BTSは反日で日本に来たくない!?反日と言われる理由8選!

K-POP

世界中で大人気のグループとなったBTSは、日本でもファンが多く世代を超えて愛されています。

そんなBTSが反日で日本で活動したくないのでは?と噂されています。

日本と韓国は度々国交の悪化が問題になりますが、BTSの反日が事実なのであれば悲しいですよね。

今回はBTSが反日と言われる理由や気になる日本活動休止疑惑、さらに日本好きなメンバーも検証します!

BTSは反日?日本に来たくないと噂される理由8選!

日本でも大人気で幅広い年代のファンを持つBTS。

そんなBTSが反日と噂される原因となった出来事や理由を調査します!

ジミンが原発Tシャツを着用し大問題に

2018年、ジミンが原爆の写真がプリントされているTシャツを着用し大問題に発展。

結果的に出演予定だったミュージックステーションが急遽見送られることとなりました。

日本の報道でも大きく取り上げられたため、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

日韓両国で大きな問題となり所属事務所Bighit(現HYBE)も謝罪コメントを発表しました。

Tシャツにプリントされている写真を見ると、日本人は誰もが原爆だと分かりますよね。

原爆と一緒にTシャツに書かれている文字の意味は下記です。

PATRIOTISM=愛国心  OURHISTRY=私達の歴史              LIBERATION=解放   KOREA=韓国

反日というよりも、韓国の歴史的開放の日に愛国心を示すという意味を込めたものと考えられます。

Tシャツの製作者も反日を意としていないとコメントしています。

後にこのTシャツはファンからのプレゼントだったことが判明。

ジミンも配慮が必要だったと思いますが、意味を知らないまま着用してしまったのかもしれませんね。

RMの原爆デザインのブルゾンを着用

ジミンの原爆Tシャツと同様、原爆が書かれたブルゾンをRMが着用していたことが判明。

画像をよく見ると、教科書で誰もが見たことがある原爆のキノコ雲が書かれているのが分かります。

2015年に公開された「BTS HYYH onstage VCR ALL MEMBERS」という動画の中で原爆ブルゾンを着用していました。

当時は大きな問題にはなりませんでしたが、日本人としては少し複雑な気持ちになりますよね。

「歴史を忘れた民族に未来はありません」と発言

RMが2013年8月15日にBTSの公式Twitterで「今日は光復節。歴史を忘れた民族には未来はありません」と投稿

光復節とは韓国の祝日で、朝鮮が日本の植民地から解放されて独立したことを祝う日です。

「歴史を忘れた民族には未来はありません」というワードは韓国では反日の気持ちを表現する時に使う決まり文句です。

日本を批判するワードを投稿したということで、RMは反日ではないかと言われるようになりました。

生配信で「独島でコンサート」と発言

VLIVEでの配信中にSUGAがファンからのコメントを読み上げたことで反日という噂されてしまいました。

コメントの内容は「独島(日本では竹島)でコンサートしてほしい」というもの。

このコメントを読み上げ、SUGA自体はコメントしなかったものの微笑みながら頷いていたようです。

コメントを読み上げただけなので反日と捉えるかは考え方による気もします。

実際に、これを聞いたファンの中では「反日か愛国心か分からない」「なぜこれをピックしたんだろう」「反日ではない」など様々な意見があります。

日本での講演で態度が冷たい

BTSが日本での公演や音楽番組での態度が冷たかったため、日本で公演はしたくないのかと言われています。

そう言われることになった出来事をご紹介します。

神戸でのコンサートでファンを雑に扱う?

2015年12月年末の神戸でのコンサートを体調不良のため急遽キャンセル

高いチケット代や遠征費を負担して公演を楽しみにしていたファンへの謝罪がすぐになかったことが明らかに。

この時体調不良だったのはSUGAとテテでしたが、当人ではなくジョングクが一番最初に謝罪、テテは公演終わりに謝罪したということで、雑に扱われているのでは?と言われてしまうことに。

体調不良で本人が謝ることができない状況だった、など原因はいくつか考えられますがすぐに謝罪しないとイメージは良くないですよね。

THE MUSIC DAYでの態度が悪いと炎上

日本の音楽番組「THE MUSIC DAY」に出演した際の態度が悪いと炎上してしまいました。

司会の櫻井君に返事する際に、足を組んで偉そうな態度に見えたことが原因だったようです。

韓国ではあぐらをかいたり足を組みことはタブーとされていませんし、海外のアーティストは足を組んでいることもありますよね。

文化の違いで誤解を生んでしまったと言えます。

〉〉THE MUSIC DAY出演時の情報を詳しく見る

反日歌「独島は我が領土」を歌っている

次に紹介する反日行動は、「独島は我が国」という歌を番組で歌っていたことです。

独島というのは「ユンギの独島でコンサートしたい発言」箇所にも記載しましたが日本でいう竹島のことです。

「独島は我が国」という曲は1982年に発表された歌謡曲で、アイドルも度々歌って問題になっています。

ですが過去には東方神起が「日本のファンがいる」という理由で歌うのを拒否したことも。

歌詞は日本を批判しているようなものではありませんが、あまりにノリノリで歌っているので日本人としては少し配慮してほしいと思ってしまいますよね。

テテが着用したブランド

「MARRYMOND(マリーモンド)」は、韓国のアパレルブランド。

元慰安婦の女性たちをナデシコや桃の花に例え商品の多くに花のモチーフがあしらわれているのが特徴です。

このMARRYMONDの製品を着用しツイートを投稿したことで反日と言われることに。

現在はツイートは削除されています。

胸元のワードにもMARRY MONDの文字がプリントされています。

このブランドはテテ以外にも数多くのアイドルが着用していることがSNSで発覚しています。

BTSが日本語を話さなくなった衝撃の理由とは?

BTSが日本語を話さなくなったという噂も、反日と言われてしまう原因の1つです。

使わなくなった時期はジミンの原爆Tシャツ問題の頃からと言われています。

日本語の使用頻度が減った理由はいくつか考えられます。

・世界中で人気になったため日本語を使う頻度が減ってしまった                   ・日韓関係の悪化                                        ・韓国のファンによる嘆願書が提出された?

韓国のファンが日本語を話さないでほしいという嘆願書が提出されたとも噂されていますが、事実だったら同じファンとして悲しいですよね。

最近では全世界での活動が目立つので、日本語を使う頻度が減ってしまったという理由が1番有力だと考えられています。

日本での活動を休止する可能性も?

ジミンの原爆Tシャツ問題が日本でも大きく報道されたことにより、「#btsの日本活動停止を求めます」というハッシュタグをつけたツイートが出回りました。

2018年頃から存在し、BTSがテレビ出演すると現在でもツイートがされています。

数々の行動により良く思っていない方も多いのかもしれませんが、ファンとしては日本でもBTSの活躍する姿を楽しみたいですよね。

BTSは日本大好き?プライベートで旅行に来たメンバーも!

ここまで反日と言われるきっかけとなった出来事や理由を調査してきました。

ここからは反対にBTSが日本好きとも言われる理由や日本好きなメンバーをご紹介します。

BTS日本語の楽曲まとめ!主題歌も多数

BTSは日本語の楽曲もたくさんあります。

主題歌を担当したり有名な歌手とコラボするなど日本でも大活躍です。

日本のファンのために活動をしてくれるのは嬉しいですよね!

backnumberとのコラボも

日本語の楽曲の中で大人気アーティストbacknumberとコラボした「Film out」

back numberの清水依与吏が作曲したメロディーラインにジョングクが新しいメロディを提案し共作された曲です。

このFilm outは映画「シグナル」の主題歌にも決定し、大きな話題となりました。

BTS日本語の楽曲一覧

BTSの日本語の楽曲の中でも日本オリジナルの楽曲はこちら。

Film out
Your eyes tell
Stay Gold
Lights
Let Go
Crystal Snow
Don’t Leave Me
Wishing on a star
GOOD DAY
FOR YOU
THE STARS
WAKE UP
いいね!pt.2 ~あの場所で~

韓国で発表された曲の日本語版も多いですが、日本オリジナル楽曲はライブでも大盛り上がりです!

テテは日本人女性が好き?「月が綺麗ですね」発言も!

テテは雑誌のインタビューで「好きなタイプは一途で家庭的な女の子。結婚するなら日本人がいい」と答えています。

さらにテテが日本公演でファンのARMYに向け「月が綺麗ですね」と発言。

「月が綺麗ですね」の意味は、「I love you」で、文豪夏目漱石の粋な訳で日本人はご存知の方がほとんどだと思います。

こんな言葉を使ってくれるのは日本のファンを大事に思ってくれているからこそですよね!

ジミンさんとジョングクは日本旅行に来ている

2017年、ジミンとジョングクがプライベートで日本旅行に来ていました。

東京でショッピングしたりディズニーランドに行ったり2人の楽しそうな姿が最高に可愛いです。

プライベートで日本に来て楽しんでくれるのは嬉しいですよね。

この日本旅行の様子は「Golden Closet Film in Tokyo」で見れます。

JINは日本食が好き

ジンは日本食が大好きなことで有名です。

ジンは実の兄と共同で2018年7月に日本食料理店『押忍!!セイロ蒸し』を開店

共同経営しています。

コロナウイルスでお店の経営が大変だったそうですがこれからもお店は継続するそうです。

韓国に行った際には行ってみたいですよね!

RMは日本の芸術が好き

RMは日本人の芸術作家が制作したフィギュアをInstagramに投稿。

少し個性的でどこか可愛らしい雰囲気のこの作品は日本人作家・加藤泉さんによって制作されたものです。

RMは元々フィギュア集めが好きで一風変わったドラえもんのフィギュアをVLIVEで紹介したことも。

日本の芸術や文化を紹介してくれるのは嬉しいですよね。

メンバー全員日本の漫画やドラマが好き

実はBTSのメンバー全員が日本のアニメや漫画、映画などが大好きのようです。

ワンピースやハイキュー、ポケモンなど有名な漫画が中心で、日本人ともアニメや漫画の話ができそうですよね!

番組で日本のアニメの話をしている時は盛大に盛り上がっています!

ポケモンGOを楽しむメンバーたち

「ポケモンgo」は韓国でも大人気で、BTSの中でもブームになったそうです。

メンバーの中でも特に「ポケモンgo」にジンとRMが大ハマり!

事務所の周りにレアなポケモンが出現するそうで、練習そっちのけでポケモンを探していたとファンミーティングで発覚。

今年の3月にはRMがポケモンパンを探し8軒もお店をハシゴしたとInstagramのストーリーに投稿。

BTSみんなポケモンに夢中になっていました。

ジョングクがレモンを歌う!

日本でのコンサートで米津玄師の「Lemon」をアカペラで披露

ジョングクからの素敵なサプライズに、ファンから大きな歓声が湧き上がりました。

ファンも一緒に歌い、メンバーも笑顔に。

難しい日本語の歌詞を覚えて用意してくれたジョングクは素敵ですよね!

BTSは反日で日本に来たくない!?反日と言われる理由8選!まとめ

今回はBTSが反日と言われるようになった理由や、本当に反日なのかを検証しました。

確かに反日と疑われることはあったものの、メンバーは日本文化が好きで関心を持ってくれているのが分かりました。

BTSは世界中にファンがいますが、国に関係なくファンを大事にしていますよね。

日本と韓国は政治上国交の悪化が問題になりますがBTSを応援する気持ちには関係なし!

これからも大活躍間違いなしのBTSの活動が楽しみですね!