【衝撃】14歳のディーラー少年とは?YouTubeでも衝撃動画が見れる?

未分類

検索エンジンで調べればどんな情報にもアクセスできる現代ですが、ネットの海には様々な闇が潜んでいます。そんな闇にアクセスしてしまうキーワード達を「検索してはいけない言葉」と総称します。

検索してはいけない言葉は数多く存在します。これら検索してはいけないと言われる所以には「怖くてトラウマになってしまう」「コンピューターウィルスに感染してしまう」などいろいろな理由があります。

もちろん検索してはいけないというからには調べることはおすすめしませんが、止められたら覗いてみたいのが人の性。

今回はそんな検索してはいけない言葉の中からディーラー少年にフォーカスしてみましょう。

ディーラー少年は検索してはいけない言葉?

ネットに転がる闇にアクセスできる言葉。それが検索してはいけない言葉ですが、ディーラー少年もそのうちの一つです。

危険な世界に飛び込む勇気はないけれど、少しだけ覗いてみたい!

そんな声にお応えしてまとめてみましたので、さっそく概要を見ていきましょう。

ディーラー少年とは?

ディーラー少年は検索してはいけない言葉として取り沙汰されています。いったい何故検索をしてはいけないのでしょうか。それは「非常にグロテスクな動画が出てきてしまうから」です!

さて、こちらのディーラー少年ですが一口にディーラーと言っても日本では車屋さんだったり、カジノの従業員だったり、投資信託の担当だったりと様々です。もちろん検索してはいけないワードになっているくらいなので、大っぴらに公言できるものではありません。

今回のディーラーはドラッグのディーラー(売人)を指します。

そして問題のディーラー少年は14歳の少年だとされていて、

ディーラー少年の名前の由来は?

前述のとおりドラッグディーラーである14歳の少年はブラジル北部のフォルタレザにて誘拐されました。原因は様々噂されていますが、麻薬の売買取引を巡って敵対勢力のギャングに捕まったとされる説が有力です。

そして見せしめとして撮られたある映像がネット上に流れています。

この映像のことを被害にあったドラッグディーラーの少年になぞらえて「ディーラー少年」と言われるようになったのです。

ディーラー少年の動画の内容は?

ギャングが見せしめに撮影したとされる動画ですし、なにより検索してはいけないと言われてヒットする動画なので内容は非常に残忍です。グロテスクな表現が苦手な方はブラウザバックか心してお読みください。

問題の映像はすべてで3本となっています。別に撮られた4本目の動画もありますが、こちらは少女が映されている内容です。

1本目の動画:14歳の少年が首を切断される

2分11秒の動画で冒頭少年がカメラに語りかけるところから始まります。
10秒後には場面が変わり、まず少年の喉元に刃物が振り下ろされはじめます。

髪をつかみ上げ今度は執拗にうなじへ刃物を叩きつけ続けます。少年は喉元に斬撃を受けた時点で意識がなくなってしまったようで無抵抗のまま最終的には首を落とされます。

落とされた頭部と体側の断面を順にアップでカメラに見せびらかし、動画は終了します。

2本目の動画:指の切断

動画時間としては44秒と短いものです。
時系列で言えば一本目で紹介した動画の前となります。右手の指を落とす動画で木の幹をまな板代わりにして何度も指へ刃物を振り下ろします。

小指から順に切断していく様子は痛ましいのですが、少年はうめき声こそ上げますが叫びなどは上げていません。

3本目の動画:右腕を切断される

1分37秒の動画で泥沼の中で少年が右腕を切断される動画です。肘辺りに斬撃を食らいやがて切断されてしまいます。続いて左膝を狙って攻撃をされますが彼も抵抗します。切断こそされないものの骨が見えるほど抉られており、抵抗して伸ばした左手首にも斬撃を受けます。1分20秒辺りでは刃物が破損して中断。その後は彼が痛みにうめく様子が映し出され動画は終了します。刃物が壊れるほど強い力で打ち付けられていたということでしょう。

ディーラー少年の動画が撮られた経緯とは?

なぜこのような痛ましい動画が撮られたのか?それは少し前でも触れた通りャング間の抗争が原因とされています。

麻薬の売買に関しては様々な要因でギャング間の対立が見られます。縄張り争いや仕入れルートの取り合い、資金をめぐってのトラブルなど挙げられますが、昨今ではブラジルおよびメキシコ政府の取り締まりが強化されているという背景があります。

これを受けて「シェアを広げられず、少ない牌を取り合う」という構図が続き競り合いは激化しています。

動画では14歳の子供であろうと逆らえば容赦はしないというメッセージが込められているのではないでしょうか。

動画ディーラー少年はYouTubeで見れる?

結論から言えば視聴は可能です。

検索してはいけない言葉にも関わらず、今や多くの方が利用しているYouTubeで見ることができるとは驚きですが、さすがに無修正のものはなくモザイクありだったり音声のみだったりするようです。

モザイクありとは言え気持ちのよい動画ではないことは確かですので、視聴は自己責任でお願いします。

ディーラー少年を見た人の感想は?

ネットで検索してみると視聴した人たちの感想が上げられています。いくつかまとめてみました。

ケース①脳裏に焼き付いて眠れなくなった!?

モザイク無で視聴した方だったようです。確かにグロいと感じたようですが、何より自分が同じ目にあったらと想像してしまい寝付けなくなってしまったとのことです。

ケース②他と比べるとそうでもない…かも?

後に取り上げるようにネット上にはディーラー少年以外にもまだまだ多くのグロ映像が出回っています。数々の動画を視聴してきた歴戦の猛者であれば、耐えられるくらいのグロさなのかもしれません。

とはいえ、ただグロいのみならず14歳の少年が切断される様子は耐性がある方でも厳しいといった声も上がっていました。

ケース③普通にグロいので見るならモザイクアリで

こちらの方もモザイク無の動画を視聴されたようです。人体の切断動画ですので、一般的に考えて当たり前ですがグロテスクです。ただ好奇心には勝てずに視聴してしまったようでのちに後悔されています。

怖いもの見たさはあるでしょうが、好奇心は猫をも殺すといいますし後悔される前に踏みとどまることも必要かもしれません。

動画を見てしまうと精神障害になることも

ショッキングな映像であれば、それだけ精神に与える影響も大きくなります。興味本位で動画を見てしまったばかりに日常生活中でも恐怖感に襲われたり、不眠症になったりと異常をきたす可能性があります。

実際にディーラー少年を視聴した方も不眠症を患い、ふとした瞬間に映像がフラッシュバックするという事態に陥った方の声が上がっています。

記事で興味が湧いたからと言っても安易に視聴せず、たとえ観るとしても自己責任でお願いします。

ディーラー少年以外の検索してはいけない言葉とは?

ここまでは検索してはいけない言葉の中からディーラー少年について掘り下げていきましたが、ネット上にはまだまだ多くの検索してはいけない言葉が存在しています。

いくつか見ていきましょう。

検索してはいけない言葉①海外が一瞬でわかる

ともすれば海外旅行を検討している人が調べそうなキーワードですが、こちらも検索してはいけない言葉とされています。

こちらもギャング間抗争の見せしめとして撮影された映像のようで、ディーラー少年に引けを取らずグロテスクな内容となっています。

動画は見たくないけれど内容は知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

>>海外を一瞬で分かりたいなら…

検索してはいけない言葉②ウクライナ21

最近はロシアとの戦争で話題に挙がるウクライナ。

このキーワードもうっかり調べてしまいかねませんね。検索してはいけない言葉にはこうした「一見関係のなさそうな言葉」が含まれていることもあります。

検索にヒットするのはある動画で、連続殺人犯の犯行を記録したものとされていています。ほかの記事で深堀りもしてみましたので、興味があれば読んでみてください。

>>ウクライナ21とはなんなのか

検索してはいけない言葉③生きたメキシコ

この記事でも幾度となく触れてきましたギャング間の抗争が原因の見せしめは、至るところで行われています。

見せしめがあれば、報復としてまた見せしめを呼びます。メキシコではそういった応酬が日々繰り返されているのです。

生きたメキシコと検索すると報復の一端を垣間見ることができます。ただし紹介してきた検索してはいけない言葉同様にどれも血なまぐさいグロテスクな内容ばかりです。

やはり生きたメキシコについても検索をしないほうが賢明でしょう。

>>生きたメキシコとは?

検索してはいけない言葉たちは何がいけないのか?

ここまで紹介してきた検索キーワードの多くが動画や画像に行き当たり、グロテスクな内容で精神的に参ってしまうものばかりです。

ですが、検索してはいけない言葉は奥深くグロいばかりではありません。検索してはいけないと言われる所以について確認しましょう。

①怖すぎる内容で恐怖感がぬぐえない

2chのスレッドや都市伝説などから「洒落にならないほど怖い話」いわゆる「洒落怖」としてトラウマが生み出されることがあります。

トラウマが原因で電車に乗るのが怖くなった、旅館に泊まれなくなったなど日常生活にも支障が出る方がいるほどです。

想像力が豊かな方は注意が必要かもしれません。

②コンピューターウィルスに感染する

多くは検索後にサイトへアクセスすることでウィルスの感染を引き起こします。

しかし中には特定のワードを検索した時点でウィルスに感染するものもあり危険です。検索してはいけない言葉はしばしば一括りにまとめられており、ウィルス感染系の言葉が含まれている可能性もあるためやはり安易に調べることはやめた方がいいです。

③不快感を抱く

有名なのは「蓮コラ」でしょうか。

人体や動物に蓮の花托をコラージュした画像で集合体恐怖症の方は悶絶してしまうこと請け合いです。

これ以外にも検索してしまうと衝撃的な内容に不快感を抱いてしまうものが、検索してはいけない言葉には含まれていますので、不用意に調べることは止めておきましょう。

ディーラー少年を検索していけないのには理由がある!

ここまでディーラー少年を含めて検索してはいけない言葉をご紹介していきました。

中には検索しかねない言葉もありましたので、普通の検索ワードと思いきや検索してはいけない言葉だった!なんてこともあるかもしれませんね。

スマホが普及した現代は気になったことがあればすぐに調べられる便利な世の中になりました。検索ボックスに入れれば簡単に欲しい情報を手に入れることができます。だからこそ調べる側もある程度のリテラシーが必要です。

検索してはいけないと止められている以上はそれなりの理由があります。こんなはずじゃなかったと後悔しないように注意したほうが良いかもしれません。