【閲覧超注意】伝説の動画爆誕の動画がグロすぎる?衝撃の裏事情や見た人の感想も!

豆知識

「検索してはいけない」って言葉はなんだか、気になりますよね?

中でも、「伝説の動画 爆誕」は他の「検索してはいけない言葉」の中ではポップな検索ワードですが、実際に検索してみると結構グロテスクでヤバイです。

そう「伝説の動画」とは伝説のグロい動画でそれが爆誕してしまったということです。

そこで、今回は「伝説の動画 爆誕」を調査していきます!

※この記事には過激な内容が含まれています。ご注意ください。

伝説の動画爆誕を見る方法は

まず「伝説の動画 爆誕」と検索すると普通に出てくるのですが、絶対に人間がやっても良い所業ではないくらいにショッキングで海外で起きた出来事です。

この動画をみたら、治安のいい日本で生まれてよかったと本当に思える内容なのは間違いないでしょう。

検索すれば出てくる!

問題の動画を視聴する方法は実際に「伝説の動画 爆誕」と検索するだけです。

すると「ポッカキット」というまとめサイトの『【超!閲覧注意】伝説の××動画、爆誕』という記事がヒットします(一部伏字します)。

ポッカキットは主に、戦争やテロ、事故の画像やその他エログロ系コンテンツが軒並み揃っているため、18歳未満の閲覧は推奨されていません。

そのポッカキットのサイト内にあるのが「伝説の動画 爆誕」が存在していますが、危険度は7とサイト内でもグロテスクさは高いです。

伝説の動画爆誕を見た人の感想は?

ここから実際に伝説の動画爆誕を見た人の感想をwikiのコメントから一部紹介します。

やっぱ危険度7はキツイな、、、、

ここまでの感想だけを読んでみるといかに衝撃的なのかが分かります。

ある程度グロ・ゴア画像や映像に慣れている人でもかなりしんどい思いをする程、伝説の動画爆誕は衝撃的な内容のようです。

伝説の動画爆誕とは?

伝説の動画爆誕の内容はかなり衝撃的で直接動画を見ることはできないという方もいるかと思いますので、文字で順番に沿って説明します。

動画は道路に横にされた男性がライフルを武装した集団に胸部を割かれ食べられるという内容。

1人の男性が仰向けになり、集団で顔を踏みつけられていき男性の顔面は血だらけになる。
そして生きたままナイフで胸部を裂かれて叫び声が響き渡り、胸部からは大量出血。
胸部を裂かれた男性の体は臓器が飛び出しており、その臓器がピクピクと動く様子も確認できる。
そして切れ目から生きたまま肺を抉り出し、マスクのようなものを外して食べて周りはそれを見て、大歓声を上げます。
男性は虫の息だが、切れ目からは相変わらず臓器が出たり入ったりしてまだ内臓が動いている。

つまり、集団で男性の胸をナイフで引き裂いてもう一人の男性が臓器を食べるという内容です。

発生場所はどこ?

この動画はメキシコのハリスコ州で実際に起きた出来事で、による動画でした。

メキシコでは麻薬カルテルとの抗争などでこういった残虐な事件が多く多発している地域が存在しており、「伝説の動画 爆誕」の他にグロテスクな動画が他に存在しています。

特に「生きたメキシコ」が有名ですので、心臓が強い方のみ読んでください。

生きたメキシコとは、親子と見られる男性と少年が惨殺される動画です。特に少年は、生きたまま皮を剥がされたりと、かなりショッキングな殺され方をします。>>生きたメキシコの記事を確認する

犠牲者は誰?

「伝説の動画 爆誕」で犠牲となってしまった男性はテパルカテペクカルテル(テペケカルテル)という組織のメンバーでした。

テパルカテペクカルテルはメキシコのテパルカテペクという地域で活動するカルテルで、後に紹介するCJNGと対立した結果、報復として彼はCJNGの処刑の犠牲となりました。

 

加害者は誰?

加害者は、メキシコの最も支配的なハリスコ州 に基盤を置く麻薬カルテルの一つ「ハリスコ新世代カルテル(CJNG)」でテパルカテペクカルテルとは対立関係で常に争いが絶えないと言われています。

詳しく調べてみると、CJNGはこの10年の内に急成長した麻薬カルテルでもともとはメキシコで古参の麻薬密輸マフィアのボスのひとり、ナチョ・コロネルことイグナシオ・コロネル・ビジャレアルの下で働く武装グループでした。

このボスが20107月に殺害されたのをきっかけにミチョアカン州の麻薬マフィアと連携し、のちにメキシコ国内でももっとも危険で広い地域に勢力をもつグループのひとつにまで成長。

今では世界でもっとも危険な3つの犯罪組織のひとつとして数えられています。

共食いは新人の通過儀礼

本当に嘘であってほしいほどに衝撃的な動画ですが、実際にメキシコでは今回の「伝説の動画 爆誕」のような共食い動画は他にも多くあるみたいです。

CJNGが共食いを行うようになったのは2015年ごろからと言われています。

はじめは別の報復方法があったのですが、次第に報復合戦がエスカレートしていき、最終的に共食いへと発展。

最終的にとある目的として新人は共食いをしないと組織にメンバーとして認められない通過儀礼として浸透していきました。

共食いを行う理由3選!

主にメキシコのカルテルが共食いを行う理由は以下の3つが挙げられます。

  • 理由①新人の人格破壊
  • 理由②忠誠心を確かめるため
  • 理由③スパイをあぶり出すため

これらを一つ一つ解説していきます!

理由①:新人の人格破壊

CJNGへ入隊すると新人は隠しキャンプにて戦闘技術や武器の使い方を教えられ、戦闘員として成長してくのですが、訓練の一環として3, 4ヵ月以内に共食いを強いられるとのことです。

共食いの他にも新人を死体の隣で朝まで寝させることで様々な感覚を麻痺させるなど、新人の人格を徹底的に破壊し、忠誠心を植え付けます。

そうすることで、自分たちに反抗心をそぎ落として忠実なメンバーとなるとされます。

理由②:忠誠心を確かめるため

理由①で紹介した新人への人格破壊がうまくいって忠誠心があるかを確かめるために行います。

もしも、訓練を終えた新人がここで嫌な顔をしたり、吐いたりしたら後ろで待機している先輩構成員に殴られてしまうそうです。

実際の映像でも、食べた男の後ろに恐らく指導教官らしき人物が立って監視しているのが確認できます。

ここで逃げたら殴られる以上の処罰も考えられ、最悪の場合、本人だけでなく新人の家族まで連帯責任として襲われてしまうこともあるのです。

新人は生きたまま人肉を食べるまで、その場を離れることはできない最悪な状況なのです。

理由③:スパイをあぶりだすため

新人の人格破壊と忠誠心のほかの理由として、スパイを炙り出すためと言われています。

動画でCJNGのメンバーが「我々がCJNGであることを知らしめろ!テペケを皆〇しにしてやる!純粋な四文字!純粋なメンチョのファミリー!純粋な新世代!」と叫んでいました。

これは、万が一組織内に潜んでいるテパルカテペクカルテルを含む敵組織のスパイに対してCJNGの残虐性を示して炙り出すための行動だと言われています。

スパイからすれば、もしもバレたら自分もあんな目にあう…という恐怖もあり寝返ったり逃げたりしそうですね。

食人が人体にもたらす影響とは?

これらの共食いの背景を紹介しましたが、当然人間が人間の肉を食べる行為は危険が伴う行為です。

共食いでをするとプリオン病(別名クールー病)と呼ばれる病気にかかりやすくなり、この病気にかかると脳内にプリオンが侵入し、脳組織をスポンジ状にして脳機能障害を引き起こします。

アルツハイマーと似た症状が現れ、たいてい6~12ヶ月で死にいたります。

治療法は現在のところ存在せず、致死率はほぼ100%です。

過去に、1960年代以前のパプアニューギニアのフォレ族の間では死亡した者をばらばらにして食べる習慣があり、毎年200人が亡くなった事例がありました。

そのため、メキシコのカルテルの新人は儀式のときからプリオン病にかかるリスクを背負うことになるので、逃げるも地獄、食べるのも地獄とかなり追い詰められていきます。

プリオン病にかかるとどうなる?

具体的には、最初の症状として体の震えやどもりが現れ、病状が進むと歩行困難になって激しい震えが起こります。

中にには自分では抑えられないほどのヒステリックな笑いが込みあがって最終的には寝たきりとなり、発症から3ヶ月~2年で死亡するそうです。

このプリオンは筋肉や臓器の神経組織に存在することがあるようで、一番多く存在するのは脳や脊髄です。

それらの部位を食すと、この感染症にかかるリスクは高くなります。

伝説の動画爆誕は「検索してはいけない言葉」

以上、常軌を逸した残虐で見ているだけつらい行為を映した動画「伝説の動画爆誕」でした。

メキシコのカルテル同士の争いや所属するメンバーが争いの過程で残虐な行為をするようになっていくのかがわかりました。

まだ治安の良い部類の日本ではあり得ない出来事ですが、争いが争いを生む状況だと相手の残虐性を上回るために、さらなる残虐な行為が生み出されることがあるそうです。

勉強になったとはいえ、決して検索してはいけない言葉の中では危険度7なので絶対に検索しないようにしましょう!

まとめ

今回は「伝説の動画 爆誕」の内容や衝撃の正体を解説し、他の検索してはいけない言葉をご紹介していきました。

メキシコの麻薬カルテルが男性の胸をナイフで引き裂いてもう一人の男性が臓器を食べるという内容ですが、共食い自体はプリオン病の危険が伴うため絶対にやってはいけない行為です。

YouTubeでも数多くの動画が取り上げられているので興味がある人は見るとより、事件の凄惨さが伝わるかもしれません。

当サイトでは他にも有名な「検索してはいけない言葉」を「伝説の動画 爆誕」の他にも紹介しています!

しかし、その中身はグロテスクを含むショッキングなものが多いため、映像や画像を見る際には注意しましょう。