異業種転職の味方!「WorX(ワークス)」特別インタビュー!

未分類

異業種転職の総合キャリア支援サービスで話題の「WorX(ワークス)をご存知でしょうか?

当編集部では今回、話題のサービスである「WorX(ワークス)」を提供しているWorX株式会社様に取材依頼をしたところ、快諾していただきました。

WorX(ワークス)」について語られていますので、ぜひご覧ください!

WorX(ワークス)について

WorX(ワークス)とは?

WorX(ワークス)とは、業界初の異業種転職の総合キャリア支援サービスです。

未経験の業種や職種に“越境転職”するためのサービスを展開しています

WorX(ワークス)」の魅力は

  • 約3,000社の成長企業求人
  • 専任のキャリアパートナー
  • 初期費用/受講料0

成長企業に転職して、収入が増えたり柔軟な働き方ができるようになると嬉しいですよね!

WorX(ワークス)」についての詳細はこちら

運営会社

WorX(ワークス)」を提供しているのは、WorX株式会社様。

テクノロジーとアイデアで新たな選択肢を生み出し、すべての人が能力と個性を活かして働く社会を実現するために活動しています。
WorX株式会社様公式サイトはこちら

「WorX(ワークス)」特別インタビュー!

今回はWorX株式会社様にご協力をいただき、「WorX(ワークス)」についてお伺いしました

「WorX(ワークス)」はどのようなきっかけでサービスを開始したのでしょうか?

より多くの人が、成長産業に”越境転職”できる社会を実現するため、サービスを立ち上げました。

“越境転職”とは、未経験から現職とは異なる業種や職種に転職することです。

労働市場において、人材の流動性と労働生産性には高い相関性があることが確認されています。

日本では、人材の流動性、生産性ともに、先進国では最下位レベルの低さです。

転職に対するハードルは未だに高く、生産性が低い市場に人が集中してしまっている可能性は非常に高いと思います。

より多くの人が”越境転職”できる社会を実現することは、日本の発展において重要であると考えています。

しかしながら、業界や職種を変え、未経験の成長産業に転職することは、同業種内で転職をすることに比べてさらに難易度が高いです。

従来の転職サイトや転職エージェントを利用してITや医療といった成長産業を中心に応募を進めても、なかなか採用には至りません。

現職での実績があるにもかかわらず、未経験であることを理由に1次選考を通過できず、転職を諦めざるをえない状況に違和感を覚えました。

一方で、求職者側も成長産業に進みたい理由やキャリアの方向性を整理できていないケースが多いです。

企業としても、今後のキャリアを描けていない未経験人材の採用ハードルは高く、求職者が転職に向けてスキルを高めようとしても、高額な費用負担が障壁となります。

このような背景から、求職者が未経験の業界や職種におけるスキルを身につけたうえで、双方のニーズを満たす存在になりたいと考え、後払い制度を導入したWorXを立ち上げました。

サービスを運営、提供するにあたって一番力を入れていることを教えてください。

理想の越境転職を叶えることと、転職後の活躍を実現することです。

未経験の業種・職種への転職をリスキリングとパーソナルキャリアコーチングで可能にし、

市場価値の向上」

「やりたい仕事に挑戦」

「働き方の変更」

「年収の向上」

「成長・安定した業界に転職」

といった理想の転職を実現しています。

そして、その先にある「転職後の活躍」を見据えてサービスを提供しています。

「WorX(ワークス)」はどのような方に利用していただきたいですか?

転職で叶えたい理想(市場価値が上がる、やりたい仕事ができる、働き方が変わる、年収が上がる、安定した業界 等)があり、未経験の業界・職種に転職することを検討している20代の方にこそご利用いただきたいです。

「WorX(ワークス)」特別インタビューについて

今回は異業種転職の総合キャリア支援サービスで話題の「WorX(ワークス)」についてのインタビュー記事をお届けしました。

今後どのようなサービスが展開されるのかにも注目したいですね。

いきなりのインタビュー依頼に対しても快諾し、丁寧に対応してくださったWorX株式会社様、ありがとうございました。

異業種に転職したい方は「WorX(ワークス)」を利用してみてはいかがでしょうか!