリックするとグロテスクなイラストのページにたどり着くようになっています。

あういえおを見るとウイルスに感染する?

「あういえお」を見るとウイルスに感染するという噂があるようですが、これは大丈夫だと考えられます。

検索してはいけない言葉の多くは海外の動画サービスやサイトであったりしますが、この「あういえお」は日本のイラストを掲載した個人サイトです。

絶対とは言い切れませんが、ウイルスの心配はあまりないと思われます。

あういえおを見た人の感想は?

「あういえお」を見た人の感想について調べてみました。

基本的には「グロい」「トラウマになった」「罠サイトだった」といったものが多いです。

しかし中には、

であったり、「イラストに芸術性を感じる」といった意見も存在しました。

どうやら一部の人の中で人気のあるサイトのようです。

あういえおの作者が公表されている?

ショッキングなイラストを多数掲載している「あういえお」ですが、その作者は公表されています

「あういえお」のサイト内の上部にIndexという項目が存在し、そこから作者の情報に飛ぶことができるようになっています。

作者は「いとまん」

「あういえお」の作者はいとまんという漫画家・イラストレーターの方です。

エログロ系の漫画を得意としているらしく、現在は『ComicWalker』上で「ドキュンサーガ」という漫画を連載しています。

いとまんさんはエログロ系の作品が好みなようなので、「あういえお」はいとまんさんの趣味によって作られたサイトのようです。

いとまんのホラー作品を紹介!

いとまんさんはかつて『発症区』という作品を連載していました

この作品はいわゆるサイコホラー作品のようで、いとまんさんが得意としているグロテスクな描写も多々ある作品のようです。

この作品は独特の世界観で描かれており、そういった点から一定数のコアなファンがいます。

3巻で終了してしまった漫画ですが、気になった方はチェックしてみてください!

あういえおは単なるグロサイトではなかった!

調査の結果、「あういえお」はひらがな学習サイトのふりをした、グロテスクなイラストを掲載するサイトでした。

しかし、このサイトには何らかの魅力があるようで、見た人の中には魅了された人もいます

ウイルス等の心配はおそらく無いと思われるので、気になった人は自己責任でチェックしてみてください。

他の検索してはいけない言葉を解説した記事へのリンク:

>>「ウクライナ21」について

>>「メキシコカッター」について

>>「ディーラー少年」について