「FiNANCiE(フィナンシェ)」特別インタビュー!

未分類

国内唯一のWeb3プラットフォームとして評判のFiNANCiE(フィナンシェ)をご存知でしょうか?

当編集部では今回、話題のプラットフォームである「FiNANCiE」を提供している株式会社フィナンシェ様に取材依頼をしたところ、快諾していただきました。

「FiNANCiE」について語られていますので、ぜひご覧ください!

「FiNANCiE」について

「FiNANCiE」とは?

「FiNANCiE」とは、ブロックチェーン技術を利用したトークン発行型クラウドファンディングサービスです。

スポーツチーム・個人アスリートや、エンターテインメント、地方創生などのプロジェクトに多数採用され、ファンとの新たな交流やプロジェクト参加の仕組みとして活用されています。

「FiNANCiE」の魅力は

  • ファンディング、コミュニティ形成・運営の媒介としてトークン*を有効活用することができる。
  • 活動者(プロジェクトオーナー)とファン(サポーター)で共創活動ができる。
  • コミュニティの活性化によるトークン価値の上昇や、ファンの貢献度に応じたメリットなど、ファンに対する還元がある。

*FiNANCiE内で発行・販売されるトークンは暗号資産ではなくデジタルアイテムです。
デジタル上のポイントのようなもので、トークンを保有することで、ファンであることを証明するイメージです。

トークン発行型クラウドファンディング「FiNANCiE」についての詳細はこちら →https://www.corp.financie.jp/service

X(旧Twitter)→https://twitter.com/financie_jp
note→https://note.com/financie

運営会社

「FiNANCiE」の運営会社は株式会社フィナンシェ

「Empowering the next billion dreams(10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現)」をビジョンに掲げ、国内唯一のWeb3プラットフォームを提供しています。

株式会社フィナンシェ公式サイトはこちら → https://www.corp.financie.jp/about

「FiNANCiE」特別インタビュー!

今回は株式会社フィナンシェ様にご協力をいただき、「FiNANCiE」についてお伺いしました。

「FiNANCiE」の魅力を教えてください!

最大の魅力は「共創*」ができるプラットフォームという点です。

FiNANCiEは、夢を叶えたい人=プロジェクト実行者である「オーナー」と、それを支援する「サポーター」2つの存在で成り立っています。

*多様な立場のステークホルダーと協働して、新しい価値を生み出していくこと

プロジェクトのオーナーは、自身が発行するトークンを購入してもらうことで、資金の調達ができます。

それと同時に、サポーター(トークン保有者)限定のコミュニティが形成され、そこではオーナーとサポーターが共に活動したり、お互いにアイデアや意見を出し合うことができます。

例えばスポーツチームのプロジェクトであれば、「試合のタイトル決め」「グッズのデザイン決め」など、オーナーとサポーター両者の意見をもとに進めていくイメージです。

つまり、クラブの意思決定にサポーターが関わるという「共創活動」が可能になります。

オーナー側がマンパワーの面で課題があったとしても、夢に賛同してくれたサポーターの力を借りて、挑戦する領域を広げることができます。

また、サポーターはプロジェクト成功時にリターン獲得の可能性もあるので、「ファンに還元されるシステム」という魅力もあります。

「FiNANCiE」を実際に利用した方からどのようなお声をいただいていますか?

オーナーからは、「既存のファン・サポーターに加えて、新しい層を取り込むことができた」「ファン・サポーターとのコミュニケーションが双方向になり、関係性がより深まった」「ファンディングやNFT販売*で得た資金で、活動レベルがパワーアップした」などのお声をいただいています。

*フィナンシェではNFTの企画・販売の支援も行っている

サポーターからは、「自分が応援している人やチームにより深く関わることができる」「一緒に作り上げる過程を楽しめる」「直接的に応援することができる」「応援している側にもインセンティブが発生する可能性があるので、より主体的に関わろうと思う」などのお声をいただいています。

FiNANCiEでの“共創“を通じて、オーナー・サポーター双方にメリットがある形で、新しい価値や体験を生み出すことができています。

「FiNANCiE」の今後のビジョンを教えてください!

弊社が掲げる“Empowring the next billion dreams(10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現)”というビジョンを実現するべく、まずは国内で、消費者向けにサービスや商品を展開している企業に幅広く使ってもらいたいと思っています。

単に収益を上げるだけでなく「ファンを巻き込んでいく」という目的のプロジェクトもあると思うので、トークンを媒介にして一緒にプロジェクトを運営していけるFiNANCiEを活用してもらいたいです。

将来的には海外にも展開したいと考えています。

また、FiNANCiE事業の他に、NFT企画・支援事業、IEO支援事業も行っているので、これらの3つの事業を掛け合わせて、トークンエコシステムの形成・拡張を一気通貫で支援する、“国内唯一のWeb3プラットフォーム”の確立を目指します。

「FiNANCiE」特別インタビューについて

 

今回は話題のサービス「FiNANCiE」についてのインタビュー記事をお届けしました。

今後どのようなプロジェクトが増えていくのか注目したいですね。

いきなりのインタビュー依頼に対しても快諾し、丁寧に対応してくださった株式会社フィナンシェ様、ありがとうございました。
みなさんも一度「FiNANCiE(フィナンシェ)」を利用してみてはいかがでしょうか!