【超閲覧注意】ダルマ伝説級の内容がグロすぎ?恐怖の人体切断や見た人の感想も紹介!

未分類

現在ネット上では様々な内容の動画が投稿されて、誰でも気軽に閲覧できるようになっています。

しかしごく稀にえげつない内容のショッキングな動画に当たってしまった人も多いのでは無いでしょうか?

「ダルマ伝説級」も例に洩れず見た人のほとんどが後悔し、関連する動画の多数に閲覧注意の表記がなされています。

「ダルマ」と「伝説」という少しご利益がありそうなワードで思わず検索しそうになりますが、その実態は世にも恐ろしい内容で中には視聴した結果、精神や体調に異常をきたした人もいるようですね。

今回はそんなトラウマ級に怖いと言われる「ダルマ伝説級」について見る方法や視聴した人の感想を紹介していきます!

本記事では該当する動画へと繋がるURLやリンク等は記載しておりませんのでご安心ください。
ただしかなり猟奇的な内容の記事ですのでグロテスクな表現が苦手な方はブラウザバックをするか注意を払ってお読みください。

ダルマ伝説級を見る方法は?

ダルマ伝説級は見た人達のほとんどが「見ないほうがいい」「見るんじゃなかった」と感想を残してしまう程過激な内容の動画のようです。

ただ中には怖いもの知らずで、度胸試しを兼ねて見た人もいるようですね。

皆さんの中にも怖いもの見たさや興味本位で見たくなった人もいるのではないでしょうか?

ここからはダルマ伝説級を見る方法や視聴した人の感想を紹介します。

検索すれば出てくる!

気になるダルマ伝説級の視聴方法ですが、Google等の検索エンジンで“ダルマ 伝説級”と検索すると該当するYahoo!知恵袋の質問や該当する動画がヒットします。

質問の回答によると「カルト・グローチェ」という世界の閲覧注意ニュースを主に取り上げたグロ・エロ系動画・画像まとめサイトで見ることが出来るようです。

また他にも「ポッカキット」や「The YHC」と言う同系サイトでも同様の内容が見ることが可能な模様。

ただ中にはサイトを見ようとしたらコンピューターウイルスに感染してしまった人もいるようなので、見る際はあくまでも自己責任でお願いします。

どうしても見たい人は“ダルマ 伝説級 ポッカキット”や“ダルマ 伝説級 カルロ・グローチェ”等で検索するといいでしょう。

ダルマ伝説級を見た人の感想は?

ダルマ伝説級は世にも恐ろしい内容なので、YouTube等で普通に検索してもモザイクがかけられているなど元の動画をはっきりと見ることができません。

しかし先述したようなサイトでたまたま目にしたり、運悪く見てしまった人もいるのでは無いでしょうか?

実際に動画を見てしまった人の感想は

こんなもの興味本位で見るんじゃなかった(>.<)
気分悪くて飯が入らん

というように怖いもの見たさで見た故に後悔している様子が伺えました

またYouTubeやTikTokにてダルマ伝説級の動画をノーリアクションで見たり、実況するなど動画や配信のネタとして扱う人もちらほらいる模様。

ただある程度過激な内容に慣れているはずの配信者たちもダルマ伝説級によってかなりの精神的ダメージを負っていました。

もちろんこの手のグロ動画は一般的な動画投稿サイトの規約上不適切な動画として扱われるので、モザイク処理や別のサイトに誘導するURLを記載するなど視聴者に対して配慮がされていました。

ダルマ伝説級とは?

見た人が口を揃えてトラウマ級と言うほどの「ダルマ伝説級」ですが、一体どのような内容なのでしょうか?

調べるとダルマ伝説級とは非常にグロテスクのようで、男性が集団リンチを受け生きたまま四肢を切り落とされていく様子を撮影した動画です。

動画は加害者たちに両腕を掴まれた紫のシャツ男性が映されているところから始まり、ナタと見られる凶器を突きつけられています。

動画の内容を詳しく説明すると

①抵抗した男性の左腕の関節部分にナタが数回振り下ろされ、左腕が切断される。
男性が片腕を失いバランスを崩し地面に倒れこむと、別の男から頭を踏まれ右腕も同様に切断されてしまう。

②その後身動きが取れなくなった男性の右耳も切断される。

③次に加害者たちは男性の右足に目をつけると、ズボンを引き裂きナタで足の半分程度まで切れ目を入れる。
その後切れ目を入れた状態で引きちぎろうと引っ張ったり、ねじったりした後に右足を切断。

④男性は弱々しく抵抗するが、加害者たちはシャツを切り裂き左脇の下にナタを擦り付け切り込みを入れていく。

⑤突然銃声が聞こえると男性から脇を切っている加害者の1人が離れ、その後2発ほど男性の顔面に向けて発砲される。
撮影者がその顔面を撮ろうと近づくと、目の下から顎にかけて全体がグシャグシャに潰れてしまっている。

⑥その後加害者は力が入らない男性の左足を持ち上げ、切断しようとする。
その時男性は反射的にビクッと動いたので、加害者たちはトドメを刺そうと再度顔面に発砲する。
最終的に四肢が落とされた男性の全体が映され動画が終わる。

このように動画の流れとしては左腕→右腕→右耳→右足→左脇→顔面→左足→顔面の順に被害者の男性の四肢や体の部位が切り落とされていってしまい、最終的にダルマのような状態になってしまいます。

動画内では終始、集団リンチの際に加害者たちが奇声を上げ盛り上がっていたので、かなり狂気的な内容のグロ動画と言えるでしょう。

ダルマ伝説級は敵対するギャングによって行われた?

集団リンチを受けた結果死亡した男性ですが、何故このような残虐性極まり無いことが起こったのでしょうか?

調べると「ダルマ伝説級」は海外のギャングによって撮影されたようです。

この動画が投稿されていた「The YNC」という海外のエロ・グロ系動画サイトのタイトルには「敵対するギャングにやられた」と記載されていました。

また他のサイトでも「敵対組織のギャングメンバーに捕まってしまった男性」と説明されていました。

つまりダルマ伝説級による被害者の男性はギャング同士の抗争の結果、生きたまま四肢を切断されていったのでしょう。

ギャングたちがダルマにした意図はわかりませんが、あくまでも予想の範疇だと生きたままいたぶることで相手ギャングへの見せしめの意図もあったのではないでしょうか。

一般人が巻き込まれたという説も

気になる「ダルマ伝説級」が発生した原因ですが、海外の掲示板ではこの集団リンチについて考察する書き込みがありました。

掲示板内では被害者の男性が「ギャング側」つまり犯罪組織と関係していたと主張する意見もありましたが、一方で何も知らない一般人が巻き込まれた可能性もあると唱える人もいたようです。

しかし断定できるような情報はなかったので実際のところは発生した原因は不明です。

ダルマ伝説級の発生場所はベネズエラ!

残虐性極まり無い集団リンチは南米にあるベネズエラで発生しました。

ベネズエラは治安が悪い国として有名で、1999年以降貧困化が止まらず尚且つ政府による独裁体制に対する批判が多いため、デモや暴動も頻繁に発生しています。

そのため治安が悪いベネズエラでは普通に生活していた一般人が犯罪に巻き込まれ、被害者の男性と同様の目に遭うことも珍しくは無いそうです。

動画が掲載されていたサイトによるとダルマ伝説級はベネズエラのギャングによって撮影されたようでした。

仮に男性が一般人だとしたら、この国の治安の悪さが我々の想像をはるかに超えるようなものだと言えるでしょう。

ベネズエラは世界で最も危険な国

国内で残忍極まりない動画が撮影されたベネズエラですが、殺人発生率が世界トップレベルなため世界一危険な国と言われています。

外務省海外安全ホームページによると、ほとんどの地域が不要不急の渡航は控えるように指定されています。

中でもカラカス首都区では国内で殺人事件が多く発生しているようで、特に治安機関から警戒対象となっているようですね。

国内の事件の多くは犯罪集団同士の抗争や治安機関との銃撃戦が該当するのですが、一般人を対象にした事件も少なくはありません。

またベネズエラの過激派組織の残党を含む凶悪犯罪者グループ等のアジトや活動が確認されており、身代金目的の誘拐事件や麻薬関連の犯罪も後を絶たないようです。

警察と誘拐犯の癒着も?

ベネズエラでは誘拐事件において、なんと警察官が誘拐犯と共犯関係でいる場合が多いとされています。

そのため大抵の市民は被害者の安全を考え、違法と知りながら被害届を提出せずに親族等が身代金で対処するようです。

データで統計されている件数の約2倍以上は発生されていると考えられているんだとか。

過去には外国人をターゲットとする誘拐事件も発生しており代表的な例として2012年1月にはメキシコ大使夫婦が、2016年6月にジョギング中のロシア大使館の外交官が誘拐されています。

ちなみに犯人が要求する身代金は1000ドル〜1500ドル(日本円だと約13万〜19万円)とかなり現実的な価格設定が多いようです

ダルマ伝説級は「検索してはいけない言葉」

ギャング達によって生きたまま四肢を切り落とされていく動画「ダルマ伝説級」。

この動画の内容はあまりにもグロテスクで残酷性が高いため、ネット上では俗に言う「検索してはいけない言葉」に該当し閲覧注意の表示をつけられるようになりました。

ネット上で「検索してはいけない言葉」は他にも数々のワードが存在し、当サイトでは「ディーラー少年」や「スープおじさん」「ひよこミキサー」なども取り上げています。

これらの多くはかなり猟奇的な内容ですが、検索してはいけない言葉では他にも心霊現象や事件、凄惨な事故などを取り扱ったものもあるようです。

また多くの検索してはいけない言葉では検索すると精神に異常をきたしたり、中にはウイルスに感染してしまう悪質なものも含まれています。

皆さんも検索する際は十分注意をして下さいね。

恐怖のダルマ伝説級とは?衝撃の裏事情や見た人の感想も紹介のまとめ

今回は恐怖のダルマ伝説級について衝撃の裏事情や見た人の感想も紹介しました!

ダルマ伝説級は生きたままダルマのようにされていく集団リンチの動画で、ベネズエラのギャング同時の抗争の末に撮影された模様です。

元々は海外のサイトに投稿されていたようですが、その後日本のグロ系動画を扱う同類のサイトに掲載されたことで一気に知名度が広まったようですね。

この動画は当然モザイク処理などを行われていないので、大勢にトラウマを植え付け見なきゃよかったと後悔している人が後を絶ちません。

怖いもの見たさや度胸試しで見るのは自己責任ですが、中には視聴中に体調を崩した人もいるようなので検索する際は十分に注意してくださいね。

当サイトでは他にも検索はしてはいけない言葉を紹介していますので、興味がある人は下のリンクを是非チェックしてみて下さいね。

どれも閲覧注意な内容なので読む際は自己責任でお願い致します。

【閲覧超注意】14歳のディーラー少年とは?YouTubeでも衝撃動画が見れる?
【絶対に調べるな】とTwitterで話題の14歳のディーラー少年とは?検索ネットの裏側を垣間見ることができる「検索してはいけない言葉」たち。話題の”ディーラー少年”とは何なのかをまとめて解説しています。※閲覧注意ですので自己責任でお願いします。
【閲覧注意】「樹海のおとしもの」にログインする方法!遺書や遺体の画像が見れる?
「樹海のおとしもの」というサイトとは?絶対に検索してはいけない言葉と言われる意味とは?今も存在しているサイトへのログイン方法。「樹海のおとしもの」は遺書や遺体の画像が見れる?
閲覧超注意のウクライナ21とは!?衝撃事件の真相や犯人は?
「ウクライナ21」は世界中に拡散された殺害動画として知られている。残酷な連続殺人事件により世界を震撼された事件と関係し、この動画は容疑者のPCから流出したとして知られている。当記事では動画の内容や凶悪事件となったウクライナで起きた連続殺害事件の関係について紹介しまとめる。
【超閲覧注意】「海外が一瞬でわかる」の動画内容がグロすぎ!?動画の見方も徹底解説!
「海外が一瞬でわかる」という言葉をご存知でしょうか?ガイドブックのタイトルみたいな印象とは裏腹に、この言葉は「検索してはいけない言葉」の1つです。「なぜ検索してはいけないのか?」「動画の内容は?」など、気になる情報について調査しました。
【超閲覧注意】モーターサイクル男の画像がヤバイ?合成だと言われる理由とは?
検索してはいけない言葉のひとつにモタ男というキーワードがあります。顔面がぐちゃぐちゃになった男性の閲覧注意な画像で、あまりにグロテスクな様子から合成や嘘ではないかと言われる程です。モタ男のケガの原因や治療後の姿を調査しました。
【閲覧注意】メキシコカッターがヤバすぎる?動画の見方や衝撃の裏事情も解説!
誰が見てもトラウマになること間違いないと言われる「メキシコカッター」。見たことを後悔するくらい衝撃的な動画ですが、なぜこのようなことが起こってしまったのでしょうか? メキシコカッターの動画の見方や背景について解説していきます。
【閲覧注意】テラトマ体とは?衝撃の原因や実在した事例を徹底解説!
「検索してはいけない言葉」にはいろいろな種類があり、テラトマ体もその1つです。一見するとただの肉の塊み見えますが、なぜテラトマ体は「検索してはいけない言葉」になっているのでしょうか?また、テラトマ体は実在するものなのでしょうか?
【超閲覧注意】スープおじさんとは?グロすぎる内容や動画の見方を調査!
インターネットで検索してはいけない言葉として有名な「スープおじさん」。見てみたいけど、どんな内容なのか気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では、スープおじさんについての詳細と誕生した原因を解説していきます。
【超閲覧注意】「サッカーしようぜ集団」がグロすぎる!生首サッカーの動画の見方とは?
アニメやネットなどで使われるネタ的なセリフとして「サッカーしようぜ!お前ボールな!」があります。多くの場合は笑いを誘うような表現をされることが多いセリフですが、実はそのネタは「サッカーしようぜ集団」という検索してはいけない言葉が元ネタとなっています。